人気ブログランキング |

おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2015年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧




濁酒、蕎麦、餅、シークヮーサー他

濁酒、蕎麦、餅、シークヮーサー他_a0203003_2119073.jpg
割り干しにした大根、するめ、人参をみりん醤油に浸けた「かりかり漬け」がよく漬かった。
このあと塩出しの済んだ数の子を入れた。








濁酒、蕎麦、餅、シークヮーサー他_a0203003_2121752.jpg
レモンをグラニュー糖と蜂蜜で漬けたシロップ。

ぷーままさんがくださった小笠原島の大きなレモンを使った。





濁酒、蕎麦、餅、シークヮーサー他_a0203003_21201770.jpg

ド○ロク。先に作ったもののオリを入れると、早く、いい発酵をする。
3回目の今回はとくに出来が良いようだ。
混ぜるのに使ったスプーンから滴るのをなめてみた。香り良く、甘みあり。
今回から新米。


濁酒、蕎麦、餅、シークヮーサー他_a0203003_21214440.jpg
あみちゃんから頂いた蕎麦。「イチカラ畑」のだって。
蕎麦の栽培から全部自分でやっている若者たちの蕎麦だ。





濁酒、蕎麦、餅、シークヮーサー他_a0203003_2122655.jpg





けいこさんも蕎麦をくださった。
十日町のお店の年越し蕎麦。







濁酒、蕎麦、餅、シークヮーサー他_a0203003_2122275.jpg



ミヤオさんからはおもちを頂く。

お米から全部自家産のおもち、玄米もち、豆もち。


濁酒、蕎麦、餅、シークヮーサー他_a0203003_2122529.jpg


まさこさんがわざわざ届けてくださった沖縄土産、シークヮーサー果汁と黒糖チョコレート。
今年も何回も沖縄へ行って、つい先日も行って来た幸せ者。
みなさんのおかげで、豊かに温かい年越し、ありがとうございます。


濁酒、蕎麦、餅、シークヮーサー他_a0203003_2123122.jpg

2015年12月30日夕陽。



にほんブログ村


ほかに、今日の仕込み。
水に砂糖、醤油、重曹少々を入れて煮立て、黒豆を浸して置く。
小豆を煮て漉し餡を作った。煮る前の小豆と同量の砂糖、という本のレシピは、うちには甘すぎた。一度に入れなければ良いのにねー。おさんどん歴長いのに、何をしている。
あんこついでに寒天を煮溶かして水ようかんを作り、寒い廊下に出して置いたらよく出来ました。毒見済み。
ドの字のついでに仕込んだ甘酒、麹が少なめだったが、時間が長くかかっただけでちゃんと出来た。
大根なます、玉葱マリネ、作って置く。
ぜんまいがふっくらと戻った、明日煮る。もぐらぞう(葎沢)のセキさんがくださった物、魚沼物の柔らかさよ。



by buribushi | 2015-12-30 21:50 | 季節 | Comments(6)

好きな大根オカズ

好きな大根オカズ_a0203003_2145577.jpg

大根お浸し。
煮干しで濃いめに出汁を取って、醤油で味を付ける。
大根の皮を剥き、四つ割りにして薄く切り、柔らかく茹でる。水を切ってすぐ出汁に浸け、柚子の皮を細く刻んで載せた。
いくらでも食べられる。


好きな大根オカズ_a0203003_2151651.jpg

大根の葉を、塩ひとつまみ入れて柔らかく茹で、細かく刻む。ジャコを加えて炒め、塩をぱらっと振って更に炒める。塩だけ、薄味、というのが、大根菜ってこんなにおいしかったっけ、という味。

にほんブログ村



by buribushi | 2015-12-29 21:11 | たべもの | Comments(4)

雪大根・ど根性タチアオイの花

雪大根・ど根性タチアオイの花_a0203003_112852.jpg

正月のなます用に、と言って残して置いた大根を抜きに行く。


雪大根・ど根性タチアオイの花_a0203003_1123283.jpg

はい、大物。


雪大根・ど根性タチアオイの花_a0203003_1125326.jpg

何回も雪や霜に降られながらまだ咲いている紅いタチアオイの、今日の姿。


雪大根・ど根性タチアオイの花_a0203003_1131062.jpg

ぶるぶる、っと。雪をふるい落としてやったら、まだあかあかと咲いている。12月29日、雪中のタチアオイ、ってすごくない?


