人気ブログランキング |

おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2011年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧




わたしのウチナー料理

去年の2月以来16か月?沖縄へ行っていない。99年春から34回行っているのに。
せめてウチナー料理を作って食べよう。私の作れるうちなーむんを書きだしてみる。変だったら、居酒屋あらぐすくのしんちゃんが添削してくれるでしょう。

◯ふーちゃんぷるー。
沖縄麩をちぎって水で戻して固く絞る。卵を溶いて醤油と出汁少しで味をつけてこの麩を浸して置く。
麩が卵を吸い込んでぽったりしたところで鍋に油を引いて炒める。炒めると言うより、あまりかき回さず、じりじり焼いてひっくり返し、またじりじり焼いて、取り出して置く。
もやし、ざく切りのニラをざっと炒め、塩少々で味をつけ、麩を戻してさっと混ぜたら、香り着け程度の醤油を落として仕上げる。

◯じーまーみーとーふ
生の落花生を一晩水に浸けてゆっくり戻す。
ふくらんで十分戻ったら、薄皮を剥き取り、カップ1杯の豆にカップ1杯の水でミキサーにかける。布袋に入れて絞り、鍋に入れて、葛粉と水を加えるが、割合は豆1,葛粉1,水4。
さらに砂糖大さじ1,塩ひとつまみを入れてよく混ぜ、火に掛けて、木しゃもじでよく混ぜながら煮る。手応えが重くなるが手を休めずよく練る。透明感が出て来るまで煮たら流し箱に入れて冷まし、固まったら切り分ける。私はわさび醤油で食べるのが好き。
これが作りたいばかりに、畑に落花生を蒔く。

◯くじむち(葛餅)
じーまーみーとーふとほとんど同じ。豆でなくカップ1の黒糖が入る。透明な黒に変わるから煮えたかどうかよくわかる。さめて固まったら切り分ける。きな粉をまぶすのが沖縄式。

◯すぬいてんぷらー(もずくの天ぷら)
沖縄モズク、塩漬けならよく水洗いを繰り返し、食べてみてほのかな塩味になるまで塩を抜く。
器に入れて卵を割り込み、小麦粉を加えて混ぜる。
油を熱し、ひとつまみずつモズクを入れて揚げる。つまみ上げたらいったんスプーンに載せて整えるとやりやすい。そのまま油に入れると長いシッポができたりする。
なにもつけないで食べる。

◯牛蒡の肉巻
牛蒡は適当な長さに切って茹で、出汁、醤油、砂糖で味をつけてじっくりと煮る。
冷ました牛蒡を取り出し、豚赤肉の薄切りを巻き付けて、巻終わりは爪楊枝で止めて置く。
牛蒡の煮汁を煮詰めるか、醤油・砂糖を足して味を濃い目にしてから、肉巻き牛蒡をころがすようにして煮る。
さめてから適当に切る。

◯ふちゃぎ
小豆を破れない程度に水煮して置く。
もち米の粉を水でこねて、楕円形にまるめ、たっぷりのお湯で茹でる。浮き上がったら取り出して表面が乾く程度に冷ましたら、小豆の中に転がしてまわりに小豆をつける。
食べるとき塩少々振りかける。

まだまだある。ごーやー、チキナー(漬け菜)などのちゃんぷるー、ナーベーラーんぶしー(へちまの若い実を味噌煮にしたもの)、サーターアンダーギーも得意。
皮付きの三枚肉でないとらふてーは煮崩れるし、固い島トーフでないとチャンプルーは美味しく出来ない。たーんむ(田芋)の深い味わいは里芋では出せない。いつも食材ぎっしり引きずって帰る。

ふちゃぎ、はじめは味をつけないもちに味をつけない小豆をまぶしたものなんて、十五夜のお供えに作るだけだろうと思っていた。
味のない小豆餅に塩少々振って食べる美味さに気がついた時は、長いこと食わず嫌いをして損したと思ったものだ。



by buribushi | 2011-05-31 21:17 | 沖縄 | Comments(8)

