人気ブログランキング |

おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2016年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧




ナツハゼに初の花 ほか

ナツハゼに初の花 ほか_a0203003_14354247.jpg

ハシモトさんが一株持って来てくれたのを植えて、何年待ったことだろう。
今日、ナツハゼに初めて花がついているのに気がついた。下の方の一枝だけに幾房か。実っているのをもいだことは何回もあるけど、花を見るのは初めてだ。
この木、挿し木することを今までなぜ考えなかったのだろう。西日を嫌うことを今まで知らなかったが、やっと馴染んだ場所を移すのはためらわれる。今年は分身。

今期初めての挿し木、白い花の咲くヒメウツギに根が出て来た。


ナツハゼに初の花 ほか_a0203003_14361511.jpg

去年ハットリさんがくれたジューンベリーの木に、今年十房ばかり花が着き、実が熟しはじめた。


ナツハゼに初の花 ほか_a0203003_14363979.jpg

コバヤシさんちの裏にあって、梯子を掛けなければ取れないほど高く木に絡みついているサルナシ、その枝を貰って挿し木し、根っこを少し貰って植え、いまでは繁り放題でイチジクの木にまで絡んでいる。
たくさん咲いた花が、今年は実になるようだ。実のなるものは何もかも、嬉しくて楽しくて。


ナツハゼに初の花 ほか_a0203003_14371072.jpg

八重桜の普賢象を見に行ったとき、足下にヘビイチゴの花をみつけた。取りに来ようねと言っていたのを、昨日家の近くで摘んだことから気が急いて行ってみたら、草刈り作業中!一足遅かった。
でもその周辺で、昨日の倍量くらいは摘んで帰って、また焼酎に漬けた。



ナツハゼに初の花 ほか_a0203003_14373620.jpg

その帰りに出雲崎海岸で、畑用資材の海水を汲む。10倍に薄めてネギ類何でもに。30倍まで薄めれば野菜何にでも与えられるミネラル資材だから。

追記・夜に入り、予報通りに雨になった。雷雨注意、霰注意、竜巻注意報まで出た、荒い天気。それでも、久しぶりの本格的な雨で、畑のものたちが息をついたと思う。傘をさして、電灯持って畑を見に行きたいくらいだ。



にほんブログ村
ランキング参加中















by buribushi | 2016-05-31 15:13 | 草・木・花 | Comments(6)

わらびアク抜き・ヘビイチゴ酒を作る

わらびアク抜き・ヘビイチゴ酒を作る_a0203003_20534935.jpg

ハシモトさんから折って来たばかりのわらびをもらった。

わらびアク抜き・ヘビイチゴ酒を作る_a0203003_20544074.jpg

大きい鍋に湯を沸かし、重曹を大さじ1杯を溶かしてわらびを入れる。菜箸で一度ひっくり返してすぐ火を止め、皿を載せた。


わらびアク抜き・ヘビイチゴ酒を作る_a0203003_2055556.jpg

ひと晩置いたわらび、茹で汁が黒くなっている。
汁を捨てて水洗いし、あらためて水を張った。


わらびアク抜き・ヘビイチゴ酒を作る_a0203003_20553063.jpg

きれいにアクが抜けたわらび。


わらびアク抜き・ヘビイチゴ酒を作る_a0203003_2055595.jpg

お昼の味噌汁に。
晩には三杯酢に浸しておいて食べた。


わらびアク抜き・ヘビイチゴ酒を作る_a0203003_20563512.jpg

すぐ近くでヘビイチゴが実っているのを見つけた。
てのひら一杯もぎ取って、いくつかはタネ蒔きのつもりでウチの畑の隅、すももの木の下で土に擦り込んでおく。


わらびアク抜き・ヘビイチゴ酒を作る_a0203003_20575670.jpg

笊ごとさっと水に打たせて水切りしておき、空き瓶に入れて焼酎を注いだ。25度の焼酎だったので、薬用アルコールを少々足して置いた。
いちごの色が抜け、液体が琥珀色になるまで置いたら、かゆみによく効く薬用酒だという。


