人気ブログランキング |

おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2017年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧




まだ熟さないオキナワスズメウリ・シクラメンの赤ちゃん

まだ熟さないオキナワスズメウリ・シクラメンの赤ちゃん_a0203003_21172498.jpg
 寒い雨が降って、ノコンギク(野紺菊)がいよいよ鮮やかに咲いている。彼岸花の球根と一緒に贈られて30年、家の周りにすっかり定着した。


まだ熟さないオキナワスズメウリ・シクラメンの赤ちゃん_a0203003_21202276.jpg
 
 オキナワスズメウリは、夏、この手描きのような縞々が赤く熟した実に残っているのが何ともかわいいのに、今年は葉も蔓も枯れかけた今も緑のままだ。
 こんなことは初めてで、サルナシが一つも実らなかったり、干し柿が何度干しても黴びたり、みな気候のせいなのか?

まだ熟さないオキナワスズメウリ・シクラメンの赤ちゃん_a0203003_21273461.jpg
  原種シクラメンの種子は9月3日に蒔いたもの、いま、葉の認められるものがこれを入れて4本。茎が出ているピンクの球は球根の赤ちゃんらしい。種から、まずこの球が出来る。


まだ熟さないオキナワスズメウリ・シクラメンの赤ちゃん_a0203003_21340253.jpg


山茶花は、数年前に百円で買った掌に載る大きさの苗から。
 

にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-31 21:39 | 草・木・花 | Comments(10)

柿の渋抜き

柿の渋抜き_a0203003_20000363.jpg
 渋柿の平核無し(ひらたねなし-当地では八珍・はっちんという)。蔕を35度の焼酎に浸してビニール袋に並べ、口を締めて置く。
 10日くらいで渋が抜ける。もっとも、その時の柿の熟し加減で、2週間かかった、という人とか、4日で食べたというひとがあったり、自分で決める。



にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-28 20:04 | 季節 | Comments(12)

絶不調の原因がわかった

絶不調の原因がわかった_a0203003_20391957.jpg
 写真は今日の夕空。日没後の光が火の柱のようだった。

 数日ひどい不調に苦しんでいた。新しい入れ歯がゆるく感じるようになったので、先週の金曜に歯科で締めて貰って帰ったが、車中から始まった肩と首の凝り感がひどいので、入れ歯を外した。
 土曜に、折良く知人の気功をする人が来られたので訴えたら、1時間半もマッサージしてくださって、体も温まり血圧が下がり、背中や首の痛みも薄れた。火曜日、もう一度歯科で、入れ歯の調整をしていただくも、帰り道でまた凝りを感じ始めて急いで歯をはずす。
 今度の歯科の先生は穏やかな方で、喜んで通っているし今後も通うつもりだけれども、どうも入れ歯のキツいのは私の体に影響が大きいものらしい。歯なしで食べられるものを食べて、少し休んで、また行こう。
 そう思って、首の凝り感を和らげるつもりで、コンニャクシップ(茹でた蒟蒻をタオルに包んで当てる)を再々やっていた。その時は気分が良かったのだ。
 水曜日、ひどいめまいと吐き気があって起きていられない、寝込む。そのまま経過して、昨夜の木曜日は、夜、一旦寝たのに、吐き気とめまい(寝ていたのに)で目が覚めた。トイレへ行こうとベッドを降りたら体に力が入らずくずおれる。這って出口へ、そこからは伝い歩きでトイレへ行って、つんのめって壁に頭をどん、と打った。

 今朝薪ストーブ据え付けの手伝いで来て呉れた娘に話したら、野口整体のT先生に話してくれたらしい。東京から電話を頂いた。細かいことは略すが、私の場合、首を温めたのがめまいの原因だった。そうか!昨夜など丁寧にも温めながら寝たのだ。無知の怖さよ。
 老人はちょっとしたきっかけで、がたっと体力を落とすこと、経験済みなのにまたやってしまった。