居酒屋のメニュー

居酒屋のメニュー_a0203003_1948685.jpg

名古屋の沖縄居酒屋、あらぐすくのメニュー。
店主のしんちゃんがもくもくと作って出してくれるものはみんな美味しくて、お客の一人が、こんなくーぶいりちー(コンブの炒め煮)作れる人がいたらボク婿入りしちゃう、と言う。

普通の居酒屋におばあさんが一人で入って楽しく過ごす、なんてことが出来るものかどうか、やってみたことはないが、沖縄なら出来ること体験済み。
あらぐすくはナゴヤにありながら沖縄の雰囲気に満ちて、三線がひびく、パーランクーも三板も鳴る。唄う人があればイーヤーサッサとかけ声が入る。
カチャーシーも踊れたが、さすが本物のウチナーンチュの手さばきは見事だった。

料理は取り回されて、人の注文したものもぱくぱく食べるかわり、自分の取ったものもどんどん回す。夜更けになると人が増えてくるところまで、沖縄そのもの。

なんだかずっこけた名古屋行きだったが、この一夜は収穫。



by buribushi | 2011-05-30 20:04 | お出かけ | Comments(8)

同窓会終了・飛行機乗り損ねる

4時にヒドイ音で目が覚める。前の客が目覚まし時計の設定をしたままだったらしい。寝直す。
熱めのシャワーを使って着替えて、もう少し本を読み、さて、することもないので移動。

鵜沼駅で、年格好が同じだし、なんだか同窓会っぽい人がいたが、腰掛けるところが無いねと話を始めたらやっぱり同級生だった。
どなたでしたっけと言われたが、私はふっと浮かんで来る。「ナニ子さんじゃなくて、ナニ美さんという方?」「ヒロミさん?」ヒロは博という文字だということまでなぜか思い出した。親しかった人でもないんだけど。

遠来ということで前へ出され、じゃんけんで勝って乾杯の音頭。「元気でここへ来られたお祝いと、このあと出来るだけ機嫌良く生きましょう、ということで、カンパイ!」と単純である。

多分もう来ないと思うので、50人余全部に一応お酌とか、お酌の真似とか、して廻る。

あ氏のメールにあった空港直通電車の時刻が違っていて、30分近く待ち、じりじりする。やっと来た電車、走っているうちに、風が強いため常滑で運転休止しますとアナウンスあり。
他ならぬ空港行きなのに、休止しますだけで済まされてはたまらないので、乗務員の姿を探して電車内を歩く。
やはり新潟行きに乗る予定の若い女性二人と知り合う。
常滑でキップの払い戻しをするということだったが、列が長くはかどらない。バスは手配したが来るまでに1時間だというので、払い戻しを放棄、タクシーにぎっしり乗って空港へ。
10分ほど前に着いたが、もうドアを閉めたので載せないという。

一時はこの辺りで泊まって明日の朝8時の便に乗ろうかと考えたが、新潟の二人は駅へ引き返して新幹線で帰るという。私も町から遠く離れた空港近くに泊まっても仕方がないと思い返し、同行。電車が動き始めたので引き返した。
なんだか、大丈夫か、中部国際セントレア空港。

若い女性は細いハイヒールの足が痛そうで、荷物は小さいのが幾つもあって、動きにくそう。
名古屋駅でキップを買い、すぐ新幹線に乗れて、ものすごい巨漢の横が空いていたので座ってしまった。しばらく休んでから車内をずっと歩いて二人の様子を見に行くと、3人掛けのところに4人掛けて座っていたので安心した。

東京へ着いて、上越新幹線乗り場までがまた歩くのだ。二人を捜すひまもなく歩いて、新潟行きに乗るとすぐ発車。二人が乗れたかどうかわからないが、今度は二階建て車両なので、くまなく見て歩くのはむつかしい。あきらめる。ここで二人とははぐれてしまった。

