おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2018年 08月 ( 39 )   > この月の画像一覧




髙砂百合の苗育つ ほか

a0203003_18233061.jpg
去年種子を採り蒔きして、今年春芽生えた髙砂百合(純白のほう)が、ぐんと大きくなってロゼット状を脱して来た。今年中に咲くかも知れないとkazuyoさんが言われた時は、そうなら嬉しいけどまさか、と思ったが、これだとあり得ない事ではないと思えてくる。


a0203003_18221136.jpg
 フユシラズがぞくぞくと芽生えた。



a0203003_18223772.jpg
 コキア(ホウキグサ)の茎が紅くなってきた。紅葉の前ぶれだ。


a0203003_18225742.jpg
 ジュズサンゴも次々赤く実ってきた。



a0203003_18243179.jpg
 空心菜(ウンチェー)明日摘んで食べよう。







にほんブログ村



by buribushi | 2018-08-31 18:35 | 草・木・花 | Comments(6)

飽きないおかず「茄子のこんねり」など

8月30日木曜日  28度 雨降ったり止んだり 明け方と夜、どしゃ降りあり
a0203003_21122674.jpg
 一昨年、ハシモトさんが、津南で開かれた若杉友子ばあちゃんの講習会に連れて行ってくれた。お話も面白かったし、実習で覚えた「しぐれみそ」と「茄子のこんねり」は簡単にできて滋味深く、何回食べても飽きない。
 食べられる野草を何種も集めて、炒めて、みそと混ぜるだけのしぐれみそ。
 茄子のこんねりは「粉練り」だろうか?茄子を鉛筆くらいの太さに刻んで油で炒め、醬油差しから醬油を回しかけて、水溶きの小麦粉を流し込んで混ぜ、火が通ったら出来上がり。あっというまに出来る。
 単純なおかずだから、茄子は新鮮、油はいいもの(わたしは太白胡麻油を使う)を、ただそれだけ。
 茄子と言えば、昼に昨日の鶏と野菜のスープの残りにカレールーを溶いて煮立て、から揚げの茄子をたっぷり入れたのも美味しかった。

 写真はほかに切り干し大根の煮物(人参、昆布と)、調味料は醬油だけ、切り干しが甘い。夫がカワイイものだけでなくにくらしいものも、と言うので豚肉を塩胡椒で炒めて青紫蘇を敷いて盛った。



にほんブログ村



by buribushi | 2018-08-30 21:43 | たべもの | Comments(4)

大根蒔いた・青唐醬油と冬瓜ジャム作った

8月30日 木曜日 雨降ったり止んだり 28度
a0203003_21204168.jpg
 夫が作って置いた畝、大根タネは一箇所に4粒ずつ蒔いて44箇所。蒔いた上に籾殻を少し載せた。その向こうにほやほやとしているのはアスパラガスの苗で、雨待ちをしている間に徒長気味になってしまった。あの暑さと水不足のなかで植えるわけには行かなかったので、致し方なし。以上小雨の中で。

a0203003_21225954.jpg

 青唐辛子を刻んで醬油に浸けた。この「青唐醬油」を作りたいために唐辛子を植えたはずなのに、気が着いたら随分赤く熟しがすすんでいて、やっとこの一瓶だけ。辛みと香りがついた醬油、豆腐や野菜に掛けたり、ラー油のように使ったり。
 赤い唐辛子を胡麻油に浸けたのも一瓶作ろうか。香りは欲しいがあまり辛くなくていいので、タネを抜いて。手袋忘れないこと。


a0203003_21233849.jpg

a0203003_21235807.jpg
 黒いのはブルーベリージャム。鉢植えの2本のブルーベリーから毎日少しずつ摘んで冷凍していたのを煮た。スッパイから40%の砂糖で。
 下は冬瓜ジャム。半個で1.1キロ(皮とタネを取って)あったのを、30%の砂糖とレモン一個の汁を入れて煮た。3分の1はすり下ろして、あとは刻んで煮た、とろりとする。食べる時シナモンパウダーを入れてもいい。砂糖は黄ザラメにした。沖縄の冬瓜お菓子をしのんで。
 
