人気ブログランキング |

おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2019年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧




木子ちゃんと山くん、板を運ぶ

      8月31日 土曜日 晴れ時に曇り 21度・・30度

木子ちゃんと山くん、板を運ぶ_a0203003_19052559.jpg
 越前浜から、もっこちゃんと弟のやまくんがお母さんの車で来た。焚き物用に息子が呉れた木の中で、使える板を貰いに。
 もっこちゃんは、箒に乗っておうちへ帰ったころを見て頂いてから何年か、小学校3年生になった。そのころまだいなかったやまくんが当時のもっこちゃんくらいか。自分で板を拾い上げて、バランスとって運ぶさま、かっこいい。


木子ちゃんと山くん、板を運ぶ_a0203003_20105273.jpg
 カントクは高い所で姿勢正して見守り中。

木子ちゃんと山くん、板を運ぶ_a0203003_19054100.jpg
 板を平らに積み、その上に寝て帰ろう、と整備中。このあと板の上に布を敷いて納まる。またおいでねー。


木子ちゃんと山くん、板を運ぶ_a0203003_19063191.jpg
 オキナワスズメウリは赤くなったが、蔓が枯れてしまった。




木子ちゃんと山くん、板を運ぶ_a0203003_19064983.jpg
 カーポートを挟んで反対側に植えたほうは青々しているけど、実はやっと着き始めたばかりで、季節中に赤くなれるかどうか。こっちの方がやや日の当たる時間が少なかったほか、思い当たる事も無い。


木子ちゃんと山くん、板を運ぶ_a0203003_19070685.jpg
 アオスジアゲハ?(kazuyoさんからルリタテハとご指摘、有難うございました)






 

にほんブログ村





by buribushi | 2019-08-31 19:24 | ひと | Comments(6)

「歌う女子会」参加

    8月30日 金曜日 曇り時に雨 22度・・・25度


「歌う女子会」参加_a0203003_21593375.jpg
 いちばんきれいに羽が開いたところを撮れなかった。畑に来た揚羽蝶。

「歌う女子会」参加_a0203003_22001229.jpg
 オジが時々下駄箱の上に座るので、今戸焼の猫は落とされないようどかしてある。他の猫も隅っこに。

「歌う女子会」参加_a0203003_21585214.jpg
 吾亦紅。吾もまた紅し、というこの花が好きだ。岐阜、山中の村で、私が洗濯物をゆすぎに行っていた川の縁にあったものを持ってきた。何十年経ったやら。背が伸び過ぎて倒れたので括ってある。
 
 誘って貰って「歌う女子会」なるものに参加。カラオケというと、人の(へたな)歌を聴いていなければならないもの、と思って近づかなかったけど、この会は、誰かがリクエストした歌を全員で合唱する、というもの、苦手な歌は歌わないだけ。3時間ほど、ほとんど歌いづめ、という、スポーツのような会だった。気持ちよく疲れて帰った。9人の中に「みえこ」さんが3人いた。私は平凡な名なのに同名率低し。
 私のリクエスト。遠くへ行きたい。上を向いて歩こう。竹田の子守歌。青い山脈。黒の舟歌。青春時代。アリラン。十九の春。神田川。
 神田川はうちなーぐちバージョンがあるんだけど、自粛した。たとえばリフレインのところ、「若さったる あぬじぶん ぬーん うとぅるく ねーんたん やしが うんじゅぬ しなさきが うとぅるさったん」云々。

 夕方帰って、雨が止んでいたので畝を作ろうと鍬を持って出たけど、蚊がわーっと寄って来てすぐ中止した。


 

にほんブログ村





by buribushi | 2019-08-30 22:28 | お出かけ | Comments(8)

茄子の漬け物・オジ、足湯見学

     8月29日 木曜日 時々雨 22度・・26度

茄子の漬け物・オジ、足湯見学_a0203003_18253137.jpg
 市内へ出たとき買った茄子、長さ3~4センチ。カネコ氏言うところのウオクロで。農産物も市内のほうが豊富。


