人気ブログランキング |

おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧




梅酵素・梅漬けに水上がる ほか

梅酵素・梅漬けに水上がる ほか_a0203003_2213412.jpg

28日夜に漬け込んだ梅酵素、梅2キロ・洗双糖グラニュー糖合わせて2.2キロ。良く洗って拭いた手で底からかき混ぜること2回の今夜の状態。
混ぜた手を、洗う前になめる。まだ発酵していないので、なまの梅と糖分の味。


梅酵素・梅漬けに水上がる ほか_a0203003_222458.jpg

かめに漬けて余った2キロをビンに漬けておいた。18%塩に砂糖ほんの少々。重石なしでもここまで水が上がって来た。以上は長野のやーおやさんの自然栽培梅。


梅酵素・梅漬けに水上がる ほか_a0203003_2222819.jpg

かめに漬けた自家産の梅3.5キロ、18%塩に砂糖少々。瀬戸物の重石。たっぷり水が上がっている。
もうひとつのカメは長野産を4キロ、塩分同じ。


梅酵素・梅漬けに水上がる ほか_a0203003_2225858.jpg
オマケ写真。
今日は中学校で短歌の時間。








梅酵素・梅漬けに水上がる ほか_a0203003_2233388.jpg


オマケ写真2。
ネズミを捕ったピース。ネズミがはっきり写っていない方の写真にした。
昨夜ブラシをかけたとき、かけ終わってもう一度首輪をつけようとしたらイヤだと言った。
鈴を鳴らしながらではネズミ捕りもしにくいね、とそれからははだか。



by buribushi | 2015-06-30 22:22 | 作る | Comments(8)

森の苺苗、ブラックベリーの実など

森の苺苗、ブラックベリーの実など_a0203003_19555454.jpg

森の苺、フレーズ・デ・ボアの苗、ぐんと大きくなって苺らしくなってきた。あんな細かいタネから、よくまあここまで来た。


森の苺苗、ブラックベリーの実など_a0203003_19562099.jpg

白花ホトトギス、「白楽天」、昨年でみぞーさんにいただいたもの。立派な苗が6本になった。


森の苺苗、ブラックベリーの実など_a0203003_19565417.jpg

擬宝珠の花、品種名不明。


森の苺苗、ブラックベリーの実など_a0203003_19571647.jpg

サボン草。どこから移したのだったかすっかり忘れている。


森の苺苗、ブラックベリーの実など_a0203003_19574358.jpg

ブラックベリーの実がたくさんついた、いま赤くなったところで、黒く熟すのはもう少し先のこと。



by buribushi | 2015-06-29 20:18 | 草・木・花 | Comments(4)

梅干し・梅酵素漬け込み

梅干し・梅酵素漬け込み_a0203003_13222871.jpg

うちの梅が3.5キロほど。娘の知人の、長野の自然栽培梅が8キロ。これを漬け込む。


梅干し・梅酵素漬け込み_a0203003_13225546.jpg

左は梅酵素、梅2キロに砂糖2.2キロ要るのだが、夜のことで、あるものをかき集めてなんとかしようとした。
洗双糖1キロ、グラニュー糖1キロ、白砂糖200グラム、やっと間に合う。梅はナイフで切れ目を入れて使った。朝、もうこれだけ水が上がっている。これからキレイに洗った手で毎日混ぜるのだ。

右は梅干し用の塩漬け2キロ。18%塩にして、砂糖少々入れてある。水の上がりが早く、紫蘇の発色もよくなるので。

梅干し・梅酵素漬け込み_a0203003_13232172.jpg

梅干し用、左が長野梅4キロ。右はウチの梅3.5キロ。いずれも18%塩に砂糖少々。


梅干し・梅酵素漬け込み_a0203003_13234869.jpg

昨夜から雨が降り嬉しかった。
風も吹いたので、トウモロコシなど倒れているが、まだ雨が止まないのでそっとしておく。

風で落ちたスモモやプラムの実を拾って来た。



by buribushi | 2015-06-28 13:42 | くらし | Comments(8)

