おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

鼓童in正徳舘高校

a0203003_19293218.jpg
a0203003_19300850.jpg
 地元の高校、正徳舘のフェスティバルに、佐渡の「鼓童」が来た。高名な太鼓演奏の集団で、佐渡島に本拠を置き、一年の三分の一は海外、もう三分の一は国内各地に出かけて演奏活動をしている。残りの三分の一は佐渡にいる。と、いうことであった。
 ステージの写真は撮れないので、出迎えと送り出しの様子を。見るからにすっきりと、いい立ち姿ではないか。
 体育館の、木の床に座って聞いた。太鼓の音が振動になって、ずしん、びりびりと体にじかに響いて来る。
 一番の大太鼓は重さ200キロ、木の命と動物の命(牛の皮で張ってある)で出来ていることに感謝しながら打たせて頂く、という。90分、正座して聞いた。今日も手伝って呉れた孫たちのうちkanoと、駆けつけた娘二人と、私たちの五人連れで行ってきた。
途中、鉦、木魚、団扇太鼓という仏具だけの演奏が一つ入っていた。思いがけない軽やかな音に、これも目が覚めるような新鮮な気持ちがした。

 子どものとき鼓童の演奏を聞き、高校を出てすぐ佐渡へ行った、という人の体験談あり。朝5時に起きて、雨だろうが雪だろうがまず1時間走る。宿舎(廃校になった小学校)で雑巾がけ。そのあと自分たちで食事を作って食べる。9時半から夜の9時まで鍛錬と練習、という生活が2年あり、それに耐えられなければメンバーになれない。

にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-10 19:52 | その他 | Comments(6)

落花生汁粉、ジーマミー豆腐など

a0203003_21505135.jpg
 ナマの落花生を、薄皮をつけたままで水に浸す。充分に戻ったら、浸した水は渋みがあるので捨てて、新しい水と一緒にミキサーにかけ、なめらかになったら鍋に移して、かき混ぜながら煮た。生豆にはなまぐさいような匂いがあるので、充分に火を通すが、焦げやすいから絶えずかき混ぜる。
 黒糖の粉末と、味が分からない程度の塩、水溶きのくず粉を入れて更に煮て、味を見て火を止める。
 薄皮に栄養があるという事だったが、雑味もある。水を替えながら浸した方がいいだろうか。皮なしでやってみたらどうか。
 ジーマーミー豆腐のように皮なしで戻して、ミキサーにかけたら絞れば落花生の豆乳になるか、などと考えた。冬仕事にいろいろやってみよう。

a0203003_22041123.jpg
 皮も取って水で戻した生落花生をミキサーにかけて絞り、くず粉と一緒に煮て冷めて固まったジーマーミー豆腐。生落花生湯飲みに1、水4,くず粉1。砂糖大さじ1,塩ひとつまみ。これは何度も作ったので迷わない。

a0203003_22103120.jpg
a0203003_22105919.jpg
a0203003_22113256.jpg
 汁粉だけでは画面が寂しいので、昨日以前の食べ物も入れて置く。上からマイタケと春菊のかき揚げ。
 せん切りにして軽く塩をして置いて絞った大根と、茹でベビーほたて貝をマヨネーズで和えたもの。あさり汁など。

にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-08 22:16 | たべもの | Comments(8)

小三治のこと

(前の記事に書き込みをしようとすると文字が巨大になってしまう、直しかたが解らない。仕方無くここに書く)

 5日14時~柏崎で、人間国宝柳家小三治の落語会あり。
 柳家権太楼は、大伴家持をいえもちと読んだというのでうちではいえもちのごんさま、ということになっているが、なまで噺を聞くのは今回で二度目。ご当地出身歌手だからというので小林幸子の歌を長々歌ったり、それに客がずっと手拍子を打ったりするのはなんだかねー。声が高くて聞きづらかった。
 
 小三治は病気をしたということだったけど、面白かった。去年新潟で聞いたときはまくらばかり長く、そのまくらも精彩がなかった(志ん生がだらだら話すのは芸のうちだったからいいけど、余人にはむり)が、今回はそんなこともなくて。「転宅」。
 人間国宝になってからは気軽に楽屋見舞いもできなくなった。お土産を係員に託して帰る。とっぷりと夜になってしまった。




# by buribushi | 2017-11-07 22:58 | お出かけ | Comments(4)

柳家小三治in柏崎 11月5日午後

a0203003_21523627.jpg
<a href="//localchubu.blogmura.com/niigata/ranking.html"><img src="https://localchubu.blogmura.com/niigata/img/niigata88_31_lightred_1.gif" width="88" height="31" border="0" alt="" /></a><br /><a href="//localchubu.blogmura.com/niigata/ranking.html">にほんブログ村</a>