茄子の漬け物・オジ、足湯見学_a0203003_18255116.jpg
 茄子の塩漬け。

茄子の漬け物・オジ、足湯見学_a0203003_18261842.jpg
 バナナブレッド。甘さ控えめに焼いた。

茄子の漬け物・オジ、足湯見学_a0203003_18263894.jpg
 うちのバジルシード、試しにひとつ取って来て水に浸けたら、ちゃんとカエルの卵状態に。ひとつの実に、いち、にい、さん・・9粒種子が入っていた。

茄子の漬け物・オジ、足湯見学_a0203003_18290005.jpg
 オジ、じーちゃんの足湯見学。湯加減、いーい?



にほんブログ村





by buribushi | 2019-08-29 18:42 | くらし | Comments(6)

治らない。杖を使いなさい、と。

           今日二つめの投稿

治らない。杖を使いなさい、と。_a0203003_16104573.jpg
 裏でいちじくが熟しかけた。ばかに大きくて薄味の夏実と違う、秋のみのりとしてのいちじく。皮の色も、割った時の中味の色も白っぽいが、甘い。品種名不明。


治らない。杖を使いなさい、と。_a0203003_16110198.jpg
 暑さと雨不足に耐えた、ハットリさんにヒコバエを貰って植えたいちじく。これも品種名不明。ナマで食べるより、煮た時の香りがすばらしい加工用品種?で、ハットリさん「間違えて買った」のだそうだ。二本貰ったうちもう一本は枯れたと思ったが、この雨でまた芽が出てきた。

 野口整体へ。先生は月一回、娘の所へ東京から出張してこられる。鶴のような痩身に麻の和装が涼しげ。
 私の身体が「く」の時に曲がっているのは直腸癌で内臓を切り取ったからで、曲がったことで安定しているので、治らない、ということだ、と。14年経っている。
 治る、とか治す、と言われないことでかえって気持ちが落ち着く。こう言って下さる人って、そう無いものだ。
 杖を使うといい、と、選び方を教わる。腕を曲げず、ぴんと伸ばさず自然に前へ出して、杖のTの字型の握りに載せる手首をちょっと上へ曲げる。それで丁度いい長さが分かる。自分で削って合わせたっていいんだ。
 杖を上手に使えばかっこいい、人混み(駅の階段など)で人が避けて呉れるから当たられて転ぶこともない。ぼくも使いたいくらいだ云々。杖を使うのが嫌どころか、楽しみなくらいの気持ちになれた。(5月に那覇で見かけた、杖の老婦人はかっこよかった)治らないこともよく分かりました。いまのいろんな治療(曲がりと痛みへ)は、止める。
 
 2005年1月早々の入院。手術も抗がん剤も放射線治療も断る、と申し出て、手術だけは、と説得された。いまのトイレはよく見えるので、結構多い毎日の下血でつい病院へ行ってしまったのが間違いだったが、済んでしまったこと。
 手術後、本当に薬も飲まずただ寝ていた3か月は大変辛かった。3か月間、1時間とまとめて眠れず、ろくに食べられず、すぐ10キロ痩せた。歯が、痛みもせずぼろぼろ落ちた。
 先生に特に東京から出張して頂いて、その晩初めて3時間まとめて眠り、そこを境に回復していった。
 ピースはその夏にうちの子になったね。
 
 
 

にほんブログ村





by buribushi | 2019-08-28 17:05 | からだ | Comments(8)

薮の百合・畑の神目箒など

            8月28日 水曜日 雨 21度・・28度

薮の百合・畑の神目箒など_a0203003_09512011.jpg
 二年子かと思う、若い髙砂百合が一輪つけた初花。茎が細く短いのに、花の大きさは一人前。なんとも初々しい。うちでタネを蒔いて育った。

薮の百合・畑の神目箒など_a0203003_09513824.jpg
薮の百合・畑の神目箒など_a0203003_09524439.jpg
 垣根の内、外に咲く髙砂百合たち。一本に八つも蕾をつけたのもある。

