人気ブログランキング |

おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

カテゴリ:たべもの( 353 )




バタとはちみつとほうじ茶

6月5日 金曜日

バタとはちみつとほうじ茶_a0203003_16560079.jpg
 カーブドッチのところのパン(またお店の名を忘れた)、冷凍したのを蒸して、ほわほわ、というか、むにゃむにゃ、というか、とにかく柔らかくなったのを、一度に一枚食べる。バタと、蜂蜜をつけて、ほうじ茶と野菜かくだもの(このときはトマトに塩)。あとは残り物のおかず、何でも。何でも少しあればいい。

バタとはちみつとほうじ茶_a0203003_16572889.jpg
 気が着いたらジューンベリーが実っていた。鳥のほうが先に気がついて、ついばんであった。


バタとはちみつとほうじ茶_a0203003_16570023.jpg
 毎度飽きもせずジュズサンゴ、見る度毎に大きくなっている。左中央のは切り株から生えた越年もの、もうまぎれもなくジュズサンゴ。種から生えたのも本葉が出てきた。

バタとはちみつとほうじ茶_a0203003_16571615.jpg
 カモミールが咲いた。
 ホーリーバジルが大きくなってきたので、雨を待ってもうひとつの畝に移植する。もうひとつ、ホウキグサの種だと言うことを忘れて、ぱっぱとはたいちゃったところにびっしり!と発芽。これも移植しなくては。

 Iさんのところへ、菖蒲とヨモギを切って持って行く。うちの分も切る。旧暦5月5日はいつだっけ、とおもったけど、そう言えば越後は一月遅れでいいんだった。ひな祭りは4月3日。お釈迦様の日は5月8日。端午の節句は6月5日。七夕は8月7日でお盆は8月15日、と。
 いい気になって長話して、反省。


にほんブログ村
>



by buribushi | 2020-06-05 17:19 | たべもの | Comments(6)

久しぶり、烏賊飯。ほか

           5月29日 金曜日 晴 13度。。24度

久しぶり、烏賊飯。ほか_a0203003_20595964.jpg
 烏賊飯。小さいスルメイカがあったので、わたを抜いて洗い、もち米を詰めて爪楊枝で止め、醬油と味醂少々の味で煮る。急な思いつきだったので、もう少し時間を掛けた方がいいという出来上がりだったけど、久しぶりで、美味しかった。

久しぶり、烏賊飯。ほか_a0203003_20591962.jpg
 山のツツジ、魚沼・弟の畑近くの林で、手に載るほどの苗を採ってきて数年。ひなびた赤さが好きだ。子どものころ、この花を食べた。花弁はかるく酸っぱく、元のほうに少し蜜の味がしたような記憶。明日食べてみようか。

久しぶり、烏賊飯。ほか_a0203003_20590781.jpg
 湯之谷の妹が送ってくれた山椒の実、豊か。冷凍と、佃煮と、塩漬けにしよう。苗も沢山ある、上げる、ということだった。

久しぶり、烏賊飯。ほか_a0203003_20584959.jpg
 所用、市内へ。田植えが済んだ田んぼ。守門岳の雪は残り少なし。呆然と暮らすうちに季節がどんどん移る。

 明日、新聞に折り込まれる「尋ね猫」チラシが出来たが、オジがぶち猫にみえるような悪い印刷でがっかり。千枚で折り込み料金とも3900円という安さだから致し方もなし。多少話題や情報になるか?自分で作ったチラシをカラーコピーしたら良かったと思う。もっと早くするべきだったと思う。
 昨日見に行ったら、オジが来始めたころののらねこ然とした写真を大きく、きれいな写真(昨日の記事)をちいさくしてあったので、ビックリして直してもらったのがせめてもの慰め。
 


にほんブログ村
>






by buribushi | 2020-05-29 21:29 | たべもの | Comments(3)

キムチ鍋と今日の花

           5月8日 金曜日 晴 7度・・22度

キムチ鍋と今日の花_a0203003_19331393.jpg
 キンポウゲの一種かと思ったら、ラナンキュラス・ゴールドコインという立派な名があるという。1円玉くらいの小さい花、よく見ると手が込んでいる。


キムチ鍋と今日の花_a0203003_19333954.jpg
オダマキ。なぜか咲き進むとペチコートを重ねたような3重、4重の花が出てくる。

キムチ鍋と今日の花_a0203003_19332768.jpg
 白のアザミ、去年苗を買った。沖縄へ行ったら道ばたに白花の、背の低いアザミが咲いていた。

キムチ鍋と今日の花_a0203003_19325871.jpg
 キムチの残りを使って鍋ものにした。キムチの汁、白菜漬け、茹で筍(今朝貰って茹でた)、豚肉、豆腐ちくわ(豆腐と魚肉を混ぜた鳥取のちくわ)、三つ葉(草取りしながら摘んだ)など。猫失性腑抜け症でオカズ作りに身が入らない。


