おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2017年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧




雪の粟が岳・白鳥飛ぶ

a0203003_1574762.jpg
粟が岳がよく見え、田んぼには白鳥がいっぱい下りていた。

粟が岳-標高1292メートル、加茂市と三条市の境。日本三百名山の一つ。




a0203003_1582311.jpg
まもなくシベリアへ帰って行くのだろう。今年は白鳥を見る機会が少なかった。




a0203003_1585017.jpg
向こうに、飛んでいる白鳥発見。



a0203003_1591098.jpg



にほんブログ村



by buribushi | 2017-02-28 15:10 | 猫・動物 | Comments(12)

骨董品的にんにく地漬け

a0203003_20584716.jpg

何年も開けないままだった、ニンニク地漬け(ジージキ)の瓶。
ジージキは黒糖で漬け込んだ沖縄の保存食品で、畑で穫れた島ニンニク(やや小型の沖縄のニンニクを植えたのだ)を使って漬け込んだことは覚えているけど、レシピは忘れてしまった。
参考にしたと思われる「聞き書き 沖縄の食事」(農文協)によれば、皮のまま塩水に4日ほど漬けたあと、黒糖に漬ける。ニンニク、黒糖、と重ねて漬けるという方法と、黒糖を煮溶かして注ぐという漬け方と二通り出ていた。2年くらい美味しく食べられる、というんだけど、なにしろ10年ものなので食べられるかどうか。



a0203003_20591387.jpg

蓋をやっと開けると、ニンニクはきれいに見える。
いま、あらためて漬け方を読み返すと、味の変化を見て手まめに砂糖を足す、黒糖だけでなく白砂糖を使うこともあるというのだが、手入れが足りなかった。


a0203003_20593896.jpg

小皿に取って食べて見た。
たっぷり漬け汁を含んだ皮をしゃぶって、剝いて食べる。歯ごたえはもう無くなって、ねっとりしており、甘みのほか酸味も少しある。ニンニクのにおいはハッキリ残っている。
一番美味しい時季はすぎてしまったけれども、たべられなくはない。美味しい時期にせっせと食べなかったことが悔やまれる。



a0203003_210318.jpg

二つ割りにして使い、半分残してあった白菜の芯が起き上がっていた。春が近いのだ。






にほんブログ村



by buribushi | 2017-02-27 21:30 | たべもの | Comments(10)

コーヒーメーカーとか水餃子とか

a0203003_19363881.jpg

湯沸かしポットはかなり使ったものだが、コーヒーメーカーは新しい。某所で何年か買い物したポイントが貯まったのを、これに換えてもらった。ペーパーフィルターを使っていたが、当然ながらこっちの方が断然美味しい。
いいものが見つかるまで待った甲斐があった。



a0203003_193742.jpg

うちの畑の白菜を根ごと取って来て、外のデッキの下に囲ってある。それを使った餃子。白菜、豚挽肉、ニンニク、生姜。醤油もちょっと入れて練った。
茹で汁ごと丼に盛り、醤油と酢(玉姫酢、というのをchieちゃんに貰った。めっぽう美味しい)を落として汁も吸いながら食べた。餃子は麺類だよね、これだけでおなか一杯になった。





にほんブログ村



by buribushi | 2017-02-26 19:52 | 買い物 | Comments(6)

雪の守門岳・今朝の雀など

a0203003_19571981.jpg

朝は雪が降っていたが、午後からは青空が出てきて、雪の守門岳がよく見える。

守門岳ー日本二百名山の一つ 標高1537メートル
240万年前~170万年前頃活動した、安山岩質の成層火山。
魚沼市、三条市、長岡市にまたがる。


a0203003_1958585.jpg

田んぼもかなり土が出て来た。


a0203003_19583921.jpg

今朝の室内から見た細かい雪。


a0203003_1959127.jpg

雪を除けて載せておいた米糠の上にまた雪が降って、この子は脚で雪を掻いたりしながら啄んでいた。






にほんブログ村



by buribushi | 2017-02-25 20:04 | 天候 | Comments(8)

また、夏蜜柑マーマレードなど

a0203003_19164646.jpg

ミケさんちの夏蜜柑がまだあって、マーマレード作り、楽しい。
煮えたてを瓶に詰めていって、最後に鍋に残ったのをさらえて盛ったのは味見用。苦みも程よく、美味しく出来ました。

追記 くどいようだけど、捨てるのはヘタとタネだけ。白い内皮も、実の袋も、全部煮込んでいます。夏蜜柑マーマレードが苦くて食べられなかったという記事を見たので、老婆心で追加。(17/5/3)

皮を薄く刻んで、たっぷりの水の中でつかみ洗い。その水で茹でて、一晩そのまま置いた(水を替えない。アクでアクを呼び出す)。次の日、絞って水を替え、もう一度茹でて湯止め。食べてみて苦みが程よかったら、タネを取って袋ごと刻んだ実を入れ、水をひたひたに入れて煮る。1.6キロの材料に650グラムの砂糖を、3回に分けて入れて煮た。味は見ながら調節すればいい。
ストーブの上で煮ると焦げの心配なくよく煮える。杓子で底をさらってみてジワッと音がするようになったら汁に濃度がついているから、火から下ろしてすぐ瓶に入れ、すぐ蓋をする。



a0203003_19171048.jpg

150mlの小瓶に詰めたのでずらっと並んだ。楽しいな。


a0203003_19173220.jpg

大根が美味しいうちに、また「けんちょう」を煮る。
大根、人参、里芋、干し椎茸、油揚げ、豆腐。太白胡麻油で炒めて、椎茸の戻し汁を入れ、塩を振って煮込む。香り付け程度の醤油を入れて出来上がり。薄味だけど出汁が利いて美味しい(椎茸と昆布)。タジラシケーシ(煮直し)するとなお美味しい。