別院お取り越し・ぽっぽ焼きなど

別院お取り越し・ぽっぽ焼きなど_a0203003_20281437.jpg

西本願寺新潟別院(もと与板別院)のお取り越し。



別院お取り越し・ぽっぽ焼きなど_a0203003_2029347.jpg

ぽっぽ焼きの店が出たのは始めてではないか。1961年から54回見て来たお取り越し。



別院お取り越し・ぽっぽ焼きなど_a0203003_20293031.jpg

小麦粉にふくらし粉と黒糖のはいったタネを流して細長く焼いたぽっぽ焼き。
向こう中程に見える、らっぱ型に開いた口から湯気が出る。蒸し焼きにするのかな。幟に蒸気機関車の絵がついている。名前の由来か。


別院お取り越し・ぽっぽ焼きなど_a0203003_2030434.jpg

54年来おなじみの、岐阜県から来る瀬戸物屋さん。



別院お取り越し・ぽっぽ焼きなど_a0203003_20303362.jpg

きかん坊の、生きのいい若い衆だったが、白いヒゲをはやして。お互いに老けました。
お客さんが店に入り込んで話をしている。



別院お取り越し・ぽっぽ焼きなど_a0203003_2032653.jpg

浴衣にサンダル履きの坊や。草履や下駄を履くのは今の子たちに難しいらしい。



by buribushi | 2015-06-27 20:51 | 季節 | Comments(4)

若杉ばあちゃんに食養を習う

若杉ばあちゃんに食養を習う_a0203003_2124453.jpg

山のハシモトさんのお世話で、県境近い津南町まで行って来た。若杉友子さんの食養にもとづく調理実習と試食会、講演。
会場の津南町総合センター。


若杉ばあちゃんに食養を習う_a0203003_2143955.jpg

調理場で実習中。



若杉ばあちゃんに食養を習う_a0203003_21529100.jpg

食材として集められた野草の一部。記憶しているだけ書いてみると、
セリ。葛の芽。すべりひゆ。露草。ハルジョオン。野生三つ葉。ミョウガの根。タンポポ。イノコズチ。オオバコ。アカザ。全部ウチの周り、畑の周り並びに畑の中にもあり。ほかによもぎ、野蒜、浅葱、はこべ、もあるぞ。

野草は全部みじんに刻み、鉄鍋にごま油を引いて一品投じてはアク抜きの塩をぱらりとかけて炒めることを繰り返す。全部炒めたら、味噌を2種入れて炒め合わせる。これがしぐれみそ。

磯辺和えは、アカザを茹でて水洗いし、醤油3水7の割に合わせた汁に浸けておいて絞り、ざっと揉んだ海苔と和える。茹でるとき塩をいれるのも、和える前に醤油洗いするのも、野草のアクをぬくためだという。どちらも美味しかった。


若杉ばあちゃんに食養を習う_a0203003_2155895.jpg

若杉さんの本と、実習で作ったお昼ごはん。
じゃがいも、かぼちゃ塩蒸し。切り干し大根煮物。玄米ご飯。しぐれみそ。あかざ磯辺和え。きゃらぶき。茄子のこんねり。胡瓜の炒め物。切り干し大根とわかめの味噌汁。

調理用鍋は鉄鍋、土鍋がいい。
調味料の味噌、醤油、塩、油は良い物を使う。体に良いと言うことばかりで無く、それで味がまとまるので良いものは結局得である。砂糖はつかわない。酢は極力使わない。
食品の陰陽表を貰った。


若杉ばあちゃんに食養を習う_a0203003_2163455.jpg

食後、午後の講演の打ち合わせ、スタッフと若杉さん。


若杉ばあちゃんに食養を習う_a0203003_217144.jpg

あざやかにお手玉。
桜澤如一のマクロビオティックがもとになっているという、若杉さんの陰陽にもとづく食養のはなし、りんりんと声を張って2時間切れ目なく続いた。
私と同じ1937年生まれの若杉さんは、本拠地としておられた京都の山村から郷里の大分に居を移されて、今回は新潟県内で4日連続の講演。



by buribushi | 2015-06-26 21:30 | お出かけ | Comments(6)

