おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

ネット上で出会った、昔の養家の部屋

a0203003_17265580.jpg
a0203003_17271489.jpg
 友人のフェイスブックを見てびっくり。ある旅館の紹介なんだけど、これ、57年前まで住んでいた時の隣家と、向こうがその別館になったという私の家(養家)。和室は、見違えるように綺麗になってはいるがうちの二階の八畳で、違い棚も書院窓もはっきり覚えあり。書院の建具は職人だった伯父が作ったと聞いている。
 学齢前の私が布団のなかで、うちへ帰りたくて泣いていた部屋。大人が様子を見に来る足音がすると、潜って寝たふりをした。70数年の昔だ。
 ここを出てから57年経つ。二階の角にあった四畳の部屋は、隣の宿屋の客の酔っての馬鹿話もよく聞こえたものだ。隣とのあいだに大きいアンズの木があって、いっぱい花が咲いた。
 うーん、もう一度見ようとは思いも寄らないことだった。
 
 子供らしく泣いて、かえりたい、とは言えなかった子ども。物覚えのいい、聞き分けのいい、いい子ちゃんをしていた子ども。「猫ヲ読ム」によれば、ねこは(人も、だ)すでに自分として生まれ、その自分を生きるのだという。わたしはそのためには自分が傷つき、人も傷つけた。たいへんだったね、わたし。80年も経って仕舞えば、もうこっちのものだ(何が)、もうダイジョウブだからね、わたし。






にほんブログ村



by buribushi | 2018-03-07 17:58 | その他 | Comments(12)
Commented by ハルリン at 2018-03-07 18:12 x
すばるさん今晩は、雪国もどうやら春らしくなってきましたね、まだまだ風が寒いです。

働き者のすばるさん雪が消えると又畑ですね。
美味しい野菜を作って食べて健康が1番
Commented by buribushi at 2018-03-07 18:25
ハルリンさま
長かったですねー、今年の冬。畑にはまだどっしり雪があるけど、随分減ってきました。
去年、余った種子をみんな混ぜて、バーッとばらまいたら、高菜も小松菜も、川流れもカラシナも交じって良く生えました。雪が消えたら片っ端から薹を摘んで食べましょう。
Commented by tsunojirushi at 2018-03-07 18:43
いろいろとかんがえるお話です。ここまで、しっかりと生きていらしてこその、「だいじょうぶ」ですね。尊敬します。
Commented by buribushi at 2018-03-07 21:16
tsunojirushiさま
なんだかねー、大人の顔色を見て自分を合わせる子どもらしくない子どもだったけど、どうしてそうだったか、って、そう生まれたから、としか言いようがないんですよね。
しかし、ねこは出自や育ち方を言わない、人生を親のせいにしない、っていうけど、まったく持って生まれた自分のせい、ばかりでしょうかねー、この生は。
Commented by ikoka at 2018-03-07 22:04 x
だいじょうぶ、と言えるようになりたいなあ。
もし、親を選んでうまれてこれるものなら、絶対にあの母を選ばないことだけは確かです。
 すごい立派な家。こんな部屋に寝かせられたら、こわくて泣きます。ざしきわらしがでそうだもの。
Commented by buribushi at 2018-03-07 22:29

ikokaさま
どうしてわたしだけあっちの家や、こっちの家があるのか分からなかったので、ねこは自分の生を親のせいにしない、と言われても、ねこほどりっぱではあり得ません。
どうして、と聞ける人も、80となってしまってはもう世の中にいません。
ざしきわらしか。わたしがざしきわらしだったのかな。
もうだれも、わたしをあっちへやったり、こっちへやったりしないから、ダイジョウブ。
わたし決していい親ではなかったけど、私のような境遇はどの子にも与えませんでした。それでよし。としてもらおう。

