人気ブログランキング |

おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

カテゴリ:その他( 183 )




手放した畑のこと

          7月1日 水曜日 雨
ふたつ目の投稿

手放した畑のこと_a0203003_09115385.jpg
 手放した畑、地鎮祭があったと見る間に今日は雨の中で工事がはじまっていた。若い人が家を建てるのだ。
 一反の田を埋め立てた土地を二つに割ったうちの一つで、矩形、前は道路後ろは川。地目は宅地で、そのまま畑をしていた。上下水道完備(使わなかったが)。
 夫が退職した年に、急いで手放したい人がいて、坪単価は言わず全部で幾ら、という。借りた畑を、土が良くなる頃に返す事が重なり、その上退職金という持ち馴れないものを手にした時だった。
 20年余り畑をして、年を取り、力尽きかけた時に売買の話が出た。買った時の半額。いい畑になっていたが、「高い藷食った」。
 まるで、あの若い人達の為に、買って、安くなるまで保存していたみたい。そう考えたら、そう言えば、買う時も、どうしてもお金が要る人が急いで売りたかったのを買ったんだったね。
 減った半額分のお金は、売り手を助け、次の買い手を喜ばせた、天に貯金だね。昨日そう結論。勤め人の給料は我慢賃。と言われる、夫の働きのもたらしたお金、ただ減らしたのではない。そういうことだ、とビールで乾杯した。
 近年になって畑の周囲に施したコンクリートブロックの土留め。魚沼の業者の、同級生のNさんが、Y子がおれに仕事させてくれた、と喜んでいたぞ、と、彼の没後に同級会で聞いた。
 昨日夫が通りかかったら、畑の買い主が帽子を取って深々と頭を下げたという。



にほんブログ村




by buribushi | 2020-07-01 09:36 | その他 | Comments(6)

複写はがきというもの・今日の花など

          7月1日 水曜日

 騒がしい半年が過ぎ去った。あとの半年、どうぞ平安でありますように。
 むかし、「複写はがき」ということをしていた。カーボン紙を挟んでハガキを書き、文面が手許に残る、というもの。最近それを見つけて、たいへん懐かしかった。
 思い立ってまた、はがき控えを取り寄せ、書き始めた。初日5枚、昨日8枚。書く事は好きなので苦にならない、お喋りなので書くたねに困らない。
 投稿者の人に添削の理由とか。昔自著を下さった人に再読の感想。那覇の乾物店に黒糖や昆布の注文。ご無沙汰の友だち。
 「お変わりなくおんさるけも」は、お変わりなくいらっしゃいますか、を、岐阜の古い友達にその土地の言葉で。8歳のとき彼女の家へ行き、初めて無花果を貰って食べた嬉しさは忘れていないのに、一生の過ぎるのは早い。

 明け方、ハッキリした夢を見た。黒い、もっくりしたねこが畑にいた、その後ろ頭の様子。オジ と言って目が覚めた。窓を開けて、夜明け前の畑をしばらく見た。

複写はがきというもの・今日の花など_a0203003_07565796.jpg
 草むらに生き残っていた崑崙朝顔。小輪、紫紺のありふれた野朝顔だけれども、その名前「崑崙」のためにわすれない。遙かな思いを誘うその地名。

複写はがきというもの・今日の花など_a0203003_07571460.jpg
 どこからか種が飛んで来たらしいモウズイカ。

複写はがきというもの・今日の花など_a0203003_07574806.jpg
 michikoに買ってもらったベゴニア、「サザーランデイ」。きゃしゃで、垂れ下がって咲くオレンジ色の花。見附市にて。


複写はがきというもの・今日の花など_a0203003_07572990.jpg
 挿し木のスモークツリー(左上、茶色の茎)が元気を取り戻した、葉がしゃんとしている。バラは皆元気。



にほんブログ村




by buribushi | 2020-07-01 09:03 | その他 | Comments(4)

新潟支部長拝命

      6月19日 金曜日

 何の?って、柑橘愛好会の。ネット上のお遊びで、入る。と表明すればすぐに会員で、居住地で最初の入会者は自動的に支部長になる。
 一度も実のならない柚子の木所有。甘夏ミカンのマーマレードを煮る。と、いうのが入会希望のとき申告したこと。
 3月に、熊本は天草の甘夏ミカンを煮た時の写真を再掲して置こう。逆光なので状態がわるいが、2020/3/29製 天草甘夏みかんマーマレード。

