人気ブログランキング |

おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2016年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧




あすから沖縄

あすから沖縄_a0203003_1137335.jpg

あすから沖縄_a0203003_11372957.jpg

いつもの鞄と、木綿の上着。
あすから4日間留守にします。
昨日久しぶりに野口整体の操法を受けたら、その反応?で体調が変わったので、食事を抜いて早寝。今朝も食事抜きで番茶と梅干し(昨夜は生姜と黒糖のお湯)。まあ、行けばなんとかなる。だろう。
予定はたてない。人を訪ねることもしない。純粋に、自分だけのために、沖縄を味わい、飲み込んで来よう。
美味しいパンの買えるところ、買う食材と種子、古本やの名前をメモした。


にほんブログ村
ランキング参加中

あすから沖縄_a0203003_1311937.jpgあすから沖縄_a0203003_13113271.jpg
二回食事を抜いたあとおひるにたべたもの。
しぐれみそ、野草13種(タネツケバナ、萱草、ツクシ、スギナ、蓬、蕗、セイタカアワダチソウ、三つ葉、ヒメジョオン、はこべ、ミミナグサ、ギシギシ、野沢菜の蕾)。太白胡麻油と味噌。


キビナゴの干物をフライパンで炒った。
ご飯。












by buribushi | 2016-03-31 13:31 | お出かけ | Comments(12)

猫のパンチ佐藤と、もっこちゃん

猫のパンチ佐藤と、もっこちゃん_a0203003_15255825.jpg

娘のうちへ行ったら、丁度猫のパンチが帰って来た。ノラをしていた頃一年ここの家に通い、餌をくれる人にもパンチを食らわしていたが、そろりと上がり込んでいまは佐藤家のパンチ。
外から帰るとおかーさんに抱っこ。パンチの腕の太さ、見て!

猫のパンチ佐藤と、もっこちゃん_a0203003_14261776.jpg

それからお膳に入り込んで食事。
早く帰ってくるんだよっと言われながらまた外へ出て行った。

猫のパンチ佐藤と、もっこちゃん_a0203003_14263724.jpg

もっこちゃんもおかあさんと弟と来た。
ゲンにいちゃんに遊んで貰う。
来年小学校へ上がるもっこちゃん、にわかに背が伸びて、私の胸の辺りまで。
三つ編みにした長い髪の先に、キレイな物がたくさん下げてある。

猫のパンチ佐藤と、もっこちゃん_a0203003_1427066.jpg

帰りに見る川端のネコヤナギ、青々としてきた。


にほんブログ村
ランキング参加中
















by buribushi | 2016-03-30 14:36 | ひと | Comments(8)

早川幾忠「いろは歌」

早川幾忠「いろは歌」_a0203003_2226291.jpg


早川幾忠について多くは知らない。歌人、書家。
早川幾忠の絵はがきの入っていた外装にいろは歌が書かれていて、大変美しいので、周りを切り整えて玄関に掛けた小さい額縁に入れてみた。

最近、いろは歌には力があるので、見える所に置くといいという話を読んだばかりだ。



にほんブログ村
ランキング参加中













by buribushi | 2016-03-30 13:30 | その他 | Comments(4)

調子にのってヘボ取りの話・榧の実届く

調子にのってヘボ取りの話・榧の実届く_a0203003_143334.jpg
うり坊と鰻の話をしたついでに、調子に乗ってヘボの話もしたい。

ヘボは、地面に巣を作る黒スズメバチの子で、前ふたつの話と同じ岐阜山中の村では食用にされた。
獲る手続きがたいへんだし、獲れる量も多くはないので、珍重された。

真綿をひとつまみ、ほわほわにほぐす。一端を細く引き出して糸にして、餌を付ける。餌は生きた蛙の腿の肉を少し取って使う。
用意が出来たら木の枝に掛けて、じっと待っていると、クロスズメバチが餌に食いつき、飛んで行く。待っていた男達は、それっと追いかける。蜂は黒っぽいしごく小型、ほわほわの真綿少々を曳いて宙を飛ぶ。
真綿から目を離したら最後、蜂を見失うから、もう藪だろうが人の畑だろうが、足許などかまっていられなくて、走りに走るのだ。
途中で見失うことも少なくないが、首尾よく巣にたどり着くまで追い詰めると、いきなり掘るのは危険なので、蜂を弱らせるためにセルロイドに火を点けてあおりたて、巣の口へ煙を送る。セルロイド製品がそう沢山あるわけではない。こどものノートの下敷きをもちだしたとか、「おかあの櫛を燃やいちまって」どえろう怒られたげなとか。

まあそうして蜂の動きが鈍ったら、地面にある巣を周りから掘って行き、何段にも重なった蜂の巣を取り出す。巣の中に白いヘボがぎっしり入っておれば大成功。

その場でナマのヘボをぷつんぷつんと噛み、その甘さがたまらん、という人もいたそうだ。
人数に分けられたヘボは、佃煮にしたり、ご飯に炊き込んでヘボ飯にしたり。大変滋養になるもので、病弱な人は少しずつでも時々食べるといいと言われた。佃煮を貰った事もあるが、形がはっきりしていて、もったいないが私は食べられなかった。