 そういうわけでただいま歯なし生活中。口元巾着でおばあさんみたい(おばあさんだけど)。

 娘に勧められた健康法で実践中のもの、「ヒモトレ」「脱パンツ健康法」など。参考書あり。
 娘のサイト「ふんどしぐるぐる」で検索。ゴム紐症候群対応のふんどし、紐パン。湯文字など作り方あり。
 ゴムのキツいパンツが体に与えるストレスは、〇のイビリに匹敵するそうです。
 

にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-27 21:13 | からだ | Comments(12)

エビヅル採りと黴びた干し柿

エビヅル採りと黴びた干し柿_a0203003_19024488.jpg
 山のハシモトさん来る。今年は山葡萄がさっぱり採れなかったそうで、うちの「薮」のエビヅルをあげる。果実酒にしたいそうだ。
 この薮のなかに、ハシモトさんがくれたナツハゼの木があって、去年5粒、ことし21粒の実をつけた。彼女とその前の木のあいだから、向こうに紅葉して来たナツハゼがちょっと見える。


エビヅル採りと黴びた干し柿_a0203003_19090047.jpg
 エビヅルは、それでも果実酒にしてみるほど穫れた。タネは大きいし、酸味が強く、酒が一番いい使い道だろう。


エビヅル採りと黴びた干し柿_a0203003_19113220.jpg
 干し柿の一回目は黴びて落ち始め、カラスに荒らされて捨てた。
 二回目に干したのがまたこのありさまで、これもあきらめざるを得ない。
 向こう側の二回目、湯通しの時間も長くして、今度こそとつり下げたのも、またカビが着き始め
ている。
 長年干し柿を作ってきてこんなことは初めて。
 柿はまだ木にあるので、もう一回頑張るか諦めるか。
 私の干し柿が欲しいとか、楽しみにしていると言う人が多いのに、この有様なので、言い訳のつもりで見苦しいものを載せた。


にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-26 19:21 | 季節 | Comments(8)

冬虫夏草-家守綺譚その後の物語

冬虫夏草-家守綺譚その後の物語_a0203003_11122628.jpg
梨木香歩の「家守綺譚」を読んだときもここに書いたと思う。
物書きの綿貫征四郎は、湖でボートを漕いでいて行方不明になった友人、髙堂の親から、家の守りを頼まれて住み込む。
床の間に、水辺の景の掛け軸があったが、風雨の過ぎたある朝、床の間からキイキイ音がして掛け軸の風景の中からボートが近づいてくる。髙堂だった。それから時々髙堂は絵の中から現れ、去って行くようになった。
稿料が入って肉を買った日、どこからか犬が着いてくる。その日も髙堂が現れて、犬にゴローと名付けた。
隣のおかみさんは犬好きで、日に一度は犬にやって、とご飯を持って来てくれる。犬なら一緒くたにしていいところ、わざわざご飯と味噌汁は別に盛ってあり、犬を養うどころか征四郎の方がご相伴にあずかっている。
ゴローは犬を飼うことを許されたかった髙堂が、隣の犬をかわいがっていた、その犬の名だということもわかってくる。

池の水からすくい上げたら一枚の皿になっていた河童を、和尚の教えで河童の生まれた村の滝壺へ返しに行くのはゴローが引き受けて、風呂敷に包んで首に掛けて貰い駆け出した。河童と鷺が争っていたときはゴローが仲裁したらしい。
百日紅に懸想される、とか、白木蓮に落雷したら木蓮が孕み、小さな竜が生まれて昇天したり、池に鮎の人魚がいたり、狸が和尚に化けていい法話をしたり。
満月の晩にさまよい出て、野に寝ようとしたらばかにさわがしい。髙堂が現れて、寝るのは少し外れた所にしろ、という。ここは人が死んだらどこそこへ埋めてくれ、と願いたくなる、そういう場所だという。
ゴローはしっかり寄り添い暖かかったが、寝付かれず、月が傾くまで空を見ていた。
ある日はこちらの身の丈を越す大きさの鳶が来て、その羽の下からゴローが出てきた。河童と鷺の争いを仲裁してから、ゴローは知られた仲裁犬として、鈴鹿山までも行くらしい。

