おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2011年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧




ダリアの球根を掘る時期のこと

a0203003_21262059.jpg
11月初めに掘り上げて保存したダリアの球根。
早く掘った方がいい、もう掘ったか、とSさんに言われたもの。

本を見ると、霜が降りて地上部が枯れるまで置く方が球根が充実して萎びにくい、とある。


a0203003_21282130.jpg
実験してみようと思い、上の写真では左端にある、ピンク(品種名不明)を半分だけ掘って、約40日後、初雪に会って地上部が枯れてから残りを掘ってみたのが右写真。

茎はこちらの方が細いにも関わらず、球根が確かに丸々している。これを保存して、春、植えてみて初めて結果が出るので、まだ何とも言えないけれども、良かったら貴重品種の葎沢紅(仮称)も来年は遅掘りする。
分けてくださったSさんの所は雪が早く、深い、豪雪地なので、万が一にも雪の下になったなどと言うことのないよう、早掘りを勧められるのだろう。

まだ細い早掘りは干涸らび易く、保存が難しい。最初の年、せっかくの球根が乾き過ぎで発芽しなかったので、今年は温かい二階へは置かず籾殻と土に埋めて床下に置いて見た。

こういうものはいくら気を揉んでも、一年に一回しか結果が出せない。気長にやるしかない。
ピンクを半々に掘り分けて見たのはよかった。



by buribushi | 2011-12-21 21:49 | 草・木・花 | Comments(4)

沖縄・屋号

a0203003_9162253.jpg
料亭。
「あやふに」は漢字にすると「綾船」、船の美称か?

「大世積綾船(うふゆつんあやふに)」は、宮古島で人頭税廃止のために働いた中村十作の伝記だった。

a0203003_9214224.jpg

カマボコ屋。

ジランバは、糸満でこのカマボコやを始めたおばあさんの名だというんだけど。

ジラという名のおばあさん、か?

a0203003_9253181.jpg


「ちふぁーふ」はツワブキのこと。
このお店は食堂。一坪に半畳足りないという。お客は外で食べる。沖縄料理のイカスミ汁、中味汁、いなむどぅち、など、本格的。ここにお店を作っちゃうところがすごい。

a0203003_9314579.jpg
伊江島は本部半島から近い小島の名。

このお店は何を売ってたんだっけ?覚えが無いと思ったら、商品を並べる前だった。

a0203003_9354566.jpg



緑が丘公園近くのソバ屋。
「やぁーさのーし」は直訳すれば「ひもじさなおし」、意訳は「虫休め」「おやつ」くらいのところか。

私は、店名になっている一番小さい280円のソバで充分だった。ちゃんと肉もカマボコも載っている。フーチバー(よもぎ)は自分で好きなだけ入れる。
おばあさんが一人でやっていた。じゅーしぃ(炊き込みご飯)のついたセットもあって、若い人が食べていた。



by buribushi | 2011-12-20 09:42 | 沖縄 | Comments(2)

亀甲墓(沖縄)   12月10日撮影

また沖縄写真。那覇市は大戦末期、軍艦からの集中砲撃を受けて、建物どころか地形も原形をとどめないほど破壊され尽くしたという。
国際通りから少し横へそれて歩いていると、こうしたこんもりとした小山のようなものに草木が生い茂っているのを見る。これは昔のお墓、亀甲墓の名残らしい。
沖縄の人は祖先を敬うこと篤く、沖縄へ行き初めの頃はあの世とこの世を判然と分けないような話しぶりにおどろくことがあった。
家を建てると同じか、それ以上にお金を掛けて墓を築き、単なる墓参りではなくて、その前に集まって一族が食事をともにし、唄い踊ることさえある。シーミー(清明)と言われる4月のある日、一緒にお重詰めを食べようと誘われたこともあった。まだ沖縄の人に馴れず、断ってしまったのは返す返すも残念。いまならすぐに、茣蓙に座り込むだろう。

この小山、壊れてはいるがやはりお墓だ、と分かったのは、回り込むように、画面で言うと右の方へ歩いて見たときのこと。
a0203003_19265715.jpg

亀甲墓は、こんもりとした本体を亀の甲になぞらえたのだが、全体としては脚を開いて横たわった女性の姿だという。入り口は産道になぞらえられ、人は女体を通ってこの世に生まれ、この世を去る、という考え方から出来た形である、と。
写真ではよく分からないが、画面中央に、その墓の入り口とおぼしい箇所がある。すぐ前を道が通っていて、脚の部分は無くなっている。
祀りをするべき人も戦争でいなくなってしまったお墓だろう。「市有地」「立ち入り禁止」「ハブ注意」などの札がかかっていた。
a0203003_19272478.jpg




by buribushi | 2011-12-19 19:54 | 沖縄 | Comments(6)