「早い話が、コロナは限界集落にはなじまない。岩手県とか・南魚沼市とか、魚沼市とか。旧与板町とか」
 今日、笑った、夫の知人からのメールの一節。ご本人の住所と家の住所が入っている。

 




にほんブログ村








by buribushi | 2020-05-08 19:45 | たべもの | Comments(4)

切り干し大根とベーコンの炒め煮・水仙種々

       4月6日 月曜日 雨降ったり止んだり 5度・・10度

切り干し大根とベーコンの炒め煮・水仙種々_a0203003_21453203.jpg
切り干し大根とベーコンの炒め煮・水仙種々_a0203003_21464158.jpg
切り干し大根とベーコンの炒め煮・水仙種々_a0203003_21471305.jpg
切り干し大根とベーコンの炒め煮・水仙種々_a0203003_21454416.jpg
切り干し大根とベーコンの炒め煮・水仙種々_a0203003_21465466.jpg
いま咲いている水仙を羅列した。

切り干し大根とベーコンの炒め煮・水仙種々_a0203003_21451202.jpg
 初めて作ったおかずなんだけど、たいへん気に入って、一度で「うちのおかずのいつものあれ」に登録決定。
 切り干し大根(先日、貰い物を半分煮て、半分干した)を戻して絞る。ベーコンを刻んで、切り干し大根と一緒に白締め菜種油で炒め、塩と胡椒で調味して、お湯を注いで蓋をしてしばらく煮た。水が少なくなった音がしたら蓋を取って、底に水気が無くなるまで混ぜながら煮つめた。
 大根が柔らかくなっていたら出来上がり、硬かったらもう少しお湯を足して煮る。ベーコンから味が出るから、塩を入れすぎないよう気をつけて。


にほんブログ村





by buribushi | 2020-04-06 22:03 | たべもの | Comments(6)

天草から来た甘夏蜜柑




        3月28日 土曜日 時々雨 8度・・10度


天草から来た甘夏蜜柑_a0203003_18224560.jpg
 天草の養豚場から送って貰った甘夏蜜柑。蜜柑の木の下は豚ちゃんが駆け回っている放牧場だそうで、埃や泥がついていたら洗ってください、とのこと。水洗いしてから塩を付けて、磨くように洗う。
 マーマレードはストーブの上で煮るのがいちばんいいので、今がシーズンなのだ。なまで食べても美味しくて、今日二つたべてしまった。とくに甘いのではなくて、バランスがいいというか、あっさりとやすらかな味、なんて言って、伝わるかどうか。
 1キロ150円とやすいけど、送料が同じかそれ以上にかかる。それでもこの蜜柑がよくて、シーズンを待っている。
 ↓だるま放牧場Facebookから拝借した写真。このほうがよく熟しているね。皮が柔らかそうで。いまはどっさりあるから、まずこれを片っ端から煮たり食べたりするとして。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
画像に含まれている可能性があるもの:犬、木、屋外、自然

天草から来た甘夏蜜柑_a0203003_18421874.jpg
イカリソウが咲き始めた。これはいつも一番早い白花のイカリソウ、写真へたくそ。明日もう一度撮ってみるわ。

天草から来た甘夏蜜柑_a0203003_18215361.jpg
 バイモも同じく写真ヘタ。蕾がまだたくさんある。細い葉の先がくるっと巻いているのが子どもの頃からすきだった。地味な花で、子どもの好みとしては、しぶい。

天草から来た甘夏蜜柑_a0203003_18230032.jpg
 まーまれーどってなに?おいしい?ぼくもたべられる?




にほんブログ村





by buribushi | 2020-03-28 21:34 | たべもの | Comments(7)

祝・初ピザ と キッチンガーデンのこと

       3月15日 日曜日 晴れたり曇ったり 2度・・10度


祝・初ピザ と キッチンガーデンのこと_a0203003_13051250.jpg
 料理の記事を見ても作ろうと思わなかったピザ、makopenkoさんのブログを見たら真似っこしたくなった。
 強力粉はあったので、こだま酵母を入れて捏ねて、ビニールを被せて薪ストーブの下へ。ここまでやっておいて買い物に出る。トマトソース、アボカド、ベーコンを買ってきた。玉葱と林檎のみじん切りを炒めてトマトソースで煮込み、伸したタネにたっぷり塗る。(白ワイン、香料など、無いものは皆略す)
 トッピングは以下。玉葱、アボカド、ベーコン、日野菜の蕾(茹でておく)、とろけるチーズ。

祝・初ピザ と キッチンガーデンのこと_a0203003_13052484.jpg
 何度で何分焼くのかも知らない。様子を覗いて見い見い、これでいいか?となったら取り出す、と。天板に油を塗って焼いたが、なんのことはない、オーブンペーパーを敷けばそれで良かったと天板を洗いながら思った。