と、いうような話が家守綺譚。
長くなりすぎるから「冬虫夏草」はまた今度にするが、外出したきり帰らないゴローを探しに人里から「結界なき山奥」まで歩きに歩く。その間にまた、河童の子と知り合いになったり、イワナ夫婦が営む宿に泊まったりする。
終わり方のすばらしさ。やっとたどり着いた山で、向こうの斜面に動くもの、鹿じゃない、兎じゃない、あ、犬だ、ゴローだ。ゴローと叫ぶとぱたりと立ち止まり、こっちを注視、あっという間に駆け下り始めた。滑り落ちる、水に飛び込んで泳ぐ。茅野原は姿が見えないが、茅が動くので何処を走っているかわかる。ついに茅を抜けた。ゴローだ!来い、来い、ゴロー、うちへ帰ろう。

この結末が嬉しくて、何度も読む。作者はここを書くとき嬉しかっただろう。
大事な山場をばらしちゃったけど、推理小説じゃないからいいよね?




by buribushi | 2017-10-25 16:05 | | Comments(10)

懐かしの味噌おでん

懐かしの味噌おでん_a0203003_10505941.jpg
子どものころ東海地方にいたので、おでんと言えば串に刺してあたためてある食材を味噌のたれにとぷり、と浸けたものだった。味噌は味醂を入れて煮てゆるめる。口の周りを味噌だらけにしてかぶりつく。お祭りにはつきものだった。
不調につき買い物に出なかったので、あり合わせで味噌おでん。ありあわせゆえ練り物が目立つ。たまご、里芋、こんにゃく、ちくわ、さつまあげ。たれは名古屋味噌、あのこってりと黒々とした豆味噌でなければ、感じが出んでだちかん。
当地でこの味噌は手に入らないが、通販で取り寄せたりお友だちが下さったり。
懐かしの味噌おでん_a0203003_10503894.jpg
なんというせんきょけっかなのー。あたしもう知らにゃい。二階いってねんねする。
ピース、そう言うけど、野党の方が多かったの、沖縄と北海道と新潟だけ。ヤッター、と言うべきよ
懐かしの味噌おでん_a0203003_11032997.jpg

ランキング参加中
にほんブログ村




by buribushi | 2017-10-23 13:13 | たべもの | Comments(8)

紀伊上臈ホトトギス咲く・生姜蜜漬けなど

紀伊上臈ホトトギス咲く・生姜蜜漬けなど_a0203003_18021974.jpg

紀伊上臈ホトトギス咲く・生姜蜜漬けなど_a0203003_18024547.jpg
紀伊上臈ホトトギスが咲き始めた。ふっくらと鮮やかなその花。

紀伊上臈ホトトギス咲く・生姜蜜漬けなど_a0203003_18053798.jpg
左はナツハゼの実の焼酎漬け。その右、生姜をはちみつに浸けた。次は醤油漬け。

紀伊上臈ホトトギス咲く・生姜蜜漬けなど_a0203003_18081062.jpg
せんきょおわった?どうなった?


ランキング参加中
にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-22 18:49 | その他 | Comments(6)

風間勇一さん「木の手づくりおもちゃ展」

与板コミュニティセンターで。
風間勇一さん「木の手づくりおもちゃ展」_a0203003_13465088.jpg
風間勇一さん「木の手づくりおもちゃ展」_a0203003_13430887.jpg
風間勇一さん「木の手づくりおもちゃ展」_a0203003_13443814.jpg
風間勇一さん「木の手づくりおもちゃ展」_a0203003_13452686.jpg
へびは脱皮中!この後、手前のは脱皮を終えて脱走。


風間勇一さん「木の手づくりおもちゃ展」_a0203003_13491246.jpg
風間勇一さん「木の手づくりおもちゃ展」_a0203003_13495770.jpg
むかし懐かしい、カタカタ(押し車)。這い這いしながらでも押せる。

風間勇一さん「木の手づくりおもちゃ展」_a0203003_13512495.jpg
風間勇一さん「木の手づくりおもちゃ展」_a0203003_13515630.jpg
おばあさんは独楽で、おじいさんは組み木で、遊ぶの図。