 これらはみな29日に出来たしごとで、ほかに締め切り一つ送稿、5日までの分の下書き一つ出来た。もろもろ、妙に能率の良かった日で、一人前みたいだった。                  夕飯に鶏と大根、冬瓜、じゃがいもをつゆたっぷりに煮て、スープ兼おかずにした。

 脚のためのストレッチも忘れずにやる。以上予約投稿。





にほんブログ村




by buribushi | 2018-08-30 08:30 | くらし | Comments(6)

トウガン着地・エビヅル熟す・ほか

8月29日 水曜日 曇りときどき雨 28度


a0203003_14245994.jpg
 トウガンが自分の重みに耐え切れず蔓を引っ張ってずり落ちていた。いよいよ白く粉を吹いてきたので採り頃かなと思っていたところ。擦過傷少々あり。


a0203003_14272022.jpg
 アンニンゴの木に絡んだ山葡萄の一種エビヅルが熟し始めた。鳥の置き土産のひとり生えで、まず雄木が生え、数年して雌木が生えた。酸っぱく、タネが大きいが、ここでひとりでに山葡萄が実る、と言うことに価値あり、だ。


a0203003_14305209.jpg
 薄荷の花。山で見つけて採ってきて殖えたもので、いまはうちの周りあちこちにある。何々ミント、と違う和ハッカの香りが好きだ、ミントティーにもなる。


a0203003_14303689.jpg
 アピオス。根っこに指先大から大きくてピンポン玉くらいの芋がつく。大変栄養価がたかくて、アメリカ原住民が病弱者や幼児の養いにする、と聞いて植えた。ほとんど雑草化している。



a0203003_14311169.jpg
 きょうのくーちゃん。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-08-29 14:45 | 草・木・花 | Comments(6)

カラテカに倣え!

a0203003_11344544.jpg
(写真は、はなしと無関係・うちのナツハゼの実)

 今朝の朝日新聞「天声人語」に、お笑い芸人カラテカの矢部太郎の話が出ていた。「大家さんとぼく」だったか、コミックとエッセイを合わせたような本がヒットして、下の娘に借りて読んだ。やせっぽちのぼくと小さいおばあさんの大家さん。二人が出会ってお互いによかったなあとほのぼのとして、ふだんコミックは読まないのだが貸して貰ってよかった。

 わたしより更に10歳以上年上の大家さんが最近亡くなったが、死ぬ前に一度行きたいと言った知覧へも矢部と旅行している。
 亡くなってから人に迷惑掛けないようにと物を減らし、残した物には行く先を決めて記してあり、葬式のことも自分で決めてあったという。
 
 ところでその娘、「片づけの元気そうじ」という自営業で、東京での勤め人生活を切り上げて帰り、昔で言う「職訓」で住宅リフォーム科に行った後開業。そんなことでゴハン食べて行けるのかと心配した。
 もと倉庫の劣悪な借家にふた冬だか三冬過ごし、いまは屋上から花火大会も見える借家に住む。電話帳は「便利屋」区分なので、ご依頼はメインの一軒家の片付けの他、草取り、除雪、留守中の水撒き、ペンキ塗りでも障子張りでも、何でも入ってくる。何でも面白いそうで、可愛がられて繁盛。
 片づけ稼業にはびっくりするような話も多い。天井近くまで積もったごみを取り除いたら床が腐っていて踏み抜いた。とか、無人の家に人の大きさくらいに切り取ってあるカーペットが敷かれていた、とか。
 娘のブログを見て片付けをご依頼の、3年引き籠もりだった人は、ベッドほか2,3を残して全部捨て、仕事を探しに世間へ出て行った、とか。
 書いて置けばいいのになあと常々思っていたが、わたしほどおしゃべりではない(ブログも無口)。
 カラテカみたいに、絵があれば文章は無口でもいいじゃないか!ヘタウマというか、味のある絵を時々見ている。そうだ、描け!今朝、ウェス屋のカサハラさんに上げて、と片付けで出たタオルやシーツを持って来た彼女に言っておいた。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-08-28 12:04 | ひと | Comments(4)

