人気ブログランキング |

おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

赤いオキナワスズメウリ・くちなし復活など

8月17日 土曜日 晴れたり曇ったり 27度・・34度

a0203003_19022728.jpg
 オキナワスズメウリの赤くなったのが見つかったが、蔓が枯れ色になってしまった。残った実は、あとどのくらい赤くなれるやら。


a0203003_19024795.jpg
 センニンソウの別の株。花はとびとびについているだけだけど、このほうがクレマチスの親戚めいている。


a0203003_19030568.jpg
 花の大きいほうのくちなしが枯れてしまって、根元から鋸で切ったのが、気が付いたら新しく芽が出ていた。この暑さの中でよくぞ生き返ってくれた。


a0203003_19050881.jpg
 オカズ。手前から、茄子の煮浸し。茹でほたて貝とせん切り胡瓜のマヨネーズ和え。残り物のとんかつを玉葱と煮て卵でとじた。茄子の塩漬け。



にほんブログ村





# by buribushi | 2019-08-17 19:18 | 草・木・花 | Comments(6)

髙砂百合咲く・黄金鬼百合を蒔く

         8月16日 金曜日 曇り時に雨 27度・・34度

a0203003_21532131.jpg
 昨夜半から雨になり、おとなしい降り方ながらしばらく続いた。随分久しぶり、今月になってから初めてか?待ち遠しかった雨、もっと降ってください。
 たくさんある髙砂百合のうち、最初の一本が咲いていた。これから次々咲く筈。


a0203003_21535759.jpg
 ジュズサンゴ、去年取り蒔きしたコンテナの中なので混み合っている。早いのは実になりはじめた。

a0203003_21541100.jpg
 ohisamaさんが送って下さった黄金鬼百合のムカゴを蒔いた。
小さめのがたくさん、封筒で送られて来たので、まずお皿にメネデールを落とした水を入れ、ティッシュペーパーを敷いた上に並べて休ませた。
 今朝、傘をさして、コンテナの土には落ち葉堆肥を混ぜてたっぷり水を撒いたあと、ムカゴを点々と置いて土をかけた。輝くような黄色の花をブログで見せてもらっていた百合、うちで殖えて咲きますように。

a0203003_21533886.jpg
 エビスグサ(この実がハブ茶)の花が咲き始めた。こぼれ種からの自生で、とても元気、よく育っている。




にほんブログ村





# by buribushi | 2019-08-16 22:12 | 草・木・花 | Comments(2)

安富教授の解放譚「そして彼は彼女になった」


        8月15日 木曜日 晴れ 28度・・・39度
暑さとどまることなし。隣の寺泊で40度越え、村上でも。
a0203003_21044382.jpg
 西光寺様ご献灯を拝しに行ったが、脚がいたくて立って居るのが辛くなり、途中で帰ってしまった。不甲斐なし。

a0203003_21455839.jpg
 今日読んだ本。安富歩氏は、この前の選挙でれいわ新撰組から立候補した、女性の姿をしている人。ということしか知らなかった。
 chieが、結婚するとき離婚届用紙を2通貰って来たのは、安富氏の影響と聞いて、著書「生きる技法」と、漫画家細川貂々のこの本を読むことにする。
 著書を読みかけて、途中でこっちの本に替え、終わりまで読んだ。漫画仕立てだからさらさらと読めて、しかし彼の生きづらさ、そこからどう解放されたか、が伝わってくる。こっちを先に読んだのは正解。
 体型から合う服がなくて苦労していて、友だちのふうちゃん(女性)から女もののズボンを勧められて穿いてみたらぴったり合った。女もののTシャツとズボン、柔らかくて軽く着易い。それに不思議な安らかさ。そこで初めて、自分の中に小さな女の子を閉じ込めていたと気づく。
 母と妻の支配から逃れ(離婚と絶交)のびのび生き始めた。経済学者、東大教授、著書多数。ふうちゃんとは何時間でも話して居られるほど気が合うが、ソウルメイトで、男女の仲ではないらしい。
 名前の歩の読みを、「あゆむ」から「あゆみ」に変えた。あゆむと呼ばれると反射的にびくっとする(母にいつもそう呼ばれていた)が、あゆみだと安らか、だとか。「家」と「親」にはわたしも数々の思いがあるので、解放譚を読むといつまでも読みたい、もっと読みたい気持ちがする。
 



