人気ブログランキング |

おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

カテゴリ:よのなか( 57 )




安らかに眠るな

        4月4日 木曜日 晴れ 3度・・・14度


a0203003_17391597.jpg
a0203003_17393309.jpg
 昨日、樹木希林の夫でロックンローラーの、内田裕也のお別れ会が青山葬儀場で行われたという。娘の内田也哉子が、ほとんど一緒に暮らさなかった父と、母のことを語り、生涯ロックンローラーだった父へ贈るこの言葉で締めくくった。ああいう形を取った、いい夫婦だったと思えて、凡人、涙する。


a0203003_17403980.jpg
 斑入り青木の花。古い家から持って来た。夫0歳の写真に写っていた木だから、八十数年は経っている。斑入りのせいか、花は咲くが実になったことがない。



 

にほんブログ村 




by buribushi | 2019-04-04 17:55 | よのなか | Comments(10)

「好評分譲中」

1月10日木曜日  晴れたり曇ったり   -3度・・3度


a0203003_17355488.jpg
 エゴノキに雪。手前、薪用の材木にも雪。



a0203003_17361347.jpg
 家の中から畑入り口のほうを見る。中央の電信柱の陰にちら、と見える(見えない?)赤いものは「分譲中」の不動産屋さんの幟。細長い土地だから、「分」譲にはならないだろうけど。
 山砂で埋め立てた土地を20年余耕して、その間堆肥だけ、薬品類は一切使わないで育てたいい畑だった。畑をしないにしても、土地の「気」はいいと思われる。




にほんブログ村 



by buribushi | 2019-01-10 17:46 | よのなか | Comments(6)

野党統一候補へ、書記局長来る、党代表来る、

a0203003_20562955.jpg
野党統一で推す大平えつこ候補が長岡駅前で演説会。


a0203003_21001724.jpg
民進党参議院議員の小川敏夫氏。



a0203003_21015131.jpg
 共産党書記局長、小池晃氏。さすがの説得力。大群衆からかけ声次々。500人くらいか?左は森ゆうこ氏。
 新潟県は、この前の参院選を野党統一で戦って森ゆうこ氏を送り出し、県知事選挙も野党統一で米山隆一氏を送り出した。保守王国と言われた新潟県は変わりつつある。大物が次々来られるのもそれを表すだろう。ニドゴトサッド(二度事三度ー二度あることは三度ある)というお国言葉があって、私どもの胸をよぎる。その言葉を恃む。


a0203003_21024960.jpg
 娘の家へ戻って一休み。夕方には枝野幸男氏が応援に来るからまた出かける。ボビがそろりと膝に上がって来る。うれしい!あったかい!


a0203003_21054680.jpg
 市役所前で、立憲民主党代表、枝野幸男氏。新幹線から降りて駆けつけ、演説が済むと次の新幹線に乗るため駆け出すという多忙さ。間あいだにそうだ!おう!とかけ声。拍手。「NHK、ちゃんと放送しろよ!」と取材陣にも野次がとぶ。


a0203003_21175905.jpg
まだ声もりんりんと張って、若いぞ!
司会が、盛り上がったのでここでひとつ団結ガンバローを、と言い、エイエイオーと締めた。
ランキング参加中
にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-18 21:22 | よのなか | Comments(7)

長岡駅前街頭演説



a0203003_21460866.jpg
暮れなずむ長岡駅前へ。市役所前で首相が演説中。




a0203003_21472780.jpg
野党共闘大平候補の応援演説、森ゆうこ議員。



a0203003_21525689.jpg
大平えつこ候補。
オレンジ色の傘やオレンジ色のマフラーを用意して応援に駆けつけた人あり。






にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-12 21:54 | よのなか | Comments(13)

もう一度だけナガミノヒナゲシについて

a0203003_16062380.jpg


a0203003_15465049.jpg

 5月27日に「ナガミノヒナゲシいじめ」を書いたが、もう一度だけ書いて締めくくりたい。
 たしかに、罌粟だから種子の数が多く、条件が良ければ沢山咲いていることがある。でも、一部の人が言うように、他の草を排除して殖えて行くような力は、無い。
 うちの畑は、草避けのためにと昨年秋、夫が大麦を一面に蒔いた。不安だったが、実験のためと言うことで、経過を見ていた。
 びっしり生えた麦は、混んでいるためあまり大きくならず、根も張らなかったので、手で簡単に抜くことが出来て、他の草が生えていなかった。
 麦がやや薄蒔きだったところにはナガミノヒナゲシが生えていたが、麦の陰になって成長できず、4センチか5センチの個体にただ一つずつ、マッチの頭くらいの花が着いていた。

 このケシは、一年に一度ずつ種子を落として新しく生えないと花が咲かない一年草だ。道端や草むらに生えているのは、蓬、おおばこ、杉菜、すいば、ぎしぎし、ドクダミ、茅(ちがや)、あのセイタカアワダチソウなど、ほとんどが一度生えたら何年でも更新し生存する多年草だが、ひよわな一年草が、どうして多年草を駆逐出来る?植物のことをほんとに好きな人なら、すぐ理解出来る筈だ。

