人気ブログランキング |

おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2018年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧




桜を漬ける、高菜を漬ける

桜を漬ける、高菜を漬ける_a0203003_10203879.jpg
 魚沼で弟から貰った八重桜を漬けた。200グラムほどあったので、塩40グラム(20%塩)使い、酢(タマヒメ酢)を半カップほど、で、漬け物器で漬けた。


桜を漬ける、高菜を漬ける_a0203003_10215475.jpg
 漬かったのを絞ってうちの中で3時間ほど陰干しにした。



桜を漬ける、高菜を漬ける_a0203003_13082175.jpg
 塩をまぶしながらガラス器に詰めた。


桜を漬ける、高菜を漬ける_a0203003_13084524.jpg
 漬けた酢は桜の色と香りが移っているので、漬け物にでも利用出来るかと瓶に取って置いた。



桜を漬ける、高菜を漬ける_a0203003_10185077.jpg
 家の脇の畑で高菜を取って、太い根っこもスコップで掘って堆肥に積んだ。耕耘機を掛ける準備なり。種子取りように大きい株を残してある。
 葉っぱと花の部分に分けて、それぞれさっと湯通ししてから塩漬けにした。


桜を漬ける、高菜を漬ける_a0203003_10201761.jpg
 花の部分は漬け物器で漬け、葉っぱは桶に、重石をかけて漬けた。初めは漬け物で食べて、よく漬かったらチャーハンや、塩出しして炒め物にして食べる。







にほんブログ村



by buribushi | 2018-04-30 20:34 | 作る | Comments(10)

夕日、夕月、くーちゃんまんま

夕日、夕月、くーちゃんまんま_a0203003_19362784.jpg
 汗ばむような暑い日だった。シーツも布団カバーも布団もよく乾き、ついでに夫とベッドの位置を換えっこした。大仕事。


夕日、夕月、くーちゃんまんま_a0203003_19364431.jpg
 月が昇って夕風が涼しく、街へピースのまんまを買いに。



夕日、夕月、くーちゃんまんま_a0203003_19352572.jpg
 今朝の畑、アスパラガス。落ち葉を沢山かけ過ぎたか、すこしあたまが曲がっている。



夕日、夕月、くーちゃんまんま_a0203003_19354313.jpg
 サルナシにたくさん蕾が着いた。今年は実りますように。


夕日、夕月、くーちゃんまんま_a0203003_19360306.jpg
 くーちゃんまんま。地面でゴロゴロしてきたらしく、身体もあたまも土埃だらけ。1メートルくらいまで近づいても逃げなくなった。







にほんブログ村



by buribushi | 2018-04-29 19:48 | 天候 | Comments(6)

魚沼へ・ねこのゲンタなど

魚沼へ・ねこのゲンタなど_a0203003_19535166.jpg
 今年、雪のあるうちは魚沼へ行かなかったので、随分久しぶりに姪、弟、妹のところへ顔を出しに。
 妹の猫ゲンタ。畑の中の小屋にいるところを保護されたとき、片脚に紐が強く巻き付けてあって、その先が壊死していた。妹の家へ行ってから獣医さんが付け根から切断という方法を選ばれて、ゲンタは3本脚になってしまった。
 それでも、歩く時こそ少し不自由だけど、疾走するし木にも登る。保護された時、その、賢さと性格の良さ、好奇心、などがが丸出しになったような顔つきをみて胸をぎゅうと摑まれたような気がした。ねこ嫌いのピースがすでにいたので諦めた。妹には押しつけたようなものだ。
 妹の娘が長毛種のねこを連れて来た時は、ゲンタは納屋の二階に家出してしまって長くそこで暮らした。今日は妹と一緒に炬燵の傍にいた。
 ゲンタのおててはくろまめ。


魚沼へ・ねこのゲンタなど_a0203003_19525287.jpg
 弟スベルベが塩漬けにする八重桜をくれるという。これも普賢象であった。
魚沼へ・ねこのゲンタなど_a0203003_19531433.jpg
 小さい方の木からわたしも摘ませてもらう。


魚沼へ・ねこのゲンタなど_a0203003_19533465.jpg
 藷床には藷苗が出始めて、ビニールハウスには茄子やトマトが何種類も発芽していた。あとで茄子苗を2本ばかりおねだりしよう。



魚沼へ・ねこのゲンタなど_a0203003_19522872.jpg
 今朝の朝仕事、家の脇の草取り。高菜や川流れ菜が周りに見えるのは、去年、残った種子を混ぜてばーっとばらまいたのが発芽。本人たちは自生したつもりでいるので、みんなとてもよく育つ。
 そろそろ、種子用を残して取ってしまい、漬けものにして、あとに耕耘機をかける。トマト、茄子、胡瓜を少しずつ植えるのだ。
 沖縄の草、サシグサ(アワユキセンダングサ)の種子が採ってあるので、隅にはそれも蒔く。シグレミソや天ぷら、スープなどで食べる栄養豊富な草。沖縄へ行くと、季節を問わず場所を問わず、白い野菊のような花を咲かせている。

