おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

カテゴリ:くらし( 233 )




五月五日の大作業

chie,taiti,gen,孫3人が来て外仕事を手伝って呉れた。
a0203003_13290915.jpg
 chieは外に積んであった薪を一輪車で床下の薪置き場へ運んで呉れた。私でも頭を打つ事のある床下、長身のchieには大変な仕事だったろうに。

a0203003_13301243.jpg
 それぞれの仕事のあと3人ともじいちゃんの「土木工事」の手伝いで通路のコンクリート板を敷く。隙間から草がはえないように防草シートを敷いてから。
 コンクリート板も「前の畑」から古いのを剥がして一輪車で運んでくる重労働で、一度に一枚しか運べないのだ。


a0203003_13310884.jpg
 taitiくんが土の山(去年のブロック敷きの時地面を削って出た土)を均してくれたので、私がもう一度耕耘機をかけた。「地上絵」がやや整って来た。ものを植えられる場所が少しずつ増えてきてありがたい。
 前の畑からニラなんかも掘ってきて隅に植えたいし、まだする事がいっぱい。マイクロトマトを植えようと隅に畝を作って置いた。


a0203003_13303212.jpg
 取った草を放り込む堆肥の枠(丸い)がもういっぱいになってきた。糠を掛けて踏み込まなくてはいけない。

 今日のおやつ。chieのお土産、阿賀野の椿餅、三角だるま最中。おばー作成の、うちの薮のヨモギ入りパンケーキ蜂蜜添え。縄文茶。カフェラテおばー製。





にほんブログ村



by buribushi | 2018-05-06 13:48 | くらし | Comments(8)

小屋のくーちゃん・畑と落ち葉 ほか

a0203003_16385434.jpg
 二日ほど顔を見せなかったくーちゃん、今日は午前午後と来た。カリカリごはんと魚のあらを食べ、ゆっくりしている。


a0203003_16391998.jpg
 垣根作りは二日目。天気予報通り昼頃雨になり、今日は半日。


a0203003_16395561.jpg
 このあとまだ、シュロ縄で結いつける仕事があるけれども、ずーっと端まで竹が立てられた。



a0203003_16405322.jpg
 芝桜が咲くと山うどが出始める。山うどを食べて根元を植えて置いたのがみんな着いて、薮や畑の隅々に今年の芽が出てきた。


a0203003_16411581.jpg
 去年の秋、畑に落ち葉を敷いてしまったのは失敗で、一年で土になじむ訳がない枯れ葉ががさがさしている。隅に川流れ(菜)、高菜、にんにく、シマラッキョウなどがいま育っている。
 落ち葉を掻いてしまい、畝の外の菜を食べてしまって、空いた処を耕せば、規模縮小のうちの畑。80老人にはちょうどよろしい。隅々ではうど、よもぎ、浅葱にミツバ、アケビもサルナシもある。
 最初はこの畑だけで大根を作って沢庵を漬けたのだ、何とかなる。


a0203003_16414149.jpg
 落ち葉をレーキで集めて箕で掬っては堆肥の枠に入れた。草や、ハマダイコンらしいごつい大根の抜いたのも入れた。
 落ち葉を敷いたのは「人生フルーツ」にかぶれたのだ。今まで何年も落ち葉堆肥を作っていて、一年では枯れ葉に変化がない(まして堆肥に積む時はあいだに糠や鶏糞を入れている)ことはわかっているのにこういうことをしてしまうところが軽薄というものだ。枯れ葉を盛大に撒いていたあの人達の畑はどうなったやら。
 上の写真で左下隅に見える黒っぽい部分が、寝かせて2年の落ち葉堆肥。今日掬ってエビネ、ナツズイセン、ヤブイチゲ、イカリソウ、などの周りに撒いた。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-04-11 17:11 | くらし | Comments(6)