今でも切井の人、ヘボ取りなんかするだろうか。

なんと、たったいま〒小荷物が届き、切井の同級生、キミチャンからだった。手間を掛けてきれいにした榧の実がぎっしり!この芳しさ、子どもの頃から大好きなのだ。

調子にのってヘボ取りの話・榧の実届く_a0203003_145324.jpg



にほんブログ村
ランキング参加中












by buribushi | 2016-03-29 14:51 | その他 | Comments(8)

耕耘機つづき・アピオスを掘る・ほか

耕耘機つづき・アピオスを掘る・ほか_a0203003_19492492.jpg

昨日耕耘機を掛けたところの奥-ニンニク畝を越えた向こうを、今日は夫が耕耘機かけ。
私と違って縁をきれいに整えている(昨日私が打ったところも縁をやってもらった)。


耕耘機つづき・アピオスを掘る・ほか_a0203003_19501478.jpg

昨日の場所から奥を見る。
130坪くらいしかないんだけど、細長いので一見大農園?
ブロックを敷いた通路の反対側も畑。ワイルドストロベリー、島らっきょう、川流れ菜などが植えてある。


耕耘機つづき・アピオスを掘る・ほか_a0203003_19503675.jpg

道路に近い、畑の入り口付近は、前の持ち主が車を置いたりして固かったので、花や棗の木などを植えるだけで作物は植えなかった。何年も草を生やしていたら、なんだか地面が柔らかくなって来たようだ。

植えっぱなしだったアピオスが随分殖えたのを掘ってみた(スコップに入れてある)。
夕飯の「だまこ鍋」に入れて食べた。ジャガイモの何十倍?の栄養価、とか言って一時騒がれた、マメ科植物の芋。ウズラ卵大の芋が数珠つなぎに出て来る。
ほんの少し根が残っても再生するので、一度植えたら絶やすのは難しい。

耕耘機つづき・アピオスを掘る・ほか_a0203003_20153948.jpg

今夜の「だまこ」
ささがき牛蒡、しめじ、まいたけ、鶏肉、芹。だまこはご飯に片栗粉を入れて掴むように捏ね、丸めた。アピオス。



にほんブログ村
ランキング参加中

















by buribushi | 2016-03-28 20:09 | | Comments(4)

初耕耘・初蝶

初耕耘・初蝶_a0203003_18541946.jpg

家の斜め前の、通称「前の畑」に耕耘機を持ち出して初耕し。エンジンのかけ方を忘れかけていた。


初耕耘・初蝶_a0203003_18544992.jpg

知人が立ち寄り、立ち話ならぬ草取りながら話。
草を取っているのは冬を越えてしゃんとしてきたニンニクの畝だ。


初耕耘・初蝶_a0203003_18551793.jpg

今日耕したところ。
耕耘の他、タチアオイを掘り取って移植したり、ギシギシの根を掘って捨てたり。


初耕耘・初蝶_a0203003_18554077.jpg

今年初めて見たモンシロチョウ。飛び方がふらふらしていたが、写真を撮ってからよく見たら番いのようだ。


にほんブログ村
ランキング参加中













by buribushi | 2016-03-27 19:04 | | Comments(17)

赤川で鰻を獲ったはなし

赤川で鰻を獲ったはなし_a0203003_2043751.jpg

この前イノシシの子、うり坊をつかんだ話の村のことだ。
村の中を赤川という川が流れていた。小川、というよりやや大きい程度の川は、水が澄み、流れは速かった。
魚は豊富で、友だち(為市っつぁの末っ子)と、木綿糸にご飯粒を結んで垂らすだけでカジカ(ごり)がすぐに釣れた。鮎も見て分かるほど泳いでいた。

養父がルール違反をして赤川の鰻を獲った話だけど、彼は70になる前に亡くなり、50回忌も来ようという昔のことだから勘弁して頂こう。
夜になってからバッテリーを背負って川へ出かけ、片手に持った電極を水に入れてびびっと放電すると、感電した鰻が棒のようになって浮かぶのをもう一方の手ですくい取り、籠に収める。失神しているだけだからすぐ元気になる。
たくさん獲れると、何時までも焼かなければならないと養母がぶつぶつ小言をいうのもいつものことだった。裂くのは養父がカミソリを使ってやっていたようだが、なにしろ古い話でよく覚えていない。

獲りかたを話せるわけは、お供を言いつかって夜の川へ行ったことがあるから。人が歩いて来るようなことがあると地面に這いつくばって息を殺していなければならないので懲り懲りして、なんと言われようと二度と行かなかった。

赤川は流れ下って黒川と合流し、さらに下って白川と合流してから、飛騨川へ入る。冗談みたいな本当の話。

切井の同級生のキミチャンに為市っつぁと瓜坊の話をしたら、初耳だと言われた。


にほんブログ村
ランキング参加中














by buribushi | 2016-03-26 22:16 | ひと | Comments(6)