風間勇一さん「木の手づくりおもちゃ展」_a0203003_13531688.jpg
 子どもはもちろん、あれもこれも面白い。この、坂を下るあひる、カタカタ歩いて、最後に片脚をちょっと縁に載せて止まる。
 まだまだ、輪ゴムを飛ばすゴム鉄砲(制作体験あり)、うごかすとチューチュー鳴く(木がきしんで鳴る)ねずみ、押して行くと口をパクパクする鰐、いろいろたくさん、子どもでなくても欲しい!展示、あす22日まで。
ランキング参加中
にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-21 14:01 | ひと | Comments(12)

干し柿に漁網

干し柿に漁網_a0203003_20125931.jpg
 知人から渋柿80ほど入った箱がどん、と届いた。Tの字型に蔕がつけてある。またしても剝いて剝いて、二階の軒下に吊した。
 出雲崎の漁師さんに貰った漁網の切れ端がある。畑の鳥避けに使って20年以上経っているが、ものがナイロン、それを引っ張りながら張りわたした。あとは、どうかお天気の具合良く乾いておくれと願うだけだ。


干し柿に漁網_a0203003_20390874.jpg
 漁網は不定形、破れあり、だけれども、これで大丈夫ということにする。明日手直しするところあり。
ランキング参加中
にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-20 20:42 | 作る | Comments(8)

紀伊上臈ホトトギス蕾・カマツカの実など

紀伊上臈ホトトギス蕾・カマツカの実など_a0203003_17361056.jpg
 カマツカの実が熟した(大きさは実物の倍以上に写っている)。これも食べられるんだけど、摘まんで見るだけで加工したことはない。


紀伊上臈ホトトギス蕾・カマツカの実など_a0203003_17395277.jpg
ノコンギク(野紺菊)。30年ほど前、沢山の彼岸花と一緒に頂いたのだ。一時家の周り中に殖えて、航空写真で周りが薄紫に写っていた。

紀伊上臈ホトトギス蕾・カマツカの実など_a0203003_17422103.jpg
 ホトトギス。一番古くからあるものでやはり30年くらい経つ。妙高の、当時80代の男性が送って下さった。


紀伊上臈ホトトギス蕾・カマツカの実など_a0203003_17441776.jpg
 画像不鮮明だけど、名花・紀伊上臈ホトトギス。demiさんに頂いて3年か、大株になって来た。やっと蕾がふくらんできた。光線のいいときまた撮ろう。


紀伊上臈ホトトギス蕾・カマツカの実など_a0203003_17470444.jpg
オオケタデ、今年発芽が遅く大きくならなかった。
ランキング参加中
にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-19 17:47 | 草・木・花 | Comments(12)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

ミケさま 夏らしい花、..
by buribushi at 18:54
ミケさま そうそう、山..
by buribushi at 18:47
仙人草、キツネノカミソリ..
by mikeblog at 17:46
あー、これはスベルベさん..
by mikeblog at 17:37
ミケさま ピースはおば..
by buribushi at 16:50
猫っていくつになっても丸..
by mikeblog at 13:47
tsunojirushi..
by buribushi at 22:38
かわいいかわいい!
by tsunojirushi at 22:26
ミケさま >復活 は..
by buribushi at 08:53
パソコンが復活しましたね..
by mikeblog at 23:28
鍵コメさま 新しいパソ..
by buribushi at 09:06
鍵コメさま わーっ!あ..
by buribushi at 21:25
ミミの父さま >オレン..
by buribushi at 21:18
hiruneyohuka..
by buribushi at 21:15
オレンジが本当に石鹸か、..
by ミミの父 at 08:57
すばるさま 「くぼた沖..
by hiruneyohukashi at 01:11
鍵コメさま もう沖縄行..
by buribushi at 20:55
ミケさま ねー、ころん..
by buribushi at 20:45
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:41
ほんとだー、お饅頭みたい..
by mikeblog at 18:19

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

ファン

検索

ブログパーツ