# by buribushi | 2017-11-07 21:55 | お出かけ | Comments(2)

枝を切りながら柿採り ほか

a0203003_19275949.jpg
 ここへ移って来たときサトルさんが植えて呉れた柿の木は大きくなり、お隣のカーポートの邪魔になってきた。実を取りながら枝も切って、高さと周囲を小さくする。


a0203003_19305488.jpg
南天もたくさん実が着いた。


a0203003_19321796.jpg
またじいちゃんの土木工事にかり出されたkano、鍬遣いも慣れてきたような。

a0203003_19344842.jpg
 じいちゃん製のタコで地固め。
 このほか、二階で、朝、やっと引きずり出して干した布団の取り入れを手伝って貰う。この頃は布団干しも大仕事で、干したら仕舞うよ。大丈夫か。と自問自答して、よしっ、と覚悟(おおげさな)して干すのだ。
 いろいろ大助かりであった。



にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-06 19:50 | くらし | Comments(6)

大きいほうの無花果の木

a0203003_21461195.jpg
 この畑は手放す事になるかも知れない。20年近く育った甘いすももなど、惜しいものも多いが、畑をやっていくことが重荷に感じられるようになって来て、仕方の無いことだ。見上げる大きさに育って、紅く大きい実をつける無花果の木も今日第一段階の切り詰めをした。

a0203003_21512701.jpg
倒れた枝が、畑隣のお家の方へはみ出していた。申し訳なし。


a0203003_21530139.jpg
今日干した黒千石大豆と、左側の細長いのはエビスグサの実(ハブ茶)。

にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-05 21:55 | くらし | Comments(2)

ほんとの(おしゃべりきもの)

a0203003_22081963.jpg
 20年ほど前、生まれて初めてローンというものを使い、ささやかな自分の収入でこつこつと長くかかって手に入れた一張羅の染め紬。焦げ茶と褐色の貝割り縞(一幅を二つに分けた縞)に、絞りで小さい柄が染めてある。鳥獣戯画を模したかと思われるような柄。
a0203003_21522660.jpg
 小千谷紬は藍色と辛子色で変形の市松になっていて、そこに花や葉のようなものが緯絣(よこがすり)で織り出されている。裾回し(八掛)は辛子色だったのを、悉皆仕事で地味な緑系に染めて仕立て直されている。何回も水を潜ったのでしんなりと柔らかく着易く、手触りが結城紬と似ていると言われた。
 40年ほど経っていて、他の紬をこれだけ馴らす時間はもうない。

a0203003_22031174.jpg
 グレイ濃淡と黒と白だけの色使いで、無地と格子と兎の柄が織ってある十日町の紬。裾回しは黒。年上の友人に「着たい!」と言われたことがある。


a0203003_22065375.jpg
長野の飯田紬。裾回しは茶。


a0203003_22140481.jpg
自分で染めた襦袢。枇杷の葉を煎じて、大まかな絞り染めをした。

a0203003_22161637.jpg

 これも自分で染めた襦袢。一幅の大きな市松の青の部分にに、クッキー型から取った単純な兎、湯飲みを伏せて描いた〇(月のつもり)などが染めてある。
 襦袢はいずれも、「ぷろぽぜ」店で買った婚礼衣装の下着の白絹で、1点五百円くらいのもの。昔のもので、手ざわりはとてもいい。
 もともときものに関わる話をしていた初代の「おしゃべりきもの」は写真が入っていなかった。
 
先日、ちょっとした知り合いから、「もう着ないのならきものや帯を譲ってくれ」と言われた。なんと答えたか覚えが無いが断った。
 わたしがふだんジーパンにシャツやセーターのことがほとんどで、その上最近とみに老いが進んでとぼとぼしているのを見ていて出た言葉かも知れない。でも自分もきもの好きなら、着なくても頭の中で組み合わせの事など考えているだけで楽しい気持ちを知らないわけでもあるまいに。
 上田紬や郡上紬など、けっこう値打ちのあるものも人にあげて仕舞い、誰にだったか、もう覚えもないので、執着とは違う。
 がんの手術をしたとき、(元気になれたらきもので暮らそう)と思っていたのだったが。




にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-04 22:39 | きもの・衣服 | Comments(8)