にほんブログ村





# by buribushi | 2019-08-15 22:36 | ひと | Comments(6)

魚沼へお盆参りに

8月14日 水曜日 晴れ 26度・・・38度
a0203003_21371575.jpg
 越後三山(駒ヶ岳、中の岳、八海山)がよく見えて、魚沼へお盆参り。台風が近づいているのならぜひ雨がほしいが、フェーン現象の熱波で気温38度。県内に40度を越したところもあった(上越市高田40.3度)。

a0203003_21363343.jpg
a0203003_21355898.jpg
 小千谷-姪の家。堀之内-生家。湯之谷-妹の家。と、お参りして帰り、妹に貰って来た茄子の漬け物、湯之谷の道の駅で買った鮎の塩焼きでお昼を食べた。どちらも美味しい。道路脇の食堂に飛び込んでガッカリ、と言うことが続いたので、遅くなってもうちで食べたかった。
 湯之谷の帰り、堀之内八幡宮の盆踊り会場を見る。
「大の坂」は随分昔から続いている盆踊りで、左回りに踊る優雅なもの、念仏踊りだと言われる。踊り方はけっこう難しい。
 生家の集落の盆踊りは「ヨイヨサ」というので、ひなびたもの、ちょっと見たらすぐに踊れる。今年は鎮守様に櫓が建っていなかったが、どうしたのだろう。

わが母の見納めなりし盆踊り「大の坂」の夜はわが伴ひき

a0203003_09240451.jpg
 昨日の夕方、十三夜の月が透けて見える雲。




にほんブログ村





# by buribushi | 2019-08-14 22:05 | お出かけ | Comments(4)

2枚の離婚届け用紙

8月13日 火曜日 晴れ時に曇り 25度・・・36度
      何故か画像の取り込みが出来ないので、おしゃべりだけ。

 ブログ「chieの日記」にあるように、孫のchieが8日に市役所へ婚姻届を提出した。その時、「変なこと言いますけど、お守りにするので離婚届け用紙も2枚ください」と、貰って来て、署名して一枚ずつ持つことにしたという。
 東大教授の安富歩氏がそう言っておられるのだと。
 初めて聞く話だけど、元々は他人で、またもとに戻れることを意識しながら暮らすというのは緊張感があって、いいことだ。
 誰でも何度か、(あれを使うか)と思う事があるのではないか。

 chieの話を読んでから、安富氏に関わる「女性装の東大教授が見つけた「新しい家族」のカタチ」という記事をネットで読んだ。

 安富氏言う、日本の「家」制度なんてとっくの昔に崩壊している。明治維新で構築した徴兵制度が最大の原因で、さらに高度成長期に家族制度は息の根を止められた。
 実際はとっくに機能しなくなっているシステムを理想化して守ろうとやっきになっている。ここから生ずる関係性のひずみが、虐待や引き籠もり、家族同士の殺人にまで帰結する。
 結婚するときは離婚届けも一枚ずつサインして交換しておく。縁切り寺を自分で用意しておくのだ(chieは、ここを実践)。

 新聞・雑誌で、投稿された短歌作品を選んでいて出会うこと。一人で暮らしたい。複数の身内と暮らすことの辛さ。という、表裏一体の気持ちが、形を変えては何人もの人に、何度も詠われている。それは、若くない女性の作品に限られる。
 ということを、安富氏の話を読んで思い返さずには居られなかった。

 一人の人間が、魂を自分自身の思うとおりに成長させる、愛情とはそれを支えること。人はいつでも、植え付けられたシステムを抜け出し、自分のやりかたで魂を成長させ、また他人の魂を成長させる方法を学べる。と、いうところもあった。
 彼の著書を読んでみたい(あまりにも多いが)。

 
 


にほんブログ村





# by buribushi | 2019-08-13 22:30 | ひと | Comments(6)

崑崙朝顔、ライ麦のパン

           8月12日 月曜日 晴れ 25度・・36度


a0203003_21243561.jpg
 崑崙朝顔。人の庭で初めて見たとき、美しくはあるけど、水色などもっと薄い色のほうが涼しそうなのにと思っただけだった。
 崑崙(コンロン)は、中国古代に西方にあると想像された山の名だったという。いまはチベットと新疆ウイグル自治区の境を東西に走る大山系の名、と広辞苑にある。その崑崙の名を負う花かと思ったら、引っ越して行かれた家の跡にほそぼそと咲いていた朝顔の種を採って来る気になった。
 とても丈夫で、こぼれ種で年々咲く。

a0203003_21245550.jpg
 妙高にある小さいパン屋さんプティのパンを、ご近所のイシグロさんが取り寄せて分けて下さった。むっちりと弾力のある食パンと、このカレンズのパン。ライ麦や無農薬小麦の全粒粉が配合されている。
 大きくて食べ切れない西瓜をうちのスクリュー式のジューサーで絞って冷蔵したのを飲んだ。ブルーベリーはうちの。西瓜、そのまま食べるよりなぜか甘かった。

a0203003_21235527.jpg
 今日のホーリーバジル。触れるだけでいい香りがする。
 毎日35度前後、今日は36度と言うんだけどもっと暑い感じだ。車に乗るとベルトの金具が熱っ!というくらいになっている。雨がふらなくなって何日だろう。朝夕水撒きをして、花も畑もようやく生きている。木が枯れませんように。雨が降りますように。

a0203003_21241814.jpg
 明日はお盆の入り。信濃川を越えて野菜を売りに来るオーノさんが、今朝は花を持ってきた。アスター、おみなえし、鷹の羽すすきなど。うちの百日草、鶏頭もある。フロックスもダリアもまだある。




