人気ブログランキング |

おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

手放した畑のこと

          7月1日 水曜日 雨
ふたつ目の投稿

手放した畑のこと_a0203003_09115385.jpg
 手放した畑、地鎮祭があったと見る間に今日は雨の中で工事がはじまっていた。若い人が家を建てるのだ。
 一反の田を埋め立てた土地を二つに割ったうちの一つで、矩形、前は道路後ろは川。地目は宅地で、そのまま畑をしていた。上下水道完備(使わなかったが)。
 夫が退職した年に、急いで手放したい人がいて、坪単価は言わず全部で幾ら、という。借りた畑を、土が良くなる頃に返す事が重なり、その上退職金という持ち馴れないものを手にした時だった。
 20年余り畑をして、年を取り、力尽きかけた時に売買の話が出た。買った時の半額。いい畑になっていたが、「高い藷食った」。
 まるで、あの若い人達の為に、買って、安くなるまで保存していたみたい。そう考えたら、そう言えば、買う時も、どうしてもお金が要る人が急いで売りたかったのを買ったんだったね。
 減った半額分のお金は、売り手を助け、次の買い手を喜ばせた、天に貯金だね。昨日そう結論。勤め人の給料は我慢賃。と言われる、夫の働きのもたらしたお金、ただ減らしたのではない。そういうことだ、とビールで乾杯した。
 近年になって畑の周囲に施したコンクリートブロックの土留め。魚沼の業者の、同級生のNさんが、Y子がおれに仕事させてくれた、と喜んでいたぞ、と、彼の没後に同級会で聞いた。
 昨日夫が通りかかったら、畑の買い主が帽子を取って深々と頭を下げたという。



にほんブログ村




# by buribushi | 2020-07-01 09:36 | その他 | Comments(6)

複写はがきというもの・今日の花など

          7月1日 水曜日

 騒がしい半年が過ぎ去った。あとの半年、どうぞ平安でありますように。
 むかし、「複写はがき」ということをしていた。カーボン紙を挟んでハガキを書き、文面が手許に残る、というもの。最近それを見つけて、たいへん懐かしかった。
 思い立ってまた、はがき控えを取り寄せ、書き始めた。初日5枚、昨日8枚。書く事は好きなので苦にならない、お喋りなので書くたねに困らない。
 投稿者の人に添削の理由とか。昔自著を下さった人に再読の感想。那覇の乾物店に黒糖や昆布の注文。ご無沙汰の友だち。
 「お変わりなくおんさるけも」は、お変わりなくいらっしゃいますか、を、岐阜の古い友達にその土地の言葉で。8歳のとき彼女の家へ行き、初めて無花果を貰って食べた嬉しさは忘れていないのに、一生の過ぎるのは早い。

 明け方、ハッキリした夢を見た。黒い、もっくりしたねこが畑にいた、その後ろ頭の様子。オジ と言って目が覚めた。窓を開けて、夜明け前の畑をしばらく見た。

複写はがきというもの・今日の花など_a0203003_07565796.jpg
 草むらに生き残っていた崑崙朝顔。小輪、紫紺のありふれた野朝顔だけれども、その名前「崑崙」のためにわすれない。遙かな思いを誘うその地名。

複写はがきというもの・今日の花など_a0203003_07571460.jpg
 どこからか種が飛んで来たらしいモウズイカ。

複写はがきというもの・今日の花など_a0203003_07574806.jpg
 michikoに買ってもらったベゴニア、「サザーランデイ」。きゃしゃで、垂れ下がって咲くオレンジ色の花。見附市にて。


複写はがきというもの・今日の花など_a0203003_07572990.jpg
 挿し木のスモークツリー(左上、茶色の茎)が元気を取り戻した、葉がしゃんとしている。バラは皆元気。



