おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2017年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧




プルーン バーバンク咲く ほか

a0203003_20494090.jpg
スモモの花がおわり、プルーンが咲き始めた。バーバンクは長目の実が手のひらに二つ三つやっと載る位の大きさで、美味しい。


a0203003_20501987.jpg
カラシナがどんどん伸びて蕾が付いた。これが種になったらマスタードが出来る。


a0203003_20504876.jpg
ヤブイチゲの花、大写し。草取りをして乾いた指、トゲもささっている。


a0203003_2051179.jpg
うちの白菜、うちの韮を使って水餃子。


a0203003_20514149.jpg
土鍋で炊いた玄米に梅干し。
舌の状態はやや良くなった。その痛みに気を取られてわからなかったが、唇にも小さい潰瘍があるのに気がついた。ゆっくり回復するほかはない。 
虫歯、抜けて根の残る歯、をそのままに、インプラントの話、総入れ歯の話あり、そちらへの方向として、部分入れ歯の無理な手直しがあったのかとゆっくり気づく。

半日草取り。

2014年5月5日に載せた「干しぜんまいの作り方」を、毎日20人、30人と見に来られるのも春のしるし。魚沼の母に習ったやり方と、東北で産地の人が作った動画の紹介をしているので、初めての人でもまずこれだけで干しぜんまいが作れる。





にほんブログ村



by buribushi | 2017-04-25 21:04 | 草・木・花 | Comments(6)

入れ歯顛末・自分の感覚を信じること


ハマダイコンの花(本文と関係なし)
a0203003_1615434.jpg

合わなくなった部分入れ歯を直すというのでまた通い始めた歯科。
前のは作って久しく、やはり違和感があるのでろくに嵌めないでいるうち、夫が肺マック症というので寝込んで、長い間まったく行かなくなった。
そのうち、部分入れ歯を引っかけて留める自前の歯がとれてしまい、それきりになって、こっちの顎も変形して?ますます使わない。

今回夫が久しぶりに行くというのでのこのこ付いていった。
はじめ何回かは歯石の掃除とかで治療なし。顎の骨に金属で柱を立てて歯を作り付けにするインプラントだと、入れ歯のわずらわしさがなく自分の歯のように噛める、という院長の勧めは何回か受けて、そのたびにその治療は受けたくないと答えてきた。今回も断った。
20日、修理の終わった歯を嵌めてもらったが、違和感どころかとても痛く、発音もうまく出来ない。何度か手直ししたのを、今度は我慢して馴れてくださいと言われて帰った。
痛くてものもかめなかったが、それより舌の一部にビリビリするような痛みがある。夕飯までやっと我慢して、外したが、舌の痛みは治まらない。

翌朝鏡をみたら、舌の右側が倍くらいの厚さに腫れて、中心に直径5ミリくらいの白い部分が出来ている。
薄いお粥に味噌汁、とか、紅茶に浸した食パン、程度の食事をやっと摂る。口に含んだら左へ首を傾げて、痛いところになるべくしみないように飲み込む。
予約日までは待てなくて、22日に電話しておいて行った。女性の担当者が、また入れ歯を治すというのをことわった。どうするのかと言われたから、こんな辛いことにはもう我慢できないので、残っている歯で食べられるものを食べて生きて行きます。という。
最近手帳に書いてみていた、医療関係者や身近な人に見て貰うための(回復不能の時は苦痛を取る以外の治療を辞退する、これは私の死生観に基づくもので、最後の願いです云々)の下書きをした手帳を見せる。

治療用のエプロンを外し、「次の予約日にまたお出で下さい」と言われたから、「院長に傷を見ていただきます」と椅子を降りなかった。
院長ちょっと見て「、塗り薬を出します」
手帳を返してというと、待たせて手帳と保険証のコピーを取ったらしい。
これでもうここに来る事は無いだろう。入れ歯をそこらへ置き放して帰ろうかと思ったが、そんな品のないことは自分のために止めた。

以前ならこんな事に会えばわなわな震えるほど腹を立てたかも知れないが、なんだかあまり腹も立たない。私は意識が高いので(自分で言う。最近森茉莉ばかり読むので、自分褒めが少し伝染)こんな目に遭わせた人たちになんの仕返しもしないから、諸君は安心せよ。

