おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

「憲法カフェ」に行って来た

a0203003_204602.jpg

「憲法カフェ」に行ってきた。
若い弁護士の人達が、憲法の解釈を変えて「集団的自衛権」などと言いだされたことを憂い、憲法について、自衛権ということについて、もっとよく知らしめよう、と開いておられるもの。

まず、「私たちは憲法を守るべきか?」イエスかノーか。
イエスではないのだった。憲法を守るべきは国の政府であって、その憲法が私たちを守る。
なんとなくイエスに手を挙げてしまったことを恥じる。乳児を抱いた若いお母さんは「ノー」だった。

憲法を変えるためには、「国民投票で有権者全員の過半数の賛成が必要」イエスかノーか?ノー。

「国民投票法」は「総投票数の2分の1を越えれば良い」となって、投票する人の数が少なければ、ごく少数の意見でも憲法が変えられることになる。

a0203003_204628100.jpg

昨年7月、都内の会合で麻生副総理が語ったこと。「ある日気づいたらワイマール憲法が変わってナチス憲法になっていた。誰も気づかないで変わった。あれを学んだらどうかね」

知らないうちに憲法が変わり、戦争に行かされるのか。戦地へ行かない者も、食べる物が足りず、着る物も足りず、シラミにたかられ。
住むところが戦地になったり(沖縄)、頭上に核爆弾が落ちたり(広島、長崎)、弔う人もない死者を増やすのか。

人質事件の被害者で、のちに解放された高遠菜穂子さんが語っている。解放されたのは結局自分が武器を持っていなかったから。武器は標的になる覚悟があるということ。自分を守る最善策は「武器を持たないこと」だと。

「戦争放棄」の憲法第九条は「武器を持たない」と言っていること。解釈の変更などという手を加えたら、日本が世界の信用を失ってしまうではないか。

以上、今日学ばせてもらったことから。

a0203003_20463862.jpg
a0203003_20473742.jpg

うちで咲いたキツネノカミソリと、返り咲きのクレマチスH・F・ヤング。平和よ続け!

憲法第九条を学び、守ろうという会合に出席の返事をした。

「日本国憲法を口語訳してみたら」をすぐ読もう、アマ〇ンで発注した。



by buribushi | 2014-08-18 21:39 | よのなか | Comments(7)
Commented by kazuyoo60 at 2014-08-19 11:24 x
憲法は公権力の乱用を縛るためにあるのですね。私も、先日まで法律を縛る更に上部の決まりごとと思っていました。
どんなことがあっても、命と物の浪費の戦争はダメです。命があって食べ物があって、着るものや住むところ、更にネットの楽しみも、今が良いです。
その投票があれば、勿論行って、ノーです。
Commented by buribushi at 2014-08-19 11:37
kazuyoo60 さん
何処かの友好国(と言ってもあすこにきまっている)が、
何処かの国(と行ってもすぐわかる)に攻撃された場合、
集団的自衛権によれば日本はそのミサイルを打ち落とさなくてはいけない(不可能)、打ち落とせなくても打ち落とそうとしたことで日本も敵対国と見なされる。
そんなアホな話がありますか。
若いおかあさんが、どうして戦争したい人がいるんでしょうねーと言いました。
それで儲かる人がいるからですよ。戦争ほど大きな消費(浪費)はないから。と答えました。
「分(ぶん)」をわきまえて楽しくくらして行くだけなら、そんなに要りはしないのに。長くてたかが百年の人生に、人を踏んづけてまで何をむさぼる?
投票があったらちゃんと参加してノーをいう人を、一人でも増やしましょうね。
Commented by ミミの父 at 2014-08-19 17:37 x
敗戦が濃厚となると条約を破棄して攻めてきたり、危ない隣国が多いと難しいですね。
第九条をよく分かってもらうには、隣国にも「憲法カフェ」が必要でしょう。でも都合よく解釈されそうです。
とりあえず、投票率を上げるのは急務ですね。

