おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

カテゴリ:くらし( 262 )




孫兄弟堆肥を運ぶ・くー車に乗る

11月18日 日曜日 晴れ 6度-15度
a0203003_19190690.jpg

 手放す「前の畑」から、去年仕込んだ堆肥を「脇の畑」へ運んでくれる孫兄弟。

a0203003_19193221.jpg

 家の脇まで一輪車で運び、二人で一輪車ごとヤッとひっくり返して空ける。昼時までびっしりやって、午後の都合があるからとそのまま帰った。じーちゃんお駄賃にお昼代追加ね。

a0203003_19200160.jpg

 神社の庭から貰ってきた欅の葉を、糠や鶏糞を撒きながら積んで一年経った堆肥、いい土になっている。


a0203003_19202620.jpg

 じーちゃんがなにかに気を取られて、車が開けっ放し。くーが乗ってみたいらしい、伸び上がって覗く。


a0203003_19204770.jpg
のったよー。どうやったらうごくのー?


a0203003_19221813.jpg

 よく晴れたいい日だった。いまや布団干しは大仕事で決心を要するが、なんとかひっぱりだしてベランダ(みたいなところ)に並べた。乾燥機はあるけど、陽の光と風に晒した布団の快さにはかなわない。




にほんブログ村




by buribushi | 2018-11-18 19:38 | くらし | Comments(4)

ストーブ据え付け・試運転

     10月24日水曜日 雨降ったり止んだり 12度-16・5度


a0203003_16432224.jpg
 娘(元気そうじ屋)ミッチャン来たり、ストーブの据え付け。板の間に木の枠、というか浅い箱状の物を置き、煉瓦(去年からは大きい板状)を敷いて、ストーブを出す。ストーブ60何キロだったか、鑄物製。


a0203003_16433945.jpg
 扉のガラス窓を磨く。30年以上使っている年代物なので窓が小さいが、これで火の色が見える。


a0203003_16435837.jpg
 煙突取り付けも終わり。



a0203003_16441172.jpg
 試運転。久しぶりの炎の色。


a0203003_16442865.jpg
 煙突を見に出たが、まだ煤も着かないいい状態の煙突はほとんど煙が見えない。右の方へ靡く、うすーいけむり。まずこれで一安心、ありがとう。


a0203003_16444603.jpg
 夜中にピースの気配、こんなこともあろうかとカメラを置いて寝たので、電気スタンドをつけて眼鏡を掛けて、慌てて撮る。このひとは押し入れに潜ってばかりいて、夜、のしのしと私を踏んづけながらベッドに来るのだ。わたしの脚を枕に布団の上で寝て、朝、眼が覚めるともういない。ピースというものがありながら、くーの写真ばかりなので、午前二時の撮影会。
 今朝、くーは雨の中を来てにゃーにゃー言い、まだ寝ているピースを差し置いて朝ごはん。ねー、おうちにはいりたい、と何度も言うのをあやす。おでここっちん(額を合わせる)をして遊ぶとごーろごろ、ごーろごろ言う。
 ピースはいいこだから、くーちゃんをよろしく、ねー。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-10-24 17:07 | くらし | Comments(4)

くーの朝夕、ストーブの煙突

10月23日火曜日 晴れ 11度-23度
a0203003_18005832.jpg
今朝のくー、玄関の窓にきっちりはまって寝ていた。


a0203003_18022326.jpg
朝夕、寒く感ずるようになった。野紺菊が咲き始めた。


a0203003_18023809.jpg
 ホウキグサ紅葉。紅い色は全体に拡がって、細かい葉も紅くなった。


a0203003_18014025.jpg
 ストーブの煙突整備。良く晴れて、上空に飛行機雲。


a0203003_18020582.jpg
 完了。


a0203003_19073003.jpg

 くーの夕飯。うちへはいりたいなー、と敷居に手を掛けるのを、ゴメンねー、ピースが怒るからまだだめよ、と戸を閉める気持ち。くー階段を駆け下り、駆け出してどこかへ行った。
 ピースも以前のように、ねこと見るや尻尾をたぬきのように太くして、シャアッ、と怒る事は無くなったけど、窓に寄って近々と見てしまったりすると反射的にシャア、と言う。冬が来るが、はて、何としょう。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-10-23 18:27 | くらし | Comments(6)