今度は大雨警報


8月28日火曜日 大雨警報 27度

a0203003_11132477.jpg
 夜も朝も雨、しかも大雨警報だって。均すということを知らんのか!と、思う。  

 

a0203003_11134277.jpg
 これで大根が蒔ける、と喜んだのに、雨で外に出られない。畝間に水までたまっているよ。大根蒔き、アスパラガスの苗を植える(ポットの中で徒長気味)、梅雨時が適期の筈の花菖蒲植え替えも、極端な雨不足で出来ていない。



にほんブログ村



by buribushi | 2018-08-28 11:24 | 天候 | Comments(4)

ジュズサンゴの赤い実・仙人草の香り

8月27日 月曜日 雨 28度

a0203003_13143291.jpg
 ジュズサンゴの実が赤くなり始めた。ヤンバル(沖縄北部)で初めて見て憧れたジュズサンゴ、その後近くの八百屋さんで鉢植えを見つけて買った。あと年々うちで、植えた鉢に翌年自生するのを苗にする。



a0203003_13145349.jpg
 ますます賑やか、キツネノカミソリ。タヌキノカミソリという花もあるそうだ。写真でみたところでは、ナツズイセンのほうに似ていた。


a0203003_13151565.jpg
 吾亦紅(ワレモコウ)。姿も好きだが「吾も亦紅し」(われもまたあかし)と読める名が好きだ。美濃にいたころ洗濯に行っていた川の縁に吾亦紅があったのを、随分年月が経ってから見たらまだあった。その子孫。


a0203003_13153606.jpg
 何遍も登場させるけど、センニンソウ、この花が好き。いい香りがする、あおじろい花の群がり。


a0203003_13155589.jpg
 去年蒔いて今年芽生えた髙砂百合の純白のほう。もう小さい球根になっているようだ。来年咲くか?
 三時草ともいうハゼランが一本、左隅に生えた。







にほんブログ村



by buribushi | 2018-08-27 13:35 | 草・木・花 | Comments(8)

大根蒔ける雨・脚ケアで血圧も安定!

8月26日 日曜日 昨夜日付をまたぐ頃強い雨 今日はハッキリしない天気
夜、7時半頃からまた雨。
a0203003_16160959.jpg
 お昼に作った紫蘇巻き。味噌に砂糖、小麦粉、刻んだ胡桃、を入れてレンジに掛けて練り、紫蘇の葉に塗って巻いて、油を引いて焼いた。油が多すぎて紫蘇がぱりぱりになった。残りは気をつけて焼く。
 しそ、茄子、胡瓜と庭畑のものばかり、そうでなかったのはあさりの味噌汁だけ。
 昨夜12時前後、ザーザーでなくバシャバシャと強い降り方の雨。朝、うちの測候所(畑に置いた古い鍋)で大ざっぱに20ミリの降りか?と見当をつけた。
 大根蒔き大丈夫の本当の湿り方、この夏になってから初めてかと思うくらい、雨らしい雨だった。

 昨日脚のケア3回目。200という高血圧を経験したので、毎日促されてうちで血圧を測っているが、この、脚の治療を始めてから140台、130台という人間らしい血圧が続いているのに気がついた(せんせいに血圧のことは話してない)。
 全体が整ってくる。本当の治療ってこういうものだろう、やっと出会った。ねんきんせいかつしゃにはお安くない費用だけど、それだけのことはある、がんばって続ける。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-08-26 16:33 | からだ | Comments(8)