駅まで夫が迎えに来てくれて帰宅。お茶漬けを食べる。勢い込んで今朝買った「しぐれ蛤」が、記憶のように美味しくなかった。糠漬けは昔も今も美味しいので、私の舌のせいではない。なんかさびしい。

電車の時刻を間違えていなければ飛行機に乗れたと思うので、自分で全部調べなかったことを反省。そこも含めて、やっぱり旅は一人。

体調は知らない間に治っていた(勝手ねー)。



by buribushi | 2011-05-30 00:55 | お出かけ | Comments(6)

ホメオパシーとかカグラナンバンとか

朝、夫が突然、オイ、Nさん行ってくるか、という。Nさんは気功、整体をする人で、10年ほど前に夫が肺炎を繰り返して弱っていたとき、Nさんにかかってふっと呼吸がらくになり、それをきっかけに治り始めたことがあった。

なぜか私も(こんなときNさんかな・・)と思っていたところだったので、すぐに電話、すぐに出かける(帰ってみたら朝の生ジュースのコップがそのままあった)。片道1時間半。

メダルのようなものを各所の「チャクラ」に当てては身体を押して傾き具合を見る。いまの弱点が肺より喉にあるということだったが、それは二人とも同じ。身体のバランスを取るやり方を習う。
それから意外にも、奥さんがホメオパシーが出来ると言うことで、二人とも「砂糖玉」を処方してもらった。このあたり、興味の無い人にはちんぷんかんだと思うから、飛ばすか、検索してみて頂きたい。帰ると、おもりをつけたような足の重さが、やや、らくになっていた。

帰って一休みしてすぐ、畑。庭の畑に畝を立ててもらい、Mちゃんに貰ったもちトウモロコシを蒔いた。水に浸して置いた種子はもう根が出かかったのや芽まで出かかったの、さすがMちゃんのくれた種子は元気である。
続いてオクラの残り10本、カグラナンバン1本、辛い唐辛子十数本を植えてたっぷり水を撒いておいた。

ナニワイバラが次々咲き始めた。3年目にしてやっと、だもの、さすがに嬉しい。
これも挿し木の白バラ、スノーシャワーは、秋に丸坊主に剪定したのが新しい枝を沢山出して、そこに蕾がどっさり着いた。年一季だけ咲くナニワイバラやモッコウバラと違い、つぎつぎと秋まで咲き続けるスノーシャワーは、挿し木したその年からもう咲いたのだ。

サルナシ。両性花なら1本でも着果の可能性がある、とわかったが、今日、虫が食って上部が取れてしまった蕾を見たら、どうやら雌しべを囲む雄しべ、両生花のようだ。
これから生まれる子の性別を医師に勝手に教えられたような、フクザツな気持ちながら、まずは良かった。
もっとたくさん蕾があったと思うのに、わりに少ないのは虫のせいか。殺虫剤など撒いては、あったら山の木の実がだいなしなので、このものすごい勢いで育つ木の生命力があれば大丈夫、今年はこんなでも来年はもっと沢山、それも1本だけでなくほかのにも花がつく、と思うことにした。



by buribushi | 2011-05-26 21:56 | その他 | Comments(4)

帆かけたる舟、人の齢

まだ朝日の射さない畑に行き、芽出しの済んだ胡瓜種子を蒔いた。一晩のうちにまた伸びた白い根は、地面はどっち、と曲がっている。その曲がりに逆らわないよう、根を下へ向けて並べながら10箇所へ三粒ずつ、追加してもう一粒ずつ、蒔いて土を振りかける。
蒔いた場所が紛れないためと、雨や水やりのとき種子が出て来ないよう、籾殻を薄く振って、ジョロで水をやっておしまい。
昨日植えたオクラと落花生にも水をやって戻る。