にほんブログ村




# by buribushi | 2020-07-01 09:03 | その他 | Comments(4)

合歓咲く・紫陽花園 ほか

6月30日 火曜日

合歓咲く・紫陽花園 ほか_a0203003_11305269.jpg
 ネムが咲いた。山採りの木が大きくなりすぎたのを伐ってしまったが、風に乗って飛んだタネが芽生えた。
 良寛様の父の生家跡が個人所有の小公園になっていて、父、橘以南の句碑がある。「朝霧にいちだん低し合歓の花」
 所有者の奥様が句碑の傍に合歓の木が欲しいけど何処で手に入る?と言われたので、うちに生えていた木から手頃なのを掘って差し上げた。随分大きくなって年々咲いている。今年も見に行こう。


合歓咲く・紫陽花園 ほか_a0203003_11310841.jpg
 萱草が咲いた。昨日蕾を一つかみ摘んだけど、それを逃れて咲き出した。

合歓咲く・紫陽花園 ほか_a0203003_11312483.jpg
 クチナシが次々咲いて、周りじゅういい匂いがただよう。


合歓咲く・紫陽花園 ほか_a0203003_11313934.jpg
 手放した畑に大株になったヒペリカムがあったが、伐られてしまったようだ。湯之谷の妹に貰った木だったので惜しかったな、と思っていたら、今朝、うちの草むらに、実の着いた小さいヒペリカムを発見。毎日見て廻っているつもりだけど花に気が着かなかった。ちゃんと枝を広げられる場所に移そう。


合歓咲く・紫陽花園 ほか_a0203003_11320186.jpg
 挿し木ものの紫陽花。
 沖縄・伊豆味のチエさんに連れて行って貰った、個人が一人で作った紫陽花園を思い出す。自分の山の斜面に、いろいろな紫陽花を植え込んであって、花時はほんとにきれいだった。
 うちも一応自分の山、という場所があって、車など入れる筈も無い場所、いまはあの山道を登る体力も無い。いまどんなになっているか、判らない。紫陽花を植えるには余る広さだけど、植えても見に行く人もないだろう。
 山など要らないのだが、知人にぜひにと頼み込まれて買い取った。上を高圧線が通っていて、電力会社が安全の為に木を伐らせて呉れといって、高い木も低い木も全部伐ったかわり補償もあった。複数回の伐採で、もうモトはとれたかも。なさけはひとのためならず、という言葉があったねー。



にほんブログ村




# by buribushi | 2020-06-30 12:08 | 草・木・花 | Comments(4)

沖縄の風がそよそよ・・・

  •           6月29日 月曜日 晴れ  20度・・26度


    沖縄の風がそよそよ・・・_a0203003_11105732.jpg
     ジュズサンゴの蕾がハッキリしてきた。タネからではなく、去年元から切った株からのヒコバエがだんぜん早い。
     初めて読谷村で見てあこがれてから何年経ったんだろう、すっかりうちの子になった。

    沖縄の風がそよそよ・・・_a0203003_11113619.jpg
     沖縄南部、糸満の農産物直売所から来たハナキリン。花の大きい方のトゲなしハナキリンは何度目かの冬に負けてしまったが、これは元気。また挿し木で増やそう。

    沖縄の風がそよそよ・・・_a0203003_11111898.jpg
     ハットリさんがアジサイ「スミダノハナビ」が欲しいと言うので、上げるよ、と言って三日めか?「雨がふったからねっ」と今朝来て、私と二人がかりで掘り取った。大きい株になっていたので、分けて植えるといいだろう。

    沖縄の風がそよそよ・・・_a0203003_11115525.jpg
     沖縄の衣服、ドウジン(胴衣)の写真を読谷村のページから拝借。kumikoのメールに「母さん、読谷村へ行きませんか」ドウジンの作り方を教えているから、と。
     重症沖縄中毒の私も、今年は行けないなあ、この歳だと一年でどうなるか判らない、杖なりカートなりあれば歩けるいまのうちなんだけど、と思ったけど誰にも言ってない(去年の5月は杖無しで行ってきた)。
     「いまの季節直行便ないよ。夜行バスで東京へ行って、羽田から6時台の一番機に載れば、那覇に着いてもおはよございます、てなもんだ、一泊浮く。でもおじーさんがへろへろだから私は無理」「大丈夫、まだ死なない!」なんて。
     随分昔、算命占星術とか言うのを囓って、自分を占ったノートが最近出て来た。「子どもは三人、一人は大風呂敷」ひゃー、いるいる一人。でもこの風呂敷、拡げるだけじゃ無くて結構中味があるからね。
     彼女がドウジンに関心をもったのは、去年から和服の生活に入っていて、ゆったり羽織れる沖縄の衣服に目が行ったらしい。それを沖縄で教わろうというのはいかにも らしい 話なんだけど。