 柑橘愛好会 ↓の記事のコメント欄参照のこと。名誉会長・会長のブログリンクを貼ろうとしたが何故か上手くいかなかったので、下記から。

名誉会長 カノママ 「黒猫瓦版」 大阪本部長
会長 yukimama  「ちゃたろうと気まま日記」 北海道支部長
 マーマレードと干し大根・おでん_a0203003_18342627.jpg
名柑橘同好誉名誉会長猫会長ぶろぐ


にほんブログ村
 

<




by buribushi | 2020-06-19 17:46 | その他 | Comments(9)

お菓子「四畳半」・梅雨前線近づく?

 
        6月11日 木曜日 曇のち雨

お菓子「四畳半」・梅雨前線近づく?_a0203003_14125542.jpg
 あつこさまが、お菓子「京のよすが」を送って下さった。四畳半さん、と愛称されるというお菓子の名は知っていたが、実物、初めて。季節のものをかたどった可愛らしいお菓子がぎっしり並ぶ。
 おしゃべりきもの が怖くて開けられない、とおっしゃるから、「ねこ見舞い」であろう。お気持ちほんとに有難うございます<(_ _)>


お菓子「四畳半」・梅雨前線近づく?_a0203003_14203193.jpg
 予報も、空気の感じも、雨が近かったので、起き抜けに草取りをした。昼近く、ぼつぼつ降り出す。
 しばらく雨が無くて、畑はからからだった。前の畑、と言っていた約半反の畑を手放したのも、耕作がイヤになったんじゃなくて水運びが辛かった。近年雨不足で暑すぎる夏が多くなり、一輪車で運ぶ水は文字通り焼け石に水で、年取って体力が無くなったのと重なって、畑をあきらめた。
 いまは家の脇の、ほんのお勝手用のこの畑だけ。わたししか耕す者はいないので、気ままにできてラクだ。意見が違って大声でケンカしながら畑をしている人達がいて、(やってるやってる)と、見ないフリする。男子は知って居ても居なくても主導権をとりたいらしい、わたしは大声で言い返さないだけ、腹に溜まって仕事よりくたびれた。体力が無くなってどっちかが畑出来なくなるまで、うまいことやりなされ、オラ知らん。
 十分湿ったら、厚蒔きだったホーリーバジルを間引いて移植するよう、隣の畝を空けてある。まだまだほんのお湿り、もう少し降ってから。

お菓子「四畳半」・梅雨前線近づく?_a0203003_14133788.jpg
 茄子が実になってきた。漬けても、煮ても焼いても、茄子は美味しい。

お菓子「四畳半」・梅雨前線近づく?_a0203003_14212391.jpg
 先日、娘とその息子二人で、ここに積んであった木を切ったり割ったり運んだりしてくれた。昨日杉の葉の粉になったのや、土や、混じったゴミを掃き寄せて取りキレイにした処へ雨、よかった。焚き物とも、土ともつかないごみが雨に降られたら始末が悪かろう。
 そのゴミ、葉っぱが多いところは風呂焚き用に、土っぽいところは畑に。


お菓子「四畳半」・梅雨前線近づく?_a0203003_14143078.jpg
 降り出す前の大働き、蟻がカメムシを運んでいた。自分よりずっと大きいものを。巣穴に入るのかな?

お菓子「四畳半」・梅雨前線近づく?_a0203003_14131737.jpg
 野花菖蒲が咲き出した。シロバナタニウツギと同じく、出雲崎へ行く途中の山採り。あの辺りは野生できれいな花があるところ。

 今朝、小さいネズミが部屋に置いてあった。ピースのオシゴトだ。褒めようと思ったら、もうどこかへ潜って寝たあとでこの辺りにいなかった。押し入れの戸を自分で開けて、お客布団の上に寝るのは閉口。古いタオルケットなどを掛けて用心した。
 最近はネズミもみないけど、以前はよく獲ってきた。獲るだけ、あとは見せれば気が済むので放って置いてある。小さくて鼻先の長い、これはトガリネズミか。


にほんブログ村
>  



by buribushi | 2020-06-11 15:12 | その他 | Comments(10)

