人気ブログランキング |

おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2019年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧




原種シクラメン、種子から2年で咲いた

         9月19日 木曜日

a0203003_10192671.jpg
 種子から育てた原種シクラメンが咲いていた。初めて出会う花。

a0203003_10194204.jpg
 これはつぼみ。


a0203003_10195475.jpg
 このひとは葉っぱだけ。

a0203003_10200949.jpg
 これは球根が一番大きいから、花も葉もいくつも出るんじゃないか。
 「9月13日シクラメン種子」と書いてあるけど、一昨年、2017年の9月だからまる2年、かかったことになる。農文協の、いまは無くなっているほうの隔月だか、年四回だかの雑誌で「種あげます」コーナーを通して頂いた。若くない男性であるというきり、お名前のメモをなくして、申し訳無い。種子を人に分けることでお返しとするしかない。

 二年がかりで、今か今かというふうではなくて、忘れてはいない。という気持ちだけだったから、今朝、花を見つけたときはたいへん嬉しかった。
 有難うございます。種子をくださったかた、種子を育ててくださった大自然。シクラメン、ようこそ。

おかず。烏賊と舞茸のかき揚げ。サシグサと青紫蘇の油味噌。茄子の漬け物。
 南瓜煮付け。食後葡萄。






by buribushi | 2019-09-19 10:34 | 草・木・花 | Comments(2)

またも薪運び込まれる・オジ、ゴメン寝。

9月18日 水曜日 18度・・24度

a0203003_18460554.jpg
 沖縄で言うサシグサこと、アワユキセンダングサ。種子が衣類などに刺さって運ばれる。当地のアメリカセンダングサと違うのは白い花弁を持つことと、葉が柔らかくみずみずしいこと。
 戦後沖縄に入って来てたちまち全島に拡がったそうで、いつ行っても、どこへ行っても、見かける。はじめは家畜の餌にいいと言われ、それどころか人にも栄養や薬効があると解って来て専門のお店があるほど。種子を採って来て蒔いた。

a0203003_13053382.jpg
 オキナワスズメウリが、盆踊り会場に張り渡された提灯のように見える。


a0203003_13070798.jpg
 紫蘇の花。葉の裏が紅い品種で、色もいいし香りも高い。

a0203003_18392521.jpg
a0203003_18393869.jpg
a0203003_19505176.jpg
 焚き木が片付いてカラになった小屋に、今日又運び込まれた木が軽トラに2杯。空き家バンクに写真を出すのに、木が多すぎて写真が良く撮れないので伐られた庭木だそうだ。michikoが同業者の手伝いで持って来て呉れた。


a0203003_18401675.jpg
 オジは昨夜も帰らず、昼近くなって帰ってきてゴハンが済むなりゴメン寝をしてぐっすり寝入る。




にほんブログ村





by buribushi | 2019-09-18 19:49 | くらし | Comments(6)

今日は何日?

9月17日 火曜日 晴れ 19度・・28度

a0203003_16373723.jpg
 ジュズサンゴが次々赤く熟してきた。去年のこぼれ種で生えて、今年は今までで一番多くのジュズサンゴを見る。あまり直射日光よりやや木陰くらいのほうがすきらしい、日向のは葉がやや赤っぽく焼けた。

a0203003_16375561.jpg
 裏のいちじく。やや小型、皮も実も柔らかく、果肉が白っぽく、甘い。香りは薄いから、ジャムでなく生食用。
あまりに柔らかくて流通に乗らないので、食べるにはうちに植えて置くしか無い。