足が重くてさっさと歩けない。出発前だというのにこれでは本当に困るので、何もかも放りだして寝ることにした。ご飯を食べないで水だけ飲んでじっと寝る。足が何時までも温まらないと訴えて夫に足湯の支度をしてもらい、熱めのお湯で足湯をしてから寝たら全身ほかほかして、午後になってびっしり汗をかいた。
なんだ、熱が出ていなくても熱っぽい感じの時は、熱と同じ対応で良かったんだ。全部着替えてさっぱりして、夕飯の支度をした。
買い物に出ていないので、油揚げをうす甘く煮たのとか、タラコを焼いたの。しめじと油揚げの味噌汁に庭の三つ葉を摘んで来て入れる。糠漬けの胡瓜。

今週の投稿はがきの速達。寝ながら赤のボールペンを持って印を入れる。
普通便の配達。昨日の紙面に出た作品の添削を喜ぶハガキあり。こういうの、ほんとうに嬉しい。作者の感じていること、言いたいことがよくわかり、それがもっとはっきりするように表現を整えて、というつもりで、それが作者に喜ばれること。
この前も、添削されると、ああそうか、こうすればいいのか、今度そうしよう、とそのたび思うけどなかなかうまくいきません、というハガキもあった。みんな「いい子」ね。

いまはもうはっきりわかるけど、いやがらせのような事をしてくる匿名の人は、選の不満や添削の不満があるのだ。私も昔は投稿者だったから、ハガキを出してじっと待っている気持ち、当日の新聞をぱっと開く気持ち、みんなよくわかるけど、自分の歌が載らないのは選者が悪いと本気で思っているらしいのには理解のしようがない。
添削を喜ぶ人は、そう言いたかったんです、なんで私の気持ちがそんなに判るんでしょう、と言う。だって表現が少し整わなかっただけで、何を感じたのかちゃんと出ているから。
そんなことを言いたかったんじゃない、という人の作品を見直しても、そんなことを言っているじゃないの。いい添削が受けられないのは、やはり作者自身の責任。自分を飾ろうとしないこと。

昨日からだの難儀を感じたとき、脈をとってみたら随分早い上に、あら、ときどき脈が飛んでいる。不整脈と来たか。父親がそうだった。そう言いながら90過ぎまで生きたけど。
お出かけが済んだら一度お医者にかかるか、という気持ちと、なに、落ち着けばまた治る、という気持ちと。
いずれにしても、「ただ過ぎに過ぐるもの・・・・帆かけたる舟、人の齢(よわい)」(清少納言)。



by buribushi | 2011-05-25 20:35 | その他 | Comments(4)

お弁当屋が休み

風邪がさっぱりしないのでゆっくり休みたいと思いながら、畑のものには時期がある。苗ポットの中で芽が育っているものを何時までもそのままにはしておけないものね。

午前中、落花生を定植。株間30センチ畝間60センチに決めて、その長さの棒を作り(なぜか、バカ棒という)、移植鏝でつぎつぎ穴を掘る。苗を1本ずつその穴に入れて、ジョロの蓮口を取ったもので水を注いで行き、そのあと手で丁寧に土を寄せる。
落花生の幼い苗はまだマメが着いているから、それを隠すように植えないとカラスにねらわれるし、無造作に土を掛ければ芽の伸びる中心、生長点を埋めてしまうし。一株ずつ手で寄せた。100株以上の苗を植え終わる(正確な数を数えてない)。

オクラも定植。夫が堆肥を芯に入れて高々と作った畝に、苗をポットから出しながら11本植えた。やや欲張って株間が狭かったかもしれない。まだ苗が残っている。

夕方サツマイモ植え。夫が藷予定地に全部畝を立て終えてあったところへ、タマオトメ47本、パープルスィート32本、ベニハルカ14本植えて、これで今年の藷植は終わり。
日が暮れて来たが、やりかけたのを済ませたいので、いいや、ごはんはお弁当屋から取る!と決めてせっせと植えた。