カマツカを切る・くーの食堂・とろろ汁

10月22日月曜日 晴れ 8度-22度
a0203003_19581705.jpg
 カマツカの木が伸び上がり、電話線に触れるので切り詰める。



a0203003_19583508.jpg
 たくさん実がなっている。リンゴの味を薄くしたような味がある。砂糖で漬けて酵素発酵させるよう、摘むことにした。

    
a0203003_19585098.jpg

 日が暮れかかり、もどかしく摘み取り。こういうことは、おしゃべりでもしながらゆったりやりたいものだ。

a0203003_19593209.jpg

 月が出て来た。あすもこんなにきれいに晴れますように。明日は太陰暦の十五夜なのだ。西表・網取の伝承に、「十五夜美さ冬美さ」(じゅんぐやかいさ ふゆかいさ)十五夜が晴れて月がきれいなら、その年の冬は晴が多くていい冬になる、と。ここの空でも、是非に。

a0203003_19594724.jpg

 くーねこの食堂は、居間の窓の外に移動。小屋でやっていると、他のねこがくーをおどしたりするので、見える処で食べさせて、済んだらすぐお皿を引いて洗うようにした。
 お互いに様子が見えるように台を、すぐ下へ降りられるように梯子(板に横桟)を、寝られるようにマンション(発泡スチロール箱にタオルケットが敷いてある)完備。マンションは未入居。
 マンション、箱を下半分がかくれるように細工すると落ちつくかもね。


a0203003_19591208.jpg
 夕飯はとろろ。タカハシさんに自然薯を貰ったので、卵と煮干しの出汁を少しずつ入れて擂り延ばした。大変おいしゅうございました、ごちそうさま。






にほんブログ村



by buribushi | 2018-10-22 20:31 | くらし | Comments(4)

今日行く・今日用が充実

10月21日 日曜日 晴れ 9度-21度
a0203003_18593727.jpg

 作るのを止めた「前の畑」の小屋を、あみちゃんが使ってくれることになって今日はもっこちゃん、やまちゃんと一緒に下見に来た。


a0203003_18595519.jpg

 もっこちゃんファンの方、お待ち遠さま、箒に乗っておうちへ帰ったもっこちゃんは小学校二年生に、あのときはまだいなかった弟のやまちゃんは保育園児になりました。通りかかった人が「曾孫さんですかー、いいねー」というので「ハーイ」と、否定しない。まあ曾孫みたいなもんです。
 蒸かし藷としょっぱいビスケット、縄文茶(雑穀を炒ったお茶)でもてなす。

a0203003_19001583.jpg

 午後は柏崎の山の中へ古い知り合いを訪ねて行く。さんざん道に迷って、人に道を尋ねた。丁寧に地図を描いて教えて下さった。


a0203003_19005013.jpg

 夫はご主人と、私は奥さんと、それぞれ話し込み、楽しくて、気がついておいとましたらもう夕方。うっすらと月が出ていた。
 きょういく(今日行くところ)、きょうよう(今日の用事)、どちらも良かった良かった、いい日でした。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-10-21 19:18 | くらし | Comments(6)

煙突掃除・干し柿作り

10月19日金曜日 晴れのち曇り 夜に入って雨・雷鳴有り 22度
a0203003_19152717.jpg

 風呂の煙突に煤が溜まって、掃除。この長い煙突を雀が落ちて来てばたばた、焚き口を開けたら真っ黒になって出て来て飛んでいったことがある。煙突の先端に被せた金網が破れたのだった。