ばら・バタースカッチ、スモモ、ヤマモモなど

ばら・バタースカッチ、スモモ、ヤマモモなど_a0203003_13133346.jpg

ベージュのばらはマルヤマさんに頂いた「バタースカッチ」。
これ、とても好きなので、挿し木にしようと思って、メネデールを落とした水に活けてある。
バタースカッチは、牛乳、砂糖、バターなどを煮詰めて作るキャンディ、その色。


ばら・バタースカッチ、スモモ、ヤマモモなど_a0203003_1311191.jpg

前の畑に木がある、すもも「大石早生」。


ばら・バタースカッチ、スモモ、ヤマモモなど_a0203003_13112979.jpg

もいでみたら4キロ近くあったうちの梅「藤五郎」。梅干しにしよう。


ばら・バタースカッチ、スモモ、ヤマモモなど_a0203003_180951.jpg

千葉から人来たり、ヤマモモをもらう。ヤッホーイ!



ばら・バタースカッチ、スモモ、ヤマモモなど_a0203003_1804222.jpg

二種類あって、小粒のヤマモモのほうが甘い。ただし直径1センチ2,3ミリ。


ばら・バタースカッチ、スモモ、ヤマモモなど_a0203003_13115149.jpg

クレマチス「グレイブタイ・ビューティ」。



by buribushi | 2015-06-25 13:14 | 草・木・花 | Comments(6)

ネムが咲いたら小豆蒔け・ボビにいちゃん ほか

ネムが咲いたら小豆蒔け・ボビにいちゃん ほか_a0203003_1356384.jpg

ピタンガその後。全部で3本そろっていることになる。なかなか元気。


ネムが咲いたら小豆蒔け・ボビにいちゃん ほか_a0203003_13575176.jpg

サツマイモ、ベニハルカの畝。元気にしてはいるが、如何せん雨不足であまり伸びられない。



ネムが咲いたら小豆蒔け・ボビにいちゃん ほか_a0203003_1404849.jpg

箒草。娘②が育ててみたいそうなので、畑から移した。まだ日中暑くなるとしんなりしてくる。落ち着いてしゃんとしたら引き渡す。



ネムが咲いたら小豆蒔け・ボビにいちゃん ほか_a0203003_1411269.jpg

いつのまにかネムの花が咲き始めている。ネムが咲いたら小豆蒔け、ということなので、では早速蒔きましょう。


ネムが咲いたら小豆蒔け・ボビにいちゃん ほか_a0203003_142643.jpg

オマケ写真、娘①のところのボビ。
ボビにいちゃんは、弟のジョンが亡くなってあかちゃん返りしたそうだ。おかーさーん、だっこ。あ、ばーちゃんでもいいからだっこ。と、そろりとやってくる。

そろりと入り込みに成功した外ネコのパンチは、陽気がよくなったら外ネコ返りして、ごはんは食べに来るけどほとんど外暮らしだそうな。ストーブの季節になればまた戻ってくるだろう。



by buribushi | 2015-06-24 14:19 | 草・木・花 | Comments(9)

消された声

消された声_a0203003_20581630.jpg

今日は1945年に沖縄での地上戦が終わった日で、糸満市平和記念公園での慰霊祭が中継された。
首相挨拶が始まったとき、「帰れ!」「帰れ!」という声が度々起こった。その後定時のニュースの時気を付けて聞いていたが、その声は一つも入っていなかった。
予期したことではあったが、その素早い編集?は何事だろう。
意図を持ってそういうことをするというのは、とうてい納得できない。

たったいまの夜のニュースでは、ただ一声「帰れ!」が復元していた。消されていたことへの抗議もあったことと思う。

「海より船の方が多かった」と聞かせてもらったことがある。その、3月の米軍上陸の時、降伏していたら、4人にひとりは亡くなったという県民の犠牲は無くて済んだ。各地の大空襲、広島、長崎の空襲も無くて済んだ。わたしたちにとって「国」ってなんだろう。

憲法9条を守ることを求め、安保関連法案の廃案を求める署名を貰って歩き回った。
無力感。



by buribushi | 2015-06-23 21:30 | よのなか | Comments(4)