薮の百合・畑の神目箒など_a0203003_09510699.jpg
 キツネノカミソリもよく咲いた。離れた所にも少し咲き出したので、落ちた実が生えて、球根になって、何年かかかって花になるのだとわかる。

薮の百合・畑の神目箒など_a0203003_09515698.jpg
ウコン。

薮の百合・畑の神目箒など_a0203003_09522863.jpg
 細長い実が着き始めたエビスグサ、この実(タネ)がハブ茶になる。

薮の百合・畑の神目箒など_a0203003_09521333.jpg
 自慢のホーリーバジル(神目箒)。少し剪ってハーブティを作って見ようと思ううちに雨がちになったので、まだためしていない。
 草取りもはかどり、胡瓜を手繰ったりして、畑らしくなった庭畑を二階から眺める。オジも来て眺める。オジ昨夜は帰らないので鍵を掛けて寝てしまったが、今朝、濡れない姿で入って来たので、雨の前に戻って小屋で寝たらしい。



にほんブログ村





by buribushi | 2019-08-28 16:28 | 草・木・花 | Comments(4)

今度この世に来たときは-日本縦断記を読む

 8月27日 火曜日 晴れたり曇ったり のち雨 19度・・30度

今度この世に来たときは-日本縦断記を読む_a0203003_21560067.jpg
 「宮本常一と歩いた昭和の日本」全25冊の25番目が「青春彷徨」という。
1冊目の沖縄から始まって九州、近畿、と民族探訪の旅が書かれ、新潟県は山古志がくわしく書かれていた。
 こういう本は気持ちに閊えるものがなくてどこで止めても眠りに入れる、時に読みながら眠って顔の上にばたりと落とすことがあって、その時にはふさわしくない重さだけれども。
 昨日、疲れたから早めに寝ようと思った。宗谷岬から佐田岬まで、日本縦断徒歩旅行(田中雄次郎)を読み始めたらやめられなくなった。荷物のリスト、シュラフ、コンロ、コッヘル。衣類はパンツ3枚、ランニングシャツ1枚、Tシャツ1枚など意外に少ない。米8合、味噌500グラム、とか、「ビタミンの紙」というのは欠乏症の症状を書き留めた紙、山菜の本もある。「貝の紙」「歌の紙」というのは、食用になる貝、歌える歌、を書いた紙。
 夜はコンクリート管の中。豚小屋。海岸。校庭。連絡船待合室。お寺、神社、学校、無人駅、ときに人家、などに泊まる。家で無いときは蚊に食われたり、寝て起きたら虱をひろっていたり。おにぎりをくれる人、カンパをくれる人。
おなかを壊したり、おできが出来るのは食事の偏りだろう。旅の最後の夜、お寺の幼稚園に泊まっていたら、雨の中を母親と幼児、小学生二人の四人連れが駆け込んで来た。酒乱の夫から逃れて福岡へ行くという。とっさにわずかを残して全財産のお金を渡す。多くの人に助けられてここまで来た。
67日で旅が終わる。
本が顔の上に落ちることもなく、到着までつきあってしまった。

 私は子どもが、大きくなったら?「およめさんになる」と言うのと同じくらいのあたまだったらしく、あたら若い時を何となく過ごしてしまった。戻れるものならば、民俗学をやりたかった。こつこつ旅して、人に会って、書いて、暮らしたかった。82歳、何を言うとる。今度来たら(この世に)のことにする。忘れないようにしたい。


今度この世に来たときは-日本縦断記を読む_a0203003_21562148.jpg
 ご近所に頂いた、自家産ぶどう。やや早もぎで酸っぱい。沢山ある、何にしようか。
 今日は草取りの他、胡瓜の蔓を手繰って仕舞い、網と竹を片づけた。指ほどの胡瓜数本は、洗って味噌を添えた。
 大根を蒔く時期が来ている、畝を立てればすぐ蒔ける。堆肥が入って、雨もあって、土が軟らかいので、畝を立てればすぐ蒔ける。日野菜のタネあり。大根タネは今日コ〇リが休みで買わず。夜に入ってまた雨。