にほんブログ村
ランキング参加中
















by buribushi | 2016-05-30 21:10 | くらし | Comments(8)

根性タチアオイ咲く

根性タチアオイ咲く_a0203003_2043032.jpg

去年12月までずっと咲き続け、雪が降って倒れた根性タチアオイの今年の花が咲いた。
数あるタチアオイの株の中で一番早い。


根性タチアオイ咲く_a0203003_205078.jpg

黒花タチアオイの種子を蒔いて出た芽の一つで、これは鮮やかな赤に咲く。
建築中のお隣とすれすれの場所なのが気がかり、


根性タチアオイ咲く_a0203003_2052562.jpg

家の脇の畑で咲いた芍薬。


根性タチアオイ咲く_a0203003_2055324.jpg

これも芍薬。


根性タチアオイ咲く_a0203003_2062199.jpg

kazuyooさんに頂いて、年々咲いているコモンマロウ。ハーブティになる。お湯を注ぐと青く、レモンを入れると紅くなるお茶。

今朝、家の脇の畑でアカザを小笊いっぱい摘み、茹でて、醤油を落とした水に浸して置いて、昼に海苔まぶしのお浸しにした。絞る時、醤油の色とは違うアクの色の濃い水が出たが、サッパリして、今まで食べた中で一番美味しかった。「醤油洗い」と習ったが、洗う、ではなく浸して置くのが大切だと初めてわかった。

夕方、旅行以来初めてハシモト、コバヤシチームが来たが、アカザを喜んで食べて呉れた。ハシモトさんはアカザを始め10種の草を摘んだのでシグレミソ作って、と言うので、すぐ作って出す。
アカザ、はこべ、ヨモギ、三つ葉、ミョウガ、紫蘇、アマランサス、イノコズチ、露草、トゲなしタラノキ、など。

午前中、前の畑に落花生の苗60本植えた。残り約40本のうち、20本ハシモトさんにあげた。
ハシモトさんは紅花の苗、アカザまで、植えようと持って行った。
コバヤシさんは、この前那覇で佐辺さんから貰ったミニトマトを芽だしさせたのを2ポット持って来て呉れた。私も畑に蒔いたんだけど、まだ芽が出ていない。

ハシモトさんたちにわらびもたくさん貰った。1キロを塩たっぷりと重石強めで漬けた。漬け物では無くてアク出しの一種として。700グラムをたっぷりの湯に重曹大さじ1を溶いた中へ浸け、一度返してすぐ火を止めた。浮かないように皿を載せて朝まで置き、アクの出た水を替えて、晒してから味付けする。



にほんブログ村
ランキング参加中














。。。



by buribushi | 2016-05-29 20:37 | 草・木・花 | Comments(5)

アンティーク・ぷろぽぜ

アンティーク・ぷろぽぜ_a0203003_20211389.jpg

赤ちゃん用の白いワンピースとケープ。紫陽花のドライフラワーが飾ってある。


アンティーク・ぷろぽぜ_a0203003_20214440.jpg

ライオンの載った置き時計。


アンティーク・ぷろぽぜ_a0203003_20221566.jpg

ポストカードいろいろ。
これらは、去年フランスまで仕入れに行ってアパルトマン(アパート)に半月暮らした女あるじのお好み。


アンティーク・ぷろぽぜ_a0203003_20224173.jpg

櫛いろいろ。こういうものもある。


アンティーク・ぷろぽぜ_a0203003_20231231.jpg

まだまだ、いろいろある。


アンティーク・ぷろぽぜ_a0203003_20253818.jpg

わたしが今日売った能登上布の男物単衣、しつけ糸がついていて、未着用。色は藍色で、写真にはよく出ていない。
何年か前、沖縄で買ったんだけど、あまり見事でどうしても鋏が入れられない。死蔵するよりは、要る人のところへ行く方がいいと思った。
同じ紺絣でも木綿ならすぐ売れるんだけど、と言いながらも買って呉れた。マイナスの差額は勉強賃。
純白無地のマグカップを五つ買った。処分しすぎて、人が複数来たとき猪口でコーヒーを出したから。処分を急ぐとこういうことも起きる。
死んだらゴミだと娘は言うけど、生きている限りは、こういうもの。