また、じいちゃんの土木工事

a0203003_17270910.jpg
a0203003_17255243.jpg
a0203003_17263282.jpg
孫が来て、またじいちゃんの土木工事を手伝う。今日は長女の長男、長男の長女の二人。

a0203003_17331098.jpg
 私は無花果の伐採。家の脇の畑を広く使いたい。トゲナシタラノキも切った。サルナシ、あけび、山葡萄に、ウメモドキまで交じって薮になっているところをどうしよう。一度みんな切って、新しい芽が出たのを選別しながら伸ばそうか。

a0203003_17362345.jpg
 オキナワスズメウリは11月まで待っても赤くならなかった。二ヶ月も三ヶ月も蔓についていたのだから、タネは発芽能力があるだろうと考える。もさもさと繁っていたクレマチス、ルコウソウ、オキナワスズメウリなどの蔓を手繰った。ルコウソウはタネを取った。

a0203003_17384938.jpg
 緑の濃い実と、やや黄ばんだのとある。黄ばんだものの方が先に実ったのだろう。しばらく懸けておいたら追熟するだろうか。




にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-03 20:00 | くらし | Comments(8)

エビスグサを少し干す・「薮」ひとつバクロ

a0203003_18535902.jpg
 種子をハブ茶にするエビスグサを今年初めて蒔いた。150センチを越す丈に育って繁り、たくさん実が着いたが、鞘が黒く熟したら収穫、と待つうちに寒くなり、葉が落ちてしまった。

a0203003_19001862.jpg
 少し刈ってきて吊してみた。
 手前のフレコンバッグは市内の神社から貰って来た落ち葉で、堆肥や、畑に撒くのに使う。毎年肥料袋に何十も詰めて貰ったのを、今年は大バッグに。

a0203003_19062794.jpg
やや黒くなりかけた莢があるだけで大半まだ青い。

a0203003_19073930.jpg
 家の脇の畑とその向こうの薮。左下隅は堆肥の枠、その右に自生風の菜っ葉類。アスパラガス。菖蒲(菖蒲湯用)。
 左奥に無花果の木、右は梅、そのあいだや周りにサルナシ、アケビ、トゲナシタラノキ、茗荷、ウドなどがごたごたとある。
 ここは思い切り整理してさっぱりさせる予定。いつもビフォー、アフターのビフォーを忘れるので、ごたごたしているところを写して置く。


a0203003_19174593.jpg
 当地で「川流れ」と呼ぶ菜っ葉、冬を越して、蕾を食べる。手前の、見えるか見えないくらい細いのはシマラッキョウの芽、これも冬を越してから。


a0203003_19200370.jpg
 今日の夕空。体調徐々に戻り、もう一度だけ、柿を剝いて干す。本当はもっと青みがかって硬いのがいいのだが仕方が無い。
 エビスグサを少しだけ干す。黒千石大豆をござに拡げて干す。

にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-02 19:25 | 季節 | Comments(6)

もち米と小豆のおやつ・小豆でっち

a0203003_22244663.jpg
 小豆を煮て甘く味付け。もち米でご飯を炊いて、煮た小豆を混ぜ込み、容器に詰める。冷めたら固まっているから取り出して切る。それだけ。分量はみんな適当、一度作ってみればわかる。私も食べた人の話だけで作り始めたから。もっちりしたものが好きな人はみんな喜ぶ。



にほんブログ村



# by buribushi | 2017-11-01 22:30 | たべもの | Comments(6)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

kazuyoo60さま ..
by buribushi at 13:48
勢揃いしました。立派な大..
by kazuyoo60 at 10:09
ミケさま >尻尾はない..
by すばる at 06:20
天気予報でもそちらは雪だ..
by mikeblog at 23:26
あ、鬼瓦ね、怖いかおでも..
by buribushi at 22:12
demi_zoさま 県..
by buribushi at 22:10
ikokaさま >ダウ..
by buribushi at 22:01
ハルリンさま 降っちゃ..
by buribushi at 21:57
驚きや、可愛さや、うまう..
by demi_zo at 21:45
ダウンは軽くて暖かくて、..
by ikoka at 15:53
すばるさん、とうとう雪に..
by ハルリン at 14:37
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:03
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 09:53
雪ですね~。綺麗な肌の大..
by kazuyoo60 at 09:47
瓢湖の混雑ぶり、凄い鳥た..
by kazuyoo60 at 09:39
daikatotiさま ..
by buribushi at 08:42
いよいよ雪が降り始めまし..
by daikatoti at 07:20
ミケさま よたよたと、..
by buribushi at 23:25
すばるさんお出かけできる..
by mikeblog at 22:08
あい、ihciat ダ..
by buribushi at 20:35

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