a0203003_16381552.jpg
 大根。一度間引き菜を汁の実にして食べた。大根は、ここからもう美味しいが始まる。


a0203003_16383566.jpg
 東南角の薮の、あけび。色づき始めた。

 今月は17日に、良心的な廃品回収業者が来るというので本や雑誌を括ったりして待っていた。いいちり紙を呉れるのだ。それは明日だと思っていた。え?今日が17日だ。ご近所を見るに、もう行ったらしい。16日はブログも書いてないし、一日どこかへやっちゃった。あっぶねー。
 えーと、昨夜のおかずは何ですか。スーチカー(塩豚)を茹でて辛子を添えた。丸茄子を四つに切って、背に刻み目を入れて油で焼き、味醂、醬油、花鰹で煮た。
 テレビは、知人のモハメッド・N・エラヒさんと、みさこさんご夫妻がインタビュー番組に出たのを見た。みさこさんが黒いブラウス、白いはなやかなスカートでおしゃれしていた。うん、気は確かだな。なんで一日間違えたんだろう。
  今日は葡萄のジャムを煮た。

夕飯おかず
 烏賊刺身(長女の旦那さまが釣って、刺身に切るばかりに下拵えしてくれた)
 ねぎ玉(かに玉のかに抜き、葱と卵を炒めて甘酢あんをかけた)
 茄子塩漬け
 食後いちじく



にほんブログ村





by buribushi | 2019-09-17 17:03 | くらし | Comments(4)

与板十五夜祭り・登り屋台写真にオーブ写り込む

       9月15日 日曜日 晴れ 20度・・32度

a0203003_21560580.jpg
 町内の神輿が通る。新調の神輿に新調の法被。背中に染め抜かれた安永(やすなが)は、市町村合併の折に与板乙、などという地名にされる前の名。乙は範囲が広すぎて、道を尋ねられても見当もつかない。役所のセンス悪し。というか、怠慢。
 安永(あんえい)年間(1772-1781)に、稗田という地名から安永に変えられたという。ざっと二百数十年経っている。
 いまだにヒーダのばーば(稗田のおばあさん)などという言い方が無くならない。地名とはそう言うものだと思う。
 

a0203003_21562581.jpg
 都野神社・与板八幡宮の秋祭り。今年の十五夜は太陰暦と太陽歴が丁度一か月のズレになり、まん丸の月の下での祭りになった。沖縄では行事を太陰暦で行うので、お盆も十五夜もいつも丸い月の下なのはうらやましい。

a0203003_21564425.jpg
a0203003_21570029.jpg
a0203003_21572090.jpg
 三枚、「登り屋台」。南新町、中町、上町の各町内が一台ずつ持つ屋台にぎっしり子ども達をのせ、笛太鼓のお囃子方が乗って、一番前には若い衆が弓張り提灯を持って立つ。
 町内の年行事が神社への坂を曳いて登るのに、綱先の若者達はわっしょわっしょと揉み合ってなかなか登らせない。昔は日付が変わってもまだ登りきらぬこともあり、やっと三台のぼるとそれから芝居の奉納があった。いまは時間を決めて、それを過ぎるともみ合いを止めさせるようになっている。
 30年余り前に安永へ越して来る前は南新町にいたので、一年置きに廻ってくる年行事を勤めたが、年取ったいまは見物に行くだけでもくたびれる。もとの町内の人たちに面目ない。
 「新」の字を染め抜いた法被は人に上げてしまい、桜提灯だけ残した。

 いま、思い出したことを追加。
 昔の西表(いりおもて)に、「ジュングヤカイサ フユカイサ」(十五夜美さ、冬美さ)、九月の十五夜の晩が晴れだと、その冬の天候がいい、という言い伝えがあったという。今夜の月は澄んでたいへん美しかった。

a0203003_13375045.jpg
 写真追加。そう言えば、昨夜撮りながら、オーブが写った!という一枚があったように思い出し、探したらこれ。写真が暗いので昨夜載せなかった中にあった。写したときにわかった。八幡様境内にて。
 オーブはカメラの埃説、があるけど、この〇たち、奥行きもあり色も違う。こんなに奥行きをもって、たくさん写ったのは初めてだ。
 数年前、郷里魚沼の鎮守様で盆踊りをしているとき撮ってもらった、わたし自身のまわりに写っていた。拡大すると、小さい粒々が集まって丸をなしていた。

