おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

ねこ年賀状など

   1月4日 金曜日 曇り時に霰、小雨、  2度・・5度

a0203003_21094916.jpg
 出ました、ねこ年賀状。その名も「居酒屋猫まみれ」さんから自作の絵で。


a0203003_21111032.jpg
一番可愛らしかった猪。

a0203003_21105199.jpg
ランタンの写真とランタンの歌、長岡市小国から。


a0203003_21310389.jpg
 一番遠くから来た年賀状、西表島から。2004年、わたしの大冒険、廃村あんとぅり(網取)を訪ねた時のご縁。


 






にほんブログ村 



by buribushi | 2019-01-04 21:20 | 季節 | Comments(14)
Commented by mikeblog at 2019-01-04 23:06
ねこちゃんの年賀状、いいですね。
平成の終わりに合わせて年賀状はやめます、なんていう話も聞きますがやっぱり年賀状っていいもんですね。
Commented by kazuyoo60 at 2019-01-05 09:10 x
豪快に笑ってるネコ、こちらまで楽しい気持ちになります。
西表島、行きたかったところの1つです。家にいるのも仕事ですので。
Commented by buribushi at 2019-01-05 09:50
ミケさま
絵が上手な人はいいですね。このねこたち、ほんとに楽しそう。あら、うちと同じグラス。
年賀状これで止めます、という人もあって、減ってきたけど、でもやっぱりお正月気分ですよね。
Commented by buribushi at 2019-01-05 09:53
kazuyoo60さま
ぽうっと酔ってますね、しろねこ。くろねこはくーかな?
西表、行って置いて良かったです。まだ行きたい処があるので、いつかね、と言ってる場合じゃないので、ことしは行きます!と、宣言しておけば、言葉の力が働くでしょう。
Commented by tsunojirushi at 2019-01-05 17:01
猫の画も素晴らしいし、ランタンの歌、とてもいい。
いのししのほあほあしてかわいいこと。こんなの居たらいいなぁ笑
Commented by buribushi at 2019-01-05 18:32
tsunojirushiさま
ねこの絵楽しそうですね。ランタンの歌は少しだけ添削させてもらいました。
いのしし、かわいいねー。猪の絵沢山あったけど、この子が一番ほあほあでした^^
Commented by 居酒屋猫まみれ at 2019-01-07 17:26 x
いや~、お恥ずかしい限りです!
ご紹介いただき恐縮です~。
愛用のMacが昇天してしまい
以来アナログ戻りを余儀なくされてのイラストなんですよf(^_^;
年賀状、だんだん億劫にはなるものの
やはりお正月を感じるものとしては
あった方がいいかなあ~と
今年も続行いたしました。
左の白黒、くーちゃんと似ていますね(^^)
実は店の通い猫“けけた”がモデルなんです。
あ、インスタグラムやってます。
よろしかったら覗いてみてください
instagram.com/kayano_with_nyaos
Commented by buribushi at 2019-01-07 23:08
居酒屋猫まみれさま
m(_ _)m勝手に登場させてしまいました。
でもどっちのねこもいいねこ、大好きです。
ピースは高齢者でもぐってねてばかりいるし、くーは回りをウロウロ、ウロウロするのでくーの写真ばかりふえます。
言い聞かせ。ピーちゃん、くー寒いからうちの子にしてやってね。
くーちゃん、ぴーねーねーがいいよーって言うからもう少し待ってね。それまでくーちゃんハウスでねんねしてね。
今夜、外玄関の、ホウレンソウ箱を改良したハウスで初めて寝ています!今までのただ横置きの箱と違って、入り口が小さいねこちぐらタイプなので、暖かい筈。ほっ。
インスタグラム分からないんです、m(._.)mガラケーしか持たないし。こんどみちこに習って置きます。
Commented by tsunojirushi at 2019-01-11 11:26
歌をどんなふうに添削されたのか、非常に興味あります。差支えない形で聞かせていただけたら嬉しいです。
Commented by buribushi at 2019-01-11 12:34
tsunojirushiさま
はい、ただいますぐに。
と、思って、一年ごとに括ってある投稿ハガキを取りに行ったらば、去年の分が見つからない。焦ったけど何のことはない、暮れに去年のぶんがまだ括って無かった;

降る雪と逆に空に昇りゆく灯りほのぼの津南のランタン

が、原作です。作者が何を見ているか、よく出ていて、気取らずまっすぐに述べているので、「と逆に」というやや理に落ちるところだけ手を入れました。
感謝されたので、差し支えないかと。
Commented by buribushi at 2019-01-11 22:54
もうひとつ、「逆に空に」だと字足らずで、短歌としてのリズムがよくないのです。
「なかをば空に」と字数をあわせ、かつ、語感が、スピード感のないランタンにも似合うように、というつもりです。





