おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

カテゴリ:くらし( 251 )




キューブ去りマーチ来る

9月20日木曜日 時々雨 26度
写真は昨日
a0203003_20070464.jpg
秋晴れの昨日のこと。


a0203003_20064157.jpg
 お世話になったキューブを送り出す。大過なく20年、ありがとうございました、お御酒を一杯そそいだ。不具合を直すべき部品がもう無かったのだ。
 後期高齢者、免許返納の時期なのだろうが、田舎暮らしは近くで用の足りないことも多くて、しかも町に一つのタクシーは廃業。いましばらくは。


a0203003_20062580.jpg
 14000キロ乗ってある中古のマーチ、これがわれらのおしまいぐるま。どうぞよろしくお願いします。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-09-20 21:12 | くらし | Comments(15)

早川幾忠いろはうた・メキシコの塩など

9月19日水曜日 晴れ 26度

a0203003_18070569.jpg

 玄関にまた掛けたいろは歌。作者の名前が出てこなくて、さんざん考えて早川、という名が浮かび・・いろは歌と合わせて検索していたら私のブログが出て来た…16年3月30日に一度載せていた。もちろん複製。
 早川幾忠、歌人、画家、書家。自在にして欲の無い文字、大好きだ。一行目のいろはにほへと、が読めたからあとの文字も読む事が出来たのだった。

a0203003_18075579.jpg
 ピンクの塊はメキシコの塩。塩は魔除け、と沖縄で言う。いろは歌も霊力ありという。それで玄関に置く。
 赤い鍋型の容器に入ったのは玄関用のハンコ。


a0203003_18072499.jpg
 置き薬屋さんの薬袋、使っただけ後払い方式。うちは薬は飲まないから、というのを、置くだけでも、と。一年経っても二年経っても、腹薬も風邪薬も、その他も何一つ減らないのを辛抱強く、取り替えてはまた置いて行かれる。マークも薬の名も字体も、何か古風で可愛く、玄関のアクセサリになっている。
 赤いのはうちで採れたとうがらし、その両側は沖縄の古典的ハーブ「ヤマクニブ」。以上みんな玄関のお守り。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-09-19 20:29 | くらし | Comments(9)

午前午後外出・台風近づく ほか

9月4日火曜日  曇り 35度 夕方から風強し 夜に入り雨激しい
a0203003_18382193.jpg

  20年来乗ってきた車、キューブがいよいよくたびれて、もう直す部品がないと言うことなので知人の車屋さんへ中古を見に行った。

a0203003_18384521.jpg

 午後は脚の治療に行き、そのあと、荒らしてしまった「前の畑」の桑の木がお隣屋敷へ枝を伸ばしていたのを剪る。鋸と鋏の二刀流。

a0203003_18395614.jpg

 頼んでいたペンキやさんの仕事は今日で終わり。くーは今日は見学に来なかった。夕方、風が強くなってきた。今夜台風が通過するらしい。


a0203003_18402496.jpg

 台風でどうなるか分からないので、名残のキツネノカミソリを。

a0203003_18392821.jpg

 エゴノキに這い上がった方の仙人草。




にほんブログ村




by buribushi | 2018-09-04 18:53 | くらし | Comments(6)

大根蒔いた・青唐醬油と冬瓜ジャム作った

8月30日 木曜日 雨降ったり止んだり 28度
a0203003_21204168.jpg
 夫が作って置いた畝、大根タネは一箇所に4粒ずつ蒔いて44箇所。蒔いた上に籾殻を少し載せた。その向こうにほやほやとしているのはアスパラガスの苗で、雨待ちをしている間に徒長気味になってしまった。あの暑さと水不足のなかで植えるわけには行かなかったので、致し方なし。以上小雨の中で。

a0203003_21225954.jpg

 青唐辛子を刻んで醬油に浸けた。この「青唐醬油」を作りたいために唐辛子を植えたはずなのに、気が着いたら随分赤く熟しがすすんでいて、やっとこの一瓶だけ。辛みと香りがついた醬油、豆腐や野菜に掛けたり、ラー油のように使ったり。
 赤い唐辛子を胡麻油に浸けたのも一瓶作ろうか。香りは欲しいがあまり辛くなくていいので、タネを抜いて。手袋忘れないこと。


a0203003_21233849.jpg

a0203003_21235807.jpg
 黒いのはブルーベリージャム。鉢植えの2本のブルーベリーから毎日少しずつ摘んで冷凍していたのを煮た。スッパイから40%の砂糖で。
 下は冬瓜ジャム。半個で1.1キロ(皮とタネを取って)あったのを、30%の砂糖とレモン一個の汁を入れて煮た。3分の1はすり下ろして、あとは刻んで煮た、とろりとする。食べる時シナモンパウダーを入れてもいい。砂糖は黄ザラメにした。沖縄の冬瓜お菓子をしのんで。
 