Commented by mikeblog at 2018-03-08 00:23
よく話に聞く「昔お姑さんに意地悪をされた話」聞いていても気持ちのいいものではありませんね。そのお姑さんもいじめられていたからお嫁さんに仕返し?をしたんだとか。そんなことが続いたら親子で同居などまっぴらごめんということになってしまいます。今は核家族が多いのもそんな理由かもしれないなぁ、なんて思っているのですがすばるさんは子供さんの時にそういう経験をされたので大変でしたね。当時お住まいだった部屋に会うのもこれぞ奇遇ですよね。ちゃんと床の間のある立派なお部屋です。今どきの家ではお目にかかれません。いいなぁ、これぞ日本間! ちゃんとしたお家だったのでしょうね。物置に置かれたのでは無くて良かったー。
家族に守られて育った私は幸せでした。
Commented by kazuyoo60 at 2018-03-08 08:05
昔なら、その場所へ何かの用事が無ければ、出会えないお部屋ですね。
複雑な思いをなさってると思います。心の中だけの思い出、私もあります。
Commented by tokohouse at 2018-03-08 16:27
こんにちは
猫にそんな格言があったことは知りませんでした。
猫ちゃんって立派です。
私は、なんでこの家に生まれて来たのかと、考えたことが無いのは、幸せだったからかも,,,幸せの押し売りも本当は有難い事なんですね。
なんでこの人選んだのかは、時々思いますが,,,きっとお相手も(笑)
立派なお部屋でもやっぱり寂しかったんですね。
Commented by buribushi at 2018-03-08 16:48
ミケさま
やっぱりある程度大きくなって巣立ちするまでは、最初の巣にいたほうがいいのは動物も人もおなじだと思いますよ。
「猫ヲ読ム」でいろいろ感じ入っていたけど、あれみんな自分の育ち方にダブって感じて居たのでした。
学齢前に行って、小学校二年生で一度帰って、中三でまた行って、結婚して出て来るまでいたんですよ、あの家。結婚するときはさすがに、家を出ようと思いました。
養父が早めに亡くなり、養母が私たちの家へ来たので、出た意味があまり無かった。養母も若いとき継母で苦労したんです。自分が苦労したから人に苦労させまい、とは思っていませんでしたね、
やれやれ、今となってはもうみんな終わったことで、終わった事はもう無いってことで、よかったねー。
Commented by buribushi at 2018-03-08 16:51
kazuyoo60さま
我が目を疑いましたよ、57年過ぎてまたあの部屋を見ようとは。ほんとうにいろいろあったけど、話しても信じない人もいたし、もう終わったから。
Commented by buribushi at 2018-03-08 17:05
tokohouseさま
>なんで選んだか
わたし年に一度中学生に話をしに行くんですけど(国語に短歌が出てくる時期に、短歌のはなしをしに)、生徒は脱線して沖縄の話や猫の話になるといきいきしています。
恋愛がどうとか、言うから、皆さんに教えとくけど、あれは一種の錯覚だからね。彼らアハハと言ってます、今のうちに笑えよ。
いまが一番いいです、60過ぎに沖縄にはまって20年、幸せな老後です。あら?いま老後ですよね?わたし。

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

kazuyoo60さま ..
by buribushi at 17:35
都香ゲねこさま 「必要..
by buribushi at 17:27
芋羊羹、ですか。名前も良..
by kazuyoo60 at 10:35
弓型の街灯とは、斬新なデ..
by 都香ゲねこ at 09:58
ミケさま はいはい、那..
by buribushi at 07:12
ほんとだ、外灯が弓の形に..
by mikeblog at 23:30
あい、ihciat! ..
by buribushi at 22:49
うまこさま パイナップ..
by buribushi at 22:32
ミミの父さま >いとこ..
by buribushi at 22:26
サルナシで舌が荒れるのは..
by yamamotoyk at 22:13
クリスマスホーリーと靴下..
by ihciat at 21:50
いとこ煮は興味があります..
by ミミの父 at 20:52
tsunojirushi..
by buribushi at 17:04
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 16:59
ミケさま ストーブの上..
by buribushi at 16:54
糸こんとさつまあげ、やっ..
by tsunojirushi at 12:37
コンニャクは常備していま..
by kazuyoo60 at 10:09
暖かい煮物のおいしい寒さ..
by mikeblog at 00:10
BINSIさま いらっ..
by buribushi at 21:45
ひよりさま >飾り付け..
by buribushi at 21:37

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