祝・初ピザ と キッチンガーデンのこと_a0203003_13054103.jpg
 あまりよく見ないで次へ行って下さい。
 紅茶を、シナモン少しと一緒に煮だして、牛乳と、キビ砂糖少し入れて煮立てて漉した、いいかげんなチャイも作って供す。どっちもまあまあ、おいしかったです。今度は作り方をオベンキョウしてまた作る。


祝・初ピザ と キッチンガーデンのこと_a0203003_13055507.jpg
 買い物に出たら晴れていて、けっこう暖かい。この右側の家の向こうに、家の畑がある(あった)。千体川(せんだいがわ)に架かる橋の上から川上を見る。
 スーパーはえらい混みようで、レジを待つ列が棚のある通路の半分まで伸びている。ひと籠の量が多いので手間取る。日曜の昼間っていつもこんなに混むんだろうか。紙の棚は「一家族様二個まで」なんて書いてあって棚の半分にもならない量。すぐそこのホームセンターは棚いっぱいあって貼り紙なんてなかった。

祝・初ピザ と キッチンガーデンのこと_a0203003_13060637.jpg
 道路から千体川までの間、約半反の畑。20年くらいつくっていたけど、このところ水不足の夏が続き、トシヨリの手に負い兼ねて止めた。最近、新しく持ち主になる人が決まって、「売り出し中」の紅い幟旗も取れた。
 畑は家の脇の、ほんのキッチンガーデンだけになった。老人向き。






にほんブログ村






by buribushi | 2020-03-15 13:35 | たべもの | Comments(8)

あまい大根おろしなど

3月14日 土曜日 曇り 4度・・6度


あまい大根おろしなど_a0203003_20142369.jpg

 うちの周りでシグレミソの材料を摘んだ。蕗の薹、ヨモギ、三つ葉、日野菜の葉っぱ、ミミナグサ、ハコベ。種類が少ないけど量はたっぷり。

あまい大根おろしなど_a0203003_20132170.jpg

 手前、シグレミソ。洗って細かく刻んだ野草と野菜を炒め、あみちゃんの手製味
噌で和えた。いつもながら滋味。
 左上、エリンギと豚肉のポン酢醬油炒め、美味しい。

あまい大根おろしなど_a0203003_20135204.jpg

 大根おろしの甘くて美味しいこと。これは去年取り残して畑で冬を越した、うちの大根。小さいが、みずみずしく甘い。木の葉、草、厨芥、米糠などを有り次第に積んだだけの堆肥、風呂やストーブの灰、が主な肥料で、自然農業家宮尾さんの鶏糞も少し。

あまい大根おろしなど_a0203003_20143859.jpg

  シグレミソにも入れた、日野菜蕪の薹立ち。これだけを茹でて食べてもいい。



にほんブログ村




by buribushi | 2020-03-14 21:03 | たべもの | Comments(6)

焼き藷ばなし

3月12日 木曜日 晴 6度・・11度

焼き藷ばなし_a0203003_22451777.jpg
 午後、遠山の雪がこの位に見えるころ鍼灸院へ出かけ、二人たっぷり時間をかけてもらい、夕食の買いものなどしながら帰る。甘藷も5キロ買う。一箱700円とやすいけど、全部で6本入りという3Lもの。紅はるか。
 以前、農業雑誌でみた紅はるかを植えたかったけど探しても苗がなくて、遠くから取り寄せて植え、次の年からはその藷の苗を起こして植えた。畑を止めるまで、毎年主な作物だった。いまはこの辺りでも普通に苗を売っている。藷はホクホク系とねっとり系があるけど、紅はるかはねっとりの方。ゆっくり焼くとこれが藷かという甘さで、風味は目立たずあっさりしている。
 古い鍋に小石を敷き詰め、藷を入れてストーブにかけて放って置くだけだけど。ストーブ調理は焼き藷が終わると夏蜜柑マーマレードのシーズンになる。どちらも、自分でも食べるけど人に上げる方が多い。

焼き藷ばなし_a0203003_22453327.jpg
 日が沈む頃帰ってきた。

焼き藷ばなし_a0203003_22455024.jpg
 夕日の頃の気持ち、子どもの頃の夕方の気持ちと似ているようになってきた。いまは泣かないけど。





にほんブログ村




by buribushi | 2020-03-12 23:12 | たべもの | Comments(4)