 これらはみな29日に出来たしごとで、ほかに締め切り一つ送稿、5日までの分の下書き一つ出来た。もろもろ、妙に能率の良かった日で、一人前みたいだった。                  夕飯に鶏と大根、冬瓜、じゃがいもをつゆたっぷりに煮て、スープ兼おかずにした。

 脚のためのストレッチも忘れずにやる。以上予約投稿。





にほんブログ村




by buribushi | 2018-08-30 08:30 | くらし | Comments(6)

オーノさんからくーの食べられない買い物

a0203003_19005894.jpg
 信濃川の向こうから、朝、野菜を売りに来るオーノさんの車。お店と比べてとくに安くはないが、自分の畑からの取りたてだ。今朝は丸なす(実の締まった煮たり揚げたり用)ふたつと甘瓜を買った。


a0203003_19011965.jpg
 オハヨー、何買ったの。くーちゃんの食べられないもの。


a0203003_19052662.jpg
 オーノさん行っちゃったよー。

a0203003_19021833.jpg
 外で乾いている焚き物用の木。夕方、あすは一輪車で床下へ運ぼう、と思うけど、朝、昇ったとたんにもう暑い日ざしを受けると、また先へ延ばしてしまう。


a0203003_19024963.jpg
 昨夜ハシモトさんが持って来てくれた藁。自然栽培の稲わらは太く硬くて、敷き込み用にはいいけどものを括ったりするには向かない。
 あり合わせの鶏肉と玉ねぎの卵とじ、胡瓜の漬け物、茄子の味噌汁なんかで一緒に夕飯を食べた。田んぼが乾いてしまって、膝をついて這いながら草取りをしたという。無理な姿勢で一日働いて、立ち居のたびにアイタタと言っていた。

 うちの水道、水源は信濃川。小千谷取水口で平年の40%の水量だという。容易ならぬ雨不足だ。

 Genの誕生日につき西瓜その他届ける。20歳になったという。これで6人の孫のうち5人まで成人した。
 帰りにヤキトリ用の鶏皮、明日の分に豚肉、みちこに頼まれたメンチカツ、を買う。アイスキャンデー(ミルクとあずき)も買う。
 モタイさんの処でアレッポの石鹸買う。
 



にほんブログ村



by buribushi | 2018-08-10 19:34 | くらし | Comments(4)

一週間の歌

a0203003_21500311.jpg
 本文とは無関係だが、密林方面から来た本二冊。先日自分でおしゃべりしたペトログラフ話に自分でノッてしまった結果で、ばかだねえ。
 先輩のお宅で話題になったんだけど、次々妹が生まれて母親が手不足だったころ、本好きがわかって本が子守り、そんなにすきならと人もお人形やお菓子より本をくれた。だから学齢前からのスジガネ入りの活字中毒で、今も毎晩、眠くなって本がバタリと顔面に落ちると灯りを消して寝る。だからよく人に聞かされる不眠の悩みは、わたしにはまったく無い。

 一週間の歌、という外国生まれの歌があるね、「月曜日にお風呂を焚いて 火曜日にお風呂に入る 水曜日にあなたと会って 木曜日に送って行った 云々 友だちよこれがわたしの 一週間のしごとです」。
 私の曜日ごとのたのしみ。
 月曜日は新聞歌壇全国版を読む。テレビ「鶴瓶の家族に乾杯」を見る。旅番組とトーク番組を兼ね備えたこれがすき。
 火曜日は来週分新聞歌壇地方版選歌の、締め切り一日前に送稿する。
 水曜日は新聞歌壇地方版が載る。昭和30年代初めには私も投稿者だった(名古屋本社版。選者は全国版と同じ)。投稿して掲載日を待つ気持ちはよく知っている。
 木曜日はテレビ「プレバト」で俳句の添削を見る。俳句と短歌だけど、共通する部分もあり、大変おもしろくタメになる。こう添削がある、と予想して、結果を見る楽しさ。
 金曜日はEテレで、「又吉直樹のヘウレーカ!」を見る。
 土曜日は地方版新聞歌壇の投稿ハガキまとめが速達で届く。そら来た。何をしていても封を切って読み始める、たいていすぐ選を始める。
 日曜日は選歌の並べ替え、また並べ替え、コメントの下書きなど。
友だちよこれがわたしの、一週間のしごとです。

