人気ブログランキング |

おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2014年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧




オマケ写真・ネコのかまくら

オマケ写真・ネコのかまくら_a0203003_21285077.jpg

ピースは私が起きたあとの布団に急いで入り込む。こんもりさせて外を見ているさま、雪でつくる「かまくら」のようだ。



by buribushi | 2014-01-31 21:32 | 猫・動物 | Comments(6)

にいがた銀花・チクチクちく展示会

にいがた銀花・チクチクちく展示会_a0203003_17182619.jpg

新潟市の池晶子さんが、「チクチクちく針仕事の会」を主催して、自称「ボロ継ぎ刺し」を楽しむことを広めておられる。店頭。

にいがた銀花・チクチクちく展示会_a0203003_1719475.jpg

大勢の人が1片ずつ自由に刺して送った布を池さんがまとめて下さったもの。
養父の遺した乗合自動車(バス)会社の停車場の旗、色は赤だし、文字ははっきり入っているし、調和をこわすおそれが大きいと思った。
これはご無理なら没にしてくださるように、尋常な、藍色の布団地を刺したのも一緒に送ったが、両方繋ぎこんで下さった。感謝。こういうことは今回限りにします。

にいがた銀花・チクチクちく展示会_a0203003_17193475.jpg

ショルダーバッグ。作者名と、その居住地の名を書いた札がついている。
それを見ると、県内各地はもとより、福島県、東京都、滋賀県、島根県など各地から応募されたチクチクの作品たちだ。

にいがた銀花・チクチクちく展示会_a0203003_1720891.jpg

チクチクで補強されたズボンやもんぺ。また、猫のアップリケをつけた手提げ袋など。

にいがた銀花・チクチクちく展示会_a0203003_17205971.jpg

古い布団地を集めた、典型的なチクチクのタペストリー。色の調和が自然で、繋いでから刺してあり、これは一人の人の作品か。

にいがた銀花・チクチクちく展示会_a0203003_17255039.jpg

小さい湯たんぽに合わせてチクチク刺し、裏を付けて、ループでボタンを止めたもの。
こんどのチクチクレッスンでで皆さんが作るものの見本。湯たんぽにお湯を満たしてこの袋に入れたものを、池さんがポケットから出して見せてくださった。

にいがた銀花・チクチクちく展示会_a0203003_1723513.jpg

あるじはお風邪だったので、手元だけ写す。大きいまん丸の針山がかわいい。

また糸と針を買った。わたしもチクチク縫うぞー。縫うことは心を鎮める。



by buribushi | 2014-01-31 01:31 | 作る | Comments(6)

弐拾壱尺・薪の減り具合


弐拾壱尺・薪の減り具合_a0203003_19112241.jpg

いま焚いているのは、知人の小屋を一軒壊した廃材で、しっかり重いところや、泥着きや、いろいろ出て来る。今日は「弐拾壱尺」と墨で書いてあるところがあった。

弐拾壱尺・薪の減り具合_a0203003_1981836.jpg

ここは細かいものが主に積んであって、焚き付けや、急に火力を上げたいときに使う。


弐拾壱尺・薪の減り具合_a0203003_1910524.jpg

左割り木、右廃材。
減り目が見えて来たが、外にもまだ沢山積んであるし、心配はしていない。

ことしは雪が少なくて楽な冬だ。少ない雪に、雨が降ったり日が射したりすると減り目が見えて、その道の様子など、3月頃のようだ。
冬は冬だから、ストーブは焚きづめに焚いて暮らしているけれども。



by buribushi | 2014-01-30 01:30 | くらし | Comments(7)

また夏みかんマーマレード。おから鮨など

また夏みかんマーマレード。おから鮨など_a0203003_2231675.jpg

奈良のsakkoさんがお庭の夏みかんをくださったのを、またマーマレードにした。
高山なおみの本で見たやりかたにしてみようと思って、昨夜、3個分の皮を薄く切って、茹でては水を替える事を3回繰り返し、たっぷり水を張って置いた。

実は3分の1とあったけど、3個全部刻んでしまい(種は刻みながら除いた)、水ひたひたにして、皮と一緒にしばらく煮た。
この時点で、やはり苦みをかなり強く感じた。水飴100グラムくらいを入れ、砂糖も味を見ながら足しては煮て、500グラムは入れたから、いつもの自分のやり方より多め。