にほんブログ村





# by buribushi | 2019-08-12 21:56 | 季節 | Comments(6)

ひとりでがんばる葡萄

         8月11日 日曜日 晴れ 25度・・・34度

a0203003_13372221.jpg
 植えたなり、何一つ構わない葡萄、りっぱな房が幾つも着いているのを見つけた。40何年か前、魚沼にいたとき、小千谷の知人が苗を下さった。戻るとき掘って運んで来て玄関脇に植え、それから今の場所に越すときまた運んで来て。
 木通やサルナシや、なにやかやで薮状態、肥料もやらずうっちゃっておくのに、こんないい実を。有り難くも勿体なくも一房貰って来た。
 熟してもみどりいろ、甘く、タネはない。なんという品種かわからない。熟すとほろほろ実が取れやすいので、流通していないかもしれない。
a0203003_13380885.jpg
a0203003_13382968.jpg
 イノコズチ。今までもシグレミソの数に入れて食べてはいたが、足腰の痛い者は食べるといいと農業雑誌にあったので、見る目の違って来た草。
 下の写真はもう花芽というか、穂が出かかっている。実になると、ねこがよく身体につけて帰って来るあのヒッツキ草で、これもそうしてうちへ来たのだろう。
 硬くなってきたら干してお茶にしようか。


a0203003_13374890.jpg
 イヌビユも今まで食べてはいたがシグレミソで、量は少ない。佐渡で胡麻和えにするそうなので、意識して殖やそう。
 肥料もやらず水もやらず、なんの薬品にも触れず、自然の恵みで周りに育っている野草は、ありがたーい食料。


a0203003_13384687.jpg
 柿に雌花と雄花が有ることを今年初めて知った。壺型で、明らかに形の違う雄花をずっと見ていようと、紅い毛糸を結んで置いた。・・・?実がなっているよ?


a0203003_13392650.jpg
 自生苗の百日草、ピンク濃淡、赤、朱、とあったところへ、オレンジ色も咲いた。自生なのに各色取り混ぜて出てくれて。嬉しいな。


にほんブログ村





# by buribushi | 2019-08-11 14:26 | 草・木・花 | Comments(7)

モミジアオイ咲く・薪を貰う

           8月10日 土曜日 晴れ 25度・・35度

a0203003_12454975.jpg
 二階から長岡・東山の方を見る。夏の雲、もくもく。
 今日も暑いが、予報に12日37度 13日37度 14日39度 15日38度 などとぞっとするような数字あり。

a0203003_12452933.jpg
 柚子の木に黒い揚羽蝶が来ていたが、写すに間に合わず。右上方にちらと。

a0203003_12435002.jpg
 モミジアオイが咲いた。立派な蘂、ハイビスカスの親戚とよくわかる。ずっと以前、kazuyoさんから送って頂いたものの子孫。
 お隣が真っ直ぐなのに、うちは倒れそうに傾いて映ってるよ?


 
a0203003_17391037.jpg
a0203003_17392719.jpg
 暑いなか、息子大工が焚き物用端材を持って来てくれた。冬のストーブ、年中のお風呂、焚くものはうちの必需品。




にほんブログ村





# by buribushi | 2019-08-10 17:31 | 草・木・花 | Comments(5)

イノコズチの天ぷら、辛いシシトウ、

         8月9日 金曜日 曇り時に晴れ 26度・・34度

a0203003_21473973.jpg
 シシトウの中に、飛び上がるほど辛いのが混じる。タカノツメも植えたけど、出来るかぎり遠くへ植えたつもりだった。虫がぶんぶん飛んでいるからねー。交配は防げなかった。もう抜いて、葉と幼果を佃煮にしようか。あれも美味しいものだ。
 タカノツメは、多少シシトウ化?したとしてもカライはカライだろうからそのままにする。

a0203003_21463021.jpg
 茄子は実の柔らかい水茄子。畑を半反位していた時は、茄子も漬け物用、煮たり焼いたり用、と作り分けたけど、今はこれだけ。
 新潟人は知られた茄子食い人種だそうで、作付け面積がどうとか、出荷量がどうとか、つまり自分で食べちゃう分が多いという統計を見たことがある。