にほんブログ村





by buribushi | 2019-08-27 23:04 | | Comments(4)

初物・バジルシードドリンク

       8月26日 月曜日 晴れ一時曇り一時雨 20度・・28度

初物・バジルシードドリンク_a0203003_21225723.jpg
  tsunoさまに頂いて冷やしてあったバジルシードドリンク、じじばばとみちこで今日頂いた。バジルシードは水分に会うとカエルの卵のように半透明の物を纏う。それがたっぷり入ったグレープ味のジュース、ひやひやひやと喉を通る。初物を頂き合計225日の延年(75日×3)^^ご馳走様でした。

初物・バジルシードドリンク_a0203003_21215538.jpg
初物・バジルシードドリンク_a0203003_21220639.jpg
 髙砂百合が次々咲き始めた。今年は1本に七つ蕾がついたのもあった。

初物・バジルシードドリンク_a0203003_21221941.jpg
 キツネノカミソリはどんどん出てきて、今日は全部で37本になっていた。寺泊から採ってきて植えたのは球根三つほどだった、歳月がすぎて随分殖えた。


初物・バジルシードドリンク_a0203003_21213933.jpg
 朝、6時過ぎから草取り。雨が足りて土が軟らかく、草も柔らかく、取り易い。青紫蘇を沢山折ってきた。葉を摘んで、しぐれみそを作ったり、友だちにも持って行った。

 買い物カートを押して初めて外へ出た。痛みが強いほうの脚の反対、左側で押すといい感じ、随分ひさしぶりに郵便局(1000歩くらい)まで歩いて行って、友だちのところでお茶をいっぱい頂いて。夕方もう一度出て、夕食用の烏賊とトマトを買って来た。
 痛いからと歩かないでいては筋肉が落ちるばかり、これ、買って良かった^^
 わたしは運転免許は、車どころか自転車にもない。ずっとてくてく歩いて来たので、良く歩けないのはストレスものだった。
 伊能忠敬記念ウォークのとき、出雲崎ー柏崎間26キロを歩き通した私の脚。2000年だから63歳の時だ。
 あれはつんのめるような早歩きで、靴の紐なんか結び直していると走らなければ追いつけなかった。写真を撮りたい人が自転車の立ち漕ぎで追いかけて来た。

 今夜はこおろぎがよく鳴いている。



にほんブログ村





by buribushi | 2019-08-26 22:03 | その他 | Comments(6)

コロコロごろごろ

       8月25日 日曜日 晴れ時に曇り時に雨 20度・・28度

コロコロごろごろ_a0203003_14072374.jpg
 通販で買ったショッピングカート。市内で3箇所ほど鞄やさんを見たけど無くて、帰ってネットでさがした。
 これじつは、わたし的・杖。歩いていて、脚はいたいだけでなくて時々いきなりがくっと脱力、膝がどっちへ曲がるか分からないような感覚がある。杖は突きたくない、押し車、いや!で、カートを考えた。
 これはこのまま転がして歩いてもよし、バッグを外してリュックのように背負える、カートはカートで使える。小さい旅行にも使える。ねだん、さんきゅっぱ。
(あとでわかったことに、カートは鞄やさんではなく介護用品売り場にあった)


コロコロごろごろ_a0203003_14432317.jpg
コロコロごろごろ_a0203003_14080249.jpg
コロコロごろごろ_a0203003_14081649.jpg
コロコロごろごろ_a0203003_14083055.jpg
ぼくはどんどんあるけるよ。ほらね。








にほんブログ村






by buribushi | 2019-08-25 14:29 | くらし | Comments(12)

