人気ブログランキング |

おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

カテゴリ:猫・動物( 297 )




オジねこの三日月ハゲ、ジュズサンゴの花

       7月24日 水曜日 朝驟雨 のち晴れ 22度・・31度

a0203003_20294544.jpg
 ジュズサンゴの花が咲いた。花弁の先にほのかに紅をさして、よく見るとオシャレな花。秋は真紅の実になる。ヤマゴボウ科リビナ属で、あのヨウシュヤマゴボウの親戚だという。

a0203003_20300634.jpg
 こっちがヨウシュヤマゴボウ。ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属。実は熟すと黒紫色でジュズサンゴよりかなり大粒。

a0203003_20315229.jpg

 ヨウシュヤマゴボウが生えた「前の畑」、約半反の畑を続ける体力気力が乏しくなったじじばばが不動産屋さんに話したら、畑の入り口に「好評分譲中」の紅い幟が立った。まだ売れたわけではないから、この畑の隅でスモモをもぐ。
 この畑、田んぼの埋め立て地、まっさらな山砂を、20年余堆肥、灰などの肥料で野菜を育て、除草剤や殺虫剤など薬品は一切使わなかったので、「気」のいい土地の筈。植えたものはよく育つし、人にも健康的だろう。
 うちと違い、道路を横切らないでじかに雪を流せる。値段は買った時の半分。はい、お買い得。ついでに、スーパーまで徒歩5,6分、ホームセンターはその向かい。バスは長岡まで約30分に1本、バス停近し。小・中学校、高校、徒歩10~15分。以上大宣伝でした^^


a0203003_20304485.jpg

 オジねこのあたま。二日ばかり前の雨の晩、オジが外から帰って来ないので12時過ぎまで待っていた。ぎゃぎゃぎゃ、とねこの喧嘩の声がして、そのあとオジが帰って来て、雨でぐっしょり、手足どろんこ。タオルでゴシゴシ拭きながら見るが怪我もしていないようなので、夜食と水をやって、私は寝た。
 今日気がついたら、あたまのテッペンに三日月型のハゲ、引っかかれた痕。あの大声でこれだけなら、オジ強い強い。






にほんブログ村





by buribushi | 2019-07-24 20:54 | 猫・動物 | Comments(12)

オジねこと、クロネコ〇マトさん

7月10日 水曜日 晴れ 21度・・30度

a0203003_18422490.jpg
 よいしょっと。3月にうちの子になった頃は戸が開けられなかったオジねこは、先輩ねこピースを見習って開けられるようになった。網戸は滑りが良くないのでちょっと難しい。


a0203003_18414593.jpg
 べつのねこ、運送屋さんへのメモ。玄関に大きい段ボール箱とハンコを置いた中へ、無事、甥からのと、長崎・南島原の友人からのと、二つの荷物が入っていた。運送屋さんからは、おやつへお礼のメモが入っていた^^


a0203003_18402667.jpg
 朝、薮の山百合に二つ目の花が咲いていた。夏が過ぎて涼しくなったころ植え替えや、さし芽をしよう。

a0203003_18404633.jpg
 夕日のなかの山百合。


a0203003_18412080.jpg
 今日の待宵草。


a0203003_18410949.jpg
 アガパンサス咲き進む。




にほんブログ村





by buribushi | 2019-07-10 20:23 | 猫・動物 | Comments(4)

ジャンプおじ・梅色づく など

        6月27日 木曜日 曇りのち雨 21度・・29度

a0203003_20034010.jpg
 「子どもはばかだねえ」 
 ピース、何をみているの?


a0203003_20040542.jpg
 オジ、押し入れの上の段に上がりたくて飛びついたけど、失敗してぶら下がる。

a0203003_20041911.jpg
 やっ、と。こんどはだいじょぶか。ばーちゃん笑ってないで少し戸を開けて。

a0203003_20043732.jpg
 入れたー、と。


a0203003_20032636.jpg
 山の向こうに見えるはずの高い山、守門岳は見えない梅雨の空。このあと細かい雨が降り始めた。


a0203003_20045690.jpg
 本降りになってきた。庭畑を見回る。梅、そろそろもいでもいいかな。




にほんブログ村





by buribushi | 2019-06-27 20:18 | 猫・動物 | Comments(10)