クリスマス・ホーリー

a0203003_16575935.jpg

買って3年になるクリスマスホーリーに、今年もたくさん実がついた。じじばば(と、ネコ)暮らしのうちでも、ちょっと玄関、飾ろうかね。サンタクロースを印刷した袋に小さい玉チョコレートが入ったのを買って来て、糸をつけてぶら下げた。近所の子が回覧板でも持って来たら、取らせてやろう。

ユーフォルビアは少しも衰えを見せないが、わっさりと茂ったのを冬中こうしておくわけにも行かないので刈り込んで二階へ上げる。切り口に、タンポポを切った時のような、白い粘った汁が滲んだ。ジンジャーリリーも、まだ蕾が出て来るが、切って瓶に活け、短くなったのを取り込んだ。



by buribushi | 2011-12-18 17:19 | 草・木・花 | Comments(8)

雪の日

12月も半ば、何の不思議もないけれど、あーあ降っちゃった。寒い。びしょびしょして、あまりずんずん積もることはないが、もう覚悟しなければ。
a0203003_19575975.jpg

昨日、那覇の真嘉比で教えてもらったわが市内の健康サロンへ夫と行った。夫は首とか後頭部に痛みというか、違和感があるそうで、この前私がバリカンで頭を刈ってやってからそうだという。いくらじーさんだと言ってもまだらに髪を残すわけには行くまいし、と、何往復もしたのがいけないのだとか。バリカンで刈ったのなんかもう何十回もだし、決してそんなことは無いと思いながらも気にしていた。

何年か前、町内の祭り準備の帰り、自転車で小さい川に突っ込んでおでこを切った。本人は首が変だとしきりに訴えたのに、病院では目に見える傷の手当てだけしかされなかった、ということがある。
どうも、そのときのむち打ち状態が出て来たのではないか。
咳で薬をのんでいることもあり、とにかく行こう、と予約をとってあった。

首が随分らくになった、という。あと一押しで咳の薬も止められるのではないかと思う、また行きたい。去年の骨折の跡も楽になったそうだ。

私は腰の違和のほか、下肢が痒かった。スネなんかぱんぱんに腫れて、掻きはじめると掻きこわして血が滲むまで止められず、黒っぽくなってがさがさしていた。歪み取りをして1時間休んでいる間に手洗いへ行くと、馬の小水のように出たが、帰ってから気がつくとスネの腫れが引いて、痒みは消えていた。今日は一度も痒くならない。

歪みを正す、というだけで、何処が痛いとか痒いとか、あまり詳しく訴えるわけではない。那覇で一度みてもらって、かなり楽になっていたので、スネのことを言うのは忘れていた。
理屈はどうあろうと、治ればいい。そして、甘いもの、脂こいものを控えよ、食べ過ぎるなという指導とか、その通りと思うことばかり。
私は那覇でみてもらったからと、初診料は夫しか、かからなかった。本やグッズも置いてあるが、こちらから言わなければ勧めることはない。



by buribushi | 2011-12-16 20:28 | くらし | Comments(4)

田芋を食べる

沖縄ではたいていの食材を安いと思うが、例外はターンム(田芋)で、蒸して売っている芋がキロ1200円とか1300円する。でも、これに代わるもののない風味と粘りがあって、大好きだ。
田芋は文字通り、水田で作られる芋で、葉っぱも、芋の様子も、里芋の親戚だとわかる。
里芋もあって、チンヌク(鶴の子)という。田芋が晴れがましい料理になるのに比べ、里芋はチンヌクジューシー(里芋雑炊)がよく知られた食べ方のようだ。
a0203003_2003444.jpg

ドゥルワカシーは、何と訳せばいいか分からない名前。田芋に、その茎であるムジ、干し椎茸、豚肉、かまぼこなどを加えて煮て、塩少々で調味して潰す。
ムジのかわりにズイキ、かまぼこのかわりに竹輪を入れてある。
a0203003_2012071.jpg

空揚げは、現地では、蒸した田芋の皮を剥いて縦に切って、空揚げしたのに砂糖醤油をからめてある。私は揚げたら塩をパッと振っただけで食べるので、切り方もさくさく食べられる輪切りにした。
a0203003_2071238.jpg

ターンムリンガクは、文字では田芋田楽、と言っても、さいの目に切った田芋を柔らかく煮て、砂糖で味をつけて練ったもので、キントンに似ている。ねっちり、もっちりした食感。
a0203003_2014248.jpg




by buribushi | 2011-12-15 20:16 | Comments(6)

芭蕉布・花のことなど・

a0203003_19434264.jpg

芭蕉布と言っても私が買えるくらいだからほんの小切れ。傷みがあってきものとしては売れないのでばらしたと店主が言っていた。左側の4枚はみんなシーブン(おまけ)。

おまけの分は小さい袋を縫ってお守りにでもしようか。塩を入れて持ち歩くのが沖縄式守り袋だ。
芭蕉布は何がいいのか、まだ決められない。



地上部が霜で枯れた最後のダリアを掘り上げた。
セキさんから頂いた真っ赤なダリアは、早く掘るようにと言うことで11月初めに掘った。軽く干して、籾殻と一緒に箱に入れて仕舞ったが、去年干涸らびさせたので用心して床下に置いた。
ダリアの本を見ると、霜が来て地上部が枯れるまで置くと球根が充実して干涸らびにくい、とある。
ピンクの大輪は沢山あるし、比較のために3株残して置いたのが雪に会って葉がくろくなってしまったのを、今日掘り上げた。まるまるとしたイモがたくさんついている。