 草取りなど畑のしごとは、明け方の涼しいうちにやる(こともある)。前の晩の本が面白くてバタリがおそくなり、寝坊することも(わりによく)ある。なにしろ81になり、天下の年寄りなので、目が覚めるまで寝ておれるといういいご身分なのだ。





にほんブログ村



by buribushi | 2018-07-26 07:26 | くらし | Comments(9)

「庭」その後・くーは梅干しを見学

a0203003_11403868.jpg
 とうとう古いあけびの木を思い切ることにして、先の方から剪定ばさみで切って行き、元の一番太いところは鋸で切った。乾かして風呂に焚くのに鉈で刻まなくてもいいように、鋏で短く切った。
 いちだんと垣根の向こうが見えて来た。

a0203003_11405690.jpg
 鋏で切ったあけび。これを拡げて置けば、猛暑でたちまち乾き上がる。


a0203003_11411813.jpg
 眼が覚めたのが5時だったので、涼しいうちにデッキに梅を干した。階段を上がりきったところにちらりと誰かさんが。


a0203003_11414341.jpg
 はい、くーです、にゃーにゃー(おはよう)。彼、二日来なくて、昨日は朝からきてたっぷりまんまを食べた。夕方も食べた。

a0203003_11420361.jpg
 彼の、マンションへの行き方発見。小屋の、波トタン板を切り抜いた箇所を潜った瞬間を、あっ、と撮ったけど脚しか写らなかった。画面左側真ん中あたりに黒い脚に白い足。
何の穴?と聞いたらば、雨が多いとき、小屋の向こうからこっちへ何とかをどうとかして排水、と、言われても、わたしはわからんちん。


a0203003_11421989.jpg
 梅干し。右がほんのり黄色くなった梅を漬けた物、左はかなり熟した、ハシモトさんの持って来てくれた梅。同じ日に揉み紫蘇を入れても染まりかたが違う。左のは取り出すとき幾つも破れたので、甕に戻さず食べてしまおう。
 夕方、まだ熱い梅を漬け汁に戻して一晩置き、翌日また干す。これを繰り返してだんだん紅くなる。あー今年も梅を漬けることが出来た。甕に年齢も書いて置こうか。
ハシモト梅はすこし黴びた(白い、きのこ状にかたまったものが浮く)ので、甕の上の方は梅ごと取り除いた。初めての経験。





にほんブログ村



by buribushi | 2018-07-16 12:03 | くらし | Comments(13)

薮から庭・ダンドク・葡萄・ミニカボチャ

a0203003_14161801.jpg
 昨夜と同じ場所を。35度越えの暑さ。ここへ越してきた時は田んぼを埋め立てた真っ平らな土地で、陰影というものがまるで無かった。雑木林が欲しい、と思った気持ちが、いまのエゴノキ数本、その他の薮を作ったと思う。


a0203003_14163606.jpg
 画面真ん中はカンナの原種だというダンドクで、紅い小さい花が咲く。那覇の農連市場の、シーサーのあった入り口付近、ガーブ川にかかった橋のたもとに咲いていた、その種子を採って来て数年。農連市場は再開発とかですっかり様子が変わり、もう元の場所には何もない。
 鉢ごとうちに入れて冬越しするが、いつも窮屈な目に会わせているから、仮に地に下ろした。



a0203003_14174874.jpg
 うらの薮の、放任栽培の葡萄。緑色に熟し、甘い品種で、タネが無い。品種名不明。知人から挿し木苗を貰ったのだったか、挿し穂を貰って挿したのだったか。2度の引っ越しに耐え、40数年経っている。


a0203003_14170493.jpg
 ぼっちゃんカボチャ。



a0203003_14172894.jpg
 唐辛子。青いうちに醤油に漬ける「青唐醤油」をぜひ作ろう。


a0203003_14180926.jpg
 ミニトマトいろいろ。細長いのはアイコ。ごく小さいのは妹に貰ったマイクロトマトを、粒のまま鉢の土の上で潰して発芽したもの。薄黄色い丸いのは、見た目によらず甘みがある。大きさとぷよっとした手触りを、ピースのおできに似ている、と思ってしまったらその連想から逃げられない。




にほんブログ
今日、新潟情報人気ランキング2位に入っていました。ありがとうございます!




by buribushi | 2018-07-15 14:42 | くらし | Comments(4)

「薮」片付いて「庭」になる?