     如何相成りますやら、わからねども、なんだか向こうの風がそよそよそよ・・・



    にほんブログ村
     





  • # by buribushi | 2020-06-29 11:39 | 沖縄 | Comments(8)

    ヤブカンゾウの蕾・挿し木に芽 ほか

              6月28日 日曜日 曇  22度・・25度

    ヤブカンゾウの蕾・挿し木に芽 ほか_a0203003_18382168.jpg
     ヤブカンゾウの蕾、そろそろ美味しそうにふっくらしてきた。

    ヤブカンゾウの蕾・挿し木に芽 ほか_a0203003_18391861.jpg
     バラの挿し木に芽が出てきた。


    ヤブカンゾウの蕾・挿し木に芽 ほか_a0203003_18393811.jpg
     サボン草。水を掛けて揉むと泡が出て来る。その向こうは、食用の百合根を剥がして食べて、残した芯を植えて置いたもの。ムカゴのつく鬼百合と、つかない小鬼百合がある。これは小鬼のほうね。

    ヤブカンゾウの蕾・挿し木に芽 ほか_a0203003_18383599.jpg
     タカサゴユリが群落をなしてきた。タネが風に飛ぶから、あちこちに生える。









    # by buribushi | 2020-06-28 20:55 | 草・木・花 | Comments(8)

    エラヒさんの野菜・ねこをさがしに など

    6月27日 土曜日 晴れ 23度・・29度 

    エラヒさんの野菜・ねこをさがしに など_a0203003_17103227.jpg

     朝早く外に出たら、クチナシが夢のようにきれいだった。まだ沢山蕾がある。

    エラヒさんの野菜・ねこをさがしに など_a0203003_17114163.jpg

     モハメッド・N・エラヒさんご夫妻が、ご自分で作った野菜を届けてくださった。
    エラヒさんは、ご郷里のバングラデシュに小学校を作ろうと奔走なさって、わたしたちはその学校へ気持ちばかりを差し出したご縁。
     教育に功のあった人に対する長岡市の「米百俵賞」を受けられた。

    エラヒさんの野菜・ねこをさがしに など_a0203003_17110920.jpg

     昼前、カートにねこおやつのチュール、外れにくい首輪、リード、などを積んで、遊歩道へ行った。昔の線路の跡で、山と家の間の道。こんな狭いところを電車が走っていたんだね。おうちの中が見えそうだ。
     オジ・・オジ・・小声で言いながら歩く。普段歩かない道で、知らない家ばかり、よその町のようだ。汗を拭き拭き歩いているのは、泣きながら歩いているように見えたかもしれない。ねこには少しも出会わない。
     知らない花を咲かせているおうちがあった。

    エラヒさんの野菜・ねこをさがしに など_a0203003_17105137.jpg

     草むらに蜘蛛の巣。

    エラヒさんの野菜・ねこをさがしに など_a0203003_17112846.jpg

     オジいなかった?ばかねえ。アタシとおくへいかない。



    p>


    にほんブログ村
     





    # by buribushi | 2020-06-27 17:49 | ひと | Comments(16)

    梅の漬かり具合・ねこ情報の電話

    6月26日 金曜日 雨降ったり止んだり 22度・・26度


    梅の漬かり具合・ねこ情報の電話_a0203003_17331577.jpg
     甕の中の梅漬け、3キロ。この皿を載せて置いた(皿が写し方で大きく見えるけど、丁度押し蓋の大きさ)。