オジねこ興味しんしん。沖縄スズメウリなど

6月24日 月曜日 時々雨 19度・・・23度


a0203003_11143386.jpg
 風呂焚き中のじーちゃんが呼んだら、なに?なに?と畑を横切ってオジが来る。


a0203003_11144868.jpg
 じーちゃんなに?ぼくそこへいこうか?
 来なくていい来なくていい、というのに、180センチ?くらい上にある風呂焚き場の敷居(左下隅にちらと写っている)にぴょん!と飛び上がってしまった。

a0203003_11152031.jpg
 ばーちゃん何してる?何してる?興味しんしん。


a0203003_20295240.jpg
 沖縄スズメウリに初花。真ん中の竹を括ったシュロ縄の左に、黄色い小さい花。


a0203003_20300882.jpg
 もう小さい瓜がついていて、縞もみえるのに、雄花が見当たらない。気が揉める-。苗を買ったのは正解だった。タネから生えたのはまだ本葉が出たばかり、また実が熟すまでに時間が足りなかったことだろう。





にほんブログ村





by buribushi | 2019-06-24 20:26 | 猫・動物 | Comments(8)

オジねこ復活・薮の花など

6月23日 日曜日 曇り一時雨 20度・・・25度
沖縄慰霊の日

a0203003_10332320.jpg
 いつでも水が飲めるよう、あちこちに置いてある。昨夜、風呂場の入り口でオジねこ水を飲む。不調になってから自分で水を飲むの初めて。

a0203003_10324873.jpg
 昨夜は前半じーちゃん、後半ばーちゃんと寝た。息遣いもよく、手(肉球)もひやりとする冷たさではなくなっていた。朝起きて水をのみ、かんづめのねこごはん。

a0203003_10330013.jpg
 ごしんばいかけましたー。

a0203003_10340305.jpg
 白花の額紫陽花、咲き闌けて花弁の先がほんのり紅くなってくる。


a0203003_10341685.jpg
 遅咲きの紫陽花、これから色が出てくる。

a0203003_10343111.jpg
 うちの東南の角の「薮」。垣根をはみ出してホタルブクロが咲いている。これから髙砂百合が垣根沿いに、山百合、鬼百合は薮の中に咲く。鬼百合は小鬼百合と2種ある。ムカゴのあるのと無いのと。
 木は花の終わったエゴノキ、白花のタニウツギ、実になったアンニンゴなど。それらに絡みアケビ、ヤマブドウの一種エビヅル。薮を自称してもいいでしょう。




にほんブログ村





by buribushi | 2019-06-23 10:59 | 猫・動物 | Comments(19)

オジねこまだびょうき・朝顔の芽

      6月22日 土曜日 雨のち曇り 20度・・・25度


a0203003_16171626.jpg
 胡瓜に「手」をやらなくてはいけない。ここまでやった、後は目の粗い網を掛けると出来上がり。梅雨時は成長が早いから、ぐずぐず出来ない。


a0203003_16165984.jpg
 紫陽花・スミダノハナビ、中心の小さい花たちが開いてきて青いのは、思いがけない可愛さ。


a0203003_16175120.jpg
 オジねこはまだご不快。水を飲んでくれるといいんだけど。マタタビ酒をお皿に垂らして見せたら、すこし興味を示すので、そこへ水を入れてやってみたけど飲まない。ミズワリジャナクテストレートガイイ、なんて生意気言うんじゃない。
 おしっこをちびるというほどではないが、ちんこの先に水玉が着いていたのを拭く。用心に乾いた雑巾を敷いたら、自分で姿勢を変えちゃったので、アタマに雑巾、お尻にタオルを敷いている。
 くみこ来て、カップの水(くみこ製、オジねこ用波動水)を指につけて飲ませるように、という。指を水に浸けて鼻と口の間にちょん、とつけるとペロ、となめる。それを繰り返して水を飲ませた。


a0203003_16164108.jpg
 外はうつうつとした梅雨空。垣根の下に、こぼれ種子で芽生えていたアサガオたち。葵のようなハート型の葉は崑崙朝顔。二艘繋いだカヌーのような双葉、細く分かれた本葉、は、ルコウソウ。去年構わなかったらびっしり繁り過ぎたので、今年は少し気をつける。

a0203003_20063128.jpg
  写真追加。夜、カリカリごはんを少したべた。「ねこが高く売れる(落語です)」水の鉢、呉れた人が見たら怒るかも。決して鉢をそまつにしたのではない、ねこを大事にしたのです。同じか。そのうちに洗って私の食べ物を盛ります。



