おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

長野のりんご畑で

a0203003_18490271.jpg
 長野の中野市へ、知り合いのニシノさんのりんご畑を訪ねた。ニシノさんではほぼ収穫が終わっていたので、よその畑で撮らせてもらったりんごの木。畑を雉子のつがいが駆け回っていた。

a0203003_18530182.jpg
 ニシノさんの畑で。思いがけず早く雪が降ったので、枝がしなって落ちてしまったりんごも多かったそうだ。見たところなんともないけど、これは早く食べてね、とどっさりオマケに頂いた。

a0203003_18554795.jpg
 帰りには野菜を取らせてくださった。野沢菜一抱え、大根2本、赤大根1本、白菜2個を取らせてもらう。自分で好きなだけ穫って行きなさい、と言われると、かえって遠慮が出てしまうけど、ほきほき折れるような柔らかくみずみずしい菜や、はちきれそうな大根、嬉しいなあ。
 
a0203003_19011766.jpg
 珍しくよく晴れて陽の光が暖かい。帰り着く頃は雲一つない空になった。今夜は冷え込むだろうと、りんごも野菜も床下へ仕舞った。

 栄村の道の駅で、長野の食べ物「おやき」を買った。おやきと言っても焼いたのではなく、捏ねた粉で具を包んで蒸してある。あっつあつ。具は野沢菜を炒めたのと、小豆餡のを。野沢菜の味付けもおいしかったし、あんこは小豆の香りがして、甘さがちょうど良かった。この店、覚えて置こう。

 帰ってから大根菜を茹でて、チリメンジャコと炒めて味噌で味をつけたらとても美味しかった。全部茹でて冷まして、細かく切ったのを冷凍した。絞って、ジッパー袋に入れて、空気を抜いて平たく圧して。こうしておけば要るだけ折って使えるだろう。あ、大根菜は、ニシノさんが畑で切り捨てたのも頂いて来たからたくさん。






にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-27 19:07 | お出かけ | Comments(8)

調子に乗って、てんらんかい②

a0203003_12345778.jpg
a0203003_12352739.jpg
 40年以上の昔、娘の人形に編んでやった正ちゃん帽と、尻尾の出るパンツ。この子はベレー帽だの保育園の上っ張りと鞄だの、いろいろ持っているが、私のつくったのはこれだけ。

a0203003_12355693.jpg
アイヌ模様の真似をしてアップリケした袋。図案左下の配色は真っ赤だったが、長い間に褪せた。


a0203003_12363470.jpg
 多分、初めての裂き織りで、持ち手がボロになって一度取り替えた。縦糸の立て方がムラだが、愛着あり。


a0203003_12370057.jpg
 お土産の干物が入っていた、粗く編んだ平たい竹籠?皿?に和紙を貼って柿渋を塗った。和紙は昔、名古屋の松阪屋デパートの向かい側の小さな古物店で、百円で2,3冊買った木版の浄瑠璃本。60年経った。まだ残りがある。
 もっと小さい丸籠には透明なニスだけ塗って、いま柿の種なんかを入れている。写真に撮ったらきたなかったので載せず。




にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-26 14:00 | 作る | Comments(8)

わたし的てんらんかい

a0203003_20401227.jpg
 子どもが小さいとき、黄色いオーバーの古くなったのを染めて作ってやったねこ。ただ一枚の型紙を作って同型を2枚、それと耳だけを裁った。中には毛糸屑を詰めた。子どもでも作るような稚拙なぬいぐるみ。
 黄色いままで、耳だけ変えて縫ったうさぎもあったが、何処へ行ったかわからない。


a0203003_20530368.jpg
 男物浴衣を裂いて織った買い物袋。絞り浴衣で、布の耳が濃く染まっていたのがそのまま織り込んである。機は娘の世話で未知の人に貰われて行って、もう無い。


a0203003_20543227.jpg
 もとは何だったか分からない、太い麻糸で織った布。型染めの柄は牡丹と唐獅子、と辛うじてわかる。細長い端切れだったので、二枚を接ぎ合わせて裏を付けた手縫いのポシェット。太い糸でぶつぶつ刺し子した。紐は贈り物に結んであったリボンを二つ折りにして縫った。
 カメラとか携帯電話を入れて畑へも持って行く。


a0203003_21001329.jpg
 ベッドに掛けたのは、子ども達が小さかったころ編んで着せたセーターやロンパース、帽子にズボン、何度も編み直したものも、何でもかんでも解いておいたのを3本取りにして、太い針でザクザク編んで接ぎ合わせた。大人物の解きも入っている。その後は薄手の既製品セーターを着るようになったので、材料がなくてもう作れない。 
 二人に一枚ずつあって、寒い季節には布団の上からかけたまま寝る。しっとり重くて具合がいい。もう一枚編みかけたのは、水害の時、入れて置いた茶箱ごとだめになった。



にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-25 21:18 | 作る | Comments(10)

ジーパン2サイズ落ち

a0203003_15564943.jpg
お見苦しい写真をm(_ _)m
 このところジーパンが長くなって?踏んづける。年取って背が縮んできたがまさかそこまでではあるまい。
 裏が起毛になった冬ジーパンを買おうとして、最近サイズが変わったみたいだからちょっと測ってください、と申し出た。おなかが2サイズ(2インチ・・5センチ余)小さくなっていた。
 娘①のうちでそう言ったら、ヒモトレ、ゴム紐を止める、ノーパン健康法(わたしは夜だけ)などを推進してきた娘、大いに喜び、そろそろ1年だからねー、と証拠写真を撮ったので、送信して貰ったもの。
 お祭りみたいに紅白の紐が見えるが、ヒモトレのうち、わたしは肩こり・猫背などの対策にしている「四方襷」。ほかに力を出す仕事がし易いというのだが、80歳の体力ではいまいちわかりにくい。他にヘソ紐など。
 ヒモトレで検索するといろいろ出てます。
 私の場合、上記の三つのほか、ごく最近からは自家製のハブ茶。しかし一番大きいのは「加齢」じゃないのかな。いや、体重はそんなに減っていないので、やっぱり三種のワザのオカゲか。
 ジーパンは行ってみたらセール中で30%OFF、ラッキーであった。

追記
 「ヒモトレ 四方巻き」で検索すると、考案者のサイトに行き、巻き方が写真で出ていてわかりやすいです。わたし加齢で丸くなった背中が治ってきました。





にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-24 16:41 | からだ | Comments(6)

刺し子衣の「もじり袖」

a0203003_21465117.jpg
 先日ぷろぽぜで求めた刺し子の長着は、コートにして着るつもりなので夜なべに少しずつ解き始めた。
 表地と裏とを刺し子で一体にした生地の必然だろうが、袖は一枚の布を畳んで成形する捩り袖(もじりそで)になっている。


a0203003_21545948.jpg
 裏を見る。と、言っても、わたしをはじめ、実際を知らない者が見てもわからない。布を袖の形に畳んでみている。


a0203003_21575827.jpg
 刺し子生地は縁を三つ折りにして縫うわけには行かないから、いわゆる切りっぱなしを黒い繻子の布で縁取りしてあった。繻子らしく擦り切れているその縁を外すには、ひと針分ずつ鋏で糸を切る他はなく、この先の手間を思うと呆然とする。
 これだけの品物を縁あってわたしのものとして身につけようというからには、それはしなければならないことだと思う。始めれば、いつか終わる。






にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-23 22:07 | きもの・衣服 | Comments(4)

ぽち袋大好き

a0203003_22091892.jpg
 以前は千代紙を貼ってぽち袋を手作りしていた。近頃は楽しい柄のがあって、8枚百円から買えるので、折をみて買っておく。


a0203003_22095501.jpg
 わたしがお年玉や誕生祝いを貰うようになって、楽しい柄が集まってくる。こちらもやっぱりねこ柄多し。




にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-22 22:25 | その他 | Comments(6)

こんなに細かい刺し子!

