おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2018年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧




クリスマスホーリーの木、ミニの靴下・手袋

11月30日 金曜日 曇りのち雨  6度-9度


a0203003_22084544.jpg
 
a0203003_22245477.jpg
 クリスマスホーリーの実が赤々と色づいてきた。ここに吊る小物、指先に穿くようなミニの靴下、帽子など、もう出してある。


a0203003_22091262.jpg
 友だち夫妻と夕飯。あいにく脚の痛む日で、考えていたもの全部は作れなかった。ここには茄子のこんねり、豚肉の味噌漬けを焼いたの、漬け物。ほかに大根と昆布をゆっくり煮た。


a0203003_22092802.jpg
 昨夜の霰。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-11-30 22:29 | 季節 | Comments(10)

晩秋初冬・うちの薮

       11月29日 木曜日 晴れたり曇ったり のち雨 7度-14度


a0203003_19160220.jpg
 今年はあまり実がつかないと思っていた山葡萄のエビヅル、落葉したら高い所に実っていたのが見える。

a0203003_19165220.jpg
 侘助の鉢を動かしたら、花が落ちていた。



a0203003_19162094.jpg
 モタイさんに貰った小さい花の薔薇、挿し木苗。鉢のなかはシロバナタンポポ。



a0203003_19171631.jpg
 夏、山百合が咲いていたあたりのうちの「薮」。山百合の鱗片挿しをしたのはこの辺り。自家製腐葉土を載せておいた。


a0203003_19173050.jpg
 くーは道を横切ってどこへ。ご近所の楓が紅葉してきた。

 夜9時過ぎ、雨の音が変わったと思ったら霰が降っている。稲妻と雷鳴も。もう雪が来るのだろうか。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-11-29 20:36 | 草・木・花 | Comments(6)

ねこたち、花たち

          11月28日水曜日 曇りのち雨 8度-15度
a0203003_20051058.jpg
 ピースがわざわざ、人の読んでいる新聞の端っこに頭を載せて寝る。板の間、ピースの爪痕だらけ。


a0203003_20052977.jpg
 顔洗い中のくー、お供え餅風シルエット、というか、だるまさんシルエット。


a0203003_20061543.jpg
 山茶花が咲いた。炉開きと同じく、150円の小苗が育ってきた。



a0203003_20063671.jpg
 山百合の球根を一つ買ってきた。鱗片を一つ植えて置くと、スプーンに載せた豆のように鱗片の付け根に小さい球根が出来る。種を蒔いて育てるよりずっと効率的に殖やせるのだ。
 でも、球根は年々深く潜るので、傷めずにいまある球根から鱗片を剥がすのはむつかしい。で、一つ買った球根から鱗片を剥がして植え込み、落ち葉堆肥を載せて埋めた。場所の見当がつくよう、球根が入っていたおがくずを撒いて置く。

 弾みがついて去年蒔きのタカサゴユリを地に植えたり、ダンドクを掘り上げて冬越しさせようとスコップを使ったりした。とても全部は掘れなかったので、切り株に藁を沢山載せておく。
 通路にはみ出したユキヤナギやシモツケを剪った。気がついたらへとへとに疲れていた。

にほんブログ村



by buribushi | 2018-11-28 20:34 | 猫・動物 | Comments(6)

草木染めのマフラー・ねこの影

11月27日 火曜日 晴れ 6度-17度


a0203003_19264973.jpg
 下駄箱の上で寝ている焼き物のねこ、ぶうちゃん。光の当たりかたの具合で、影は座ったねこになっているのに気がついた。



a0203003_19273339.jpg
 昨日ご披露の、刺し子木綿のコートに合うマフラーを探してみたら、ぴったりのが引き出しにあった。手触りやわらかく、色も柔らかい。織り目は粗い。材質は何なのかわからない。下さった人が草木染めと言ったような気がするが、何で染めたのか、忘れてしまった。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-11-27 19:40 | きもの・衣服 | Comments(6)