魚沼へ・ねこのゲンタなど_a0203003_19540515.jpg
 魚沼産の根曲がり竹のタケノコをお汁にした。上越の人が、竹の子汁には鯖缶を入れるとうまい、と言われたので、竹の子のほかアザミ(妹に貰った)を入れ、鯖缶と三つ葉(草取りの時取って置いた)を入れて味噌汁をたっぷり煮た。









にほんブログ村



by buribushi | 2018-04-28 20:26 | お出かけ | Comments(4)

山からのオカズと、たまにはレバニラ炒め

山からのオカズと、たまにはレバニラ炒め_a0203003_13330770.jpg
 摘んできたアザミのオカズ2種。左はアザミの葉をしごき取って、軸と葉柄を茹でて絞り、太白胡麻油で炒めてから、昼に乾麺を茹でて食べた時の煮干し出汁を入れて少し煮た。
 右はしごいて取った方の葉を細かく刻み、太白胡麻油で炒めて味噌を入れた。いつものシグレミソと違ってアザミ一種だけ。これも美味しい。トゲは気にならなかった。


山からのオカズと、たまにはレバニラ炒め_a0203003_13333099.jpg
 少しはタンパクシツも食べようかとレバニラ炒め。鶏レバーを薄く切り、たっぷりの煮え湯を注いでぐるぐるっと混ぜたらお湯を切り、水を替えながらよく洗う。
 水を切って、おろしニンニクすこし、醤油、酒(梅酒を使った)をまぶしてしばらく置いた。出て来た水分は捨ててオリブオイルで炒め、全体に色が変わったら取り出して、出た水分はまた捨てて刻んだニラを炒める。レバを戻して混ぜながら炒め、胡椒と、味を見て塩少々とを振って出来上がり。
 栄養的にはどうか知らないが、出た水分は捨てることで、皿に取っても身ぎれいですっきり、味もわるくない。


山からのオカズと、たまにはレバニラ炒め_a0203003_13324749.jpg
 昨日摘み草をした山裾。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-04-27 13:50 | たべもの | Comments(6)

今年の普賢象・食べられる草を摘む

今年の普賢象・食べられる草を摘む_a0203003_15531966.jpg
今年の普賢象・食べられる草を摘む_a0203003_15524070.jpg
今年の普賢象・食べられる草を摘む_a0203003_15525997.jpg
 出雲崎へ今年の桜を見に行って来た。大好きな普賢象、ちょうどいい咲き具合に出会えた。何の加減かは知らず、今年は花付きがあんまり良くなくて、空が透けて見える。まあでも、普賢象、今年も会えた。


今年の普賢象・食べられる草を摘む_a0203003_15533659.jpg
 途中の山道で食べられる草を摘むのも毎年のことで、長靴持参である。

今年の普賢象・食べられる草を摘む_a0203003_15542842.jpg
 右側の、いかにも豆科の葉っぱはアズキナ(マメ科ソラマメ属 ナンテンハギ)で、柔らかく何のクセも無く、美味しい草。


今年の普賢象・食べられる草を摘む_a0203003_15544921.jpg
 右にアズキナがちらと写っていて、真ん中はウルイ。左がスカンポ(イタドリ)。



今年の普賢象・食べられる草を摘む_a0203003_15550906.jpg
 真ん中にあるのはアザミ。何アザミかわからないが、アザミには違いなく、アザミはどれも食べられる。この、葉っぱがなめらかで毛の無いのがより美味しい。最初に一本摘んだのは白い毛が生えている種類だったので止めて、これに出会うまで探した。


今年の普賢象・食べられる草を摘む_a0203003_15553881.jpg
 左はちょっと伸びすぎたコゴミで、その右は二輪草。蕾が見える。もう大方は真っ白に花が咲いていた。
 これらは晩に美味しく頂く。二輪草何本かはコップに挿して下駄箱の上に。








にほんブログ村



by buribushi | 2018-04-26 16:13 | 草・木・花 | Comments(16)

上不見桜・路上のデザイン

上不見桜・路上のデザイン_a0203003_21163808.jpg
 上不見桜(うわみずざくら)、上溝桜(うわみずざくら)、天香具山の天の波波迦(あめのかぐやまのあめのははか)、これはみんなわれらがアンニンゴの別名だという。アンニンゴは白く細かい花を房状につけるが、このあと実る細かい実を酒に浸けたアンニンゴ酒は芳香あり。果汁というほどのものは無いので、梅酒より度が強い。
 魚沼では蕾のうちに塩漬けにして食べることもある。家のは小さい木なので、惜しくて蕾は摘まない。