三日あまりで3キロ痩せていた。
今日来た人に話すと、同じような経験をしたという。「治療費を返してください」と言ってやった、そうだ。いい歯科医を訪ねて糸魚川まで行った、という。特急列車を使わなければ日帰り出来ないような遠方へ、私は行けない。

一番の反省は、あんなに厭で、痛くて、たまらないのに、私はなんで我慢したのか。今度、厭な物は厭と言えばいい、自分の感覚に従えばいい。ということ。今頃なに言ってんだか。

老人は転んだのがきっかけで老いが進み、云々という話をよく聞くが、三日ばかり痛みでぼうっとするほどで、炬燵をつけてごろごろし、あ、こういうこともそれにあたるかも、と思い至る。まだ、なにも食べなくても痛い。やれやれ、お大事に。



にほんブログ村



by buribushi | 2017-04-24 17:54 | からだ | Comments(12)

イズミさんの刺し子ジャケット

a0203003_158869.jpg
草取りをしていたら、お墓参りに来たからと、イズミさんが寄って下さった。
憧れて止まない刺し子ジャケットは、私が初めて見てから20年か?30年か?いい具合に洗い晒されて、ますます素敵。もとは印半纏だという。厚手の木綿に太めの木綿糸で刺し込まれた模様は、じつに多彩。形見分けにはこれをくださいという申し込みがすでにあるそうだ。


a0203003_15125796.jpg
後ろも。



a0203003_1595532.jpg
長女のところの隣の神社から落ち葉を何十袋も貰ってきて堆肥に積む。
芽生えたのは、これは桜の木?



a0203003_15102068.jpg
これは明らかに欅の木。
場所を得て植えられれば、長い年月を生きて大木にもなるものを、抜いて捨てる気にもなれないが、さてどこに植えるべき?



a0203003_15104420.jpg
ハットリさんにもらったジューンベリー、去年の何倍も花が咲いた。この近くにはカマツカもあり、やはり紅く実る。あかい実は大好き、嬉しいなあ。





にほんブログ村



by buribushi | 2017-04-23 15:26 | ひと | Comments(6)

もっこちゃん木に登る

a0203003_2230344.jpg
一年生になったもっこちゃんが遊びに来た。畑へ連れて行ったら、シュガープルーンの木に難なく登る。


a0203003_22311454.jpg
弟のやまくんは急ぐと這い這いになる。


a0203003_22314311.jpg
もっこちゃんとワンコのタビちゃん。



a0203003_22324192.jpg
昨日芹摘みに行って見て来た木々の芽吹き。





にほんブログ村



by buribushi | 2017-04-22 22:40 | ひと | Comments(4)

ヤブイチゲ・トキワイカリソウ ほか

a0203003_22104571.jpg
ohisamaさんに頂いたヤブイチゲが咲いた。小さい花だけど、花弁が重なった、凝ったつくり。


a0203003_22111447.jpg
トキワイカリソウ。この辺りの山に自生しているのはこの一種だけ。


a0203003_22114212.jpg
アマドコロが次々咲く。
柏崎の道端で採って来たときはこの倍くらい背丈があったが、いまはこぢんまりしてうちの薮に丁度良くなった。
海が近い処で巨大になっていたのは、海水のしぶきが効いたんだろうか。ユリ科だから。
うちの畑ではユリ科(葱、ニンニク、玉葱、韮など)に海水を薄めてやっている。10倍(海水1,真水10)でいい。他の野菜には30倍にして。チョー・ハンギュ先生直伝のミネラル資材。



a0203003_22121525.jpg
ハナキリン。去年4月、東風平(こちんだ)で買った。無事越冬。



a0203003_22124968.jpg
ビオラ。とても元気。



a0203003_22131887.jpg
水仙。ガリルだとkazuyoさんに教わる。前にもならったのにワッセデタ(忘れていた)。


a0203003_22134757.jpg
普賢象はまだ咲かず、山桜はもう終わっていた。
二輪草、アズキナなどを摘む。
夫誕生日の山菜料理、サトルさん夫妻と食べた。写真はまたあとで。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-04-21 22:26 | 草・木・花 | Comments(6)