紺絣刺し子のコートが出来た

11月26日 月曜日 晴れたり曇ったり 8度-14度


a0203003_19401405.jpg
 これは何かと言うと・・


a0203003_19391568.jpg
 出来ました、刺し子木綿のコート!


a0203003_19395885.jpg
 実物の2倍に拡大してこの針目、いかに緻密な仕事がなされているか。
 「ぷろぽぜ」で頒けてもらった、紺絣に花色木綿を重ねて刺し子した捩り袖の男物長着。縁あってわたしの手許に来たこの布、どうしても着たくて、解いて洗った。老人は先がミジカイ、気が揉める。
 布が布だから、型は出来る限りシンプルに、と願った。襟、要らない。ボタン、要らない。ポケット、要らない。羽織るだけ。
 厚みがあるから肩のあたり、つっぱったりしないか、というのが唯一心配だったが、イメージ通りに出来上がった。Mさんのおかげさま、感謝!
 裏無し(肩裏だけ滑りのいい布をつけてある)で、季節長く着られるはず。もう、うれしくて。
 布を手に入れてから一年経っていた。







にほんブログ村



by buribushi | 2018-11-26 20:10 | きもの・衣服 | Comments(12)

玄関の吹雪避け取り付け・ほか

           11月25日 日曜日 晴れ 4度-16度

a0203003_17540382.jpg
a0203003_17543334.jpg
 息子が玄関の吹雪避けを張りに来てくれた。プラスチックの波板を張っていた頃は大仕事で、夫が脚立ごと転んで足を骨折、ということもあった。この網にして、しかも息子に頼むようになって、ラクをさせて貰う。


a0203003_17553856.jpg
 出来上がり。今年早々の大吹雪の時は、吹雪避けなどものともせずこの階段も、その上の玄関も、雪まみれになった。


a0203003_17560543.jpg
 昨日夕方出来上がった冬囲い。


a0203003_17562544.jpg
 「炉開き」は仮に縛ってあったのを、結びなおした。まだ花も蕾もあるので気が進まないが、縛らずに置いて雪に遭えば折れたりひしゃげたりする。致し方なし。



a0203003_17564638.jpg
 今回のストーブ修理で取り外した古い胴の板(鑄物製)。この家が出来て33年、ずっと使い続けたアンデルセンの薪ストーブ。下になった方の板には欠けた穴が、上のにはヒビが。県内の複数の業者にそのストーブは廃番、部品は無い、と言われていたのを、ネット経由で手に入れた。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-11-25 18:46 | くらし | Comments(10)

薪到来・木の冬囲い

     11月24日木曜日 晴れ 2度-10度

a0203003_20060501.jpg
 Hさんが薪を下さった。杉、一部欅、みんな薪に良いほどの長さに切ってある、伐ったばかりの木。割ればそれで薪。なんとも有り難いことだ。


a0203003_20062972.jpg
 薪、いっぱいあるねー、よかったねー。


a0203003_20064835.jpg
 今日天気予報は良くなかったのだが、いい方にはずれて晴天になった。もうけもの。遅れていた冬囲い、柚子の木と白つつじ。柚子には花芽形成ミネラルの1000倍液を撒く。趙先生の韓国自然農業の勉強会で分けて頂いて久しく、残り少なくなったが、あとは全部柚子にやってもいい。まだ一度も花の咲かないこの柚子。

 私はダンドクの掘り上げ準備で茎を切り取ったり、いちじく苗、椿・炉開き、南天などに棒を立てて括る簡単冬囲いをした


a0203003_20073821.jpg
 いい夕焼けで今日が終わる。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-11-24 20:39 | くらし | Comments(4)