簡単マスクを縫う・抗がん剤・

簡単マスクを縫う・抗がん剤・_a0203003_21481606.jpg
 二重になったガーゼ手拭いを二つ折りにしてお皿(これは直径23.5センチ)を載せて、縁に沿ってぐるっと線を書く。


簡単マスクを縫う・抗がん剤・_a0203003_21484014.jpg
 切り抜いて、真っ二つに切る。この一方がマスク一つになり、二重ガーゼの手拭い一枚でこのマスクが四つ取れるわけ。

簡単マスクを縫う・抗がん剤・_a0203003_21490731.jpg
 中表にして、縁に沿って半円形に縫い、

簡単マスクを縫う・抗がん剤・_a0203003_21493389.jpg
 縫い初めと縫い止まりを合わせるように畳んで(この時点でマスクはガーゼ四枚重ねになる)。

簡単マスクを縫う・抗がん剤・_a0203003_21495859.jpg
まち針とまち針の間を残して両側を縫い合わせ、

簡単マスクを縫う・抗がん剤・_a0203003_21501508.jpg
 縫い残したところからぐるっと裏返して、その口を閉じがてら、この辺を端から端まで縫い、



簡単マスクを縫う・抗がん剤・_a0203003_21503639.jpg
 尖った角をちょっと折り返して縫い止め、紐(ここではパンストの切ったもの)を通して結ぶ。以上。
 今まで見た中で一番簡単で、わたしでもたちまち出来た(ユーチューブで見たものに我流入り)。
 カーブのとこが長く(私の鼻もひくく)着けると鼻の辺りに空間が出来て、息苦しくなくてたいへんよろしい。

 知人に上げよう。不細工だけど、寝るときでも息がラクでいい。彼女、病状は軽いが、手術後「念のため」抗がん剤を勧められたという。
 私に相談された。私は直腸がんと言われてすぐ、手術と抗がん剤と放射線要りません、と言った。そういうわけには行かない。切るだけは切らせなさい、後の養生は鍼灸でも漢方でも好きにしていい。・・切ってあとはただ寝ていて、たいへん辛かった話はもう前にしたので略す。
 彼女には、私は私の勝手でそうしたので、人に、しろ、とかするな、とか言えない。自己責任で、と言った。随分何人ものがん経験者の所へ聞きに行き、迷っていたが、結局受けることにしたらしい。
 


にほんブログ村
>







by buribushi | 2020-05-30 05:30 | その他 | Comments(8)

辛夷咲く山

5月2日 土曜日 晴 14度・・27度

もう一度昨日の魚沼。

辛夷咲く山_a0203003_15510677.jpg
 山の畑は、私が子どもだったころは急な斜面にジグザグに切った道を歩いて上り下りするしかなかった。大根も粟も背負いおろした。いまは山をぐるりと巻くように車道が出来ていて、トラックでもトラクターでもどんどん登る。
 コブシの、花は終わりかけた大木。この下辺りは遊びに来て、シモツケソウだの、鬼百合だの、季節の花を摘んだところ。

辛夷咲く山_a0203003_15514845.jpg
 山の上は平らになっていて畑がたくさんある。ゥエンテーラ(上の平ら)と呼び、畑からは土器や石器が出たりする。生家にも畑から出た石斧があったはず。
 左側の山は権現堂山。母の里の並柳へ行くと近々と見えた。入道雲がたちまちむくむくふくれて、大粒の夕立がざーっと通り過ぎると、また日が照って蝉が鳴き出した夏休み。

辛夷咲く山_a0203003_15520991.jpg
 弟の畑の近くで、義妹と蕨を摘む。蕨は茹でてアク出ししてから刻み、細切りの塩昆布と混ぜて酢で和えて美味しく食べた。

辛夷咲く山_a0203003_15512535.jpg
 蕨や草が茂ると見えなくなって仕舞う草原にすみれ。
 クマザサに蕾が着いていた。竹や笹はめったに花が咲かないが、咲くと枯れてしまう。粽の笹を取らせて貰いに来ていたが、今年はどうなるのだろう。chieも籠を編む竹に花が咲いたと言っていた。