あー済んだ!と、いそいそと出て行ったら、お弁当屋が休み!スーパーのご飯ものを食べる気にはなれないので、急いでお粥を炊く。
夫には昨日のモツの残りを温めてまず出した。それから図書館の料理の本を広げて、豆腐のあんかけを作った。出汁(鶏ガラスープのもとで間に合わす)に味をつけて、ほうれん草のざく切りとシメジを煮る。片栗粉の水溶きを流す。豆腐はレンジで温めて、熱い野菜あんをかけ、生姜のすり下ろしを載せた。レシピより砂糖を控えたがまだ甘かったほかは、急場にしてはうまく行った。あとは、お粥だから、梅干し、塩昆布、蕗の煮たのなんか。

畑をしながら考えた。夫も私も、この小さい畑に追われているが、これが無いとゆったり暮らすかしら。台所や居間の片づけまで放りだしたまま、爪に土が詰まってまっくろになって、へとへとになってて、いいんだろうか。

50代はまだ体力があったから、あちこちに畑を借りて、片道25分一輪車を押して通ったりした。あれを返し、これを返し、150坪の畑と、30坪くらいの庭畑だけになって、これは自分のだから止めた、返す、というわけにはいかない。
いつまでやれるかなあ。畑をしなくなったらこの土地はどうするかなあ。畑が出来なくなる日が来るなど思いもせず、夫が退職した年、よろこんでここを手に入れた時のことを考える。

考えながら、一晩水に浸した胡瓜の種子を濡れティッシュにはさみ、ラップで包んで、ブラジャーにいれて温めていた。夕方、ぷつぷつ白い根を吹き始めたので、明日蒔くように、さらに湿りを与えて卓上に置く。温めるのを止めても根は伸びるのだ。



by buribushi | 2011-05-24 21:46 | | Comments(4)

サルナシの木

山のハシモトさんがくれたサルナシの木を植えて置いたのが2本、3年目。同じく彼女が呉れたサルナシを挿し木して2本、2年目。合計4本の「大サルナシ持ち」だ。

今年その1本に蕾が着いた。サルナシは雌雄異株と聞いているので、さあこれはどっちだろうと気がもめる。樹木図鑑を見たら、雄花は新しく伸びた枝の先にかたまって着く。雌花は葉の付け根に一個ずつ着く。とあるので、すぐ確かめた。葉の付け根、付け根に一個ずつ、雌花だ!

雄花だけ咲くのよりうれしいけど、両方揃わなければ実にならないことはおんなじだ。さあ、残った3本、雄か雌か。と、言っても、最初の2本と、後の2本とは、それぞれが同じ親木から取った可能性が大きいので、同じ性だろう。

さらに調べていると、雄しべのみを持つ雄花を咲かせる株と、雄しべ、雌しべを備える両性花を咲かせる株がある。という。これはマタタビと同じ性質である。
この記述を見れば、雄花のみ咲く雄木でさえなければ実はつく可能性あり、ということになる。カチャーシーでも踊り出したいくらい嬉しい。

毎日畑、庭、藪、と、家のまわりを見てまわらなければ気が済まない。今日はアスパラガスを一掴み折り、すぐ茹でて朝ご飯に食べた。
挿し木して3年目のナニワイバラ、蕾がふくらんで白々として来て、今朝は1輪、今にも咲きそうになったのまである。これもカチャーシーものだ。

風邪はけっこうつらく、鼻水は流れ落ちるほど。このところ、畑をするにもあせりのようなものがあって、つんのめるような気持ちで仕事をした。自分の力以上のことはできないのだから、もっとゆったりしなければいけない(とは言え、植えるものには季節が・・)。