真っ赤なダリアが干涸らび易いのは、早掘り過ぎるんじゃないだろうか。セキさんは豪雪地の湯之谷なので、雪の下にしたら大変と、自分も早く掘り人にも早く早くと言われるのではないか、という気もする。
用心のために半分だけでも、来年は遅くまで畑に置いて見ることにする。

沖縄で見て来たばかりの、真っ赤な小粒の実ジュズサンゴを検索してみたら、一株数百円で売っていることがわかった。ヨウシュヤマゴボウと同じ科に属すとかで、寒さで地上部が枯れても根が残ればまた生える、心配なら切りつめて鉢にとり、家へ入れる、とある。こぼれ種子からも生えやすい、とか。ヨウシュヤマゴボウなら、あのなかなか絶やし難い畑の雑草だから、これも丈夫なのだろう、値段から見ても、育てやすそうだ。
おなじところにはオキナワスズメウリまで売っていて、2本280円だったか、これも安かった。真っ赤な実に西瓜そっくりの縦縞が白く入るあのウリもうちで作れたらどんなにいいだろう。
来年の楽しみ、とする。



by buribushi | 2011-12-14 19:59 | 草・木・花 | Comments(4)

トクさんの健康法

この記事はブログのファンのみ閲覧できます




by buribushi | 2011-12-13 14:36 | 沖縄

沖縄写真・ジュズサンゴなど

a0203003_22205749.jpg

空き家があった。庭に植えられていた花や木が茂って、家を覆い隠さんばかりになっている。
a0203003_22304957.jpg

お庭にバナナのなっている家。島バナナは甘酸っぱくて味が濃い。いいなあ。
a0203003_22331729.jpg

夜香木にたくさん実がついていた。夜香木の実は白く熟すことを初めて知った。さだめし、こぼれ種子で自生するのだろう、たくさん生えていた。いいなあ。
a0203003_22354883.jpg

名前を知らない、赤い実。くっきりとした赤さ、小さい実が連なったさま、赤い実好きにはたまらない美しさ。いいなあ。
追記
kazuyoo60さんに「ジュズサンゴ」と教えて頂いた。
耐寒性もあるようなので、実を貰ってきて蒔けば良かった!これはヤンバルの伊豆味で見たので、那覇から3時間かかるところまで、そのために行くことも出来ないが。

さらに追記。
種苗屋で数百円で売っている(いまはシーズンではない)。ヨウシュヤマゴボウの仲間であると言われればなるほど、と思う。冬は取り込んだほうがいいらしいが、丈夫で、こぼれ種子からも生える。
リュウキュウスズメウリの苗まで売っていた。来年の楽しみとする。



by buribushi | 2011-12-12 22:42 | 沖縄 | Comments(4)

沖縄写真

a0203003_20583522.jpg


市場の小さい番頭さん。お客さんに幾らおつりくれるの?と聞かれて、おばあちゃんに助け船を求める。
a0203003_2051442.jpg

牧志公設市場西口、酒屋のネコ店長。ちゃんと名刺がある。「猫 威助」だって。
a0203003_20544396.jpg

ジュンク堂那覇店の副店長を棒に振って?古書店を開いた人。



by buribushi | 2011-12-12 20:59 | 沖縄 | Comments(5)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

tsunojirushi..
by buribushi at 17:04
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 16:59
ミケさま ストーブの上..
by buribushi at 16:54
糸こんとさつまあげ、やっ..
by tsunojirushi at 12:37
コンニャクは常備していま..
by kazuyoo60 at 10:09
暖かい煮物のおいしい寒さ..
by mikeblog at 00:10
BINSIさま いらっ..
by buribushi at 21:45
ひよりさま >飾り付け..
by buribushi at 21:37
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:32
tsunojirushi..
by buribushi at 21:29
ミケさま やっぱり一挙..
by buribushi at 21:28
初コメントです。随分前か..
by BINSI at 13:35
クリスマスホーリー 可..
by ひより at 12:47
>街路灯として必要にして..
by kazuyoo60 at 08:31
かわいーー( ´ ▽ ` )
by tsunojirushi at 01:09
雪があると寒そうな(寒い..
by mikeblog at 23:51
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 09:56
ミケさま 変化、って、..
by buribushi at 09:51
必要な時、欲しい時が買い..
by kazuyoo60 at 07:56
急に雪が来ましたね。雪雲..
by mikeblog at 01:00

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