以前の十五夜写真を出してみたら、2017年9月16日にもオーブが写っていた。今まで気がつかなかったな。場所は同じで、境内に上がってからの同じ新町の屋台を撮っていた。偶然とも思えないんだけど。
 2013年8月16日、魚沼の盆踊りに写ったオーブには、虹色のが混じっていた。
 



にほんブログ村





by buribushi | 2019-09-15 23:11 | 季節 | Comments(6)

生きてここにあること

         9月14日 土曜日 晴れ18度・・32度

a0203003_14021748.jpg
 今日の朝日新聞、B版で見つけた、藤井理恵さん(病院牧師)のことばから抜粋。

 命を与えた存在が、「この時代に、この家族のもとで、こうした状態で生きるように」と、この世にあなたを置いてくださった。
 そう受け止められれば、この世に置かれた、「生きてここにあること」自体に意味がある。
 「自分の人生に意義がない」などと自己否定しても、あなたの存在自体は絶対的に肯定されている。
 「何かが出来る(do)」から価値ある人生で、「できない」から意味のない人生だという考えから距離を置いて欲しい。人は「そこにいる(be)」だけで、つまり生きているだけで意味があると知ってほしい。
 マザーテレサが、私はそこにあるだけでいい、私を使って下さるのは神様だから、何かを果たせたかどうか、そんなことは私が判断することではない、という意味のことを言っている。
 
 年を取り、自分で得たものではない能力を少しずつお返しする。いただいて預かったものを手放し、次々に返して行って、魂一つになって神様のもとへ帰って行く。死の受容は、人生が「与えられたもの」と了解していくとき可能になってくる。与えられた命を持って生まれ、生きて、死んで行く。そのプロセスの中で死を終点と捉えれば自分が無くなってしまう、となるが、帰るのであれば。私はそう信じ、希望を見いだしている。


 全部を引用すると長いので、原文の意味を損なわないようにと願いながら抜粋した。わたしに生を与えられたことも、わたしにつらかった人の生も、ひっくるめて意味があった。で、いいだろうか。











にほんブログ村





by buribushi | 2019-09-14 14:36 | ひと | Comments(8)

薪割り終了・宵宮の提灯など

9月13日 金曜日 晴れ 16度・・30度

a0203003_21493820.jpg
 今日の薪割りはtaiti、 gen 、chieの3人が来て呉れた。taiti 、gen が割り、chieは今までに乾いたのを一輪車で床下(高床住宅の)に運んで積み上げる。160数センチ(171センチと本人から訂正あり)の長身なので、頭を打たないように歩くだけでもたいへんだ。


a0203003_22421716.jpg
  床下に運び込まれた薪。chieは上手に積み過ぎて空気が通らんなどと言われる。職人だからねー(竹工芸)。

a0203003_21500249.jpg
 薪割り機のキーン、ばりばりという音にもめげず、オジ監督も出ている。

a0203003_21502863.jpg
  焚いてください、と持ち込まれたものの一つに、古い臼があった。


a0203003_21543795.jpg
 随分朽ちているしヒビも入っているので割れるんじゃないかと、重い斧を借りて打ち下ろしてみた。斧の刃の形に少し凹んだだけ(縁の真ん中あたり)。 
 さすがに長年餅搗きに耐えた臼。思い出す生家の臼と比べても、この臼、百年ではきかない昔からのものだろうね。
 外がこんなになっているのに内側に虫食い跡が無い。


a0203003_21510301.jpg
 割られ、積み上げられて、山をなしていた丸太はすっかり無くなった。

a0203003_21512084.jpg
 電動鋸によるおがくずだけでも風呂が沸きそうだ。

a0203003_21514193.jpg
 今日は十五夜祭りの宵宮、薪割りの後紅白の幕を張ってもらった。今年は玄関で無くカーポートにして、幕は短く切り詰めた。それだけでこの後随分しごとがラクになることだろう。

a0203003_21515815.jpg
 提灯がさがった。michikoも参戦。


a0203003_21522947.jpg
 灯りが入った。この提灯、毎年十五夜に三晩ずつ出して、私が来てから一度も張り替えていない(1960年以来59年)。夫も張り替えの覚えがなくて、オレが生まれてから張り替えたかなーと言う。では80年以上?そんなに保つものかしら。




