おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

ねこちぐらはホウレンソウの箱

1月3日木曜日 曇り時に粉雪 1度・・4度


a0203003_21313599.jpg
 ののさまのお膳(仏壇用のお膳)を洗った。豆なら数粒盛るような、ままごとクラスの大きさで、もちや煮しめは小さく切って、豆やなますは少々ずつ、というふうに盛ってお供えする。


a0203003_21304725.jpg
 寒い玄関にくーがじっと座っているのを見るのはつらい。いつもごはんをやる、うちと小屋とを繋ぐ場所に、発泡スチロールの箱に毛布を敷いたのへホッカイロを包んで入れて置くと、寝ているのを見ることがある。でも夜はどこかへ行ってしまう。もっとましなねぐらがあるんだろうか。
 みちこを送って出て、今日はくーちゃんこなかったねーなどと言っていると、声がしはじめてとことこと来ることがよくある。こっちの声を聞いているとしか思えず、ねぐらはそう遠くではない?


a0203003_21310997.jpg
 八百屋さんから貰った菠薐草の箱は、蓋の真ん中に蓋の出来る通気口?があって、そこをくりぬくとあまり風のはいらない、ねこちぐら風の居場所が出来る。手を入れてみるとほんのりあたたかい。ここに寝て呉れれば安心だけど。一度入って見てすぐ出た。くーは最近ちょっと、かなり、でぶちゃんなので、もうすこし拡げないと出入りしにくいか?


a0203003_21315861.jpg
 もう20年近く、ずうっと玄関に寝ているねこ、名前はぶうちゃん(先代のねこと同じ)。




にほんブログ村




by buribushi | 2019-01-03 21:59 | 猫・動物 | Comments(6)
Commented by mikeblog at 2019-01-03 23:26
田舎でも暮れや新年などに竈の神様や水場の神様にお供え物をしていましたっけ。上げるのは家長である父で用意するのは母でした。今も弟がやっているかな。昔からの良い習慣ですね。
すばるさんのところの器はお供え用に小さいのがあるのでしょうね。輪島塗り? 立派なセットです。
ウチのゴン太は外猫だったのでそのまま今も外に居ますが、百均でクッションを買ってきてつなぎ合わせたのを箱に入れてホッカイロも入れてやっています。自分の体温で暖かいから大丈夫だと思いますが、JUNは炬燵に入って寝て気が向けば私の布団に入ってぬくぬくしています。家猫の典型ですね。それでも最近はゴン太も炬燵に入るようになりました。
くーちゃんもだんだん長居をするようになると思いますよ。
Commented by kazuyoo60 at 2019-01-04 10:17 x
ののさまのお膳、立派です。お供えに、6㎝角の木組みの皿を使っていました。まだ、捨ててはいませんが何年も使っていません。ネットで調べたら、折敷の名前が有るようです。小さいから、折敷とは言わなくても同じ形です。
https://item.rakuten.co.jp/iwata-ss/10000964/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868
追い立てられて、寒風が吹き抜ける場所しかないかもしれないのですから。クーちゃんは、来れば大事にしてもらって幸せです。
オタクサまでは勿論、他のお宅でもご馳走を貰ってるのでしょう、きっと。
Commented by buribushi at 2019-01-04 18:47
ミケさま
火の神、水の神ですね。
小さい膳椀、そんな立派なものじゃないです、ままごとみたいなものです。それでも一応品々お供え出来ていいですね。
ゴン太ちゃんクッションにホッカイロ、時には炬燵、って、いいですねー、風邪引かないでしょう。
JUNちゃんはミケさんのお布団で寝ますか、ピースは布団の上。それも私の脚を枕にしたいので、身動きしにくいです。
先代のぶーちゃんは、私の布団に潜って、私の枕に頭を載せて寝るのでした。朝になるとぶーが枕の真ん中を使って、私は落ちてました^^
くーはさっきどこかのねことウーウー言ってにらみ合い、しまいに追かけっこになってどこかへ行きました、やれやれ、男の子は困ったもんだ。
Commented by buribushi at 2019-01-04 18:51
kazuyoo60さま
ままごとみたいなものですが一応品品そなえられるので使っています。
くーはさっきよその猫が下へ来ているので緊張して、抱き取ったらずーっと震えていました、しまいに飛び出しておっかけっこになったようで戻って来ません。ねこも大変だ。
Commented by ミミの父 at 2019-01-04 20:06 x
ミミの小屋は、電気アンカを入れて入り口を毛布2枚を引き戸のように釘で打ち付けました。うまい具合に出入りしていました。f^_^;
発砲スチールの箱が二つあると、カプセルホテルみたいで、くーちゃんも落ち着いて寝れるかもしれません。
Commented by buribushi at 2019-01-04 21:45
ミミの父さま
電気アンカに毛布の戸だったら、ミミちゃんはぬくぬくでしたね^^
ミケさんのお友だちは数匹の外ねこちゃんのために大きい箱に電気毛布を敷いたそうです、有り難いことです。
くーは大きいトラねことうーうーいがみ、どこかへ走って行きました、これはわたしではどうしょうもないです。ねこ、おとこの子の方がなつきやすいけど、これがあるから気苦労です。
<< ねこ年賀状など くーねこ朝来て夜も来る >>

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

春、足早
at 2019-03-25 18:46
降ったる雪かな-戻り雪。雑誌..
at 2019-03-24 21:12
くー、おばーの頭で毛繕い
at 2019-03-23 21:33
白い沈丁花・くー這う
at 2019-03-22 19:50
巣立ち前の薪割り
at 2019-03-21 20:44
気温20度の日
at 2019-03-20 19:14
手製青汁は美味しい
at 2019-03-19 21:20
ウグイスの来る木、髙砂百合の..
at 2019-03-18 21:11
おしゃべりは楽し
at 2019-03-17 23:35
梅・鶯・大失敗の巻 など
at 2019-03-16 18:34
ごめんなさい
at 2019-03-15 17:28
自然療法事始め
at 2019-03-15 12:36
高菜めし・鍋帽子で牛スジを煮る・
at 2019-03-14 18:39
晴れのち風雨、のち雪
at 2019-03-13 22:44
ユーチューブで沖縄を観る
at 2019-03-12 22:57
くーねこ一泊
at 2019-03-11 16:07
ヒモトレの魔神・脱ゴム紐健康..
at 2019-03-10 22:37
杉花粉大飛来
at 2019-03-09 21:11
良い日の歌
at 2019-03-09 13:52
おしっこの歌
at 2019-03-08 23:18

最新のコメント

恋の猫八十路ののろけ噺か..
by gonbey at 10:46
ミミの父さま たんぽぽ..
by buribushi at 21:45
二週前、近くの田んぼ畔で..
by ミミの父 at 21:35
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:27
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:22
シロバナタンポポ、我が家..
by kazuyoo60 at 20:08
白くなりましたね。梅も椿..
by kazuyoo60 at 06:12
ミケさま まだ綱渡り状..
by buribushi at 23:46
くーちゃん ついに一緒に..
by mikeblog at 22:10
ミケさま 春になったな..
by buribushi at 21:57
これはびっくり、春になっ..
by mikeblog at 21:42
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:03
炉開きが元気で嬉しですね..
by kazuyoo60 at 08:16
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:37
ミケさま ずりずりずり..
by buribushi at 10:33
ジンチョウゲの白、近くの..
by kazuyoo60 at 06:18
くーちゃん ずぼらしたな..
by mikeblog at 23:53
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:17
ミケさま 薪割り機は長..
by buribushi at 20:04
お孫さんたち、大きくなら..
by kazuyoo60 at 08:41

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項