胡瓜の佃煮出来ました

8月25日土曜日 午前中雨降ったり止んだり・のち曇りのち晴れ 32度。


a0203003_14374914.jpg
 2本植えただけの胡瓜、じじばばに十分な収穫があるし、見逃して大きくなりすぎるのもある。佃煮にして見ようと思う。


a0203003_14380919.jpg
 レシピを見たら、刻んだ胡瓜に塩をして、水気が出たら洗い、良く絞って煮る、とあった。それではせっかく胡瓜が持っている果汁を捨ててしまうことになると思い、干して見た。


a0203003_14382644.jpg
 胡瓜・生の時1キロ半に、醬油70cc、酢100cc、味醂30cc、生姜40グラムとうがらし細切り少々。細い塩昆布30グラム、炒り白ごま、少々。
 調味料と唐辛子までを鍋に入れ、胡瓜を混ぜながら水気が無くなるまで煮て、塩昆布、白ごまを混ぜる。



a0203003_14384617.jpg
美味しく出来た。冷凍保存が利くとのこと。


a0203003_14390387.jpg
 今日の髙砂百合。


a0203003_20020204.jpg
 今日の夕空。明日からの天気予報に傘マークが並んでいる。


 


にほんブログ村



by buribushi | 2018-08-25 20:35 | 作る | Comments(11)

合歓の木助命・冬瓜ジャム作りたい ほか

8月24日金曜日 一時雨のち曇り のち晴れ けっこう暑い36度

a0203003_10045286.jpg
 雨の音を聞きながら目覚めるという理想的な朝だったが、あまり量は降っていない。それでも花たち生き生きとする。このあと予報ではまだ降るはずなのでゆったりした気持ち。
 垣根の近くのタカサゴユリ咲く。暑さですこし傷んで花がいびつだ。外側に茶色の線が入る普通の品種。


a0203003_09560357.jpg
 垣根の内側にはキツネノカミソリ。暑さと雨不足で開花が遅れ、しかも小型だけれども、たくさん出て来てよかった。寺泊の海岸近くの山から移したものが殖えた。


a0203003_09562932.jpg
 合歓の木の若木。エゴノキの下に自生したのを、放って置くとどんどん大きくなるからとたびたび剪ってきた。
 幹にこんな傷が出来ているし、葉も花も小型になってエゴノキに随分老化が見える。木がないと日陰の欲しい草花がこまるし、合歓を育てて交代させるのがいいかもしれないと思えて来た。合歓は一本残して剪るようにしよう。


a0203003_09565121.jpg
 崑崙朝顔やルコウソウが垣根に繁って、外からは見えない場所にナツズイセンが咲いた。



a0203003_09581439.jpg
 やっとすこし元気の出た、畑の空心菜、沖縄名ウンチェー。一度くらいは炒め物が食べられそうだ。


a0203003_09571750.jpg
 冬瓜もずっしりしてきて、一人前に白い粉を吹いた。鶏とスープ煮、だ。
 黄ザラメで煮込んで、沖縄名菓「とうが漬け」の真似をしたいけれども、あれは難しい。沖縄でも一軒しか作っていないお菓子、難しいのは当たり前。ジャムでもいいか。平和通りではとうがジャムの入った焼き菓子を売っていた。ねっちりしたジャムが少量入ったお菓子、なかなか美味しかった。
 今年は未だ、一回も沖縄へ行かず。脚に断られて。歳月で、沖縄の友だちも減ってきた。致し方なし。






にほんブログ村



by buribushi | 2018-08-24 10:28 | 草・木・花 | Comments(6)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

さとうまさこさま 今年..
by buribushi at 12:14
ミケさま 障子張りの前..
by buribushi at 12:13
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 12:10
ミケさま はい、前後ろ..
by buribushi at 12:05
休日には、あれもこれもす..
by さとうまさこ at 10:57
3ネコちゃんのうちの誰か..
by kazuyoo60 at 08:22
昔はこんな写真があったな..
by mikeblog at 23:31
猫も子供も障子を破くのが..
by mikeblog at 23:20
tsunojirushi..
by buribushi at 09:42
偉い…。私もやらねば…。..
by tsunojirushi at 22:59
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:39
虹、綺麗に写っています。..
by kazuyoo60 at 19:20
あい、ihciat! ..
by buribushi at 18:51
すっごい良い! セピア..
by ihciat at 18:32
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 09:01
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 09:00
上手に甘えています。白黒..
by kazuyoo60 at 06:48
カマカツの実が綺麗です。..
by kazuyoo60 at 06:44
ミケさま 私も今朝は畑..
by buribushi at 23:52
ミケさま ねこも人も持..
by buribushi at 23:49

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