にほんブログ村





by buribushi | 2019-09-13 22:38 | くらし | Comments(10)

岐阜行きは娘の車で

9月12日 木曜日 晴れ時に曇り 19度・・・27度


a0203003_16163032.jpg
 風がさらっとしてきて、雲がぷかぷか。


a0203003_16214111.jpg
 数日のうちに刈田もめっきり増えた。

a0203003_16170338.jpg
 雲を見ているだけでも見飽きない秋の日だ。


a0203003_16172350.jpg
 長女の家のねこ、パンチ佐藤。chieの編んだ籠が気に入って、むりやり入ってぐっすりお昼寝中だった。

 「岐阜いつ行く?私も行こうかな?」今朝彼女からメールが入っていた。返信するよりじかに話したくなって、所用の帰りに飛び込んだ。

 去年の夏、昔いた家が隣の旅館の別館として使われているのをR・・トラベルで偶然見つけて、一度行く。と言い出してから一年以上経つ。その時はこのくそ暑いのに年寄りが出歩くの止めなさい、と止められ、その後も越後弁でいう「ああ滑った、こう滑った」、いろんな都合が出来たと言っては延びに延び、今日に至る。
 行くなら行く!とさっさと事がはこばなくてずるずる、は老人の症状だろう、娘が一枚噛めば、ばたばたっ、と行くような気がした。

 果たして。私が丁寧に書いた乗り換え時刻表など見せるうち、いっそ車で行くか?と言う。あーそれなら、中津川、ここの名物は栗きんとんに栗蒸し羊羹だよ、なんて買い物も出来るぞ!やったね、と、今月中に行くか?と、ばたばたばた。
 なにしろ、子どもの頃から寅さん(あの車寅次郎)があこがれだったという多動性人物で、京・大阪まで車で連れて行って貰ったことがある。
 さっさと行くのなら夏服で荷物も少なくて済むし。おじーさんとねこたちは、どうぞいい子でお留守番おねがいします。わくわく♫
 



にほんブログ村





by buribushi | 2019-09-12 16:55 | その他 | Comments(10)

ねこのお返事

      9月11日 水曜日 曇り一時雷雨 22度・・・30度

a0203003_21172951.jpg
 炉開きを一輪見た時はくるい咲きかと思ったが、次々いっぱい咲いてきた。お茶と椿の自然交配だと言われるが、蕾が丸くてお茶の花みたいだ。
 ミケさんに雷雨を羨ましいなんて言っていたら、今日久しぶりの雷雨。雷の音も聞いた。大根や日野菜の小さい芽が倒れたかもしれない、明日早く見よう。


a0203003_21165808.jpg
 朝、採種したホーリーバジル。タネ用を残してお茶用はもう少し早めに収穫したほうがよかったかも知れない。記録しておこう。

a0203003_21251465.jpg
 昨夜オジが帰らなくて、また首輪を無くして朝帰りした。今夜早めに玄関も部屋の戸も鍵をかけてしまった。二階のカーテンに頭を入れて、夜の畑を見ている。
 ピースは今朝早く、私のそばにきたので、あ、ピーちゃん、と言ったら「あいよ」だって。「おあよー(お早う)」の応用問題だろうけど、いいタイミングでおかしかった。お返事上手だねーと褒めておいた。



 

にほんブログ村





by buribushi | 2019-09-11 21:49 | 猫・動物 | Comments(2)

まだまだ暑い

9月10日 火曜日 曇り時に晴れ 23度・・32度

a0203003_19510841.jpg
 きょうも暑く、このあいだtaitiとgenが割って積んでくれた薪が乾いて行く。

a0203003_19520818.jpg
 裏の薮のサルナシ。隅にちらと、山ぶどうのサンカクヅルが写っている。食べてみたら、エビヅルより甘みもあって美味しかった。明日また採ってこよう。鳥はブルーベリーを食べちゃったりするけど、こういうお土産もくれる。何年か経って、貰った事が分かる贈り物。