にほんブログ村
雪大根・ど根性タチアオイの花_a0203003_1133494.jpg

大根を提げて戻る。
このあと、鋏を持っていって、タチアオイを切って来た。記録だ、と残して置いたけど、もういいだろう。



by buribushi | 2015-12-29 12:29 | | Comments(6)

chieが編んでくれた竹籠

chieが編んでくれた竹籠_a0203003_17514248.jpg

孫娘のchieは竹工芸を2年習ったが、いまは勤めながら休みの日に習いに行っている。
お正月の帰省に、籠を編んできてくれた。「てっせん」と言うんだっけ?この編み方。


chieが編んでくれた竹籠_a0203003_1752961.jpg

底部分の角に細い竹で飾り兼カバーがしてある。


chieが編んでくれた竹籠_a0203003_1752361.jpg

持ち手の取り付け部分にも補強、兼、飾り。
これらはみな、竹を割るところから始まり、竹を削って、編んで、仕上げていく。


chieが編んでくれた竹籠_a0203003_1865827.jpg

これもお土産、chieの模写した絵。弟たちへのお年玉袋も全部手描きの絵が入っていた。

chieのブログ。http://yamakoshikansuke.blog.fc2.com/


にほんブログ村



by buribushi | 2015-12-28 18:02 | ひと | Comments(4)

本の貸し出し控え

本の貸し出し控え_a0203003_1452324.jpg

「図説 日本の絣文化史」という大冊の本を人に貸したことがあった。貸し渋ったのを、ぜひ見たいと言うことで、日付と名前を書いた借用書を置いて行かれたのだ。

何ヶ月、ではないもっと長い日にちが過ぎ、本棚を見て借用書を見つけた。借り主はもう忘れていて、借用書を見て思い出したが、その時は古書として売られた後、という意外な結末。
なんとしてでも手に入れてくれ、幾らであっても弁償するからと平謝りされた。ネットで探して、幸運にも一冊だけ出版元にあったのを買った。定価だった。

ド○ロクの作り方の本など、行方知れずになって買い直したのもまた見当たらない。必要になって探したとき初めて貸したのを思い出すので、相手の名も忘れている。
「貸し出しません」などと書いて貼って置くけど、効き目は、さて。
本好きの人はたいてい自分で買うし、貸してもすぐ読んでしまうから大丈夫なので、経験によりアブナイ相手は解って来た。あなたを疑うわけじゃないけど、一応書いて置くね、と、書名と名前を書いて本棚にピンで止める。味噌の作り方が出ている本一冊、本日貸し出し。


にほんブログ村



by buribushi | 2015-12-27 14:35 | | Comments(6)

コンバインから包丁・包丁から胡桃割り

コンバインから包丁・包丁から胡桃割り_a0203003_1313559.jpg

ミミの父さまブログ「なんでもかんでも手帳」を見て真似したくなり、うちでも胡桃割りを作って貰った。
胡桃を水で濡らして火であぶり、少し口の開いたところへ刃を当てて押し切るようにする。


コンバインから包丁・包丁から胡桃割り_a0203003_13141999.jpg

包丁は2012年に雑誌現代農業に紹介されていたもので、秋田の中田さんという、当時80歳の農家のあるじの手作り。スクラップになる、コンバインの後ろに着いている円盤状の藁切り刃を再利用したもの。
3種類のグラインダーで研いで仕上げるが、けっこうな手間で、出来るのは1日10丁くらい。だそうです。

わたしは毎日、研ぎ減って細くなった古包丁が手に馴染んで使っていて、これはカボチャを切る時位なので、兼業包丁になってもらう。取り外し出来ます。


コンバインから包丁・包丁から胡桃割り_a0203003_13144349.jpg

この通り。鉈の刃を当てて叩いたりしていたが、これなら能率よくキレイに割れる。


コンバインから包丁・包丁から胡桃割り_a0203003_17574512.jpg

追加写真
胡桃豆腐。胡麻豆腐の胡麻を胡桃に置き換えただけ。次にはもっと胡桃を増やす。



にほんブログ村



by buribushi | 2015-12-26 13:15 | 作る | Comments(10)

ネズミ退散野菜棚

ネズミ退散野菜棚_a0203003_19515428.jpg
冬、ビニールカバーをかけて鉢植えを入れていた棚。
鉢植えはいま、家の中に入れるものと、デッキの下で雪を避けるだけのもの、になったので、空いていた。

それを、あるじが金網で囲い、金網の扉をつけて野菜棚にしてくれた。
さすがのネズミも入れないし、中味が見えるので使い忘れもない。

ネズミ退散野菜棚_a0203003_195235100.jpg

白菜、キャベツ、玉葱、じゃがいも、人参、大根各種。この前、北海道から贈られたじゃがいもをかじられてしまった。違いがわかるネズミだった。

葱は乾かしてボール箱に立ててある。
明日から雪になるらしい。


にほんブログ村



by buribushi | 2015-12-25 20:03 | 作る | Comments(6)

山から来たヒイラギ・ほか

山から来たヒイラギ・ほか_a0203003_9415250.jpg

春、町裏の山を30分くらい歩くと、三つ葉、ウド、ミズナなど、一日に食べる分くらいの摘み草は出来た。始終行っていたのはもう随分前のことになる。
その山で、手に載るほどのヒイラギの木を見つけて持ち帰った。いまのこの木の一枝分もないほどの大きさだったのが、随分大きくなり、剪定もした。
それ以後自生を見たことはない。