柳家小三治独演会

柳家小三治独演会_a0203003_23355460.jpg
雲が低く、そこから雨か雪か、縦縞になっている。

それを見ながら新潟市へ。

柳家小三治独演会_a0203003_23362078.jpg











青い空と、暗い雲。その雲の下に近づいたら、ばらばらと雨が降ってきた。

柳家小三治独演会_a0203003_23364374.jpg

長女がプレゼントしてくれたチケットを大事に持って、駆けつけたのは「柳家小三治独演会」。
前から2列目といういい場所で、師匠の表情も手に取るように見えた。
弟子の柳家三三が「もと犬」。差し毛の一本もない白犬は人間になれる、というので、野良犬のシロが神社に願掛けしてめでたく人間になるはなし。「おーい、もとや、もとはいないか、もとはいぬか」「へい、今朝ほど人間になりました」と言うのが今まで聞いていたオチ。
今日のは、女中のもとがシロの生き別れたおっかさんだった。父母のことを聞かれて、おとっつぁんはブチ。おっかさんは差し毛一本もない白犬だという伏線があったのだ。

小三治師匠は「ちはやふる」と「船徳」。いろんな人から何回となく聞いている噺なんだけど、名人が演ずるとこうも違うものか、何となくおかしくて面白くて、堪能した。
船を漕ぐ所作、へたくそな若旦那が漕ぐので、力ばかり入って船がうまく進まないのを、扇子の櫂で漕ぎに漕ぐ。一時よりお丈夫そうになって嬉しい。
二度の登場のどちらのときも、いい間で「日本一!」のかけ声をする人がいたのも良かった。

前回、楽屋見舞いを届けたいと言ったら、ばかに手間取り手続きが厳重だったので、あ、人間国宝になったんだから今までと同じというわけにいかないんだな、と恐縮。今回は名刺を挟んで係の人に託して帰った。
10時半に帰着、おつゆを温め、焼きイカを切って夕飯を食べた。


にほんブログ村
ランキング参加中















by buribushi | 2016-03-25 23:39 | ひと | Comments(6)

切り干し大根完成品

切り干し大根完成品_a0203003_10265057.jpg
昼間は日に当て、夜は薪ストーブの脇に置くので仕上がりは早い。

これはシリシリー器で突きだしたほう。細いので乾きが早いが、笊にくっついてしまい易い。

切り干し大根完成品_a0203003_1026317.jpg




包丁で刻んだもの。

大根の量はこっちが倍くらい使っている。


にほんブログ村
ランキング参加中

















by buribushi | 2016-03-24 10:32 | たべもの | Comments(6)

切り干し大根を作る

切り干し大根を作る_a0203003_21533479.jpg
3月22日は晴れて暖かく、沢庵用に育てた大根の残りを抜いて来た。

煮ても、ナマでも十分美味しかったが、食べきれないうちに傷んでくるので、切り干しを作る。


切り干し大根を作る_a0203003_21535873.jpg


小さい方の角笊にひろげたのだけはシリシリーの道具で突き出したが、あとは包丁で太めの千切りにした。

乾くとちいさくなり、細いのはひっついてしまうのだ。



切り干し大根を作る_a0203003_21541957.jpg
布団を干した。一冬中出来なかったことが出来て嬉しい。カバーも洗濯。

やっと湯たんぽがいらなくなってきた。
夜なか、湯たんぽの上辺りにのしのしと来て寝ていた猫は、私の脚の上に寝る(重たい)。



にほんブログ村
ランキング参加中
















by buribushi | 2016-03-23 13:23 | くらし | Comments(8)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

ミケさま 夏らしい花、..
by buribushi at 18:54
ミケさま そうそう、山..
by buribushi at 18:47
仙人草、キツネノカミソリ..
by mikeblog at 17:46
あー、これはスベルベさん..
by mikeblog at 17:37
ミケさま ピースはおば..
by buribushi at 16:50
猫っていくつになっても丸..
by mikeblog at 13:47
tsunojirushi..
by buribushi at 22:38
かわいいかわいい!
by tsunojirushi at 22:26
ミケさま >復活 は..
by buribushi at 08:53
パソコンが復活しましたね..
by mikeblog at 23:28
鍵コメさま 新しいパソ..
by buribushi at 09:06
鍵コメさま わーっ!あ..
by buribushi at 21:25
ミミの父さま >オレン..
by buribushi at 21:18
hiruneyohuka..
by buribushi at 21:15
オレンジが本当に石鹸か、..
by ミミの父 at 08:57
すばるさま 「くぼた沖..
by hiruneyohukashi at 01:11
鍵コメさま もう沖縄行..
by buribushi at 20:55
ミケさま ねー、ころん..
by buribushi at 20:45
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:41
ほんとだー、お饅頭みたい..
by mikeblog at 18:19

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

ファン

検索

ブログパーツ