    梅の漬かり具合・ねこ情報の電話_a0203003_17330069.jpg
     左、梅シロップ用2キロ。右、梅干し用2キロ。今年の梅、これで全部。

    梅の漬かり具合・ねこ情報の電話_a0203003_17315391.jpg
     こんな色のアジサイもある。


    梅の漬かり具合・ねこ情報の電話_a0203003_17320833.jpg
     八重のくちなし。写真は薄く色が見えるけど、白い花です。まだ沢山の蕾あり。

    梅の漬かり具合・ねこ情報の電話_a0203003_17322587.jpg
     鉢植えのジュズサンゴ、これはタネから。土によってだろう、まだ小さい苗もある。液肥をやること。

     未知の人から電話あり。動物病院でお宅の尋ねねこのポスターをみた。昨日遊歩道(昔の長岡鉄道の線路跡を道にしたところ)の、役場より長岡寄りを、犬の散歩で歩いていたら、草むらに黒い大きいねこが寝ていた。というもの。犬を恐れなかった、と聞けばオジっぽいような気がした。今日は前もって頼んであったmichikoと市内の電機屋へ行ったりしたので、遊歩道を歩いて見る元気が残っておらず(脚いたい)、明日のことにする。雨だというのに、あの男は草になど寝て。
     ゴシゴシする(拭く)タオルも持つこと。遊歩道からうちまで、おとなしく着いてくるか、まして抱っこでなど歩けまい、曳き紐も用意したけどどうか。
      
     電機屋は炊飯器を買いに。いいのは長持ちするし、ご飯が美味しく炊けるから結局トクだよ。と言われて選んだのが、現品限り、ということで値引きあり。あ、買った日付どこかへ書いて置こう。ねだんもね。
     夫からメールで、百円ショップでイヤホン買って。またmichikoが、安もんといいのじゃ音が違う。と、これも電機屋で。これ買い物上手と言うんだろうね。

    梅の漬かり具合・ねこ情報の電話_a0203003_22255617.jpg
     夜が更けて。これ!アタチはなんという寝相ですか。ばーちゃんねどこへ行って寝なさい。

    梅の漬かり具合・ねこ情報の電話_a0203003_22315094.jpg
     めがさめちゃった。



    にほんブログ村
     





    # by buribushi | 2020-06-26 17:43 | くらし | Comments(12)

    スモークツリーを挿す・ほんとは酒飲みか?

    6月25日 木曜日 曇 23度・・30度   夜に入って雨

    スモークツリーを挿す・ほんとは酒飲みか?_a0203003_15412536.jpg
    michikoの依頼で挿し木。花瓶の中でもう新芽がでたというスモークツリー一本、ばらが四本。二本預かったけど長かったから切った。
     鹿沼土を洗って、水あげした枝に発根促進剤を付けて挿し、日陰に置く。

    スモークツリーを挿す・ほんとは酒飲みか?_a0203003_15405732.jpg
     フロックスが咲き始めた。八重のくちなしも咲いたけど、黒い細かい虫がいたのでまた次にする。

    スモークツリーを挿す・ほんとは酒飲みか?_a0203003_15414242.jpg
     クレマチス都筑のタネが出来ていた。

    スモークツリーを挿す・ほんとは酒飲みか?_a0203003_15404537.jpg
     紫陽花の遅咲きのほう。若々しい青が美しい。
     ハットリさんが、「スミダノハナビ」がよく咲かない、というので、家のを貰ってくれる?と聞いた。喜んで、と言うことなので、雨が降ったら掘って上げることになった、ありがたい。

    スモークツリーを挿す・ほんとは酒飲みか?_a0203003_15420487.jpg
     写真は「にゃんの針仕事」から無断拝借(事後承諾お願いした)。古布づくめのなかではっと目にとまった。色使いが好き。また、かっちりと正確な形で無いところも何とも言えずいい。正確な形でないのに、全体としてまとまっている。この四角や三角が、定規で測ったようなキッチリした形だったらこれだけ魅力を感じたかどうか。いいなー。

     追記・オハイオスターだと聞き、え?と見直したら、ほんとだ、茶色い部分がちゃんとエイトスターになっています。これは不器用でなんか無い、確信犯?ですね。しかし。才能ですねー。