 私は親の仕事先の、伯父(のちの養父)の小さいバス会社(乗合自動車商会と言った)があった岐阜・東濃の田舎で生まれた。4歳で一家して魚沼の郷里へ帰り、6歳で伯父伯母の家へ連れて行かれ、8歳で魚沼の生家へ戻り(直後に終戦)、15歳でまた岐阜へ行って、正式に養女になった。中学3年のある日伯父が来ると、あさって一緒に岐阜へ行く、明日学校で転校の手続きをしてくるようにと言われた。
 魚沼とは、引きちぎられるように別れたと思う。八年後、長岡在の夫と結婚したので、また越後へ帰り、以来60年。別に、越後へ帰ろうと思って結婚を決めたわけでは無かったが、結果としてそうなった。
 フォッサマグナのむこうとこっちは、大げさに言えば国・人種、が、違うくらいに違いがあると感じていた。わたしは戻りたかった。
 伯母がしっくりと気持ちの合う人柄だったら、案外そのまま岐阜のひとになって、「そうけも、そうやなも、(そうですか、そうですね、)」と言って暮らしていたかもしれない。
   


にほんブログ村


 
 




by buribushi | 2020-05-02 17:06 | その他 | Comments(7)

草たち・焚き物・孫に小包

         4月27日 月曜日 雨のち晴れ 9度・・15度


草たち・焚き物・孫に小包_a0203003_10492274.jpg
 カキドオシ。香りのある野草で、ハーブティにするとか、この前は混ぜご飯を作った人をネットで見た。あまり好きとも言えない香りで、採らないので、うちのまわりにたくさんある。

草たち・焚き物・孫に小包_a0203003_10500465.jpg
 寒葵。野紺菊、彼岸花を下さったと同じ岐阜の人(短歌繋がり)に頂いたのは覚えているんだけど、お名を忘れてしまった。かなり年上の女性だった。申し訳無いことだ。

草たち・焚き物・孫に小包_a0203003_10503154.jpg
 苗を取り寄せて柿の木の下に植えたこの蕗、薹も本体も大きいけど、味や香りは野蕗が優る。この木は、畑をしているとよくオジが登っていた。登って見せる、という、得意そうな様子をして(ToT)

草たち・焚き物・孫に小包_a0203003_10494000.jpg
 この前植え替えた無花果。見えにくいけど、てっぺんに、上向きに、実の赤ちゃんがひとつ。
 今日はこのほか、東南角の薮でラプンツェルを二本新たに見つけた。植物の与えて呉れる喜びと慰めの深さ。オジのことで心がざくざくになっていて、すぐ涙が出る。


草たち・焚き物・孫に小包_a0203003_10510434.jpg
 持ち込まれた焚き物、家壊しの廃材。大量である。夫の体調では薪作りは出来ないので、息子を頼んで切ってもらった。釘だらけで切りにくく、キケン、大工の同業者である息子はあまり気分がよろしくない、無理もない。
 michikoも来て、一輪車で床下へ運んでくれた。ひどく出ている釘はコンクリート床に圧しつけて曲げたり、キレイに積んであった。

 その折、takuが熱出したと息子言う。孫のtakurouは進学で埼玉へ行って一人暮らし、こんな時期の発熱。メールして見たら、扁桃腺が腫れて、化膿したみたいだという。慰問品を小荷物で送る。米、うどん、シーチキンや鯖の缶詰、人参玉葱、黒糖、ホットケーキの粉、などなど。あと「元気の素」はじじばばポケットから出し合いで。隙間にタオルとタオル雑巾。





にほんブログ村






by buribushi | 2020-04-27 11:22 | その他 | Comments(9)

チャイmixなど

3月23日 日曜日 ふたつ目の投稿
チャイmixなど_a0203003_19423350.jpg

 つのさまがチャイミックスと、美容オイル(オリーブスクワラン)をくださった。ミックスは、えーと、クローブ・シナモン・カロンジ・カルダモン・ジンジャー。袋の上からでもいーい香りがする。
 家にはシナモンと生の生姜しかないし、カロンジにいたっては名前も初めて見た。こないだ、なんちゃってチャイを作って飲んでたの見られたからねー。
 明日朝は作って飲もうと楽しみに、牛乳を買って来た(買ったばかりなの忘れてまた買って来た)。