「越後森林舘」へ行く

11月23日金曜日 曇り時に雨 6度-8度
a0203003_18163485.jpg

 新潟市西区の越後森林舘で、「はぐくむくらし」というイベントがあった。ロケットストーブの展示、実演、オーガニックマルシェ。お日さま日曜市。ときをためるワークショップ。などなど。


a0203003_18165241.jpg

a0203003_18235291.jpg

 ロケットストーブ。左下のごく小さいものにはご飯を炊く羽釜がかかっていた。何でも燃せて、どこでも燃せて、効率のいいロケットストーブはもっと知られてもいい。小千谷でやっておられるということだった。

a0203003_18241147.jpg

 自然にカーブした杉の木を組んでドーム状にした空間が素敵。長女にいわせると、この木はみんな生き続けている、とのことであった。私の微かな霊感?は若い時代が過ぎたら消えてしまった。もうわからない世界。


a0203003_18243203.jpg

 たまごを包む藁苞の作り方を教える人。


a0203003_18245352.jpg

 「でぃあぐらんみ」さんの手編み靴下カバー。みんな欲しいくらい素敵。



a0203003_18251820.jpg

a0203003_18253550.jpg

 身体を締め付けない、紐式の下着や衣服の店はむすめの「ダーリングボディ」で、むすめの次女、chieはモデル兼売り子。
 背中に背負うと温かい「ねこ」を二着発注してある。背中をあたためるのに、なぜかおなかまでほかほかして来るのだ。

a0203003_18261209.jpg

a0203003_18272151.jpg

 建物も、商品も、木の魅力、たっぷり。

 夕方からは映画「人生フルーツ」の上映と、フリートークの集まりがあるということであった。くたびれるので、昼頃までで帰る。


a0203003_18160133.jpg

 途中の田に、白鳥の群れが降りているところがいくつもあった。





にほんブログ村




by buribushi | 2018-11-23 21:40 | お出かけ | Comments(4)

ねこばなし・ピースとくーと

今日二つ目の投稿。
a0203003_21191956.jpg

 おこたから出たピース。今日ハシモトさんが来たら、ピースのほうから寄って来てくんくん嗅いだり触ってもらったりの挨拶をした。こんな事をするのはただ一人彼女に対してだけ。ピースが気がつかずにいるときは「ピース、にゃんこおばちゃん来たよー」というと出てくる。
 あまり親しまないまでも逃げない人が二人。どちらも男性。ピースの好く人はみなヘ〇ジ〇。変な人ではない。正直過ぎたり、自由すぎたりする人を世間が言うだけ。ピースは何を以て見分けているのか?わたしも〇ン〇ンか?

a0203003_21193995.jpg

 この前貰った、長寿動物飼育功労者表彰状がある。「動物愛護の精神を理解され長年にわたり愛情をもって動物の適性飼育に努められ云々」

a0203003_21201848.jpg

 「愛護の精神と愛情をもって」今年一月の大雪以来つきあっている、くーねこ。
きょうは雨の中を来てタオルで拭いてもらい、ゴハンを食べて、珍しくも左上にちらと見えるくーちゃんマンション(発泡スチロールの箱に毛布を敷いた)で半日昼寝をした。にゃーというくーの息が白く見えるほど今朝は寒かった。



a0203003_21195956.jpg

 時々こんなことも出来るようになり、両手で私を揉み揉みしたりする。おっかさんと認定されたか。
 今日気がついたけど、ピースは金眼、くーは銀眼ね。





にほんブログ村



by buribushi | 2018-11-22 22:54 | 猫・動物 | Comments(8)

ストーブ復活

      11月22日木曜日 雨 7度-13度

a0203003_21163483.jpg
 
a0203003_21161431.jpg
ばらされるストーブ。


a0203003_21165987.jpg
 ここからは今日。やっと組んでみただけでかみ合っていないから、縛って置かないとばらばらになる。


a0203003_21181545.jpg
 長い時間が経過して、今日夕方。やっと組み上がり、着火。ストーブって暖かいね-。ストーブのない夜は一晩で済んだ。
 細かい手順の写真がないが、その時はここ抑えて、とかここ持って、あれ取って、などわたしにも用があって撮っていられない。