アンティーク・ぷろぽぜ_a0203003_20234498.jpg

今日の花、カモミール。


にほんブログ村
ランキング参加中

















by buribushi | 2016-05-28 20:40 | お出かけ | Comments(8)

トウモロコシ植え・青い実3種 ほか

トウモロコシ植え・青い実3種 ほか_a0203003_19583225.jpg

夫が家の脇の畑に、芽だししたトウモロコシを植える。


トウモロコシ植え・青い実3種 ほか_a0203003_2001212.jpg

ミニトマト、アイコ着果。
ウチのトマトは甘いです。


トウモロコシ植え・青い実3種 ほか_a0203003_2004653.jpg

前の畑のすもも、大石早生。何年も袋実病であまり実らなかったが、春早くサトルさんに硫黄乳剤を噴霧して貰って、今年は発生が少なくて済んだ。甘く美味しい実。


トウモロコシ植え・青い実3種 ほか_a0203003_2011263.jpg

脇の畑のイチジク、皮の赤くならない品種、美味しい。鴉と取り合いっこ。


トウモロコシ植え・青い実3種 ほか_a0203003_2015681.jpg

垣根に絡んで咲いたテイカカズラ。ひと枝の挿し木から。


トウモロコシ植え・青い実3種 ほか_a0203003_2024089.jpg

今日の夕日。すっかり田植えの済んだ田んぼに映っている。


にほんブログ村
ランキング参加中
















by buribushi | 2016-05-27 20:17 | | Comments(4)

サルナシ・罌粟・根性タチアオイなど

サルナシ・罌粟・根性タチアオイなど_a0203003_16431830.jpg

サルナシの花が咲き始めた。ことしはどうかたくさん実が止まりますように。


サルナシ・罌粟・根性タチアオイなど_a0203003_16405514.jpg

そら豆。数日前まで元気そのものだったのに、にわかに黒いアブラムシがいっぱいたかった。手で取ったり、木酢酸の薄めたものを噴霧したり。あまりいっぱいたかっている芽を摘んでしまったり。


サルナシ・罌粟・根性タチアオイなど_a0203003_1641209.jpg

胡瓜の芽生え。


サルナシ・罌粟・根性タチアオイなど_a0203003_16414691.jpg

種を蒔いた胡瓜が育つ間に食べられるよう、苗を買ったものに実が着き始めた。ぬかみそ漬けの季節だ。


サルナシ・罌粟・根性タチアオイなど_a0203003_16421293.jpg

真ん中にあるのは、去年雪が降るまで咲き続けた根性タチアオイ。
この間から家が建ちはじめた。以前あった家よりぐっとこっちに近い、ぎりぎりまで。さてどうなる、タチアオイ。


サルナシ・罌粟・根性タチアオイなど_a0203003_16451073.jpg

罌粟(けし)。
多年草だが、植えた場所に後からほかのものが迫っていて気の毒。
移植できるだろうか。今年は四つ蕾がつき、二つは咲き終わって罌粟坊主になった。種から始めますか。



にほんブログ村
ランキング参加中


















by buribushi | 2016-05-26 16:58 | | Comments(6)

朝食に森の苺・アカザ海苔和え

朝食に森の苺・アカザ海苔和え_a0203003_20533429.jpg

ワイルドストロベリー「森の苺」が摘めるようになり、朝、一椀ずつ分けて食べた。
去年の春、砂のように細かい種子を蒔いたところから始まった森の苺、ヘビイチゴよりやや大きい位の小粒ながら、はっきりした味がする。