a0203003_21461161.jpg
 連日の暑さ、水やりはしているけど、日中はさしものホーリーバジルもお疲れ気味のようだ。

a0203003_21452159.jpg
 挿し木で殖やしたモミジバゼラニウム。
 梨木香歩のエッセイだったか、ゼラニウムの鉢を預かって冬越しさせた人が、枯らしてしまったのはマジメに水遣りしたひとで、水もやらず無関心だった人のほうの苗は生きていた、と。それで水をやらず冬越しさせた苗。

 
a0203003_21450026.jpg
 オカズ。天ぷらは向こう側からゴーヤー、かぼちゃ、じゃこ、イノコズチ(草)。イノコズチは足腰の痛い人が食べるといい草だと農業雑誌で見たので、うちの薮で摘んで来た。シグレミソにも入れているけど、量は少ないから。これはもう余り柔らかくはないが、てんぷらなのでぱりぱりと食べてしまう。
 味噌汁の実の茄子と茗荷はうちの。ニンニク炒めにしてポン酢で味付けしたのもうちのひね胡瓜。スーチカー(沖縄式塩漬け豚)を茹でて薄く切り、辛子を添えた。



にほんブログ村





# by buribushi | 2019-08-09 22:32 | | Comments(6)

ジャジャマルのお通夜

         8月8日 木曜日 晴れ時々曇り 25度・・35度
                 立秋



a0203003_18181503.jpg
 百日草の蘂が、ひとつひとつちゃんと五つに分かれて小さい花のようだ。もしかして、これがほんとの花か?


a0203003_18165124.jpg
 仙人草が咲き始めた。クレマチスの原種の一つらしいと聞けば、いっそう懐かしい。白くて、ぴんぴん跳ねる虫がいて、葉の所々が白く汚れているのが気がかり、薬品は撒きたくないけど。木酢酸を薄めてやってみようか。


a0203003_18175377.jpg
 どうやら一番早く咲きそうな髙砂百合。ほかのにも幾つも蕾が見えて、今までで一番沢山の花が見られるだろう。


a0203003_18381157.jpg
 ピンぼけだけど、直径1センチほどのミニバラ。


a0203003_18390079.jpg
 種を採って殖やそうと思うイヌビユ、摘まないで大きくした。
 立秋だけど、暑い。

 夫はご近所のお通夜に出かけた。刃物工芸館という展示場もしている鍛冶屋さんで、大声で賑やかなお喋りは何軒も離れた家まで聞こえた。いま大阪にいる孫のkazueが彼を「ジャジャマル」(喧しい話し方のねこのキャラクター)とあだ名したのは4歳くらいの時ではなかったかしら。
 世話好きで、頼られると嫌と言えず、鍛冶屋さんになりたい、と遠くから飛び込みの若者を預かって面倒見たことも1度や2度ではなかったようだ。
 木曽平沢で塗師屋をしている友だちが来て見学させて貰った時、塗師屋小刀を買い求めた。帰ってから、塗師屋仲間がおれもおれもと欲しがって、何丁も注文が来たことがあった。
 分からないと思ってブログでジャジャマル呼ばわりしていたら、県外から「初めまして、ジャジャマルの従兄弟です」というメールをもらったこともあったっけ。
 年寄りになるということは、周りの人がぽろぽろと欠けて行くということ。
 享年77歳。私より五つも若いじゃないか。

いかやうな刃物にてあれ打ち呉るる鍛冶屋なほありわが住める町

は、むかし、彼を詠ったのだった。


 



にほんブログ村





# by buribushi | 2019-08-08 19:00 | ひと | Comments(6)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

kazuyoo60さま ..
by buribushi at 08:55
さくらこさま くちなし..
by buribushi at 08:51
ミケさま オキナワスズ..
by buribushi at 08:48
赤くなって、より可愛くな..
by kazuyoo60 at 07:14
こんばんは くちなしの..
by margaret8in_z80 at 00:35
ウチの庭のオキナワスズメ..
by mikeblog at 23:05
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 11:35
タカサゴユリ、良いですね..
by kazuyoo60 at 07:05
ミケさま ほんとにねー..
by buribushi at 21:51
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:42
tsunojirushi..
by buribushi at 21:20
生き方にもいろいろあるも..
by mikeblog at 14:57
テレビで40度超えと報じ..
by kazuyoo60 at 09:20
解放…しないと残りの人生..
by tsunojirushi at 23:32
tsunojirushi..
by buribushi at 16:22
この記事、何回も読みまし..
by tsunojirushi at 13:18
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:27
>フェーン現象の熱波で気..
by kazuyoo60 at 09:52
ミケさま 台風の前で皆..
by buribushi at 09:50
おはようございます。 ..
by mikeblog at 08:57

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