自生のことと言えば、先日沖縄の友だちと電話で話していたらナンクルミーのからし菜を摘んだ、という。初めて聞いた言葉だけど、ナンクルミーは自生のこととわかる程度には、沖縄に馴染んだ。ナンクルとミーに分解出来る言葉、ね。


山から来たヒイラギ・ほか_a0203003_9424099.jpg

雪が来るので、折れ防止で括られてしまったが、今年もどっさり実が着いた南天。
白南天の実を貰って蒔いたのも、実がなるようになったら赤だった。


山から来たヒイラギ・ほか_a0203003_94334.jpg

蕗の薹がふっくら。


山から来たヒイラギ・ほか_a0203003_9432612.jpg

娘が木綿屋の店をしていた頃のだから、20数年経つ、年代物のクリスマスツリー。鈴が錆びてしまった。



にほんブログ村



by buribushi | 2015-12-24 12:24 | 草・木・花 | Comments(4)

あの山の方へ向かって

あの山の方へ向かって_a0203003_8181961.jpg

本文封印。



by buribushi | 2015-12-23 12:23 | お出かけ | Comments(2)

夏みかんマーマレードを煮る・「帰ってきた日々ごはん➀」

夏みかんマーマレードを煮る・「帰ってきた日々ごはん➀」_a0203003_10165439.jpg

ミケさんから、お庭に実った夏みかんを頂いた。マーマレードだマーマレードだ。


夏みかんマーマレードを煮る・「帰ってきた日々ごはん➀」_a0203003_1016244.jpg

四つ割りにして剥いた皮をなるべく薄く刻んだ。鮮烈な香りが立つ。

高山なおみのレシピに、沸騰して2分で茹でこぼして水を替え、適当な苦みになるまで繰り返すとあったから、これは合計3度茹でこぼして、水を張ってひと晩置いた。
私が本を見て初めて煮た夏みかんマーマレードはひどく苦かったので、いろいろやって見た「自分レシピ」で30年くらい毎年煮て来た。
去年高山式に茹でこぼしてみたら、苦みが調節できて、なお香りはちゃんと残っているのだった。
夏みかんと砂糖の目方が同じ、というところは自分流に65%くらいにして、実を袋ごと刻んで皮の個数と同じだけ使う。


夏みかんマーマレードを煮る・「帰ってきた日々ごはん➀」_a0203003_10171313.jpg

今回の分量。
夏みかん小さめのもの4個(1300グラム)。
砂糖65%ほど(850グラム)
水、ひたひたより多く入れてしまった。それで仕方なく煮る時間が長くなったんだけど、とろりとして、なんだかとてもいいマーマレードになったみたいだ。

で、今年度のマーマレードは、65%砂糖、水多め、で行こう。作りながら、考えたり、偶然が働いたり、変わって行くので、決定版、などともう言わないことにする。


にほんブログ村

夏みかんマーマレードを煮る・「帰ってきた日々ごはん➀」_a0203003_1103568.jpg

一昨日読んだ、高山なおみの一番新しい本「帰ってきた日々ごはん➀」に、とても美味しそうなジャムのことが出てくる。
「苦みも、酸っぱみもちょうどええし、甘みがぜんぜん浮いてなくて、はちみつみたいになめらかでうまいのう」と、スイセイ(なおみのだんなさん)がパンにこってり塗っていた」というもの。
国産グレープフルーツと文旦の皮のジャム。「ローズマリーとタイムも入っているみたいだけど、ほとんど香らないくらいうまくまとまっている」とあって、ジャム屋のエバ子、と言う人の作品。
(エバジャム http://evacco.seesaa.net/ )



by buribushi | 2015-12-22 12:22 | 作る | Comments(4)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

ミケさま 夏らしい花、..
by buribushi at 18:54
ミケさま そうそう、山..
by buribushi at 18:47
仙人草、キツネノカミソリ..
by mikeblog at 17:46
あー、これはスベルベさん..
by mikeblog at 17:37
ミケさま ピースはおば..
by buribushi at 16:50
猫っていくつになっても丸..
by mikeblog at 13:47
tsunojirushi..
by buribushi at 22:38
かわいいかわいい!
by tsunojirushi at 22:26
ミケさま >復活 は..
by buribushi at 08:53
パソコンが復活しましたね..
by mikeblog at 23:28
鍵コメさま 新しいパソ..
by buribushi at 09:06
鍵コメさま わーっ!あ..
by buribushi at 21:25
ミミの父さま >オレン..
by buribushi at 21:18
hiruneyohuka..
by buribushi at 21:15
オレンジが本当に石鹸か、..
by ミミの父 at 08:57
すばるさま 「くぼた沖..
by hiruneyohukashi at 01:11
鍵コメさま もう沖縄行..
by buribushi at 20:55
ミケさま ねー、ころん..
by buribushi at 20:45
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:41
ほんとだー、お饅頭みたい..
by mikeblog at 18:19

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

ファン

検索

ブログパーツ