朝食に森の苺・アカザ海苔和え_a0203003_20541094.jpg

野草のアカザを、去年若杉友子さんの講習で習ったもののひとつ、海苔和えにして食べた。
塩ひとつまみ入れてゆがき、醤油洗い(水に醤油少し入れた中に浸してアク抜きをすること)してしぼり、醤油または出汁割りの醤油を掛けて焼き海苔を揉んでかける。
たいへん美味しいので、畑のアカザを見ても、片っ端からたべよう、と嬉しいだけ。


朝食に森の苺・アカザ海苔和え_a0203003_20544887.jpg

盛大に生えているアカザ。
野菜の種蒔きをしてもうまく生えるとは限らないのに、蒔きもしない食用の草がキレイに生えている。これはまだ生える気配のない生姜のうねの上。


朝食に森の苺・アカザ海苔和え_a0203003_205538100.jpg

近くの体育館の前にたくさん咲かせてある花。丈夫なものらしく、道端にも、隣の空き地にも、飛んだ種子からと思われる同じ花がたくさん咲いていた。
空き地のを少し抜かせて貰って、明日植えるように水に根を浸けておく。


にほんブログ村
ランキング参加中














by buribushi | 2016-05-25 21:08 | たべもの | Comments(10)

アフロディテ・エレガフミナ、白万重咲く・サシグサ芽ほか

アフロディテ・エレガフミナ、白万重咲く・サシグサ芽ほか_a0203003_16585628.jpg

咲き続けているクレマチス、ルリオコシは去年ハットリさんに頂いた。


アフロディテ・エレガフミナ、白万重咲く・サシグサ芽ほか_a0203003_16593010.jpg

咲き始めたクレマチス、アフロディテ・エレガフミナは、その名もふみさんという友だちに頂いた切り花からの挿し木で4年目、いま二株ある。


アフロディテ・エレガフミナ、白万重咲く・サシグサ芽ほか_a0203003_16595833.jpg

白万重。これから花弁がほぐれて、万重というにふさわしくなってくる。まだ白というよりうすみどり。


アフロディテ・エレガフミナ、白万重咲く・サシグサ芽ほか_a0203003_1702521.jpg

白万重は花付きがいい。
今年挿し木をたのまれている。


アフロディテ・エレガフミナ、白万重咲く・サシグサ芽ほか_a0203003_1705256.jpg

昼咲き月見草の群生。道路のコンクリートの隙間から生えた。


アフロディテ・エレガフミナ、白万重咲く・サシグサ芽ほか_a0203003_1712013.jpg

エゴノキ、早く咲いたものはもうほとんど花が落ち尽くしたが、大きい木のひこばえだったこの木は今が盛り。


アフロディテ・エレガフミナ、白万重咲く・サシグサ芽ほか_a0203003_1715193.jpg

サシグサの芽は本葉が出て来た。


にほんブログ村
ランキング参加中



by buribushi | 2016-05-24 17:13 | 草・木・花 | Comments(6)

砂色の紬と宝づくしの帯

砂色の紬と宝づくしの帯_a0203003_21274740.jpg

小千谷紬の無地、砂色というのだろうか、グレーがかったベージュの色がやさしい。
姪の知人の織り元で分けて頂いた。


砂色の紬と宝づくしの帯_a0203003_21282339.jpg

この紬に良く合うと思う茶色の帯は宝づくしが散らしてある。ぷろぽぜ(アンティークショップ)で掘り出した。解いて、自分で洗って、縫い直して貰った。

結婚披露によばれたが、にわかのこととて(にわかでなくても)六月は着るものがむつかしいな。
妹は絽の訪問着でまだしつけのついたままのが着初めできる、というが、勤め人だった彼女と違い財力の無い当方はそういう結構なものはない。
着物を解いて作ったワンピースをすぽんと着てしまえばいとも簡単で、らくなことだけど、それも味気ないような気がする。
無地といっても紬はカジュアルだけど、傘寿の媼ゆえ、勘弁してもらうとして。いわばシルクのロングドレスの一種として、とも言えるし。
これもしつけがついたままで、がんばって着なければ着ずじまいになるおそれがある。