にほんブログ村





by buribushi | 2019-06-22 16:38 | 猫・動物 | Comments(14)

オジねこびょういんへ行く

         6月21日 金曜日 曇り 18度・・・31度
                         夜になって雨


a0203003_21494939.jpg


 オジねこは一昨日大変具合が悪そうで、食べず飲まずぐったりと寝てばかり。昨日お医者さんへ行ったら、水分を補う処置で様子見。
 くみこ来たり、除草剤を撒いたところを歩いたんじゃないかという。猫は手足を舐めるからね。
 昨夜は床下に潜ってしまい、添い寝もできなかった。栄養剤をすこし、牛乳に溶いたのは、小皿から舐めて、残す。
 今日ジジババは整体予約日なので、半日お医者さんに預けた。言い聞かせてバスタオルで包んで抱くとおとなしく連れて行かれる。
 脱水気味で処置、検査では貧血無し・その他の数値も悪くない。
 帰ってすぐにかりかりご飯を少し食べた。
 外へ出たがるので一緒に畑へ行くと、土を掘っておしっこをする。今は私が自分用に作ったよもぎ布団を貸したらその上で寝た。息遣いもかなりらくになってきたようだ。
 ふだんとかく、いがみがちのピース、オジが寝ているすぐ傍をそっと通る。オジがいないと探す様子がある。


a0203003_21440579.jpg
 うちの梅がいい色になってきた。どのくらいあるかな。すこしは家の梅で梅干しが漬けられるだろう。肥料も薬剤も使っていない。

a0203003_21452209.jpg
 キリヤさんに梅が出ていたので、小手調べに2キロ漬けた。18%塩。横は小梅が少々。うちの小梅は一つも実にならなかった。


a0203003_21442080.jpg
 ワイルドストロベリー、「森の苺」。ときどきつまんで食べる。栽培ものより香りが高い。種子から育てた。前の畑を手放すので家の傍へ移した。


a0203003_21443435.jpg


 


もうひとつの額紫陽花、山取り。
 青い花なんだけど、周りがエゴノキやらいちじくやら、サルナシ、あけび、と薮をなしているので、濃い色になれない。

 下にカキドオシが生えているのが見える。











a0203003_21445111.jpg
 裏のエゴノキにたくさん実が着いた。落ちたものは春になって外皮がとれたタネ状態になったのを雉鳩が来て食べる。うちのポッポちゃん、と言っているけど、毎年同じのが来るかどうかはわからない。
 優秀な猟師のオジがいるようになったせいか、この春は来なかったな。






にほんブログ村





by buribushi | 2019-06-21 22:26 | 猫・動物 | Comments(10)

樹上黒猫図 ほか

      6月7日 金曜日 曇りのち雨 19度・・・22度 
梅雨入りしたらしい。タチアオイ、正確。 

a0203003_11262866.jpg
 オジねこが柿の木に登ってみせる。枝から枝へ渡ったり、爪を研いだり、


a0203003_11264273.jpg
 かなり得意。どや。(木の剪定がまるでなってなくてはずかしい)
 手と足の位置がおもしろい。

a0203003_11261232.jpg
 柿の実が、四角い平核無し(ひらたねなし・通称八珍-はっちん)らしく見えてきた。

a0203003_11255925.jpg
 ぷろぽぜさんに頂いた薔薇、スノーシャワーは、挿し木を繰り返して数が増え、人にも上げた。小柄で優しげな花。本来名前のように白い花なんだけど、ほんのりピンクに咲くようになったのもある。

a0203003_11244679.jpg
 プリントして切り離した短歌を月別に並べていき、その中でもまた順序をつけて並べ替えてゆく。原始的?なやり方が、全部が一望出来て一番やりやすい。来年用の某・日記帳のしごと。ページの端にその季節の歌が載っている、という、あれ。



にほんブログ村 



by buribushi | 2019-06-07 11:42 | 猫・動物 | Comments(12)