 畑の草むしりと同じで不要ならば抜き捨てればいい、それだけのことで、ネットを使って広めたり人に指図したりするようなこととは違うと思う。
 
 植物も自分を守らなければならないから、アレロパシーを行使しているものはいろいろある。コンパニオンプランツと言って、作物の虫除けや病気避けに、同じ畝にニラを植えたり、マリーゴールドを植えたりするのはそれを逆に利用しているのだし、彼岸花はミミズも寄せ付けないので、ミミズを追って穴を掘るモグラ避けのために田畑の周りに植えられた。彼岸花の群落で有名な処など、みなそうして人が殖やしたのだ。
 鑑賞用のつもりで持ち込まれたり、輸入物に着いて入ったり、外来植物と言うものもいずれは人のなせるワザで広まった。生命力のあるものが残った。よくよく毒のものなどは仕方無いとして、もう、折り合って生きて行くしか無いと思うよ。

 もうひとつ。ヘイトスピーチなどと通ずる「排除」の精神は自分にまず効いてしまう。例を挙げるのは止めて置くけど、はっきり結果が出ているから、聞きたい人はいつでも聞いて。



にほんブログ村




by buribushi | 2017-06-03 17:06 | よのなか | Comments(8)

出て来た戦争中の小学生のノート

a0203003_11105169.jpg
昨日思い出していた、私が小学生の時のノート。慰問袋に入れるというので書いた(書かされた)「兵たいさん」への手紙。署名に「初一」とあるのは初等科一年ということで、三年生からは小学校三年、と書くようになった。
a0203003_11113520.jpg
このノート、ザラ紙に謄写版で刷ったマス目がある。
婦人雑誌の付録らしいもので作って新聞紙で包み、糸で縫い付けた表紙。この手製のノートは、ヤマグチセツコせんせいに頂いた。
お元気ならば90代になられたはず。
以上は蘇原村立切井こくみんがっこう、というところで。

a0203003_1112865.jpg一緒に出て来たスケッチから。
a0203003_11124717.jpg魚沼の家で、昭和26年(1951年)。
囲炉裏端でタバコを吸う祖母と、編み物をする母。
左下はスケッチではなく記憶で描いた。










お茶飲みに来ていた隣の「与吉のばっぱ」。囲炉裏端で茶碗を持っている。

左側は「與兵衛のばっぱ」
右下は祖母「武右エ門」のばっぱ。
このおばあさん達、60代のはずだが、みんな見事におばあさん。



a0203003_11171689.jpg
昭和29(1954)年6月6日と日付が入っていて、高校の寄宿舎時代とわかる。試験期間中で、仮寝のヤマシタミワコさん。一歳年上、お元気か。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-03-05 11:19 | よのなか | Comments(10)

良寛の里九条の会、戦争を語る・戦争を聞く

a0203003_2134565.jpg新潟県原爆被害者の会の山内悦子会長が体験談をして下さった。
アメリカの飛行機が低空飛行して、ヒゲのある男が笑いながら機銃掃射をして行ったこと。

広島の爆心地からわずか2キロ余のところで被爆して、母・弟とともにからくも逃れ得たお話。
橋が焼け落ちた街で、人の死体を踏んで川を渡った話。

出産後貧血がひどくなり、ご主人が彼女のために墓地を探していた話。

被爆経験を、反戦を、語るために自分の時間がもっともっと欲しかった。ご主人が亡くなったとき、これで24時間私のものだ!と思ったこと。



a0203003_21352024.jpg私は終戦時8歳だったから、着るものが乏しくて洗濯が充分出来なかったこと。親が必死の働きでおなかは満たして呉れたが、栄養の偏りでおできだらけのこどもだったこと。新聞の紙数がだんだん減って、ただ1枚、2ページだけになり、それもいま思えば大本営発表という偽りに満ちていたこと。くらいしか直接の体験は語れない。
しかし、軍人戦死者230万のうち6割強の戦病死とは、ほとんどが餓死だったことなどいま知る。大切な者たちをそんな目に会わせられると思うか。
戦争はあるとき突然起こる。そうならないために私たちはもっと知らなければならないし考えなければならないと思う、と、最後に木村つゑさんの「にほんのひのまる なだてあがい かえらぬおらが息子の血であがい」を読んで終わった。
山内さnが「良かった!」と言って下さった。

「戦争を語る会」というのをどう勘違いしてか、当時私は「少国民」でありました、と、軍歌を朗々と幾つも歌った人があったのはほんとうに悲しかった。(止めてもらいたいけど、司会者としてわたしはどうしたらいいでしょうか)というメモを山内さんに渡して、顔を見合わせるばかりであった。このことはあとで呼びかけ人諸氏と話さなければならない。たいへん疲れた。
「軍歌独唱」の人の後でマイクに向かったので、いま見たら両手を拳にしている。

新潟は原爆投下予定地の一つだった。実現しなかったのはただ天候のせいだったという。予行練習で落とされた模擬原爆で、長岡市に死者が出た。
a0203003_21354949.jpg