竹垣の結い直し

a0203003_16270638.jpg
 サトルさんがジロクさんと二人で垣根を作り直してくれるので、絡まっているアケビを助けたくて丁寧に解く。竹垣は私の力で折れてしまう。4年経ったのだそうだ。あんまり保たないね。4年後のことなど考えないことにする。
 テイカカヅラはあまりにもよく絡まっているので、また伸びて貰うことにして剪ってしまった。


 
a0203003_16280977.jpg
 
a0203003_16282923.jpg
 あれ踏まないで、これ踏まないでとウルサイおばーをものともせず?働くお二人。下はヤマボウシの陰にあるイカリソウ。これは地元の山から採って来たトキワイカリソウだけど、雪が多いので残った葉もつぶされて、トキワと言ってもあまり緑は残らない。古い葉を切り取った。
 ヒメウツギ、ハンショウヅルなどを一回り大きい鉢に植え替える。
 〇〇ヤマさんが畑に立てる棒にしたい、と取り外した竹をたくさん貰って行き、古い棒を燃して、と持って来た。

a0203003_16273204.jpg
ばーちゃんがんばれー。はいよー。






にほんブログ村



by buribushi | 2018-04-10 16:42 | くらし | Comments(6)

ストーブの火・薪のことなど

a0203003_18494028.jpg
 冬のくらしの中心はストーブの火。暖を取る、ものを煮る、焼く。
ものが煮えてくるにしたがって火の勢いは衰えるので、焦げ付いたとか煮すぎたということなく、マーマレードでもおでんでも、煮豆でも、美味しく煮える。もちでも焼きいもでも上手に焼ける。
 ねこはあたたまった板の間に長々と寝る。


a0203003_18501014.jpg
a0203003_18510585.jpg
 焚き物は伐られた木だの、建築の端材、廃材、何でも焚く。よく薪作りをしていたり、貰った木が積んであったりするので、不要の木を持って来たら焚いてくれるか、と持ち込まれる事も多く、薪は買わないで済んでいる。ありがたい。


a0203003_19453763.jpg
a0203003_19455856.jpg
 頂いた木は夫が薪の大きさに切る。高床の床下に積んで置いて、冬中(風呂には年中)焚く。冬も半ばの床下薪置き場。



にほんブログ村



by buribushi | 2018-01-27 19:40 | くらし | Comments(9)

大宴会の巻・ねこは参加か不参加か

a0203003_20545495.jpg
 娘達にお任せで食材・料理を運んで来てもらった。私はちらし寿司とお汁を作り、沢庵を切っただけ。
 手巻き鮨・ローストビーフ・揚げたてコロッケ・サラダ・云々。


a0203003_20570809.jpg
 孫達のおとうさんまで盛りつけに大わらわ。



a0203003_20584355.jpg
 宴たけなわ。お飲み物はビールに鶴齢(かくれいー塩沢のお酒)、老酒(らおちゅうー紹興酒の古酒)、生絞りリンゴジュースなどなど。このあとじいちゃん早々と落城、二階へ退却。     
 孫、次々見に行き、「新聞被って寝てた」「ぷー、ぷー、と音たてて息してた」などと報告。息してればダイジョウブだから寝かせておきなさい。ピースはわたしのベッドに寝ていたそうだ。

追記。お酒はこのほか「五郎八」(新発田産にごり酒・たぶん落城の主因)、「ひめぜん」(宮城産清酒)もあった。



a0203003_20595023.jpg
 食事が済んでおこたでトランプ。いとこ達、年齢も近く、いい仲間なんだけど、皆が集まることって案外ない。聞いていて笑い出すほど楽しそう。



a0203003_21025456.jpg
 人ぎらいで、いつも人が来るとさっさとどこかに隠れて出てこないピースがそろりと出てきた。にいちゃんも心得て、後ろ向きに様子うかがい。ピースもあいだを置いて様子うかがい。このあと撫で撫でしたかった別のにいちゃん、引っかかれて
血ぃごーごー(単に血が出た、ということを沖縄的表現)、たしなめようとした私にはねこパンチ。爪は出てなかった。
 ストーブの前で寝ちゃう人も出るなど、みんなくつろいで、あー楽しきかな。
a0203003_15503865.jpg
ピースの様子伺い表情、拡大。写真ボケちゃったかな。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-01-08 21:13 | くらし | Comments(10)