a0203003_19160672.jpg

 袋の中に溜まった煤はどっしりあった。煤はまた風呂釜で焚けば燃えてしまう。


a0203003_19111906.jpg

 渋柿は平核無し・角張った平たい柿で、当地では八珍(ハッチン)という。佐渡でおけさ柿というのも同じ品種。手前は数日前に干したもの、後ろは今日干した。

a0203003_19110274.jpg

 一度に沢山もぐと皮むきが辛くなるので、何回にも分けてもぐ。

 今日はこのほか、前の畑のいちじくの、地面について根をだしている枝を見つけて、鋸とスコップを持っていって採って来た。バケツの水にメネデールを少し入れた中に浸けて置いた。
 この前ハットリさんに貰った、同じ条件の苗を、植えるまでただ日陰に置いたのを反省。いちじくは丈夫だから着くとは思うけど、少し難儀している。
 植える場所をよくかんがえなくてはならない。梅はろくに実が着かないので切ることにして、場所を作ってもいいかと思う。もう、実がつくまでに何年もかかるものは植えたくない、いちじくがいい。


a0203003_19131169.jpg
 自然についた傷なんだけど、なんという顔!渋柿でなくてワルガキ?

 ミケさんが、この柿ねこに似てるって。そう言われるとヒゲが片方見えて来た。葉っぱで耳をつければいいと思ったけど、もう剝いて、お湯を潜らせて、干してしまった。
ミミの父さまは、赤ん坊の寝顔。それもいいですね。お乳が足りて口開けて寝る子。





にほんブログ村



by buribushi | 2018-10-19 19:43 | くらし | Comments(12)

今日行く・今日用、たっぷり

          10月13日 土曜日 晴れ 20度


a0203003_20432807.jpg
 売る事がようやく決まった「前の畑」のいちじくは、この夏の極端な水不足のせいかどうか、小粒。すこし柔らかくなるとすぐ鳥がつついて仕舞う。鳥と競争で、朝、まだ硬めのを取って来て、生食には向かないから、煮た。

a0203003_20434795.jpg
 色が赤々ときれいで酸味もあり、砂糖で煮るだけで上等ジャムになる。
 
 今日、ハットリさんが畑をしているところへ通りかかった。いちじくの木はどうしたの、と聞くと、枯れてしまったという。低いところの枝が地面に着いて根を出しているから、持って行く?と言われ、大喜びで貰うことにした。
 以前、このいちじくは小粒だし、甘みがうすくて美味しくないけど、良かったら、と、もいでくれたのが、煮たら香りが高く素晴らしくいいジャムになった。
 確かに甘みはすくなかったけど、ジャムはすばらしいよ、加工用の品種じゃない?と言ったことがある。
 思いがけないことで大変嬉しい。2本あったのを、家の脇の畑に植えた。大木になった前の畑のいちじくを失う代わり、念願のジャム用品種らしい苗を貰っちゃったよ。


a0203003_20454813.jpg
 ほかに今日出来たこと。布団干し。出して干し並べ、取り込んでベッドメイク、は、よしっ、と覚悟の要る大仕事になってしまったけど、やれてよかった。
 整体を受けに行って、タンクトップだけになって背中の写真を撮ってもらった、ゆがみがかなり取れてきたそうだ。自分でやるリハビリ(ストレッチ)が、一つ追加になった。
 整体の帰り、〇カナパンでチーズ入りの食パン、焼きたてを1本買えた。
 夕飯のおかず。青菜のニンニク炒め。鶏肉と長芋を酢と醬油の味付けで煮る。大根おろしにしらす干し。
 ピースの手術跡にタヌキあぶらを塗る。赤ちゃんねこ用らしい小さい缶詰めを初めてやってみたらよく食べた。
 くーねこの寝る所を作った。小屋(車庫)の吊り棚、焚き物から選り出した使える板などが積んであるのを片寄せ、古いタオルケットを畳んで厚く敷いた。いま、ご飯を食べるだけでうちでは寝ていない。これは前によく昼寝して、くーちゃんマンションと言っていた場所のリフォームだ。
 老人は、きょういく(今日行くところ)、きょうよう(今日なすべき用事)が大事、だと。今日行く今日用たっぷりのいい日が暮れた。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-10-13 21:23 | くらし | Comments(12)