雨が止んだので、耕耘機をかけ直して置いた場所に落花生を植えるのにはもってこいだが、我慢して少し休む。

ネコは見に来たけどそのまま去る。夜でなければ布団の上に上がって寝ることはないんだな。

夕飯に身欠き鰊と蕗の煮物。きゅうりとトマトのサラダ(って、塩だけ)。Mちゃんのくれた粕漬けと味噌漬け。鼻が詰まって味がよくわからない。



by buribushi | 2011-05-22 14:38 | Comments(7)

じじばば風邪引き

夫に続いて私に風邪の症状が出て来て、流れるはなみず、連発のくしゃみ、アタマは重たいし熱っぽい。と、思って測れば36度5分。年を取ると熱を出す体力がなくなるのだ。
熱さえ出たらしめたもので、食べないで水だけ飲んで、じっと寝てさえおれば、三日目にはせいせいして起き出したくなるものだったけど。

はなみずかみかみ、昨日買った茄子とトマト、ピーマンを植えた。私が耕耘機をかけたあとを、夫が堆肥を入れて畝を立てた。畑が出来なくなるのもそう遠くないかなどと情けないことを考える。
不耕起、草生栽培、などという言葉がちらちら浮かぶ。

今日植えたもの。茄子は水茄子4本、十全黒茄子2本、マル茄子1本。当たり前に漬物用、煮物用などと作り分けるが、新潟県人は茄子っ食いで茄子にうるさいのだという。
とまとは楕円形のミニで甘みのあるアイコ3本、イエローアイコ1本。皮の薄い方のピーマンも2本。

午後、髪を切りに。同級会1週間前になったので。丁寧にやってくれた。
書店に寄ったが、「ホームレス歌人のいた冬」は無かった。入荷の予定も無く、ご注文になると2週間位かかりますというので止める。

西原理恵子「この世で一番大切なカネの話」は、1冊だけあった。
前の出版社が倒産して印税2千万踏み倒されたことを本の帯にマンガにして入れてある。在庫8万冊が廃棄処分されそうになり、弁護士同伴で乗り込んで在庫を手に入れた話。別の会社から新装版で安くなって出た。
この本の印税は全て大震災の復興支援に寄附するという。
大きく稼ぐ人は数あれど、こういう気前のいい人がどれだけあろうか、ほんとに稼ぎ方も使い方もご存知だと、胸がすく。

若いときにこの本が読めたら、人生は変わっていた。私が小娘のころ著者はまだ生まれていなかった不運。

イナダの刺身が安かったので買ってきた。土鍋でキャベツ、かぼちゃ、人参、豚肉に塩少々振ったものを蒸す。瓜の漬け物。
大いに手抜きだけどなんとかかっこうがつく。

きゃら蕗が食べたいけど出来合いを買う気にはなれないので、己を励まして蕗の下拵え。



by buribushi | 2011-05-21 20:20 | Comments(5)

今日の畑

今日の畑_a0203003_20443119.jpg


両隣がよその屋敷という、屋敷畑なので、日当たり風通しが最良というわけにはいかない。
それでも出来るのは、サツマイモをはじめ、定番のトマト、茄子、ピーマン、胡瓜。
それにゴーヤー、へちまも出来る。へちまは沖縄で若い実を食べるのを知って真似するようになった。

他にいまあるものは、ニンニク、玉葱、豌豆、いんげん、アスパラガス、にら。食用菊もある。
縁のほうにすもも、プルーン、なつめ、を植えてある。

トマト、茄子、ピーマンの苗を買って来た。なるべく小さい苗が欲しかったのでムサ◯まで行って、トマトはアイコ3本、イエローアイコ1本。水茄子4本、黒十全茄子2本。皮の薄いピーマン2本。万願寺甘とうがらしを探したが無かった。