塩鮭、沢庵のお茶漬け

a0203003_20111840.jpg
 久しく休み、今年はやらなくては、と思っているガラス細工(とんぼだま)の材料を見えるところに置いた。


a0203003_20134091.jpg
 9月13日に蒔いた原種シクラメン、ぼつぼつ、ぼつぼつ芽が増えて育っている。元にごく小さいピンクの玉があるのは球根の赤ちゃんであろう。乏しい日の光に向かって精一杯伸びている。




a0203003_20173822.jpg
 ガーデンシクラメンの鉢にこぼれ種子からひとり生えしたシクラメン、2年目の花。今年はなぜか花の茎が伸びないので隠れがち。蕾はまだたくさんある。


a0203003_20194619.jpg
 畑の中に杭を打って円盤状の板を載せた「雀の食堂」ことしも開店しているが、以前と違って毎朝同じ時刻に餌を載せられずまちまちのため、お客の入りがいまいち。
 今朝も様子見に止まっている電線から、それでも次々台へ飛んで行く。

 今朝は次女来て一緒に雑煮を祝う。お年玉貰う。お寺年始2件。年賀葉書を見てから長女の婚家へお年始に。午後長女夫妻とその次女と次男が年始に来て、作った物をありったけ出して、お酒も少々。お年玉貰う。姉の所へも年始に行くというので息子達3人にお年玉を託す。
 ピースは今日も私のベッド。お客がみんなして見に行ったら、毛布の下からねこパンチをしたそうだ。無事に第一日が暮れました。

 夕食は塩鮭、口切りをした沢庵、その他残り物でお茶漬け。しみじみ美味しい。

 今年の課題。もの減らし。ものの置いてないすっきりした家を目指す。





にほんブログ村



by buribushi | 2018-01-01 20:49 | くらし | Comments(7)

晴れるといそがしい

a0203003_22192942.jpg

a0203003_21512646.jpg

 今日も晴に恵まれた。晩秋初冬の晴は少なくて、本当に嬉しい、なにからしようかとわくわくする。孫のkanoが来て、床下へ薪の積み込みをしてくれた。高床式に規制のある頃建てた家で、背の高い人には歩きにくい空間で気の毒(つぎの年から規制が外れた)。


a0203003_21555978.jpg
 
 漬け菜を洗った(これで2種あり)。大根も洗い、手は真っ赤になって火照って、いつまでも暖かかった。一気に菜を漬けてしまう積もりだったが、葱を干したり、エビスグサの残りを干したり、あれこれしていて明日回しに。


a0203003_21593637.jpg
 日が傾いてから、市内の神社で貰ったけやきの落ち葉を畑に撒く。今までは、落ち葉のあいだに糠や鶏糞、畑の土など撒きながら積んでおいて、出来た堆肥を畑に入れていた。じかに畑に撒くのは初めてで、「人生フルーツ」の真似。ためしにやってみる。春、草の生え方は違うだろうなと思う。


a0203003_22041557.jpg
 しゅういちさんだしゅういちさんだ、と言いながら全部撒いてしまった。アスパラガスやウドの上には厚く、ニンニクやシマラッキョウの上には少なく。高菜や川流れ菜には脇へ撒いた。


a0203003_22064958.jpg
撒き終わる頃には月が明るくなった。




a0203003_22074382.jpg
 夜なべに解いていた刺し子の紺絣・男物着物が生地に戻って、今日洗って干した。仕立ては太い糸でしっかり縫ってある ので糸をしゅっと抜くことは出来ずいちいち鋏で切って、だから後はいちいち毛抜きで糸を抜いていたので手間取ったが、始めたから終わった。