森茉莉「幸福はただ私の部屋の中だけに」

a0203003_2022921.jpg
部分入れ歯は初めての入れ歯で、うっとうしがっているうちにそれに引っかけて嵌めていた自前の歯が取れてしまった。
夫が病んでいるときで、長く歯科へいかないままになり、その間に歯茎も変形したらしい。今年になって行き始めたが、入れ歯を部分治しして嵌めたのが大変具合わるい。舌の側面があたるところが痛い、物を噛むどころか嵌めているだけで痛い。一日がまんして、さっきお茶漬けを流し込んでやれやれと歯を外したが、傷んだ舌はまだ痛い。はー。どうしたものかねー。
インプラントとかいう、入れ歯ならぬ人工歯を奨められているが、それは厭なのだ。どうすべき、どうすべき。

持って行って待ち時間に読んでいた、森茉莉のエッセイ集「幸福はただ私の部屋の中だけに」(ちくま文庫・早川茉莉編)。今までに読んだ作品と、初めて読む作品が混じっている。初めて読んだ「シャーロック・ホウムズ」という文の一部。
(・・・若い昔と全くおなじように、まだ何十年も生きて居るという感じで毎日生きているが、あと上手くいけば五年か七年、まあたいていはたかだか二年、もしかすると一年かも知れない)と。
いま自分の生きている感じとおんなじ。
このとき茉莉は幾つだったのだ?1976年に書かれたということは、73歳の時だ。亡くなったのが84歳、この文のあと11年。

a0203003_2112882.jpg
本は他に「紅茶と薔薇の日々」「贅沢貧乏のおしゃれ帖」いずれも読んだことのある作品、ない作品が混じっている。



にほんブログ村



by buribushi | 2017-04-20 21:13 | | Comments(14)

みー猫来訪・よもぎのおかゆ・だまこ鍋

a0203003_21534544.jpg
ピースのばーちゃん、おはよー


a0203003_21544187.jpg
ごぶさたしてたから、ちょっとピースんとこ行こうかな


a0203003_21553860.jpg
あの、ピースやっぱりねこぎらい?
うん、人間もあんまりすきじゃないみたい。


a0203003_2204015.jpg
やっぱり今日はかえるわ



a0203003_21564146.jpg
ばーちゃん、ピースによろしくねー
はいはい。


a0203003_2157314.jpg
よもぎのおかゆ。
沖縄の読谷から根をもらって来て植えたたフーチバー(西ヨモギ)は香り高く、毛が少なくて刻みやすい。フーチバーは野菜のように束ねて市場で売っている。
毛が少ないということは、モグサには適さないだろう。
これは昨日の夕飯で、今夜はだまこ鍋をした。だまこはご飯をつき潰して丸めた団子で、鶏肉、牛蒡、マイタケ、葱、芹を入れて汁たっぷりに煮る。汁が美味しい、これだけで他になにも要らない。
写真は撮り忘れた。

夕方寒気がして、珍しく風邪か、と思ったけど、足湯と、その後だまこのお汁であたたまったら収まる。足湯は風呂の傍へ椅子を運んで、風呂桶に直に脚を浸けると具合がいい。




にほんブログ村




by buribushi | 2017-04-19 22:19 | 猫・動物 | Comments(8)

ウド・アケビなど

a0203003_10123842.jpg
ウドの芽生え。21日には食べられるか。
今日は雲行き早く風がヒューヒュー音を立てているが、気温は低くない。


a0203003_1013317.jpg
垣根の、アケビの花。雌花に突き出ている太めのめしべ?は、この本数のアケビになる。雄花の咲くのが遅いのは、他の木から授粉するためか。うちにはアケビと三つ葉アケビがあるので、花粉を交換してやる。


a0203003_10132523.jpg
もう一種のイカリソウ。


a0203003_10135654.jpg
ムスカリ。植え替えが足らず花が小さい。




     
a0203003_10142576.jpg
シロバナホトケノザと思われるもの。


a0203003_1015249.jpg
歩いてうちへ来るキジバト。

にほんブログ村



by buribushi | 2017-04-18 13:31 | 草・木・花 | Comments(12)