にほんブログ村



by buribushi | 2017-02-24 19:44 | たべもの | Comments(9)

テスト送信・天神さま


a0203003_21293437.jpg
テスト
新しい投稿の仕方に馴れなくてはいけないのでテスト。初めて画像を送る。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-02-23 21:32 | 季節 | Comments(4)

天神さまのお菓子・蕗の薹味噌など

a0203003_20561315.jpg

2月25日は天神さまのお祭りで、古い古い土人形の天神さまを出した。
お供えは松竹梅のお菓子、ということになっているけど、こんな大きなお菓子を三つもお供えしたらお下がりに困るので梅の形だけにさせてもらう。
梅の花はまだ蕾も固く、微かにももいろの見えて来た椿の蕾だけ。



a0203003_20564184.jpg

蕗の薹はキリヤさんで1パック150円で出ていたのを買って来た。
茹でて絞り、細かく叩いて味噌と混ぜただけの蕗の薹味噌。



a0203003_2057715.jpg

残りの蕗の薹は天ぷらにして、ほかにまいたけとさつまいも。






にほんブログ村
にほんブログ村



by buribushi | 2017-02-23 21:06 | 季節 | Comments(10)

瓶が好き・イズミさんの布草履・

a0203003_222719100.jpg

マーマレード、枇杷の葉茶、青大豆、黒小豆、小豆、いんげん、いまちょっと持って来て並べただけ。まだまだ黒米、もち米、もち粉、地元の塩、波照間黒糖、榧の実、落花生、あめ玉、紅茶、などなどたくさんある。
密封出来て、中味が見えて、瓶はいい。


a0203003_22275460.jpg

イズミさんが貸して下さった布草履の作品集、七百何十足あって、上げた先もみんなわかるそうだ。取りあえずは千足が目標、とのこと。
私は不器用者で、草履をやっと一足編み上げると左右の大きさが違う。ありゃ、と言ってもう一つ編むと、三つ(一足半)みんな大きさが違う。これでは布の有効利用どころか無駄使いになるので、布は上手な人に差し上げて使って貰うことにした。






にほんブログ村



by buribushi | 2017-02-22 22:46 | その他 | Comments(6)

心に飛び込む言葉

a0203003_211152.jpg

調べることがあって古い雑誌を見ていたら出合った言葉。
若い女性が、うさぎが好きな理由を述べている。
「姿かたち、手ざわり、頭が悪いところも嫌いじゃなくて、ペットショップにいても意味がよくわかっていないから悲しそうじゃない。そのマイペースぶりもいいなと思う」
意味がよくわかっていないから悲しそうじゃない。うさぎというものの、かわいさ、いじらしさ、あわれさというか、そういうものをひっくるめて、こんなによく表す言葉があろうか。しかもこのユニークさ。
ほとんど詩だ。
ほかの動物のかなしさも合わせて思わせられる。





にほんブログ村



by buribushi | 2017-02-21 21:24 | | Comments(12)

大根、誰がかじった?

a0203003_2071955.jpg

今日畑から抜いて来た大根、大きなかじり跡。鳥ではないようだし、こんなふうにかじるの、誰だ?


a0203003_2074570.jpg

大根一本、ブロッコリー一つかみ。



a0203003_208321.jpg

ブロッコリーはこんなふうに雪から出て来た。


a0203003_209110.jpg

大根畑の畝が出て来た。
大根、あんまり一生懸命にかじった跡を見て、残して置いた方が良かったような気もした。まだ少しあるからあれをかじっていいよ。


a0203003_2092549.jpg

にほんブログ村



by buribushi | 2017-02-20 20:15 | | Comments(14)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

ミミの父さま >「買っ..
by buribushi at 23:48
ミケさま 前に読んだと..
by buribushi at 23:42
私の二種類の人間は、「消..
by ミミの父 at 23:38
これは読んだことがあるぞ..
by mikeblog at 23:34
ミケさま 漫画でも泥棒..
by buribushi at 23:34
22日は梅雨入り以来久し..
by mikeblog at 23:29
唐草模様の風呂敷と言えば..
by mikeblog at 23:19
ハルリンさま お宅のコ..
by buribushi at 21:54
ハルリンさま 昨日少し..
by buribushi at 20:05
すばるさん、今晩は中々雨..
by ハルリン at 19:08
ikokaさま 小さな..
by buribushi at 13:36
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 13:31
ohisamaさま 気..
by buribushi at 13:24
あ~、あのお店。新潟は砂..
by ikoka at 11:32
笹団子を倍量ですか。やり..
by kazuyoo60 at 11:29
人生フルーツご覧になった..
by ohisama at 11:29
t-harunoさま ..
by buribushi at 23:02
私が子供の頃、こういう社..
by t-haruno at 15:31
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:31
今のフキンたちは水をよく..
by kazuyoo60 at 09:22

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