a0203003_20081943.jpg
 一ぴきの生鮭をうちで切る前に、なんとか魚屋さんで切って貰えないかと車に積んでうろうろした。頼みの魚屋さんは休み、知らないところにそんな用で飛び込むのもなあ。日は暮れてくるし。

a0203003_20114103.jpg
「ぷろぽぜ」さんに飛び込んでみたけど、魚やさんの情報無し。
ん?目に飛び込んできたものあり。紺絣としても細かい、いい絣だけど、それだけではないオーラというか。あ、それ刺し子です。

a0203003_20352693.jpg
 この裏!細かいこまかい、こんなこまかい針目で、チクチク、チクチク、全部刺し埋めてある。男物の、もじり袖の長着一枚。気持ちの中ではもう、わしづかみ状態。思ったより高く無かった。仕入れ値まで教えて、少しのマージンで分けて呉れた。
 きもの一枚分の分量を、この針目で、ずっと刺したちからというか、きもち。わたしが出合ったというご縁。



にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-21 20:46 | きもの・衣服 | Comments(8)

生鮭いっぴき

a0203003_19223687.jpg
a0203003_19230925.jpg
a0203003_19302097.jpg
 この老人所帯に、大きい生の鮭一ぴき到来。生の鮭って、全身ぬるぬるして、扱いにくいったらない。塩をたっぷり使って、包丁でこそげて。なんとか三枚におろしてもらった。
 半身は味噌を酒でゆるめて味噌漬けに。もう半身は醤油と味醂で煮付けた。アラは塩をしておいて、湯洗いして、気長に煮て、当地で言うところのベタ煮に。

にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-21 19:28 | たべもの | Comments(2)

沢庵用大根を干す・ひるのおかずなど

a0203003_21340228.jpg
 二階の軒下に沢庵用大根を干した。向かって右の下ぶくれが今年初めて蒔いた「山田ねずみ大根」で、左が今までと同じ青首。青首がうちの沢庵には大きすぎると思ってねずみ大根を蒔いて見たが、青首が不出来で小さかったので二種作る意味が無かった。味はどう違うのか、両方漬けてみよう。

追記
 ミケさんによると、ねずみ大根は固いから漬けあがりが遅い。そのかわり春まで食べられる。ということだった。別々に漬けることにしよう、大事な情報をありがとうございました。

a0203003_21405599.jpg
今朝の雪。


a0203003_21415279.jpg
 ひるのおかず。大根菜(うちの)味噌炒めを作り、目刺しを焼いた。昆布、大根、厚揚げなどの煮物と、白菜(小さいけど内の畑から)とシーチキン、春雨、の煮物は残り物の温め返し。ひるから一杯飲んだわけではなくて、ハブ茶です。



にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-20 21:47 | 季節 | Comments(6)

葱と大根を穫る・そのあと初雪

a0203003_21462486.jpg
旅行中もずっと頭を離れなかった畑へ、朝一番に出て葱を抜き、大根を抜き、一輪車で運ぶ。終わり頃、みぞれから雪になってきた。


a0203003_21484110.jpg
はげしい降りではないけれども、一日中降り止まず。


a0203003_21503210.jpg
a0203003_21511003.jpg
 上はいままでと同じく青首大根で、下は今年初めて蒔いた山田ねずみ大根。大根一本は沢庵に大きすぎると思ってねずみ大根を蒔いたが、青首もことし不出来で小さかったので、同じくらいの大きさである。
 ねずみ大根の肌がきれいでない。青首を主に、ねずみ大根も漬けてみよう。

にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-19 21:57 | 季節 | Comments(6)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

kazuyoo60さま ..
by buribushi at 11:09
daikatotiさま ..
by buribushi at 11:05
ごめんなさい、昨日の..
by buribushi at 11:00
Commented b..
by buribushi at 10:56
ミケさま 随分いろいろ..
by buribushi at 11:27
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 11:19
寒さに弱い鉢植えはすばる..
by mikeblog at 11:08
上手にお育てです。葉が元..
by kazuyoo60 at 08:16
sakkoさま >小さ..
by buribushi at 06:50
シクラメンの赤ちゃんかわ..
by sakko at 00:53
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:35
お母様のなさってたのをで..
by kazuyoo60 at 09:04
sakkoさま 天気が..
by buribushi at 22:22
干し芋も薪ストーブの脇で..
by sakko at 21:58
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 16:32
ミケさま あの山が無け..
by buribushi at 16:29
sakkoさま 降った..
by buribushi at 16:22
鍵コメさま 恐縮!あり..
by buribushi at 16:18
牛すじ肉、私の手に負えま..
by kazuyoo60 at 09:49
みごとに雪だるまが並んで..
by mikeblog at 23:59

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