でも考えたら人に上げる方が多いので、美味しいと思って貰う方がいい。ガス台からストーブに移動して、ゆっくり煮た。

色が冴えている。出来上がったら苦みはさほど気にならない。とろみもあって、皿に取ったのがちゃんと固まった。
このやり方は、皮を下茹でしないで刻むので、ごく薄く刻める。ゆでこぼしを繰り返すので、汚れも取れるだろう。
今回はお庭のみかんで、ワックスなどの心配はないが、虫の付けた黒い汚れがあった(まず塩で磨いた)、すっかりきれいになった。



また夏みかんマーマレード。おから鮨など_a0203003_2212030.jpg

おから鮨。
おから一袋を鍋にあけて、卵3個を割りいれ、酢・塩・砂糖で気に入るほど味をつけてよく混ぜ、もとのおからの固さに近づくまで炒りつける。焦げやすいから休まず混ぜる。

冷ましている間に、塩鯖2枚(1尾分)の皮を剥き、血合いに沿って縦二つに切って、血合いのところを切り取る。小骨も一緒に取れる。腹の骨もすき取る。これを斜めに小さく切って酢に浸ける。梅シロップを酢に混ぜた。
胡瓜1本は斜めに薄切りにして、せんぎりにする。あまり細くしないほうが歯ごたえがいい。海水くらいの塩水に浸けておく。

おからがよく冷めたら、鯖と胡瓜の水気を絞って混ぜる。柚子の皮のみじん切りとか、香ばしく炒った胡麻など入れてもいいが、控えめに。


また夏みかんマーマレード。おから鮨など_a0203003_2215551.jpg

ジャガイモ2個を茹でて潰す。玉葱と鶏肉を細かく切って炒め、塩胡椒、醤油もひと垂らししてからジャガイモと混ぜて小さく丸めた。粉、卵、パン粉をつけて揚げる。6個出来た。
卵とパン粉が残ったのを蒸した南瓜につけて揚げた。



by buribushi | 2014-01-28 22:44 | たべもの | Comments(8)

晴れ・今朝の雀たち

晴れ・今朝の雀たち_a0203003_9321612.jpg

晴れると雀も嬉しそうで、日の出前からいっぱい集まって来る。
日が昇ったばかりの雀食堂。


晴れ・今朝の雀たち_a0203003_9324583.jpg

糠をたっぷり載せて置くが、かき散らして下へ落としてしまい、その雪の上に下りて啄んでいる。
足跡などの窪みに入るのも好きのようだ。


晴れ・今朝の雀たち_a0203003_934946.jpg

雪の上の雀たちが一斉に飛び立った。台の上の雀たちはそれを見ている。
戻るときはぼつぼつと少しずつ戻ってくる。

今日はムクドリも2羽来ていた。



by buribushi | 2014-01-28 09:59 | 猫・動物 | Comments(6)

今年も夏みかんマーマレード

今年も夏みかんマーマレード_a0203003_11473481.jpg

夏みかんマーマレードを煮た。
毎年、載せているようなので、レシピはもう書かないけど、種子とヘタのほかは全部煮込んでしまう。前の日から、ざっと湯がいて細かく刻んだ皮を水に浸けて苦みをとって、噛んでみて苦かったら繰り返して。それから実を刻んで一緒に煮る。ことしは種子さえ取り除けず、煮ながら掬っていたらかなり残った。食べるとき除けたらよろしい。砂糖は50~60%で。

高山なおみさんの「日々ごはん」②に彼女のマーマレードが出ていたので紹介しておく。
夏みかんの皮と実を合わせた量と、砂糖と水あめを合わせた量がほとんど同量かちょっと少な目。
皮と実の割合は3対1くらい。
皮をできるだけ薄く切り、たっぷりの水で煮る。沸騰したら火を弱めてしばらく煮る。
水を替えて、同じ要領で3回煮る。最後に水を替えたらそのまま一晩置く。
翌日笊に上げて水を切り、砂糖と水飴をくわえてひたすら煮る。ぐつぐつしてきたらごく弱火で。
サラサラしていたのが煮詰まってどろどろして来たら火を止める。平気で2,3時間煮ている。
(実をどこで入れるか書いてないが、砂糖を入れる前に皮と一緒に煮よう。皮、煮崩れるかも)。

今度は高山なおみ式でも煮てみよう。sakkoさんのお庭の夏みかんがもう3個残っている。



by buribushi | 2014-01-27 12:06 | たべもの | Comments(6)

