おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

ヤッチーサイ(お兄さん)

10月11日木曜日 曇りのち雨 19度

追記だが前へ出す。
coralway さんのブログで、沖縄の翁長前知事の葬儀で玉城知事の述べた弔辞のことを読んだ。以下、事後承諾をおねがいするとして勝手にご紹介する。
(夜更けであったので、勝手な事をしてしまった。12日朝coralwayさんの「沖縄の風景」で、こころよくお許しをいただいていることがわかったm(_ _)m)

「玉城知事が弔辞の中で、故人に「ヤッチーサイ(お兄さん)」と語りかけたことが、静かな共感を呼んでいます。

ある人は「(その言葉に)ウチナーの優しさとか苦しみ、悲しみが溢れ出ていた。(故人を)送る心にやっとなれた」と言いました。

故人の遺志を継ぐ意思表示として、これ以上の言葉は無いのではないかとさえ思います。故人や遺族がどれだけ安心したことか。これこそが弔辞。」

「ヤッチーサイ」(お兄さん)と呼びかけたのだという。翁長さんは大変な苦労をなさった。むくわれぬまま亡くなられた。とは思っていたが、この話を知って初めて涙が流れた。良い跡継ぎを得られましたね、と思った。
玉城知事は母親が夜昼働いて彼を育てたので、大叔母(だったと思う、祖母ではなかったような)に預けられた。
子どもの時、混血児で見た目が違い、いじめられたが、大叔母さんは「トオヌイビヤ、ユヌタケネーラン」(10本の指は、同じ長さではない-人はそれぞれ違うものだ)と教えたという。そういう育ちもあって、知事はウチナーグチ(沖縄言葉)に堪能なのだ。
言霊、という。言葉は魂。あらためて、沖縄は本当に良い知事を得た。翁長さん、どうぞ安らかにお休みください。




























a0203003_20214420.jpg
 涼しくなると、しんみりとした味のおかずがいいような。大根、里芋、人参、鶏挽肉のだんご、出汁殻の昆布、を味醂と醬油の味付けで煮込んだ。

a0203003_20260586.jpg
 ハタハタの干物は醬油干しというもので、なまぐさみがなく香ばしい。大根おろしは冬の大根が美味しいから、うちの大根が穫れるまで食べなくてもいいということになった。