合歓の木を切る

合歓の木を切る_a0203003_11304416.jpg
 暑い、雨不足の夏が続き、去年、合歓の木が枯れた。今日はサトルさんを頼んで切って貰う。


合歓の木を切る_a0203003_11310423.jpg
 よその空き地へ倒させて貰う。

合歓の木を切る_a0203003_11312248.jpg
 切り株。20年か、30年か?この木の種子から生えた一本は、以南(良寛の父)生家跡へ貰われて行った。「朝霧に一段ひくし合歓の花」の句碑がある。


合歓の木を切る_a0203003_11315493.jpg
 おばーも鋸を持ちだして、伸び過ぎたビックリグミの木を切った。萼紫陽花その他、切りまくる。大きな茗荷を掌山盛りに採った。


合歓の木を切る_a0203003_11320532.jpg
 血止めには揉んだヨモギが効く。


合歓の木を切る_a0203003_11341620.jpg
 総監督、見回る。


合歓の木を切る_a0203003_11322080.jpg
 ルコウソウの初花。雨不足と暑さで芽生えも咲くのもすっかり遅れた。








にほんブログ村






by buribushi | 2019-08-24 11:46 | くらし | Comments(6)

山百合を植え替える

         8月23日 金曜日 くもり 22度・・30度

山百合を植え替える_a0203003_20322940.jpg
 キツネノカミソリ、続々出現。

山百合を植え替える_a0203003_20325122.jpg
 クレマチスの種子。


山百合を植え替える_a0203003_20473495.jpg
 山百合の植え替えは花の後1か月から、ということだったが、あんまり暑いので伸ばしていた。雨も降ったし、今日は掘り上げた。植えてから初めてで、十年以上経っているのではないか。百合は厭地現象(連作障害)が出がちということなので、もっと早くするべきだった。あまりにも大仕事に思えて延び延びに;


山百合を植え替える_a0203003_20335006.jpg
 茎の下のほうに、ごく小さい百合根が付いている。木子(きご)だ。これも植えて置く、咲くまでに何年経つか分からないけど。種子からだと十数年かかるという、それよりは早いだろう。(マニアウノカ?)

山百合を植え替える_a0203003_20340968.jpg
 今までの場所は、エゴノキその他の根がたくさん入り込んでいたので、土を足すだけでなく場所を変えよう、野花菖蒲の近くへ移すことにした。
 掘った土にピートモス、球根用土、落ち葉堆肥も少々、を足して混ぜ、球根、木子、剥がれた鱗片、を植え込む。

 元の場所も木陰で、百合が咲いているのに似合うのだ。木の根を剪定ばさみで切り取り、ピートモスその他を混ぜた。↑に百合根三つ、木子。鱗片に小さい百合根が出ていたのも植えた。元の場所に百合根二つ。植えた箇所が分かるように、茎を切って挿しておいた。





にほんブログ村






by buribushi | 2019-08-23 21:10 | 草・木・花 | Comments(6)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

仙人草、キツネノカミソリ..
by mikeblog at 17:46
あー、これはスベルベさん..
by mikeblog at 17:37
ミケさま ピースはおば..
by buribushi at 16:50
猫っていくつになっても丸..
by mikeblog at 13:47
tsunojirushi..
by buribushi at 22:38
かわいいかわいい!
by tsunojirushi at 22:26
ミケさま >復活 は..
by buribushi at 08:53
パソコンが復活しましたね..
by mikeblog at 23:28
鍵コメさま 新しいパソ..
by buribushi at 09:06
鍵コメさま わーっ!あ..
by buribushi at 21:25
ミミの父さま >オレン..
by buribushi at 21:18
hiruneyohuka..
by buribushi at 21:15
オレンジが本当に石鹸か、..
by ミミの父 at 08:57
すばるさま 「くぼた沖..
by hiruneyohukashi at 01:11
鍵コメさま もう沖縄行..
by buribushi at 20:55
ミケさま ねー、ころん..
by buribushi at 20:45
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:41
ほんとだー、お饅頭みたい..
by mikeblog at 18:19
原種シクラメン、月桃、嬉..
by kazuyoo60 at 16:53
まこぺんこさま こんに..
by buribushi at 13:34

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

ファン

検索

ブログパーツ