みちこにゴロニャン・スーチカーを仕込む・

     5月24日 金曜日 晴れ 15度・・・26度



a0203003_15510154.jpg

 みちこがねこに会いたくて、仕事と仕事の間を縫ってとんでくる。オジは担がれたり、

a0203003_15514398.jpg

 だっこしたり、


a0203003_15521754.jpg

 垂れ下がったり、


a0203003_15523715.jpg

 ずり落ちたり、と。もうごろにゃんごろにゃん。


a0203003_15525473.jpg

 あーおもしろかった。(われにかえる)。みっちゃんおしごとは?
 みちこその後仕事先から、オキナワスズメウリの苗売ってるよ、買って行こうか?と℡を呉れた。3本頼む。去年はとうとう熟さないで終わり、こぼれ種の発芽と言うことも無かったのだ。

 整体の帰り、バラ肉を買って来た。スーチカー(沖縄式・豚肉を塩漬けし熟成させた食品)を作ろう。みちこの持って来て呉れた、水指し?かと思う蓋付きの壺が、スーチカーをしこむのにいいんじゃないか。
 沖縄のアラヤチー(荒焼き)のような、釉薬なしで焼き締めた、ざらっとした肌をみてそう思う。ネットでレシピを見た。
レシピは、600グラムの肉に200グラムの塩、というのから、肉の目方の7%の塩というのまでさまざま。冷蔵庫の無い昔、肉を長くとっておくための方法だったのだ。塩で出た肉汁に浸しておかないのがしょっぱくしすぎないために必要らしく、度々すてるように、とか、新聞紙で包んでからビニールに入れて冷蔵とか、書いてあった。
 取りあえず10%の塩をまぶし、新しい布巾で二重に包んでビニール袋に入れた。これを明日、布を取り去り、壺に入れて冷蔵、と。



にほんブログ村



by buribushi | 2019-05-24 23:19 | 猫・動物 | Comments(6)

くー、おばーに代わりピーに反撃




a0203003_22240655.jpg

 ピースは抱っこきらい、撫で撫できらい、というねこなので、ブラッシングするときも気を遣いながら(ブラッシングは好き)。
 今日も、首輪がはずれていたのでつけようとしたら(だって首輪が無いと、少し離れると見分けがつかない)爪が私のセーターにひっかかって、じたばたするからよけい取れやしない。私に掴まったまましゃあっ!とピースが一喝したとたん、くーがピースに飛びかかってねこパンチでひっぱたいた。
 ふだん、すれちがいざまにピースにひっぱたかれるという理不尽にも抵抗しないくーが、あっ、おばーがたいへん、と思わず出た行動。
 両者の違い、が出ておもしろかったし、くー、いいこいいこ。

 玄関の足ふきを、くーがいつも後脚で蹴って丸めて置くので、のばして、手で摩って見せてはくーに言い聞かせていたらしなくなった。
 専用のねこトイレを与えたらすぐ上手に使うこと。テーブルに魚が出ていても手をかけたりしないこと。言い聞かせると聞いていること。くーって、誰かの飼いねこだったことがあるのではないか?
 今日は初めて会った私の弟に撫でてもらい、言葉をかけられると、ゴロゴロ言っていた。
 くーちゃん、ピーちゃん、時々言い間違えるし、気のいいねこだった先々代のオジを襲名させようかなーと思い始めて、両方使ってみる。



 

にほんブログ村



by buribushi | 2019-04-27 23:01 | 猫・動物 | Comments(10)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

kazuyoo60さま ..
by buribushi at 08:55
さくらこさま くちなし..
by buribushi at 08:51
ミケさま オキナワスズ..
by buribushi at 08:48
赤くなって、より可愛くな..
by kazuyoo60 at 07:14
こんばんは くちなしの..
by margaret8in_z80 at 00:35
ウチの庭のオキナワスズメ..
by mikeblog at 23:05
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 11:35
タカサゴユリ、良いですね..
by kazuyoo60 at 07:05
ミケさま ほんとにねー..
by buribushi at 21:51
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:42
tsunojirushi..
by buribushi at 21:20
生き方にもいろいろあるも..
by mikeblog at 14:57
テレビで40度超えと報じ..
by kazuyoo60 at 09:20
解放…しないと残りの人生..
by tsunojirushi at 23:32
tsunojirushi..
by buribushi at 16:22
この記事、何回も読みまし..
by tsunojirushi at 13:18
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:27
>フェーン現象の熱波で気..
by kazuyoo60 at 09:52
ミケさま 台風の前で皆..
by buribushi at 09:50
おはようございます。 ..
by mikeblog at 08:57

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