     夜、雨になり、雨が降ったらしよう、と思う植え替えや種蒔きや、あるので、今夜は楽しく雨音を聞いて眠ります。
     夕食に、夫のビールをひとくち貰ってうまい!というのがお決まりだったが、昨日コップが二つ出て、ついで貰ったら、なんとみんな飲んじゃった。今までついでやらんで悪かったなと言われたけど、わたしもコップ一杯飲めるとは知らなかった。今日も美味しかった。
    83歳になりかけても新しい事は起きる。


    にほんブログ村
     




    # by buribushi | 2020-06-25 15:57 | 草・木・花 | Comments(10)

    ハットリさんの新色タチアオイ

              6月24日 水曜日 晴れ 20度・・32度

    ハットリさんの新色タチアオイ_a0203003_18123730.jpg
     黒いタチアオイのタネを呉れたハットリさんの畑に、今年初めて咲いた色。タチアオイにしては珍しい色で、彼女も初めて見たという。こぼれタネで年々自生して、何が咲くか、咲いてみるまでわからない。

    ハットリさんの新色タチアオイ_a0203003_17022196.jpg
     ジュズサンゴ、去年の株を切ったのから出た芽はタネからのより成長が早く、はっきり判る花芽、今までで一番早いのではないか。長年一年草と思っていた。来年から多年草扱いにしよう。

    ハットリさんの新色タチアオイ_a0203003_17032402.jpg
     白花の萼あじさいが咲き闌けて、ほんのり紅をさしてきた。

    ハットリさんの新色タチアオイ_a0203003_17023454.jpg
     去年切ってしまったブラックベリーのヒコバエに花が咲いていた。

    ハットリさんの新色タチアオイ_a0203003_17034227.jpg
     梅漬けにひたひたと水が上がってきた。山の塩が生産を止めたのが惜しく、地元紙に投稿してみた。



    にほんブログ村
     




    # by buribushi | 2020-06-24 18:28 | 草・木・花 | Comments(4)

    紫陽花・隅田川

              6月23日 火曜日 晴れ 20度・・27度
           沖縄慰霊の日

    紫陽花・隅田川_a0203003_08465670.jpg
     まだみずみずしい紫陽花の花。沖縄へ捧ぐ。

    紫陽花・隅田川_a0203003_08464028.jpg
     スミダノハナビ という名の紫陽花。装飾花(ほんとは萼)の部分が八重で、花梗が長く、それをパッと開く花火に例えた名だと思う。私ならただ単に「隅田川」と名付ける。で、花を見た人が「ああ花火ね」と気が付く、と。



    紫陽花・隅田川_a0203003_08462697.jpg
     その、花の部分。

    紫陽花・隅田川_a0203003_08473616.jpg
     孫たちが割って積んでくれた薪。杉はまだ割りやすいけど、残っていた堅い榎などで難儀を掛けた。朝の光に整列した薪、どだ。

    紫陽花・隅田川_a0203003_08474747.jpg
     彼らも割り残した、縄文式めく木の瘤。怪獣か。

    紫陽花・隅田川_a0203003_08471865.jpg
     私を見い見い去って行く今朝のねこ。名前はつけません。トラネコのDNAがあるのね。このあと玄関を覗き、ピースにシャアッと怒られていた。
     さすらいの果てうちへ辿り着き、10年いて推定20歳で天へ行ったぶうちゃんは、「あれ犬ですか?」と言われた大ねこで、トラネコだった。




    にほんブログ村
     





    # by buribushi | 2020-06-23 09:48 | 草・木・花 | Comments(6)

    日々の気楽なおしゃべりです
    by すばる
    プロフィールを見る
    画像一覧
    更新通知を受け取る
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31