a0203003_19461782.jpg
暑かった一日も暮れてきた。



a0203003_19460126.jpg
 「薮」からすこしは庭に近づいた?一郭。もう地上部が枯れた桜草の鉢までここに置いたのを家の北側に運んだり。けさは4時半に目が覚めたらじゅうぶん明るかったので、涼しいうちに昨日の続きをした。これは夕方の図。
 いまここにある鉢は、花芽前のホトトギス白楽天・紫帽子と、蕾が見えて来たジュズサンゴなど。この写真を見たら山百合をもっと殖やしたくなった。


a0203003_19463814.jpg
 咲き始めたクレマチス「白万重」。まだ名前が表す特徴が出る前の状態。


a0203003_19465932.jpg
a0203003_19472336.jpg
a0203003_19474360.jpg
上からフロックス、アガパンサス、百日草。

「薮」が少し片付いて来たら、もっと片づけたくなった。柊はばさばさと枝を切った。垣根にあけびがぶらぶら実るのが楽しみだったが、竹垣は3年くらいで結い直さなければならない。そのたびに解いたりまた絡みつかせたり。
 今年解いたのを垣根に巻かないうちに日にちが経ってしまって、地面に置いてある。これもあきらめどきだろうか。

 やり始めて、少しずつ結果に引っ張られるように大片付けになって行く。他の片づけもこの呼吸かも。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-07-14 20:11 | くらし | Comments(8)

ぶった切る!

a0203003_19554229.jpg
 朝、訳あってマイナスな気持ちにとらわれて。マイナスはマイナスを呼ぶから、そのままでいたら通りかかる小学生にまで憎まれ口をきかれた。いかんいかん。こういう気分を振り払うには、なにかぶっこわす。破壊本能を使う。
 30余年前に植えてもらった山法師の木が枯れかかって、再生不能としか思えなくなったのを、切らなくてはと思いながら延び延びになっていた。今日だ。切ろう。鋸、剪定鋏、鋏を持ちだした。
 鋸の刃渡り、24センチ。切り口の一番ふといところ、直径7.5センチ。


a0203003_19544437.jpg
 高めのところでいったん切って担ぎ出し、もう一度切ってごろんと放り出す。うまく行ってもっと切りたくなり、近くの白花タニウツギも剪定。エゴノキの雪折れでぶらぶらしたまま花が咲いていた枝も切る。高くなってエゴノキに突っ込むかたちになったザクロも上半分切ってしまう。
 大体気がすんで、汗がぼとぼと落ち、息も上がって終了。


a0203003_19560011.jpg
 またビフォー写真を忘れる。このあと花が終わった桜草の鉢などを北側へ運び、薮のすっきり化も少し。
 休むーっ、と横になっていたら、ウスイさんが買い物に行くから一緒にどう、と言ってくれた。同じ旧市内へ行くにも夫の車と道筋が違うし、初めて入る店だったり、面白い。ささみその他食料を買う。


a0203003_19563488.jpg
 ささみは開いて、青紫蘇、梅干し、梅の紫蘇、を混ぜて叩いたのを塗って閉じて、フライにした。ウスイさんからぜんまいの煮物を頂いた。


a0203003_21015543.jpg
 今日の道具。小さい鋸だけどなかなか切れて、切り口は平らだった。






にほんブログ村



by buribushi | 2018-07-13 20:59 | くらし | Comments(12)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

最新のコメント

紫蘇の花がたくさん咲いて..
by mikeblog at 20:42
玄米ご飯、一番初めは塩少..
by kazuyoo60 at 20:00
tsunojirushi..
by buribushi at 17:24
ミミの父さま 30万キ..
by buribushi at 17:14
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 17:09
pallet-sorai..
by buribushi at 17:06
コロリさま >問題なし..
by buribushi at 17:00
demi_zoさま 丸..
by buribushi at 16:55
ミケさま 前の持ち主も..
by buribushi at 16:51
色がイイ!( ´ ▽ `..
by tsunojirushi at 15:33
間違って非公開にしてしま..
by ミミの父 at 14:42
新車到着ですね。タクシー..
by kazuyoo60 at 10:03
オフホワイト、でしょうか..
by pallet-sorairo at 09:02
14000キロなんてまっ..
by コロリ at 08:48
お^^新しい相棒 きまし..
by demi_zo at 07:52
終わりのあさきゆめみしえ..
by mikeblog at 22:50
大丈夫です。車は5万㎞く..
by mikeblog at 21:37
demi_zoさま ア..
by buribushi at 15:40
ikokaさま >NH..
by buribushi at 15:37
玄関、めちゃ心強いですね..
by demi_zo at 15:34

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