 
a0203003_20171229.jpg
 夏、一輪も咲かなかった紫陽花(墨田の花火)が、いまごろやっと咲いていた。一輪だけ。



にほんブログ村



by buribushi | 2018-10-11 20:35 | ひと | Comments(6)
Commented by ミミの父 at 2018-10-11 22:15 x
ハタハタの干物はこちらでは出ませんが、上越では度々食べています。七輪や薪ストーブに網で少しずつ焼くと、酒にちょうど良いです。f^_^;
ピースちゃん、凛として復活しましたね。
Commented by buribushi at 2018-10-11 22:24
ミミの父さま
あと、げんぎょの干物、夫は好きです。糸魚川の方へ行くと干しながら売っていました、寒い頃。焼きながら囓る、というのがいいらしいですね。お酒に。
>ピース復活
はい、威張ってます。
Commented by kazuyoo60 at 2018-10-12 09:44 x
ヤッチーサイ、地元の方のお心に響く言葉なのですね。玉城知事が真に故人を思いやられてるかが分かります。10本の指の話、ほんとにそうですね。素晴らしい教えです。
ハタハタは、たまに見ますが、北国ほども並ばないです。
スミダノハナビ、良い子です。ここ数年毎年今の時期に咲いていたのに、今年はパスです。
Commented by mikeblog at 2018-10-13 00:04
ヤッチーサイ(お兄さん)ですか。ほんとうに最高の呼びかけですね。そう言えばウチの田舎で他人を呼ぶときに兄さん姉さんと呼びかけますね。そう呼ばれて知らない人が「俺はお前の兄さんじゃない。」と言ったとか(笑)
原種シクラメンはまた新種ができるのでしょうか。
10月ももう半ばです。いつの間にかという感じで、まだ紅葉はしてないので気無しでいました。どおりで急に寒くなったはずです。
Commented by buribushi at 2018-10-13 13:34
kazuyoo60さま
沖縄言葉には10本の指のような言い慣わしがあちます、「ヤーナレード、フカナレー」(家慣いは、ほか慣いー家での習慣は外でも出る)とかね。そういう言葉を集めた「黄金言葉(くがにくとぅば)」という本があったんですけど、誰かに貸したか、上げたか、いま見たらありませんでした。
Commented by buribushi at 2018-10-13 13:44
ミケさま
名前を略して、例えば西ヤッチーだと、西〇にいちゃん、みたいな。ヤッチーサイとサイがつくと敬いが入ってお兄さん、お兄様、みたいな。(多分)
お店の人とか、知らない男性には、よほどお祖父さんで無ければ「おにいさん」といいますよ、沖縄へ行った時でなくても。現役の男性、というようなニュアンス。
沖縄へ行くとにーにー、ネーネー、ですね。旅人だからか、わたしまでネーネーとよばれたり。
この辺りでは、ねーちゃん、かーちゃん、ばーちゃんしか呼び方を知らない人も多くて、全然知らない人にばーちゃん、と言われるのイヤです。
セールスの人におばあちゃぁん、を連発され、「あたしゃばばあですけどね、あなたみたいなヒネた孫はもちません」と言っちゃった^^
シクラメンどんな花か?今朝はセーターが欲しいようでした。

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

パンチたちの子ども、タラちゃ..
at 2019-01-19 21:53
一月のしぐれ味噌
at 2019-01-19 20:59
外ねこ出身、パンチとうーちゃん
at 2019-01-18 21:30
小豆粥・今シーズン初マーマレード
at 2019-01-17 16:28
「しずかに流れるみどりの川」
at 2019-01-16 17:30
ストーブを見に
at 2019-01-15 16:32
「おわりの雪」
at 2019-01-14 22:08
出雲崎の海猫・和島の白鳥
at 2019-01-13 17:46
くーのうち
at 2019-01-12 22:07
自然薯とろろ。ボビねこ、あー..
at 2019-01-11 22:21
「好評分譲中」
at 2019-01-10 17:46
昨夜積もった雪
at 2019-01-09 10:22
ピースのもにもに
at 2019-01-08 21:08
笑いねこ
at 2019-01-07 17:50
柚餅子を作る
at 2019-01-07 17:47
どんど焼きの準備
at 2019-01-07 17:43
寺泊さかな横町
at 2019-01-06 13:24
くたびれた日
at 2019-01-05 22:00
ねこ年賀状など
at 2019-01-04 21:20
ねこちぐらはホウレンソウの箱
at 2019-01-03 21:59

最新のコメント

ミミの父さま タラちゃ..
by buribushi at 11:27
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 11:24
tsunojirushi..
by buribushi at 11:23
ミケさま >タラちゃん..
by buribushi at 11:21
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:30
tsunojirushi..
by buribushi at 10:22
ミケさま しぐれみそは..
by buribushi at 10:17
カツオちゃんの鼻、目を細..
by ミミの父 at 08:12
タラちゃん、カツオちゃん..
by kazuyoo60 at 07:20
古歌の若菜摘みかなと拝見..
by kazuyoo60 at 07:18
もうこんなにでっかく( ..
by tsunojirushi at 03:43
しぐれみそ!( 〃▽〃)..
by tsunojirushi at 03:41
どれも野菜がたくさんでお..
by mikeblog at 00:03
タラちゃんにカツオちゃん..
by mikeblog at 23:42
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:13
ミケさま >人を見る・..
by buribushi at 21:08
>孫達の言うパンチのかの..
by kazuyoo60 at 06:41
猫は人を見るといいますが..
by mikeblog at 00:25
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:50
ミケさま おかげさまで..
by buribushi at 21:45

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