山ウドの煮物・玄米粥

3月3日 火曜日 晴れたり曇ったり 7度・・10度

山ウドの煮物・玄米粥_a0203003_13395923.jpg
 昨日、古い銅鍋で茹で戻し、水たっぷりで塩抜きして置いた塩漬け山ウド。干し椎茸を、その戻し汁と醬油、味醂で煮て、さらにその汁で山ウドを煮た。
 山ウドは塩漬けで持っていた水分を絞られ、塩抜きで茹でたり晒したりしてクセがかなり抜けるので、強すぎる山ウドの香気が苦手の人も食べられる。
 これは魚沼の山で雪消えに生えてくる一級品の山ウドだけど、どんなウドでもそれなりに美味しい。さて今年の山。ほとんど雪が積もらないと、山菜的にはどうなんだろう。

山ウドの煮物・玄米粥_a0203003_13394584.jpg
 玄米お粥。ほかには蕗の薹味噌(茹でて刻んで味噌と和えたのと、みじん切りを炒めて味噌を入れたの。それぞれ美味しい)、ちりめんじゃこに酢、鶏手羽先の煮汁の煮こごり、梅干し。



にほんブログ村

にほんブログ村
bumidayat-Sari さま の所から無断で又借りした、某店「正しい貼り紙」。
コロナの話題はこれにて終わりにしたいが…_d0009105_10311045.png





by buribushi | 2020-03-03 13:52 | たべもの | Comments(16)

塩漬けの山ウド・鎚起銅器


         3月2日 月曜日 曇り時に雨 2度・・12度  


塩漬けの山ウド・鎚起銅器_a0203003_19250827.jpg
 魚沼の弟に貰った山採りのウドの塩漬け。たっぷりの塩と重石で漬けてあって、一年経っても美味しく食べられる。

塩漬けの山ウド・鎚起銅器_a0203003_19260504.jpg
 会ったことのない夫の母が使っていた銅製の蒸し鍋を持ち出して、たっぷりお湯を沸かした。こういうものは古くても捨てられない。
 ぐらぐら煮立ったお湯に、刻んだ山ウドを放ち、ぐるっとかき回して、もう一度ぐらぐらと煮立ったら火を止めてさめるまで置くと、

塩漬けの山ウド・鎚起銅器_a0203003_19253484.jpg
 ウドに緑色が戻ってくる。これは銅鍋でないと出来ない。水をたっぷりにして塩出ししてから煮て食べる。楽しみ。
 この鍋は蒸し鍋で、すのこ(やはり銅製)がついている。夫が子どもの頃、よくさつまいもを蒸かして貰ったそうだ。 

塩漬けの山ウド・鎚起銅器_a0203003_08165791.jpg
  鍋蓋のアップ。鎚起銅器(ついきどうき)だ。一枚の銅板を鎚で叩き叩きして形をつけていく手法は古くからあって、今も県内の燕市の産業になっている。水指の細い注ぎ口まで叩きだしたものを見たことがある。
 銅だから、これも鎚起か?と思って蓋を見たら、はたして鎚跡があった。現代のものに較べたら大雑把。
 蓋の縁など切りっぱなしの銅板で、本体にきっちりはまる。本体の縁も同じ。私が来てからでも60年、その前に母は何年使ったのだろう。一生もん、という言葉があるけれど、母と私が使い、まだ充分現役。むかしは地銅(銅の板)専門店もあった。


塩漬けの山ウド・鎚起銅器_a0203003_08435047.jpg
 現代ものの鎚起銅器、茶筒。これは叩いた銅板を丸めて閉じてある。鍋の場合と違い、鎚跡は景色付けか?縁が切りっぱなしの銅板でぴったり閉まること、古い銅鍋もこれも同じ。


 

にほんブログ村





by buribushi | 2020-03-02 19:46 | たべもの | Comments(6)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

ミケさま 夏らしい花、..
by buribushi at 18:54
ミケさま そうそう、山..
by buribushi at 18:47
仙人草、キツネノカミソリ..
by mikeblog at 17:46
あー、これはスベルベさん..
by mikeblog at 17:37
ミケさま ピースはおば..
by buribushi at 16:50
猫っていくつになっても丸..
by mikeblog at 13:47
tsunojirushi..
by buribushi at 22:38
かわいいかわいい!
by tsunojirushi at 22:26
ミケさま >復活 は..
by buribushi at 08:53
パソコンが復活しましたね..
by mikeblog at 23:28
鍵コメさま 新しいパソ..
by buribushi at 09:06
鍵コメさま わーっ!あ..
by buribushi at 21:25
ミミの父さま >オレン..
by buribushi at 21:18
hiruneyohuka..
by buribushi at 21:15
オレンジが本当に石鹸か、..
by ミミの父 at 08:57
すばるさま 「くぼた沖..
by hiruneyohukashi at 01:11
鍵コメさま もう沖縄行..
by buribushi at 20:55
ミケさま ねー、ころん..
by buribushi at 20:45
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:41
ほんとだー、お饅頭みたい..
by mikeblog at 18:19

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

ファン

検索

ブログパーツ