スィートフェンネルなど

スィートフェンネルなど_a0203003_215059.jpg

甘長唐辛子、苗を買って植えた。雨不足で大きくなれないまま、実が着き始めた。
昨夜は7ミリか8ミリの雨、ほっとしている。


スィートフェンネルなど_a0203003_21521100.jpg

ミニトマトのアイコ。よく実が着くし、味もいい、ここ何年もこればかり植えている。
圧搾式ジューサーで絞る時、切らずにポンポン入れて行けばいい。塩ほんの少しを入れて飲む、朝もぎトマトジュースの幸せ。


スィートフェンネルなど_a0203003_2154735.jpg

マクワウリ第一号、育ちが早い。


スィートフェンネルなど_a0203003_2162153.jpg

ワイルドストロベリー、フレーズ・デ・ボアも育ちが見える。苺らしい葉が出てきた。
ランナーが出ないので種子で殖やすのだという。熟した実を埋めて置けば芽が出る、とあった。


スィートフェンネルなど_a0203003_2164737.jpg

これ、何でしたっけ。セリ科のものは混同してしまってよくわからない。
沖縄でイーチョーバーというウイキョウ(フェンネル)にしては丈が大きすぎるよね。1メートル以上になる。

その後調べて見た。丈が1メートルから2メートルと大きくなること。多年草であること。から、ウイキョウの一種、スィート・フェンネルか。大きな株になっている。
種子をクッキーやパンに使う。リキュールの香り付けに。煮出してベージュ系の染料に。風呂に入れれば皮膚のクレンジングに。といろいろ使えるようだ。では、雑草対策にもなるし、もう少し積極的に育てよう。



by buribushi | 2015-06-22 21:29 | | Comments(6)

マクワウリの赤ちゃん・葱の種子 ほか

マクワウリの赤ちゃん・葱の種子 ほか_a0203003_17564885.jpg

うちで取れたニンニク、タネに使うよう選んだのを吊した。去年の秋は、五十の市で買ったのをタネにしたのだ。
うちで食べる分、子どもにやる分を籠に入れて残す。



マクワウリの赤ちゃん・葱の種子 ほか_a0203003_17571436.jpg

今年のニンニクは大きかったが玉葱は小さかった。もっと小さい、あめ玉くらいのものはすぐ煮て食べるよう、吊さない。



マクワウリの赤ちゃん・葱の種子 ほか_a0203003_17574014.jpg

マクワウリに小さい小さい実が着いていた、



マクワウリの赤ちゃん・葱の種子 ほか_a0203003_17581062.jpg

葱坊主を残しておいたら、黒い種子が見え始めたので取って来た。うちで採れたタネを蒔いてみよう、乾かして、瓶に入れて取って置こう。


マクワウリの赤ちゃん・葱の種子 ほか_a0203003_1758313.jpg

何年も失敗を重ねた末、今年はどうにか実になったそら豆。これは沢山植えたい作物だけれども、冬越しが難しい、タネが高い。
今年、やや遅くなってさやが皺になった豆をタネにしてみよう、笊に入れて干した。



by buribushi | 2015-06-21 18:09 | | Comments(6)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

ミケさま 夏らしい花、..
by buribushi at 18:54
ミケさま そうそう、山..
by buribushi at 18:47
仙人草、キツネノカミソリ..
by mikeblog at 17:46
あー、これはスベルベさん..
by mikeblog at 17:37
ミケさま ピースはおば..
by buribushi at 16:50
猫っていくつになっても丸..
by mikeblog at 13:47
tsunojirushi..
by buribushi at 22:38
かわいいかわいい!
by tsunojirushi at 22:26
ミケさま >復活 は..
by buribushi at 08:53
パソコンが復活しましたね..
by mikeblog at 23:28
鍵コメさま 新しいパソ..
by buribushi at 09:06
鍵コメさま わーっ!あ..
by buribushi at 21:25
ミミの父さま >オレン..
by buribushi at 21:18
hiruneyohuka..
by buribushi at 21:15
オレンジが本当に石鹸か、..
by ミミの父 at 08:57
すばるさま 「くぼた沖..
by hiruneyohukashi at 01:11
鍵コメさま もう沖縄行..
by buribushi at 20:55
ミケさま ねー、ころん..
by buribushi at 20:45
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:41
ほんとだー、お饅頭みたい..
by mikeblog at 18:19

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

ファン

検索

ブログパーツ