にほんブログ村



by buribushi | 2017-11-28 22:12 | くらし | Comments(2)

白加賀を伐る・夜になって雷鳴と霰

a0203003_18385810.jpg
椿の白詫助が咲き始めた。いよいよ冬近し。


a0203003_18410742.jpg
 家の脇の畑を広く使うためもあり、花は着くがあまり実がならない白加賀を伐ることにした。お酒を注いで手を合わせて、ごくろうさま、ごめんね。


a0203003_18435984.jpg
手伝いに来て呉れた娘と。


a0203003_18445692.jpg
a0203003_18454107.jpg
 幹には2種類の苔がついて、老いた感じだけれども、まだ花芽がたくさんついていて気持ちがいたむ。枯れ果てるまで置けなくてごめん


a0203003_19463142.jpg
夜7時台、稲光と雷鳴と、がらがらとアラレの降る音。あーあ、とうとう来たか。


にほんブログ村



by buribushi | 2017-11-15 19:47 | くらし | Comments(4)

枝を切りながら柿採り ほか

a0203003_19275949.jpg
 ここへ移って来たときサトルさんが植えて呉れた柿の木は大きくなり、お隣のカーポートの邪魔になってきた。実を取りながら枝も切って、高さと周囲を小さくする。


a0203003_19305488.jpg
南天もたくさん実が着いた。


a0203003_19321796.jpg
またじいちゃんの土木工事にかり出されたkano、鍬遣いも慣れてきたような。

a0203003_19344842.jpg
 じいちゃん製のタコで地固め。
 このほか、二階で、朝、やっと引きずり出して干した布団の取り入れを手伝って貰う。この頃は布団干しも大仕事で、干したら仕舞うよ。大丈夫か。と自問自答して、よしっ、と覚悟(おおげさな)して干すのだ。
 いろいろ大助かりであった。



にほんブログ村



by buribushi | 2017-11-06 19:50 | くらし | Comments(6)

大きいほうの無花果の木

a0203003_21461195.jpg
 この畑は手放す事になるかも知れない。20年近く育った甘いすももなど、惜しいものも多いが、畑をやっていくことが重荷に感じられるようになって来て、仕方の無いことだ。見上げる大きさに育って、紅く大きい実をつける無花果の木も今日第一段階の切り詰めをした。

a0203003_21512701.jpg
倒れた枝が、畑隣のお家の方へはみ出していた。申し訳なし。


a0203003_21530139.jpg
今日干した黒千石大豆と、左側の細長いのはエビスグサの実(ハブ茶)。

にほんブログ村



by buribushi | 2017-11-05 21:55 | くらし | Comments(2)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

ミケさま 陽気が良くな..
by buribushi at 19:06
ミケさま 今年もこの一..
by buribushi at 19:01
オカヒジキ、私はまだ蒔い..
by mikeblog at 18:09
お天気が良くて景色も良く..
by mikeblog at 17:59
ハルリンさま あまり小..
by buribushi at 09:06
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 09:02
すばるさん素敵な山ツツジ..
by ハルリン at 08:48
山ツツジ、綺麗に咲いてま..
by kazuyoo60 at 06:33
ドクダミそのものはたべら..
by buribushi at 06:13
hanasdiaryさま..
by buribushi at 06:09
菖蒲の匂いも思いだしまし..
by hanasdiary at 23:17
「吾輩は猫である」を連想..
by hanasdiary at 23:02
tsunojirushi..
by buribushi at 21:58
わ、おかひじきさんたら、..
by tsunojirushi at 19:13
ミケさま これは少しむ..
by すばる at 10:40
ohisamaさま 素..
by すばる at 10:37
青いクレマチスはもう少し..
by mikeblog at 23:26
永瀬清子さんの詩を初めて..
by ohisama at 22:04
tsunojirushi..
by buribushi at 19:51
心に沁みる詩です。読み返..
by tsunojirushi at 17:42

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