黄花イカリソウ・水仙・貝母・アマドコロ ほか

a0203003_173427100.jpg
昨日今日と暖かく、花たちがどんどん咲き始めた。
黄花のイカリソウは植えた時より殖えて来た。


a0203003_1735725.jpg



 ピンクのイカリソウ。もう一種、ピンクに白い花弁を重ねたような咲き方をするものがあるが、まだ見えない。

a0203003_17353316.jpg


a0203003_17355796.jpg





 以下、水仙6種。名前を知らない。その下、アマドコロ、貝母。
a0203003_1736538.jpg
a0203003_1737219.jpg
a0203003_17375379.jpg
a0203003_17381452.jpg
a0203003_17392039.jpg

a0203003_17394677.jpg




a0203003_1740111.jpg
 キジバトが来ている。去年落ちて、雪に晒されたエゴノキの実を食べに来るのだ。私が見ていても逃げない。この前玄関に入ってしまって、わたしに逃がして貰った子はおまえか?鳩の前に白花タンポポが数本ある。





にほんブログ村



by buribushi | 2017-04-17 18:21 | 草・木・花 | Comments(12)

すもも咲く ボビにいちゃん

a0203003_20114527.jpg
 20年経つすももの木、品種は大石早生。袋実病があってろくに実にならない時期が続いたが、早春芽吹き前にサトルさんに硫黄乳剤を撒いてもらうこと何年か、去年から食べられるようになってきた。
 真っ白な花が咲き出すとほんとうにうれしい。


a0203003_2012576.jpg
 その後植えた2本目の大石早生。近くの〇メリで798円は1本目と同じ値段だった。
 同じ品種だと言うんだけど、こっちは果肉もほんのり紅い。3本目はもっと若く、今年初めて花が咲き始めたところ。実になるかな。実になりましょう。


a0203003_20122898.jpg
 純白のすももの花。花も実も大好き。

 うちにある果樹を書き出して置こう。スモモ、大石早生3本。ソルダム1本。
 プルーンはシュガープルーン1本、バーバンク1本、パープルジョイ1本。種苗会社のカタログから取り寄せたが、あまり実がならない。スモモだけで良かったと思う。値段はホームセンター物の3倍くらいしたのだが。
 無花果、実の中が紅いのと白いのと1本ずつ。
 柿、渋柿平核無し(ひらたねなし)通称八珍1本。干し柿にする。
 梅、白加賀1本、老いて実があまりつかない藤五郎2本、若くて実があまりつかない藤五郎2本、今年植えた小梅1本。
 ジューンベリー1本、ハットリさんと、ナニワイバラの成木一株と換えっこ。ほかにクレマチスのルリオコシも貰った。
 花柚子1本。8年も9年も経つがまだ花が咲いたことがない。
 あとはあけび、さるなし、あんにんご、ぐみ、ブラックベリー、日本の野生ベリーの、名前なんだっけ、えーと、ナツハゼだ。ナツハゼはハシモトさんに苗をもらって数年、去年初めて数粒実った。ひとり生えの山葡萄、エビヅル。
 さすが薮持ち。
 



a0203003_2014270.jpg
 長女のところのねこにいちゃん(弟のジョンは亡くなった)ボビ。いまは義理の弟?パンチがいる。



a0203003_20143017.jpg
 ボビの首輪のうしろ。いいバンダナだねと言ったら、バンダナじゃないよマントだよ。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-04-16 20:37 | 草・木・花 | Comments(12)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

バーバンクの花、賑やかに..
by kazuyoo60 at 08:02
ヤブイチゲの白い花がきれ..
by mikeblog at 00:56
うまこさま ありがとう..
by buribushi at 22:52
お元気そうで何よりです☆..
by yamamotoyk at 22:19
ohisamaさま 雪..
by buribushi at 22:04
与板は南の地方とは言いま..
by ohisama at 21:36
gonbeyさま あり..
by buribushi at 10:49
インプラントした人は例外..
by gooney at 10:41
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 07:51
3kgもですか。痛さは堪..
by kazuyoo60 at 05:15
ミケさま 金属が触れて..
by buribushi at 23:17
ミケさま このセンス、..
by buribushi at 23:00
「えらい目にあった」とか..
by mikeblog at 22:50
ikokaさま 口の中..
by buribushi at 22:45
刺し子の模様がきれいだこ..
by mikeblog at 22:41
ミミの父さま 30歳前..
by buribushi at 22:36
うまこさま 三日で3キ..
by buribushi at 22:31
口内炎になってしまったん..
by ikoka at 22:31
demi_zoさま ま..
by buribushi at 22:21
gonbeyさま あり..
by buribushi at 22:10

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