草を取って置いたのを隅に運んで積み、耕耘機をかけた。タテ、ヨコ、タテと3回かけるのだが、ムクドリが来てせっせと虫を拾う。くちばしに幾つも並べて、串刺しのようにして飛んで行った。
今日買った苗の分と、庭で出来ている落花生やオクラの苗を植えるところもいるからせっせと耕したが、ターンするときは動いている耕耘機を力まかせに振り回すのだ。妹から貰った小さい耕耘機で私用なんだけど、ここがきつい。
このあと堆肥を入れて畝を立て、植える段取りになるのだが、それは明日、と言うことにして止めてしまった。

外の仕事はキライじゃないから、ご飯を作って呉れる人があればもう少しガンバルんだけど。畑あたまになってしまっていて、切り替えてご飯をするのを面倒に感ずる。
Jさんに貰ったサラダ野菜いろいろ(レタス、ロケット、ほうれん草、セロリなど)を冷やして置いたのをちぎり、トマトも入れてサラダ。豚肉、蓮根、生揚げの煮物。玄米ご飯(米を搗いておくのを忘れた)。胡瓜漬け。目刺し.

時計草セルレアに蕾発見。去年より1か月も早い。挿し芽して育てた株のほうが大きな蕾で、全部で7つか8つある。



by buribushi | 2011-05-20 21:17 | | Comments(2)

茗荷の芽

茗荷の芽がぞっくりと出て来た。
午前中に移植すると早生になり、午後から移植するとオクテになると言った人がある。
まさかぁ、といいながら午後に移したこの茗荷、ちゃんとオクテ。
赤々と太った茗荷の子(つぼみ)がたくさん穫れる。

朝、早く目が覚めたので、5時から前の畑の草取り。手袋がじれったくて、素手でどんどん取った。きりがない。畑と家の周りの草を全部きれいに取り切れたためしがなく、取り終わらないうちに先に取ったところに生える。
茗荷の芽_a0203003_21422477.jpg



サツマイモ苗(ベニハルカ)39本植えた。畝の端が余ったので、苗床へ言って切り足して、それを植えた。切ってから寝かせて、しんなりさせてから植えるとよく活着するというのでそうしているが、今日植えた最後の数本は切ったばかりの苗で、どう違うのか気をつけて見ていよう。

苗床はもう覆いも取って、夜の寒さにも日当たりにもじかに当てているので、しっかりしたいい苗が採れる。
昨日夕方、夫の知人が来られ、藷苗100本上げた。タマオトメ80,ベニハルカ、ムラサキマサリ10本ずつ。缶ビールを頂いた。
始めに植えた辺りは、苗が小さめでその上軟弱なので、どうやら活着したそれを抜いて植え替えようかと思うほどだ(しないけど)。

ゴーヤー7本発芽。



by buribushi | 2011-05-19 21:42 | | Comments(4)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

ミケさま 夏らしい花、..
by buribushi at 18:54
ミケさま そうそう、山..
by buribushi at 18:47
仙人草、キツネノカミソリ..
by mikeblog at 17:46
あー、これはスベルベさん..
by mikeblog at 17:37
ミケさま ピースはおば..
by buribushi at 16:50
猫っていくつになっても丸..
by mikeblog at 13:47
tsunojirushi..
by buribushi at 22:38
かわいいかわいい!
by tsunojirushi at 22:26
ミケさま >復活 は..
by buribushi at 08:53
パソコンが復活しましたね..
by mikeblog at 23:28
鍵コメさま 新しいパソ..
by buribushi at 09:06
鍵コメさま わーっ!あ..
by buribushi at 21:25
ミミの父さま >オレン..
by buribushi at 21:18
hiruneyohuka..
by buribushi at 21:15
オレンジが本当に石鹸か、..
by ミミの父 at 08:57
すばるさま 「くぼた沖..
by hiruneyohukashi at 01:11
鍵コメさま もう沖縄行..
by buribushi at 20:55
ミケさま ねー、ころん..
by buribushi at 20:45
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:41
ほんとだー、お饅頭みたい..
by mikeblog at 18:19

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

ファン

検索

ブログパーツ