豆皿幾つか

豆皿幾つか_a0203003_10424760.jpg

蕎麦猪口とか、絵皿とか、大方はもう手放した。必要品か、否かと言ったら別に必要、という物ではないだろうが、好きで置いてある豆皿数々。

上の列の左から2枚目、菊、というよりマーガレットみたいな柄のは養母が岐阜から引っ越すとき運んで来た(彼女は何年分もの古いカレンダーまで持って来た)。荷造りをしたのは私だし、岐阜時代に使った覚えもある。趣向の入りようがない単純な柄で、好きだ。ほとんど無くなった、あの時代の形見として、だけではなくて、まだ使うだろう。10枚ある。

その右隣の、麦藁という柄を賑やかにしたようなのは、記憶に間違いが無ければ、駅弁についていたような気がする。駅弁のはもっと小さく、もっとあっさり本来の麦藁手だったような気もする。

波に千鳥のごく小さいのは娘に貰った。柄違いで5枚ある。

楕円形の手拈り、飛んでいる鳥らしい絵は沖縄で買ったもの。沖縄は何でもかんでも好きだが、陶器だけはぼってり重くて老人向きでない。豆皿、小皿、猪口は幾つか使っている。

長方形のは9枚500円で買った新入り。一枚ずつすこし絵が違う手描き。

さしみの醤油皿のほか、梅干し一粒。ナツメの甘煮を二つ三つ。蕗の薹味噌を一口。根性味噌ひと匙。などなど、使い道はけっこうある。



by buribushi | 2014-01-26 11:10 | その他 | Comments(7)

冬の「美味しい」、沖縄・越後

冬の「美味しい」、沖縄・越後_a0203003_9522266.jpg

居酒屋猫まみれさんに頂いた、この冬初物のタンカン。
沖縄北部で穫れるタンカン、商品っ、という感じが少しもなくて、大きさも色も、木からもぎ取った様子そのまま。ワックスも掛けていないから、一日一日少しずつしなびていく。どうよ、この天真爛漫。大いに喜び、まずぱくぱく食べて、減って来てからおっとっと、と写真を撮る。

この天真爛漫の様子は、猫まみれさんに頂いたのだけではなくて、全部そう。
カジマヤー(97歳の祝い)まであと一息の伊豆味のチエさんに頂いたのも、私の年を聞いて顔をつくづく見て、「ナイチの人は老けてるねー」と言った渡久地のレイコさんの店で買ったのも、那覇の市場で買ったのも、みんな同じ。

沖縄北部と言えば、いま桜が満開だって。あー。


冬の「美味しい」、沖縄・越後_a0203003_9524922.jpg

昨夜仕込んだ甘酒。
もち米3合を普通の水加減でご飯に炊いて、砂糖を大匙2杯混ぜた。これは甘味のためではなくて(ためでもあるけど)麹が働きやすいようにするため、とおそわったのでそうしている。良く混ざったことが分かるように、少し色のついたきび砂糖にした。
それから麹400グラム(なま麹)をぱらぱらにほぐし入れて、しゃもじでまぜる。これはみんな炊飯器の中でやる。
滴が垂れないように、良く乾いたきれいな布巾を挟んで蓋をした。
寝るまでに2,3回混ぜて、保温を切って。
で、朝になったら、半透明にねっちりした固練りの甘酒の素になっている。
密閉容器なり、ジッパー着き袋なりに移して冷蔵するが、まだ糖化が進んで水っぽくなり、より甘くなる。冷凍保存も出来る。

何度に保って、などと書いてあるので作るのを億劫がられる人もあるけど、麹菌さまにお任せで保温しないこのやり方で、ちゃんと美味しく出来る。麹の分量も書いてあるのより私は少な目。



by buribushi | 2014-01-25 10:21 | たべもの | Comments(10)

庭の樹氷

庭の樹氷_a0203003_9172444.jpg

寒い朝、日の昇る前から雀たちが来て、エゴノキに止まっている。

庭の樹氷_a0203003_91753100.jpg

今朝は、やや水分を含んで来た雪の表面が凍って、その上を歩ける「凍み渡り」状態だった。
凍っている柿の蔕。

庭の樹氷_a0203003_9181969.jpg

やっと月とわかる程度の写真ながら、今朝の月。

庭の樹氷_a0203003_919490.jpg

木の枝が氷をまとった樹氷になっている。


庭の樹氷_a0203003_919376.jpg

日が射して来た。珍しい晴れに気持ちがせいせいする。
撒いた糠に雀がむらがっているが、カメラの電池が切れた。



by buribushi | 2014-01-24 09:30 | 季節 | Comments(6)

