人気ブログランキング |

おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

草はおもしろい

      10月28日 日曜日 晴れたり曇ったり時に雨 12度-19度

a0203003_21041791.jpg
 春紫苑は大正時代に園芸植物としてアメリカから導入されたが、逃げ出してひろがったものだという。私はそれを知らないとき、こんなにしてやたらに咲いているけど、もし野原に無くて花屋で売っていたら買ったかも、と言ったことがある。

 タイヌビエ は代表的な田の雑草で、若い時は稲に偽装、というかソックリなので紛らわしい。そうまでして一生懸命田に順応したため、田以外のところでは生きにくくなってしまったとか。日本には稲と一緒に渡って来たそうで、長い付き合いだ。

 ヒガンバナとも言われる曼珠沙華は、中国揚子江付近原産で、種子が出来ないため球根で殖えて、すべてが親と同じ、クローンだという。日本中のヒガンバナが全部クローン、だって!世界中のも!
 アレロパシーがあるため近くに他の草が生えにくく、毒性があるので鼠も食わない。球根に澱粉を含み、水に晒せば毒が脱けるので、救荒植物でもある。そのため人の手で植えられて全国に拡がった。その澱粉で作ったもちを食べたことのある人は、美味しかったと言っている。しれいもち、とか言ったような。

 イチビはインド原産で、繊維を取るため栽培されていた。シルクロード経由で中国に4000年前頃渡り、そこから日本へ。縄や火口として利用されたが、廃れてからは雑草化した。
 ヨーロッパにとどいたものは開拓者と一緒にアメリカへわたり、トウモロコシ畑で茂った。やはりアレロパシーがあって他の雑草を抑え、トウモロコシと対等に生き延びた。
 日本で飼料用にトウモロコシを輸入するようになると、イチビの種子も紛れ込んで来た。牛はその種子を消化できないので、糞とともに出て発芽。イチビは東回り、西回りでそれぞれ日本に来た。

 セイタカアワダチソウは、唯一日本に入って来た頃から見ている。昭和40年代初めころだったか、関西で、黄色い花を付けた背の高い草が群落をなしているのを初めて見たが、何年も経たないうちに身の回りで見るようになった。
 花粉症の原因だと言われたこともあったが、花粉を飛ばす風媒花ではなく、目立つ黄色い花穂に昆虫が寄る虫媒花なので濡れ衣である。やはりアレロパシーがあって他の草の成長を阻害したのだが、自家中毒を起こしたそうで、いまは一時の勢いはない。
 煎じ汁はかぶれなどの痒みの特効薬だし、風呂にいれても、お茶として飲んでも、デトックス効果があると、商品化までされている。植物は興味が尽きない。
 





にほんブログ村



by buribushi | 2018-10-28 21:49 | | Comments(8)
Commented by mikeblog at 2018-10-28 22:25
この手の本では「残念な生き物」?だったかな。その植物版でしょうか。セイタカアワダチソウはこれだけで群落になっているところもありますね。花粉症の原因みたいに言われていますが違うようですね。枯れた後の丈夫な茎を取って来て絹サヤの手に立てかけて置いたことがあります。支柱のかわりに2,3年は使えます(ケチくさい話)
Commented by buribushi at 2018-10-28 22:37
ミケさま
>枯れた後の丈夫な茎を支柱に
すだれを編む人もあるし、並べて茶室の天井にした人もあるそうです。なかなかどうして、働き者ですね。カブレを治める力なんてすごいですよ。(お茶は美味しくなかったけど)
花粉症花粉症という人があったけど、風媒花と虫媒花の違いを知らないんですかねー。そう思い込んでると、傍へ行くとハクション、なんて言うのかも。
Commented by kazuyoo60 at 2018-10-29 06:36 x
タイヌビエ、稲の田んぼに、頑丈で背の高いのはヒエでした。私も引きに回った記憶があります。
母は昔、彼岸花の球根で糊を作って、洗い張りの時の糊に使ったことがあると言っていました。幼いころに手伝った時はフノリ(海藻)を使っていました。
イチビ、大昔に出会っています。小さな花、そして若い種の形をおぼえています。
セイタカアワダチソウのお茶、それしかなくなったら買って飲むかもしれませんが、近くで採取する場所もありません。
Commented by buribushi at 2018-10-29 09:22
kazuyoo60さま
田をする人には困りものの草ですよねー。
ヒガンバナの球根にはいい澱粉があるのをご存知だったんですね、洗い張りの糊とは。
イチビ、家の畑に一度みたことがあるけど抜いてそれきりでした。種、というか実の形、特徴がありました。
一度みて退治したのにアレチウリもあります。あれもはびこったら大変な草ですね。
セイタカアワダチソウは、かぶれの痒みにあんなに効くものはないと思うから、少し干して置かなくては。まだ採ってませんが。
Commented by コロリ at 2018-10-29 09:30 x
ヒガンバナが比較的人家の近くにあるのは、救荒植物だったからだそうです。
戦争中には尾瀬の水芭蕉の根を食べる研究もあったらしい。あれはサトイモの仲間ですから。
Commented by buribushi at 2018-10-29 10:35
コロリさま
>救荒植物
そうですってねー。
うちのヒガンバナ、30年近く経ち、随分あちこちへ貰われて行きました、減り目が見えません^^
戦争中は何でも食べました、さつまいもの葉、茎は美味しかったけどジャガイモの葉はまずかった、すぐ止めたような。
Commented by tsunojirushi at 2018-10-29 19:31
おもしろい…。特にヒガンバナ、ソメイ方式とは驚きました。じゃあ、白いのとかはどうなんだろうか。食べられるってビックリだー!
Commented by buribushi at 2018-10-29 19:56
tsunojirushiさま
>白いの
とか、黄色いのは人が創り出した園芸品種でしょうかねー。白は白としてクローンで殖えるんでしょうかねー。

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

沢山積み上げられておられ..
by kazuyoo60 at 07:16
ミケさま 私も去年から..
by buribushi at 22:28
鍵コメさま ありがとう..
by buribushi at 21:20
ミケさま またまた、よ..
by buribushi at 21:13
暑いからといってTシャツ..
by mikeblog at 20:47
このくーちゃんのオジちゃ..
by mikeblog at 18:35
ミミの父さま むこうも..
by buribushi at 13:09
お茶目な猫ですね。 先..
by ミミの父 at 22:58
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:44
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:40
去勢済みの印が耳のカット..
by kazuyoo60 at 16:14
背中が曲がっておられない..
by kazuyoo60 at 16:11
toti-51さま 那..
by buribushi at 13:22
reireipostさま..
by buribushi at 13:11
私もすばるさんかと思いま..
by toti-51 at 09:25
一枚目の写真すばるさんか..
by reireipost at 07:19
↑間違えて自分にイイネ押..
by buribushi at 22:29
ミミの父さま >やった..
by buribushi at 22:26
この赤ペン文字では目立た..
by ミミの父 at 21:41
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 16:25

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