0 +1
Commented by tsunojirushi at 2019-01-16 12:01
わざわざありがとうございました。寝込んでいてお返事遅れました。
そうか。今年のは、昨年「添削」してもらったものを再度書いてみえられた、ということだったのでしょうか、かたじけない、そのために、昨年のものを発掘する必要が出てしまった。申しわけないです。
しかし、非常に的確でほれぼれする添削でした。プラハの春のドキュメンタリを観ていて「人間の顔をした」という表現が(政治は関係なく)心に残りました。添削にも「人間の顔をした添削」があるのだ、と感銘を受けています。
なかをば。その中を通って、という語感にゆらゆらとしたゆっくりさ、確かに感じられます。「逆に」という言葉の固さもとれて優しく有機的になっている。感服。
言葉を大事にされる方のお話を伺うのは、とても愉しいです。お手数をかけましたが、伺って良かった。勉強になりました。
Commented by buribushi at 2019-01-16 15:59
tsunojirushiさま
>わざわざ
いいえ、かえって有り難かったです、「語れて」。一年分ずつ括ってとって置くので、何年の何月頃のこういう作品、とか言われると探せるのですよ。
歌として整って、その上作者の表現したかったことがより良く出るように。というのが添削者の願いです。
だから、自分をどう見せよう、などという欲のない、こういう歌は添削し甲斐があります。ひとは知らずに見たい物を選んで見ているから、見たものを淡々と語ればそれが自分を語るんですよね。
なーんて、力んでしまいました。えへ。
添削を嫌い、「自分好みに歌をいじるな」なんて言って来る人は、そうして自分の歌がどういうものかを「語るに落ち」ているのです。
Commented by buribushi at 2019-01-16 16:24
また、おのれを語っておきながら
お加減をお尋ねするのも忘れて。すみません。
ためらわれたお話を読みましたが、私も顔面痙攣の治療で脳外科手術を受けるのに踏ん切れなくて。飲み薬(やや効いたかと思えば脚がふらつく)。注射(スゴク痛い、一割負担でも一万円する。ちょっと効き過ぎると顔の半分が麻痺して垂れ下がる!)。と経験した後やっと手術を受けました。初めからこうすれば良かったのだと医師に言われても返す言葉なし。
ためらいますよ、当然。ほんとの辛さは本人しか分からない。m(__)m

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

パンチたちの子ども、タラちゃ..
at 2019-01-19 21:53
一月のしぐれ味噌
at 2019-01-19 20:59
外ねこ出身、パンチとうーちゃん
at 2019-01-18 21:30
小豆粥・今シーズン初マーマレード
at 2019-01-17 16:28
「しずかに流れるみどりの川」
at 2019-01-16 17:30
ストーブを見に
at 2019-01-15 16:32
「おわりの雪」
at 2019-01-14 22:08
出雲崎の海猫・和島の白鳥
at 2019-01-13 17:46
くーのうち
at 2019-01-12 22:07
自然薯とろろ。ボビねこ、あー..
at 2019-01-11 22:21
「好評分譲中」
at 2019-01-10 17:46
昨夜積もった雪
at 2019-01-09 10:22
ピースのもにもに
at 2019-01-08 21:08
笑いねこ
at 2019-01-07 17:50
柚餅子を作る
at 2019-01-07 17:47
どんど焼きの準備
at 2019-01-07 17:43
寺泊さかな横町
at 2019-01-06 13:24
くたびれた日
at 2019-01-05 22:00
ねこ年賀状など
at 2019-01-04 21:20
ねこちぐらはホウレンソウの箱
at 2019-01-03 21:59

最新のコメント

ミミの父さま タラちゃ..
by buribushi at 11:27
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 11:24
tsunojirushi..
by buribushi at 11:23
ミケさま >タラちゃん..
by buribushi at 11:21
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:30
tsunojirushi..
by buribushi at 10:22
ミケさま しぐれみそは..
by buribushi at 10:17
カツオちゃんの鼻、目を細..
by ミミの父 at 08:12
タラちゃん、カツオちゃん..
by kazuyoo60 at 07:20
古歌の若菜摘みかなと拝見..
by kazuyoo60 at 07:18
もうこんなにでっかく( ..
by tsunojirushi at 03:43
しぐれみそ!( 〃▽〃)..
by tsunojirushi at 03:41
どれも野菜がたくさんでお..
by mikeblog at 00:03
タラちゃんにカツオちゃん..
by mikeblog at 23:42
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:13
ミケさま >人を見る・..
by buribushi at 21:08
>孫達の言うパンチのかの..
by kazuyoo60 at 06:41
猫は人を見るといいますが..
by mikeblog at 00:25
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:50
ミケさま おかげさまで..
by buribushi at 21:45

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