上不見桜・路上のデザイン_a0203003_21131625.jpg
上不見桜・路上のデザイン_a0203003_21133496.jpg
上不見桜・路上のデザイン_a0203003_21140513.jpg
上不見桜・路上のデザイン_a0203003_21142545.jpg
 雨の今日、郵便局まで行ったら、道のあちこちできれいなものを見つけた。上から、舗装のあいだの苔と草。側溝の側壁の苔、2種。散り終えた桜の萼。






にほんブログ村



by buribushi | 2018-04-25 21:31 | 草・木・花 | Comments(8)

花ひらく・野草食い・

花ひらく・野草食い・_a0203003_22005809.jpg
 留守中に咲き始めていた椿、紺侘助。黒っぽいほど濃い紅、というので紺と名付けられたはずで、もっと濃い紅だったように思うが、こんな紅さだったろうか。
 今年初めて一つ咲いた、この花からの実生の方が濃かった。「年々歳々花相似」ばかりではないんだね。


花ひらく・野草食い・_a0203003_21585814.jpg
花ひらく・野草食い・_a0203003_21592012.jpg
 北海道の友人から贈られたヤブイチゲ。花の中心が八重になっていて美しい。貴重な花は弱い事が多いが、この花は善く咲くし、殖えてきた。


花ひらく・野草食い・_a0203003_21593807.jpg
 アマドコロ。柏崎の海岸近い山道で採ってきて植えたものが殖えた。最初は60センチ近い巨大なものでどうかと思いながらだったが、ここになじんできたら半分くらいの草丈と、前からあったものと同じくらいになった。
 花の先端が緑を帯びて、一箇所から二輪か三輪の花が咲く。


花ひらく・野草食い・_a0203003_22002838.jpg
 黄花のイカリソウは、胎内市のたけさんに頂いた。濃いピンク、ピンクと薄黄の花と3種のうち、この黄色が一番よく咲く。
 今日は暑くも寒くも無く、半日草取り。家の周りで摘んだものでシグレミソを作って食べた。ミツバ・うど・蕗・高菜・杉菜・はこべ・みみなぐさ・たんぽぽ・ハルジオン・あけびの芽・牛蒡の葉。これで11種類。多種類の食べられる野草・野菜を細かく刻んで、太白ごま油で炒めて味噌を入れて混ぜるだけのシグレミソは、毎日食べても飽きない美味しさ。
 






にほんブログ村



by buribushi | 2018-04-23 22:59 | 草・木・花 | Comments(8)

京都錦市場 と、富士山(あたまだけ)




京都錦市場 と、富士山(あたまだけ)_a0203003_14523378.jpg

 帰る日、京都 錦市場へ。chieもchieかあさんもすらっと長い。わたし短い。chieかあさんは下駄っ履きで都を闊歩(運転のときは足袋はだし)。

京都錦市場 と、富士山(あたまだけ)_a0203003_14510290.jpg

漬け物やさん。好きなひのな漬けがあった。わたしもchie母も買い込む。


京都錦市場 と、富士山(あたまだけ)_a0203003_14512883.jpg

ここではジャコを買った。


京都錦市場 と、富士山(あたまだけ)_a0203003_14520492.jpg

 何十年洗い続け使い続けたらこんなに貫禄がつくのだろう。あかがねの箍を嵌めた木の桶。



京都錦市場 と、富士山(あたまだけ)_a0203003_14592270.jpg

 じじばば一足お先に新幹線乗り継いで帰る。お疲れー。空は霞んでいたが、頭だけは見えた富士山。電線だの塀だの、じゃまものが無いところは無くて、撮っても撮っても頭だけの富士が、ちら、と。

 甥のたいちくんが駅へ車で出迎えて呉れた、まず冷たいお茶のボトルを一本ずつ貰った。車を乗り換えうちに着いたら、ミチコが風呂を沸かして呉れてあった。
 毎日ミチコに世話して貰い美味しいゴハンをもらっていたピース、大声で呼んでも出てこない。夕飯どきになったらやっと出てきて、何日ぶりかのブラッシングもさせたけど、話しかけても上目遣いでじろ、と見る。ご機嫌うるわしからず。
 家の周りの食べられる草でシグレミソを作って、菜っ葉の味噌汁と漬け物、じゃこでご飯を食べた。あー、と声が出る旨さ。

 帰ったらジューンベリーの花は終わって、ヤブイチゲが咲いていた。







にほんブログ村



by buribushi | 2018-04-23 15:24 | お出かけ | Comments(8)

さらんばんの晩餐 ほか

さらんばんの晩餐 ほか_a0203003_14132507.jpg
 今回泊まった京都のゲストハウス「さらんばん」前。腰を曲げてズボンが伸びて(わたしが縮んで)、やれやれ。