「意識指数」ということ

東京・四谷で、「意識指数」なるものを測定してもらった。

娘が貸して呉れた本に、正しく磨かれたダイヤモンドがとても大きな力を持ち、心身を浄化し高めることが書かれていた。
私は宝石を欲しいと思ったことが無いし、ひとつも持っていない。でも、この本を読んで、飾りではなくお守りとして、小さいのを一つ持ちたいと思った。

健康状態は年相応の小さな故障くらいで気にはしていないが、憎しみ、うらみ、に類する気持ちのなかの曇りを去って、さっぱりとして終わりに近づきたい、と思ったのだ。どんなにひどい目にあったと思っても、それはみんな巡り巡れば私のためになっている。うらみを忘れないのは、相手も(思いというものは伝わる)、自分をも傷めることだ。と、頭では知っていても、どうしても完全には無くならないのだった。

四谷へ行きたくなったと娘に言うと、私はもう行って決めて来た、という。二人とも行って来た、と。
それで下の娘に頼んで一緒に行ってもらった。

経絡を使って身体の「気」も測定して貰い、0から100までの数字のうち理想的とされる50に近いものがほとんどで、あー、丈夫なんだわ、と思った。

驚いたのはそのあと、意識指数なるものを測って貰ったとき。
渡された意識指数の表をみたら、540あれば、ヒーラーの領域。見えない世界が動き始める。天のサポートと導き。出会い、共時性。などの言葉が見えて、それだけでも充分驚きであるのに、私はそのまた上の段階だった。

見えない世界の助け、ということは時々感じていた。うぬぼれかと思ったり、誰でもあることかと思ったりりしていたが、やっぱりほんとうにあったのだ。

うらみ云々も、それを知れば氷解する。団体をいびり出されたかに思っていたことは、私の意識に合わない世界になってきて、より良い世界へ押し出して貰ったのだ。居心地が悪くなったと感じた時点で、すぱっと止めれば良かったんだといま、わかった(3年!我慢した。要らざる努力)。

疎遠になった人のことも、それで全部理解できる。心の掃除をしたいと思ったことは、この段階でもう始まった。というか、始まって、終わった。
ダイヤは買うことにした。田村氏が私に合うのを選んで呉れた。
指輪をしたこともないので、いま、指輪を、小さいと言えどもダイヤ入りを、するのはとても落ち着かない気持ち、私がそうなら見る人もおちつかないだろう。

お守りだから、ペンダントに。それも、ダイヤが襟ぐりから見えないよう、鎖は長めに。金色より銀色が好きだからプラチナに。値段も聞かずそう決めて、一切の値段がわたしの普通預金残高と同じくらい。
沖縄へ、2012年秋に行って以来、一度も行けないでいるが、その間いままでのペースで行っていたら使っていただろうほどの額。
思い切った事をしたものだが、いたって安らかだ。

意識指数というものと、その数値に少し興奮はしているが。それにふさわしいように生活したいと思うのみ。



by buribushi | 2014-01-23 01:23 | その他 | Comments(4)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

ミケさま 夏らしい花、..
by buribushi at 18:54
ミケさま そうそう、山..
by buribushi at 18:47
仙人草、キツネノカミソリ..
by mikeblog at 17:46
あー、これはスベルベさん..
by mikeblog at 17:37
ミケさま ピースはおば..
by buribushi at 16:50
猫っていくつになっても丸..
by mikeblog at 13:47
tsunojirushi..
by buribushi at 22:38
かわいいかわいい!
by tsunojirushi at 22:26
ミケさま >復活 は..
by buribushi at 08:53
パソコンが復活しましたね..
by mikeblog at 23:28
鍵コメさま 新しいパソ..
by buribushi at 09:06
鍵コメさま わーっ!あ..
by buribushi at 21:25
ミミの父さま >オレン..
by buribushi at 21:18
hiruneyohuka..
by buribushi at 21:15
オレンジが本当に石鹸か、..
by ミミの父 at 08:57
すばるさま 「くぼた沖..
by hiruneyohukashi at 01:11
鍵コメさま もう沖縄行..
by buribushi at 20:55
ミケさま ねー、ころん..
by buribushi at 20:45
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:41
ほんとだー、お饅頭みたい..
by mikeblog at 18:19

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

ファン

検索

ブログパーツ