    最新のコメント

    ミケさま 夏らしい花、..
    by buribushi at 18:54
    ミケさま そうそう、山..
    by buribushi at 18:47
    仙人草、キツネノカミソリ..
    by mikeblog at 17:46
    あー、これはスベルベさん..
    by mikeblog at 17:37
    ミケさま ピースはおば..
    by buribushi at 16:50
    猫っていくつになっても丸..
    by mikeblog at 13:47
    tsunojirushi..
    by buribushi at 22:38
    かわいいかわいい!
    by tsunojirushi at 22:26
    ミケさま >復活 は..
    by buribushi at 08:53
    パソコンが復活しましたね..
    by mikeblog at 23:28
    鍵コメさま 新しいパソ..
    by buribushi at 09:06
    鍵コメさま わーっ!あ..
    by buribushi at 21:25
    ミミの父さま >オレン..
    by buribushi at 21:18
    hiruneyohuka..
    by buribushi at 21:15
    オレンジが本当に石鹸か、..
    by ミミの父 at 08:57
    すばるさま 「くぼた沖..
    by hiruneyohukashi at 01:11
    鍵コメさま もう沖縄行..
    by buribushi at 20:55
    ミケさま ねー、ころん..
    by buribushi at 20:45
    kazuyoo60さま ..
    by buribushi at 20:41
    ほんとだー、お饅頭みたい..
    by mikeblog at 18:19

    にゃんの針しごと

    ◆gardening
       ☆kazuyoo60さん
         のブログ
    ◆ネコと飼い主その職業と
      趣味

       ☆ゴンベイさんのブログ
    ◆元気そうじ屋
       ☆片付け・そうじ屋さん
         のブログ
    ◆掟破り*キモノ日記

       ☆華宵さんのブログ
    ◆なんでもかんでも手帳

       ☆ミミの父さんのブログ
    ◆東成瀬通信「んだすか。」

       ☆杉山彰・あおい夫妻
         のブログ
    ◆気まぐれフォトダイアリー

       ☆咲さんのブログ

    以前の記事

    2020年 08月
    2020年 07月
    2020年 06月
    2020年 05月
    2020年 04月
    2020年 03月
    2020年 02月
    2020年 01月
    2019年 12月
    2019年 11月
    2019年 10月
    2019年 09月
    2019年 08月
    2019年 07月
    2019年 06月
    2019年 05月
    2019年 04月
    2019年 03月
    2019年 02月
    2019年 01月
    2018年 12月
    2018年 11月
    2018年 10月
    2018年 09月
    2018年 08月
    2018年 07月
    2018年 06月
    2018年 05月
    2018年 04月
    2018年 03月
    2018年 02月
    2018年 01月
    2017年 12月
    2017年 11月
    2017年 10月
    2017年 09月
    2017年 08月
    2017年 07月
    2017年 06月
    2017年 05月
    2017年 04月
    2017年 03月
    2017年 02月
    2017年 01月
    2016年 12月
    2016年 11月
    2016年 10月
    2016年 09月
    2016年 08月
    2016年 07月
    2016年 06月
    2016年 05月
    2016年 04月
    2016年 03月
    2016年 02月
    2016年 01月
    2015年 12月
    2015年 11月
    2015年 10月
    2015年 09月
    2015年 08月
    2015年 07月
    2015年 06月
    2015年 05月
    2015年 04月
    2015年 03月
    2015年 02月
    2015年 01月
    2014年 12月
    2014年 11月
    2014年 10月
    2014年 09月
    2014年 08月
    2014年 07月
    2014年 06月
    2014年 05月
    2014年 04月
    2014年 03月
    2014年 02月
    2014年 01月
    2013年 12月
    2013年 11月
    2013年 10月
    2013年 09月
    2013年 08月
    2013年 07月
    2013年 06月
    2013年 05月
    2013年 04月
    2013年 03月
    2013年 02月
    2013年 01月
    2012年 12月
    2012年 11月
    2012年 10月
    2012年 09月
    2012年 08月
    2012年 07月
    2012年 06月
    2012年 05月
    2012年 04月
    2012年 03月
    2012年 02月
    2012年 01月
    2011年 12月
    2011年 11月
    2011年 10月
    2011年 09月
    2011年 08月
    2011年 07月
    2011年 06月
    2011年 05月

    ファン

    検索

    ブログパーツ