紫蘇の実塩漬け・名残のいちじくジャム

           10月5日金曜日 曇りのち晴 26度



a0203003_18515788.jpg
 畑の青紫蘇が実になった。白い花が少々残っているうちにと切ってきて、しごき取る。見た人が欲しいと言われたので、畑へ来て切って行ってもらうことにした。


a0203003_18522309.jpg
 紫蘇の実は塩を入れた煮え湯にさっとくぐらせてから水に取って絞り上げ、塩を振ってよく混ぜてから瓶に詰めた。ぎゅうぎゅう詰めたら、沢山あると思った実がいくらでも入る感じ。瓶を用意したけど1本しか要らなかった。ほかに醬油、味醂、酒で煮詰めて佃煮も少し作った。
 いちじくは「前の畑」の自家産。ひどく暑く雨不足だったせいか、実は小さく数も少ない。この畑は手放すので、名残の実だ。うちのいちじくは色も良く、甘みに酸味も程よくあってレモンなど入れないでいい。何処で買ったいちじくより上等ジャムになった。


a0203003_18524459.jpg
 干した棗が乾いて来た。よく乾かしておいて、サムゲタン風スープに入れたり、煮立ててなつめ茶にしたり。


a0203003_18531328.jpg
 渋柿の平核無し、この辺りで八珍(はっちん)という。今年は大雪でずいぶん枝が折れてしまい、残った枝もひびが入って垂れていたりして、いくらも採れそうにない。早めに干し柿にとりかかって、一つも無駄にならないようにする。


a0203003_18533082.jpg
 今日(こんにち)さまが沈んだ空。明日は気温30度越えという予報あり。





にほんブログ村



by buribushi | 2018-10-05 19:12 | くらし | Comments(11)

サトウ兄弟、薪割りの巻

9月30日 日曜日 曇り時々雨



a0203003_09573461.jpg

a0203003_09575028.jpg

a0203003_18595692.jpg

a0203003_19001464.jpg

 長女の息子二人、薪割り機と斧を持って薪割りに来てくれた。長く積んであって気にしながら伸び伸びになっていたしごとが、一日で片付いた。有り難しとも有り難し。一輪車で運び込む時、高床式とは言っても大男の孫達は屈まらなければ動けず、気の毒であった。

 エゴノキの下がさっぱりと片付いて、畑が出来そうなくらい、いい土が現れた。まさか畑にはしないし、花も植えない。空いている場所というものも要るのだ。




にほんブログ村



by buribushi | 2018-09-30 19:31 | くらし | Comments(10)

元気そうじ屋・床下工事の巻

9月29日土曜日 曇りのち雨 20度

a0203003_20374366.jpg
 娘の「元気そうじ屋(http://blog.livedoor.jp/genkisouji/)」に、床下の不具合を見てもらう。(水の浸み出し)

a0203003_20375692.jpg
 防水処置をして、後の掃除。

a0203003_20381354.jpg
 彼女が帰ったあと、外した梯子段をじじばば二人がかりで元へ戻せず。そうでもあろうかと、床下から今夜の風呂焚き用薪が運んであった。


にほんブログ村



by buribushi | 2018-09-29 20:57 | くらし | Comments(8)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

最新のコメント

仲良しですね、ゴエちゃん..
by tsunojirushi at 22:51
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:21
>ゴエちゃんいいこねー ..
by kazuyoo60 at 19:10
tsunojirushi..
by buribushi at 16:15
鍵コメさま ありがとう..
by buribushi at 14:23
ひよりさま 沖縄の旅、..
by buribushi at 14:21
ダイエットで15000歩..
by ひより at 09:00
すばるさんは、なんでも丁..
by tsunojirushi at 20:56
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:50
鍋掴み、この頃ほとんど使..
by kazuyoo60 at 19:55
あい、ihciato、そ..
by buribushi at 10:15
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:07
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:00
ミケさま そう、一年熟..
by buribushi at 09:57
あい、ihciat! ..
by buribushi at 09:53
どっかで見た… 大分..
by ihciat at 09:39
ちきあぎー美味しそう(^..
by ihciati at 09:34
私も欲しいです。ショウジ..
by kazuyoo60 at 09:20
嬉しいお手伝いです。頼も..
by kazuyoo60 at 09:19
堆肥は手がかかっていても..
by mikeblog at 00:01

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