「新装版 日本国憲法」講談社学術文庫 税別300円 薄い本ですがルビがふってあって見やすいのもあります。
Commented by buribushi at 2014-08-19 19:54
ミミの父さま
ありましたねー、この前の戦争の時。戦争になっちゃえば、そういうことは何でもありになっちゃうんですね。
憲法は繰り返し勉強したいし、国民投票に一人でも多く行ってノーを言おう、ということを伝え続けたいと思います。
明日は「良寛の里九条の会」(仮称)の準備の会です。お通夜とお葬式がはいっていて、それを縫ってとは忙しいことですが、そんなことを構っていられません。

学術文庫なら持ち歩きにも便利ですね。捜します。
Commented by t-haruno at 2014-08-21 21:16
日中戦争から太平洋戦争にいたる長い長い戦争を、何故、無謀にも始めてしまったのか
知りたくて、NHKのドキュメンタリーや本など、できるだけ見たり読むようにしていますが
知れば知るほど、かなり安易に楽天的に戦争を始めてしまったのだなと驚くばかりです。
「すぐすむやろ」と思っていたとしか思えないし、被害を想像も出来なかったとしか。
でも人間同士のケンカだって、そういうものでしょうね。
「やるんか?」「おお、やったるわ!」と勢いで始めて、こじらせて大怪我をしてやっと「止めておけば良かった」と知る。
<戦争は出来ない>という足かせがはずれたら、愚かで想像力を欠いた政治家が、また国民を空しい戦争に巻き込むでしょうね。きっと。
過去の失敗を知ること、憲法とは何かを知ること、
学ぶことは本当に本当に大事だと思います。
赤ちゃん連れのお母さん、頼もしいですね!
Commented by buribushi at 2014-08-21 21:58
t-haruno さん
ほんとうに、「あなた達地図は見なかったの?」ですよ。国の大きさからして全然違うことも目に入らなかったのか。
あの頃と違って、私たちが情報を得る機会も格段に多いのですから、勉強しなくては。
それから、戦争中のことを知っている者は若い世代に伝えなくては。「憲法カフェ」で、家のじいちゃんばあちゃんはちっともそんな話をしない、と聞いて、そう言えば私も自分の孫に何も話していないと思い当たります。
家で出来なかったら外の孫世代に話せばいいんじゃない?
貧しい食べ物(それでもちゃんと食べさせて貰っていたのは幸せだった)。乏しい衣類が一番きつかった。育ち盛りに、服はもちろん、下着が十分に無かった。晒し木綿を何反もストックしているのを娘は悪くいうけど、こればかりは処分出来ません。

Commented by buribushi at 2014-08-21 21:58

(続きです)
口語訳憲法の本を買ってみましたが、子供向けの憲法の本も読もうと思います。
あのイラスト、「人々は彼らの本当の力を知らない」、あのとおりでしょう、重石になっている人々が退いたら、勝手な政治家を威張らせて置けない。そ、れ、が、どうしてわからないんだろう?
赤ちゃん連れの人は、老人介護の仕事の育児休暇中でした。私たちが憲法を守るんじゃない、憲法が私たちを守るのだ、と、ちゃんとわかっていました

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

最新のコメント

仲良しですね、ゴエちゃん..
by tsunojirushi at 22:51
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:21
>ゴエちゃんいいこねー ..
by kazuyoo60 at 19:10
tsunojirushi..
by buribushi at 16:15
鍵コメさま ありがとう..
by buribushi at 14:23
ひよりさま 沖縄の旅、..
by buribushi at 14:21
ダイエットで15000歩..
by ひより at 09:00
すばるさんは、なんでも丁..
by tsunojirushi at 20:56
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 20:50
鍋掴み、この頃ほとんど使..
by kazuyoo60 at 19:55
あい、ihciato、そ..
by buribushi at 10:15
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:07
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:00
ミケさま そう、一年熟..
by buribushi at 09:57
あい、ihciat! ..
by buribushi at 09:53
どっかで見た… 大分..
by ihciat at 09:39
ちきあぎー美味しそう(^..
by ihciati at 09:34
私も欲しいです。ショウジ..
by kazuyoo60 at 09:20
嬉しいお手伝いです。頼も..
by kazuyoo60 at 09:19
堆肥は手がかかっていても..
by mikeblog at 00:01

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