さらんばんの晩餐 ほか_a0203003_14141175.jpg
 さらんばんという名を聞いたときから韓国系のお宿とわかった。自然農業の趙先生に講習を受けたあと、おりおり仲間が集まって話をする会があったが、それをサランバンと言っていた。応接間、というような意味があるらしい。

 細身で、すっきりときれいなお兄さんが注文を聞いては次々運んでくれるご馳走。まずマッコリと韓国ビールで乾杯。韓国濁酒のマッコリはさらりとして甘みあり、私でもすい、と飲めた。甕からは瓢箪を二つに割って乾かしたひしゃくで汲み出す。からりと軽く、瓢箪植えて作ろうかな。


さらんばんの晩餐 ほか_a0203003_14145051.jpg
 ナムル、撮る前に食べちゃった。ぜんまい、菠薐草、豆もやし。


さらんばんの晩餐 ほか_a0203003_14143080.jpg
 チヂミ。こんがりと美味しい。お好み焼きより、韓国のチヂミとか沖縄のヒラヤチーが好き。具が少なくてさっぱり、こんがり。


さらんばんの晩餐 ほか_a0203003_14150943.jpg
 えーと、名前忘れた。サラダみたいなもの、少し辛い。


さらんばんの晩餐 ほか_a0203003_14152952.jpg
 ジョン。ボビの弟と同じ名だけど、卵を潜らせて焼いたもの、えーと、これは海老と何だっけ。マッコリが効いてきた。


さらんばんの晩餐 ほか_a0203003_14154808.jpg
 冷麺。あくまでも冷たく、甘みあり、すっきりさっぱり。分けて貰って食べる。



さらんばんの晩餐 ほか_a0203003_14160583.jpg
 ビビンバ。ちりちりと音を立てて焼けながらはこばれたのを、韓国スプーン、スッカラで混ぜて混ぜて、分けて食べた。


さらんばんの晩餐 ほか_a0203003_14134983.jpg
 天神橋通りへ行く前に寄った堀川夷(えびす)神社。「商売繁盛で笹持って来い」のお祭りが有名。商売繁盛、家内安全、など御利益の書かれたステッカーをお土産に買う。






にほんブログ村



by buribushi | 2018-04-23 14:41 | お出かけ | Comments(4)

4月21日・誕生日のランチ、天神橋通り商店街など

4月21日・誕生日のランチ、天神橋通り商店街など_a0203003_21524400.jpg
4月21日・誕生日のランチ、天神橋通り商店街など_a0203003_21592979.jpg
4月21日・誕生日のランチ、天神橋通り商店街など_a0203003_21550395.jpg
 夫誕生日につき、またカンティーナ・オットでランチ。ご馳走の名前を覚えていられなかった。デザートのお皿ににお祝いの言葉。


4月21日・誕生日のランチ、天神橋通り商店街など_a0203003_21553178.jpg
4月21日・誕生日のランチ、天神橋通り商店街など_a0203003_21561892.jpg
 ニッポンイチ長い?天神橋商店街へ連れて行って貰う。食べ物屋が多く、とりどりに店をひらいていて魅力的な場所、のはずが、イタリアンのごちそうでおなかいっぱい、素通りする。書店と古書店に寄る。現代語訳の古事記など買って、このあとまだ滞在して車で帰る娘に託した。






にほんブログ村



by buribushi | 2018-04-22 22:23 | お出かけ | Comments(6)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

ミケさま 夏らしい花、..
by buribushi at 18:54
ミケさま そうそう、山..
by buribushi at 18:47
仙人草、キツネノカミソリ..
by mikeblog at 17:46
あー、これはスベルベさん..
by mikeblog at 17:37
ミケさま ピースはおば..
by buribushi at 16:50
猫っていくつになっても丸..
by mikeblog at 13:47
tsunojirushi..
by buribushi at 22:38
かわいいかわいい!
by tsunojirushi at 22:26
ミケさま >復活 は..
by buribushi at 08:53
パソコンが復活しましたね..
by mikeblog at 23:28
鍵コメさま 新しいパソ..
by buribushi at 09:06
鍵コメさま わーっ!あ..
by buribushi at 21:25
ミミの父さま >オレン..
by buribushi at 21:18
hiruneyohuka..
by buribushi at 21:15
オレンジが本当に石鹸か、..
by ミミの父 at 08:57
すばるさま 「くぼた沖..
by hiruneyohukashi at 01:11
鍵コメさま もう沖縄行..
by buribushi at 20:55
ミケさま ねー、ころん..
by buribushi at 20:45
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:41
ほんとだー、お饅頭みたい..
by mikeblog at 18:19

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

ファン

検索

ブログパーツ