おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

2018年 02月 19日 ( 1 )




愛情の重さ・桃子さんのねこ

a0203003_19454623.jpg
 先頃、「猫ヲ読ム」に引用されていた石井桃子のねこに関わる文章「愛情の重さ」の全文が載っているエッセイ集「家と庭と犬とねこ」。
 ねこと書いてある。私も、けもの偏の猫という文字は、あの柔らかくて温かくて勝手でかわいい生き物にはふさわしくないような気がしていて、ねこと書く。

 「猫ヲ読ム」では、半月ほどの旅をしたをした桃子が、寒い夜明け、周りの家々はまだ寝静まっているころ帰ったら、自分の部屋のカーテンの隅がちょっと持ち上がって、そこから小さいねこの顔が覗いているのが見えた。
 その時のねこの心がすっかりわかったとは言わないが、木戸から出て行った人間は木戸から帰るということをつゆ疑わずに、ひまさえあればそこからのぞいていたというように思えた。

 そのねこを初めて見たとき、首から背中にかけて食い取られたような大きな傷があって、気味が悪く、家に入って来たらたいへんだと逃げ込んだほどだった。毎日来て外から見ているねこが、寒くなっても去らない。夜、外からカリカリ戸を掻くのを、心を励ましてがまんしていたが、道で寝ている野良猫に霜が降りていたという話を思い出してついに戸をあけるとひととびで入ってきてゴロゴロいった。
 これで、ねこの運命は決まったし、私の運命もきまった。
 湯たんぽにお湯を入れ、毛布にくるんで、これに寄りかかっていれば温かいよと教えて仕事に出る。手当てしてやった傷は、長い間かかって、周りから毛がはえて、深く咬み取られたまんなかがはげになって直った。
 おどろくほどまぬけで、ねずみもとれない。かの女に出来る事と言えば、ひとりの人間を信じて、決して疑わないことである。というくだりまで読んだ時、泣いた。
 

 



にほんブログ村



by buribushi | 2018-02-19 20:46 | | Comments(13)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

ikokaさま すり身..
by buribushi at 22:46
チキアギ、食べたいです。..
by ikoka at 22:16
ミケさま 暑かったです..
by buribushi at 19:34
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 19:28
あら、今日はかなり暑かっ..
by mikeblog at 17:56
子供の頃にナツハゼを食べ..
by kazuyoo60 at 16:52
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 11:52
あい、ihciat! ..
by buribushi at 11:46
きっと、お庭で孵った雀の..
by kazuyoo60 at 08:15
鍵コメさま あー!そう..
by buribushi at 22:44
鍵コメさま ありがとう..
by buribushi at 22:02
ミケさま そうです、ピ..
by buribushi at 22:00
tsunojirushi..
by buribushi at 21:55
雀の舞立ちっ子かな。かわ..
by mikeblog at 21:16
幼鳥は何となく風情でもわ..
by tsunojirushi at 17:15
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 16:54
ミケさま 大物で、植え..
by buribushi at 16:52
月桃の根張りがすごいです..
by kazuyoo60 at 09:30
逞しい根っこの月桃ですね..
by mikeblog at 23:24
二番目の鍵コメさま あ..
by buribushi at 18:23

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