きものはごく若い時から関心があったが、子育て中はそれどころではなくて。60歳頃になって初めて少し自分の収入があるようになって、紬を買った。生まれて初めてローンというものを使ったのは最初の一枚だけで、あとは知人の織り元だの、少々難あり、という特価品だの。今回の一組も、素材は全部で3万円もしていない。でもほんとうに自分のもの、と思える好みのものが手に入った。

三十数年前の小千谷紬が一枚あるが、洗い張りもしてしんなりといい風合いになり、結城か?と言われたことがある。60過ぎて始まったきものへの執心は、(もうこれをあのように着慣れる時間はない)と思った時ぱたりと終わった。
数は多くなくて、それもほとんど紬だ。上の娘は私を越すこと十数センチの長身だし、背格好の似た下の娘は一切きものに関心が無い、という。
求める気持ちは無くなったが、今あるものに対する気持ちは深いので、この後は、さあ。


にほんブログ村
ランキング参加中












by buribushi | 2016-05-23 22:24 | きもの・衣服 | Comments(8)

じゃこ山椒・梅じゃこ山椒

じゃこ山椒・梅じゃこ山椒_a0203003_2223509.jpg

サトルさんのところへ山椒の実を貰いに行ったら、枝ごとばっさり切ってくれたので持ち帰ってもぐ。
たくさんあった。もいで、ばらして、塩を入れた湯でさっと湯がいて、使う分を残して冷凍した。小分けにして、ラップでぴっちり包んでからジッパー袋に入れて冷凍庫へ。葉っぱも少し同じようにして冷凍庫へ。


じゃこ山椒・梅じゃこ山椒_a0203003_22242685.jpg

ジャコ山椒を煮た。この日のために佐辺さんでちりめんじゃこのかちかちに乾いたのを買って来てある。
ちりめんじゃこ上干 200グラム
醤油  100cc(もう少し少なくて良かった) 
酒    100cc
みりん  100cc
山椒の実 大さじ4
水気が無くなるまでかき混ぜながら煮た。

じゃこはぐらぐらの湯でさっとゆがいて、笊に取ってから使った。


じゃこ山椒・梅じゃこ山椒_a0203003_12155926.jpg

追加で梅じゃこ山椒を。

上干じゃこ100グラム
酒少々
山椒の実 大さじ2つ
梅干し 大2個

じゃこは湯通ししてから、酒大さじ2 水4分の1カップで水気が無くなるまで炒りつける。
水気が少なくなってきたら山椒の実を加え、水気が無くなったら火を止めて、タネを取ってこまかく叩いた梅干しを入れてよく混ぜる。
色がきれいなように山椒の葉も少々入れた。




にほんブログ村
ランキング参加中
















by buribushi | 2016-05-22 22:39 | たべもの | Comments(6)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

ミケさま 夏らしい花、..
by buribushi at 18:54
ミケさま そうそう、山..
by buribushi at 18:47
仙人草、キツネノカミソリ..
by mikeblog at 17:46
あー、これはスベルベさん..
by mikeblog at 17:37
ミケさま ピースはおば..
by buribushi at 16:50
猫っていくつになっても丸..
by mikeblog at 13:47
tsunojirushi..
by buribushi at 22:38
かわいいかわいい!
by tsunojirushi at 22:26
ミケさま >復活 は..
by buribushi at 08:53
パソコンが復活しましたね..
by mikeblog at 23:28
鍵コメさま 新しいパソ..
by buribushi at 09:06
鍵コメさま わーっ!あ..
by buribushi at 21:25
ミミの父さま >オレン..
by buribushi at 21:18
hiruneyohuka..
by buribushi at 21:15
オレンジが本当に石鹸か、..
by ミミの父 at 08:57
すばるさま 「くぼた沖..
by hiruneyohukashi at 01:11
鍵コメさま もう沖縄行..
by buribushi at 20:55
ミケさま ねー、ころん..
by buribushi at 20:45
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:41
ほんとだー、お饅頭みたい..
by mikeblog at 18:19

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

ファン

検索

ブログパーツ