にほんブログ村





by buribushi | 2019-09-10 22:27 | 季節 | Comments(4)

ベロ出しねことか夜香木とか

9月9日 月曜日 晴れ時に曇り時に雨
a0203003_21011649.jpg
 一人生えの百日草、これは八重咲き。


a0203003_21010228.jpg
夕日の時刻。


a0203003_21002177.jpg
夜香木の花、夕方の状態。

a0203003_21004251.jpg
 夜香木の花、午後9時。暗くなると花が開き、濃密な香りが立ちこめる。


a0203003_20591098.jpg
オジねこは時々べろを仕舞い忘れる。

a0203003_20593724.jpg
 まだ出てるよー。

a0203003_21014277.jpg
 ピースのお座り。ピースはうちへ来たばかりの2005年に左の脚を骨折した。歩くのは普通に歩けるが、時々お座りがヘタ。この年の1月にがんを切った私おばーの入院費より、ピースの一晩の入院・手術費のほうが高かった。いつまでも言われるねーピース。
a0203003_21000217.jpg
 言われたっていいもーん。きょうもピースはヒラキです。




にほんブログ村





by buribushi | 2019-09-09 21:20 | 猫・動物 | Comments(8)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

原種シクラメン、種子から2年..
at 2019-09-19 10:34
またも薪運び込まれる・オジ、..
at 2019-09-18 19:49
今日は何日?
at 2019-09-17 17:03
与板十五夜祭り・登り屋台写真..
at 2019-09-15 23:11
生きてここにあること
at 2019-09-14 14:36
薪割り終了・宵宮の提灯など
at 2019-09-13 22:38
岐阜行きは娘の車で
at 2019-09-12 16:55
ねこのお返事
at 2019-09-11 21:49
まだまだ暑い
at 2019-09-10 22:27
ベロ出しねことか夜香木とか
at 2019-09-09 21:20
今日は全国2位の暑さ
at 2019-09-08 19:39
またも真夏日・木子ちゃんちか..
at 2019-09-07 20:53
taichi と gen、薪..
at 2019-09-06 17:57
ムカゴ飯を炊く
at 2019-09-05 21:18
籠城出来る
at 2019-09-04 18:24
大根蒔き足し、高菜・春菊蒔く
at 2019-09-03 15:36
尹東柱詩集-友だちへ手紙
at 2019-09-02 10:31
大根・日野菜・蒔く
at 2019-09-01 18:52
木子ちゃんと山くん、板を運ぶ
at 2019-08-31 19:24
「歌う女子会」参加
at 2019-08-30 22:28

最新のコメント

kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:14
鍵コメさま 有難うござ..
by buribushi at 20:55
原種シクラメンとても可愛..
by kazuyoo60 at 18:26
ミケさま 同じセンダン..
by buribushi at 22:35
こちらはどこでも必ずアメ..
by mikeblog at 22:20
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 22:19
サシグサの花が可愛いです..
by kazuyoo60 at 21:45
ミケさま 食べたものも..
by buribushi at 22:42
昨夜のおかず、う~~ん・..
by mikeblog at 21:59
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:02
サンゴジュのみが綺麗です..
by kazuyoo60 at 19:11
居酒屋猫まみれさま ご..
by buribushi at 07:24
ねーねー、お久しぶりです..
by 居酒屋猫まみれ at 00:33
ミケさま 風が冷たくな..
by buribushi at 15:34
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 15:28
秋祭りは日も短くなって風..
by mikeblog at 14:21
>新調の神輿に新調の法被..
by kazuyoo60 at 08:55
kyotoaroma_..
by buribushi at 23:47
ミケさま いろいろあり..
by buribushi at 23:37
心に響く、いい言葉ですね..
by kyotoaroma_o68 at 13:18

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