 ほとんど、出来上がると思っていなかった。両側の胴の板を取り替えた(一方はひびが入り一方は小さい穴が開いた)のだが、カーブがあるし、下の溝にかみ合っても上はまだ開いていて、鑄物製のその胴板をだましだまし、少しずつ動かして元のストーブの形に持って行く。昨日に続き今日一日。
 止めよう。新しいの買おう。こだわりも意地もあるだろうけど、無駄な努力、とまで私は言った。内部の劣化をみても、そこへ真新しい胴をはめてどれだけ保つかわからない。

 しまいに長女に電話で相談した。こんな時期だし、今回はまあ、直せるなら直してこの冬を過ごして、それからまた考えれば?
 いつもとかく一刀両断的な人の意外に普通の意見を聞いて、双方落ちつく。
 今朝はいかにも寒いので、コンロに炭を熾して無水鍋を掛け、さつまいもを焼いた。少しでも火の気があれば違うだろうし、藷の焼ける匂いは和むだろうし。

 夕方完成。気が済むまでやって貰うけど、多分出来ないだろうと思っていた、というと、実はオレもそう思った、と。

a0203003_21190388.jpg
 今回活躍した、挟んで締める工具。娘の所から。


a0203003_23235397.jpg
 戦い済んで日が暮れて、親方は晩酌して早寝。お片付けは明日。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-11-22 22:15 | くらし | Comments(6)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

春、足早
at 2019-03-25 18:46
降ったる雪かな-戻り雪。雑誌..
at 2019-03-24 21:12
くー、おばーの頭で毛繕い
at 2019-03-23 21:33
白い沈丁花・くー這う
at 2019-03-22 19:50
巣立ち前の薪割り
at 2019-03-21 20:44
気温20度の日
at 2019-03-20 19:14
手製青汁は美味しい
at 2019-03-19 21:20
ウグイスの来る木、髙砂百合の..
at 2019-03-18 21:11
おしゃべりは楽し
at 2019-03-17 23:35
梅・鶯・大失敗の巻 など
at 2019-03-16 18:34
ごめんなさい
at 2019-03-15 17:28
自然療法事始め
at 2019-03-15 12:36
高菜めし・鍋帽子で牛スジを煮る・
at 2019-03-14 18:39
晴れのち風雨、のち雪
at 2019-03-13 22:44
ユーチューブで沖縄を観る
at 2019-03-12 22:57
くーねこ一泊
at 2019-03-11 16:07
ヒモトレの魔神・脱ゴム紐健康..
at 2019-03-10 22:37
杉花粉大飛来
at 2019-03-09 21:11
良い日の歌
at 2019-03-09 13:52
おしっこの歌
at 2019-03-08 23:18

最新のコメント

恋の猫八十路ののろけ噺か..
by gonbey at 10:46
ミミの父さま たんぽぽ..
by buribushi at 21:45
二週前、近くの田んぼ畔で..
by ミミの父 at 21:35
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:27
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:22
シロバナタンポポ、我が家..
by kazuyoo60 at 20:08
白くなりましたね。梅も椿..
by kazuyoo60 at 06:12
ミケさま まだ綱渡り状..
by buribushi at 23:46
くーちゃん ついに一緒に..
by mikeblog at 22:10
ミケさま 春になったな..
by buribushi at 21:57
これはびっくり、春になっ..
by mikeblog at 21:42
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:03
炉開きが元気で嬉しですね..
by kazuyoo60 at 08:16
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:37
ミケさま ずりずりずり..
by buribushi at 10:33
ジンチョウゲの白、近くの..
by kazuyoo60 at 06:18
くーちゃん ずぼらしたな..
by mikeblog at 23:53
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:17
ミケさま 薪割り機は長..
by buribushi at 20:04
お孫さんたち、大きくなら..
by kazuyoo60 at 08:41

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