うちの実生シクラメンたち。
にほんブログ村



by buribushi | 2017-03-04 22:18 | よのなか | Comments(9)

選挙事務所見舞いなど

a0203003_181699.jpg

いつからあるのか記憶にない、鉢植えの山茶花が一輪咲いた。



a0203003_1825551.jpg

「薮」(庭)の竜胆が咲き続けている。鉢植えだったのが、自然にあちこちに散らばった。



a0203003_1813348.jpg

紅葉を見に出かけないが、うちの山法師がますます紅くなったのを日々見ている。



a0203003_1833454.jpg

a0203003_18334584.jpg

柏崎市長選挙立候補者、竹内えいこさんの選挙事務所見舞いに。
友人のホシノさんは今月でお勤めを辞め、有給休暇いっぱいをぶち込んで事務所を守っている。寝袋を持ち込んで泊まり込みだという。
同じ反原発の立場から、福島県の会津坂下から見舞いに駆けつけた人もおられた。



a0203003_1842052.jpg

帰りに寄ったお団子やさん。草もちを三つ買った。
帰ってから昨日抜いた葱を干す。

今夜の満月は、69年ぶりに距離の近いスーパームーン、ということだったが、雨になった。昨日撮った月の写真を間違えて消したのが惜しい。


ランキング参加中




by buribushi | 2016-11-14 18:22 | よのなか | Comments(6)

新潟県知事選挙

21時4分、朝日新聞から米山隆一候補の当選確実が出ました。
勝つ!必ず!と念じていたけど、8時に投票が締め切られて、はや当確とは、嬉しい驚き。
これで原発再稼働反対の前知事を引き継ぐ新知事を得た。新潟県民、天下に胸を張れる。

子どもに、友だちに、電話、メールを打ちまくる。あー、このよろこびよ。

21時6分、NHKニュース速報が当確を。






by buribushi | 2016-10-16 21:31 | よのなか | Comments(12)

バングラデシュ・ナマプティア村の小学校

a0203003_2127386.jpg

a0203003_21281944.jpg

5月17日に「バングラデシュに学校を」をここに書いている。
その日の写真と記事が今日地元紙「新潟日報」に載っていた。91年から見附市に住んでいるエラヒさんは、バングラデシュの首都ダッカから北へ100キロ離れたナマプティア村の出身で、「日本へ来てからバングラデシュのために何もしてこなかった。小学校は隣村にしかないので、ナマプティアに小学校を作りたい」と、村に自分の土地を寄付し、アジアンマザー基金を立ち上げた話。

今日の新聞には、アジアンマザー基金代表のエラヒ美砂子さんの電話番号が載っていたが、朝6時台から電話が鳴り続けたと、嬉しい話を夜になってから伝えてくださった。
老人が多くて、「こころざしを届けたくても、足が悪くて歩けない。済まないことだが取りに来てくれないか」という電話。「年金が出たらすぐに届けるから」という電話。有難くて涙の出るような話ばかりだった、と。
わたしも含めて、豊かでは無いが、衣食の心配は無い、普通の老人。なにか少しでも人の役に立ちたいと思っていても、どうすればいいかわからない。
そういう人達が、やれ嬉しや、これで人の為になることが出来ると思って、新聞を見るなり電話をしたかった気持ちがよくわかる。

この前も書いたが、エラヒさんは金属プレス会社に勤める会社員で、美砂子さんは看護師として働いている。ご自分たちも普通の生活者で、有り余る暮らしというわけではない。
ご本人たちも、賛同する人たちも、みなつつましい小生活者。世の中、捨てたものではない。

アジアンマザー基金問い合わせ 0258-66-1062 エラヒ美砂子。

a0203003_23492475.jpg

よかったね。きょうもいい日だったね。


にほんブログ村
ランキング参加中















by buribushi | 2016-06-09 21:29 | よのなか | Comments(0)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

沢山積み上げられておられ..
by kazuyoo60 at 07:16
ミケさま 私も去年から..
by buribushi at 22:28
鍵コメさま ありがとう..
by buribushi at 21:20
ミケさま またまた、よ..
by buribushi at 21:13
暑いからといってTシャツ..
by mikeblog at 20:47
このくーちゃんのオジちゃ..
by mikeblog at 18:35
ミミの父さま むこうも..
by buribushi at 13:09
お茶目な猫ですね。 先..
by ミミの父 at 22:58
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:44
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:40
去勢済みの印が耳のカット..
by kazuyoo60 at 16:14
背中が曲がっておられない..
by kazuyoo60 at 16:11
toti-51さま 那..
by buribushi at 13:22
reireipostさま..
by buribushi at 13:11
私もすばるさんかと思いま..
by toti-51 at 09:25
一枚目の写真すばるさんか..
by reireipost at 07:19
↑間違えて自分にイイネ押..
by buribushi at 22:29
ミミの父さま >やった..
by buribushi at 22:26
この赤ペン文字では目立た..
by ミミの父 at 21:41
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 16:25

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