 オイルは使っている化粧水にちょっと混ぜるといいそうだ。いま使っているのはウコンの葉の蒸留水と、無印〇品の乳液、掌で混ぜて使いましょう。買い物に不便な野末?にいるので、こういうもの、とても嬉しい。ありがとうございます。
 


にほんブログ村





by buribushi | 2020-03-23 20:14 | その他 | Comments(4)

おむすび・雉鳩・ねこの舌

3月22日 日曜日 曇り 8度・・12度

おむすび・雉鳩・ねこの舌_a0203003_20353343.jpg
 tsunoさまんとこの芹おむすびが羨ましかったので、真似っこしてあり合わせの高菜で。細かく刻んで塩を振っておいて、ぎゅっと絞ってご飯に混ぜる。今年は暖かいから芹がでるのも早いことだろう。

おむすび・雉鳩・ねこの舌_a0203003_20355158.jpg
 近くの電線に雉鳩がきている。鳴き声を、ででっぽっぽー、ででっぽっぽー、と聞き慣わして来て、いまもそう聞こえる。
 エゴノキの実が冬を越して皮が取れて、豆状態になっているのをよく食べに来ていたが、オジがいるようになってからは降りて来ない。沢山あるから食べさせたいけど、オジは優秀な狩人だからなー。

おむすび・雉鳩・ねこの舌_a0203003_20345892.jpg
 このおとこはベロを出したまま寝ているよ。



にほんブログ村





by buribushi | 2020-03-22 20:49 | その他 | Comments(4)

花が着いた梅の木・キムチ豆腐鍋・オジ

3月13日 金曜日 晴れたり曇ったり 3度・・15度
花が着いた梅の木・キムチ豆腐鍋・オジ_a0203003_19364655.jpg
 昨日の写真・一番古い(35年もの・ここへ来た年に植えた)梅の木、毎年ろくに花がつかなかったのが、今年はこの様子。「ヒゲ親父の気まま流野菜作り日記-正しい梅の剪定の仕方」(http://hige-oyaji.at.webry.info/200712/article_12.html)を何回見直しても、見本の木と家の木は全然姿が違うし、うーん、と言いながらとにかく剪った。こうして見たっていい加減な枝振りだし、効果があるとは思っていなかったが、今までで一番いい花着き。この秋はもっと大胆に剪ろう。
花が着いた梅の木・キムチ豆腐鍋・オジ_a0203003_19361707.jpg
 キムチの容器の底に残った漬け汁を薄めて、白菜の漬け物、豚肉、豆腐、韮。汁の味を見て、醬油少々を足して煮た。豆腐にスが入って味がしみて、美味しい。

花が着いた梅の木・キムチ豆腐鍋・オジ_a0203003_19363155.jpg
 夜外へ出ると帰ってこなかったり、怪我したり(けんか)、するので早々と玄関の鍵を掛けられたオジねこ、自分が入って寝る箱を相手にキックしたり引っ掻いたりあばれる。このこのこの!参ったか!






にほんブログ村




by buribushi | 2020-03-13 19:55 | その他 | Comments(11)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

仙人草、キツネノカミソリ..
by mikeblog at 17:46
あー、これはスベルベさん..
by mikeblog at 17:37
ミケさま ピースはおば..
by buribushi at 16:50
猫っていくつになっても丸..
by mikeblog at 13:47
tsunojirushi..
by buribushi at 22:38
かわいいかわいい!
by tsunojirushi at 22:26
ミケさま >復活 は..
by buribushi at 08:53
パソコンが復活しましたね..
by mikeblog at 23:28
鍵コメさま 新しいパソ..
by buribushi at 09:06
鍵コメさま わーっ!あ..
by buribushi at 21:25
ミミの父さま >オレン..
by buribushi at 21:18
hiruneyohuka..
by buribushi at 21:15
オレンジが本当に石鹸か、..
by ミミの父 at 08:57
すばるさま 「くぼた沖..
by hiruneyohukashi at 01:11
鍵コメさま もう沖縄行..
by buribushi at 20:55
ミケさま ねー、ころん..
by buribushi at 20:45
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:41
ほんとだー、お饅頭みたい..
by mikeblog at 18:19
原種シクラメン、月桃、嬉..
by kazuyoo60 at 16:53
まこぺんこさま こんに..
by buribushi at 13:34

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

ファン

検索

ブログパーツ