おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2016年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧




一歩も外へ出なかった日の夕飯

a0203003_21451711.jpg

冷蔵してあった小松菜を茹でて、くるみ和えにした。


a0203003_2145453.jpg

塩蔵わかめを戻し、太白胡麻油で炒めて、花鰹と醤油で味付け。


a0203003_21461388.jpg

ととっ気がなんにもなかったので、鯖の水煮缶を切って、玉葱の薄切りを載せて醤油を掛けた。


a0203003_21463568.jpg

胡桃を摺った卓上すり鉢の、のこりの胡桃でご飯を和えた。
子どものころ、胡麻和えを作ったすり鉢におにぎりを転がして貰って食べたのを思い出して。
ほかには沢庵、残り物の鶏牛蒡、煮豆など。


にほんブログ村



by buribushi | 2016-01-31 21:54 | たべもの・のみもの | Comments(4)

玄米・牛蒡・馬鈴薯・わかめ

a0203003_1994728.jpg

雪の下から牛蒡を掘り出して来た。牛蒡は地面に横たえて、ござを畳んだものを載せて雪に埋まるに任せてある。目印に立てた棒を見て牛蒡を抜き出して来た。みずみずしい。

牛蒡と鶏肉を胡麻油で炒めて甘辛く煮て、韓国唐辛子の粉をたっぷりめに混ぜた。


a0203003_19101070.jpg

ジャガイモを茹でて擂り粉木でつぶし、生玉葱と一緒にマヨネーズで和えた。玉葱は薄く刻んで塩を振って置き、ぎゅっと絞って使った。


a0203003_1910359.jpg

玄米小豆飯。わかめの二杯酢。ほかに沢庵、煮豆。沢庵がよく漬かって来た。

朝はリンゴを圧搾式ジューサーでしぼってカップ一杯(私だけ)。午前中は火をつかったものを食べない、という腸の健康法に従ってみている。
夕飯は、発酵したものを摂るという意味で、ド○ロクもひとくちいただきました。ちょっと酸っぱく、ちょっとしゅわしゅわ、美味しかった。

今日も玄関から道路までの雪かき、プラスチックのスノーダンプが使い易い。運動をさせてもらうと思うことにした。一通り雪かきをするとすっかり体が温まる。



にほんブログ村



by buribushi | 2016-01-30 19:32 | たべもの・のみもの | Comments(4)

ストーブで煮た金柑マーマレード・煮豆

a0203003_205246.jpg

sakkoさんの金柑をマーマレードにしてみた。
皮のアクだしをしないでいい柑橘、金柑。二つに切ってタネを取ってから細かく刻み、レモン汁とグラニュー糖をを入れて煮た。金柑20個、グラニュー糖50グラム。ほんのお試し。もう少し水分を加えて煮た方がとろみがついて良いかもしれない。金柑そのもののような美味しさ。


a0203003_2052921.jpg

煮豆。たくさん煮て人にも上げる。
大豆500グラム、黍砂糖200グラム、醤油大匙5、塩小さじ2,水カップ8。重曹少々。
水に調味料全部入れて煮立て、洗った大豆を入れてひと晩置く。次の日ゆっくり煮た。最後に強火にかけてすこし皺を寄らせたもの(ずっととろ火で煮ると歯ごたえのないほど柔らかく煮える)。
ストーブだとあまり火加減を心配せず煮ることが出来る。



にほんブログ村



by buribushi | 2016-01-29 20:27 | たべもの・のみもの | Comments(2)

言葉って、すごい-高山なおみブログ「日々ごはん」から

a0203003_21324673.jpg


17日、18日分の高山なおみブログ「日々ごはん」を読んで心が固まっていた。きのう、19日分からの更新あり。「ほいじゃが、SMAPと同じタイミングだったのが面白いのう」と、スイセイは気楽な事をいっているし、なおみは夕飯にスイセイのリクエストで麻婆豆腐丼を作った。

なおみ30代のエッセイ集「帰ってから、おなかがすいてもいいようにと思ったのだ。」のブックレビューをなおみが読む。
「まだ何者でもなかったころの苦悩や葛藤が、現在何者かになろうとして悶々としたこころで生きている人や、過去にとらわれて立ちすくんでしまっている人の胸の中の深い深い部分に共鳴していく」「自分に正直であること、誰がなんと言っても自分の好きに誇りを持っていい。それは自分の核となり、いつか自分を救ってくれる」

「料理家だ文筆家だと名乗っているが、まだ何者にもなっていない。お腹の中にある「どうしてもやってみたい」気持ち、神戸に移住してまでやろうとしていること。気持ちがゆらぐ時は先が見えなくなって立ちすくんでいる。
あのころ自分が書いた言葉が本になり、若い人が、何十年も経ってからどこかで読んでくださった。
その言葉がこうしてまた私のところに戻って来てこんな風に胸をつかまれ励まされるなんて。
言葉って、すごいもんだな。」

言葉は、すごい。私もそう思う。

でも、「やってみたいこと」のために、神戸の「古いロシアのホテルのような」マンションと、庭のススキ抜きも終わったかどうか、水道もまだ直っていなくて外からホースで汲む山の家とに別々に住むということが、理解できない。「何層も積もった川底の泥が剥がれるように」の意味深な言葉の表すものもまだわからない。

なおみの文章はまだ読みたい。料理の本は、もういいかな。最新の「ごはん」の本には、卵かけご飯の作り方まで出ていた。書きすぎ、あるいは書かされ過ぎ。初めてそんな気持ちがした。いまは卵かけご飯の作り方もわからない人がいるのかもしれないが。



にほんブログ村



by buribushi | 2016-01-28 22:05 | 本・短歌など | Comments(4)

ストーブのまわり

a0203003_21595571.jpg

a0203003_220226.jpg

a0203003_2212186.jpg
ストーブの傍にはねことおばー。
ストーブの上には大やかん。
やかんのお湯を湯たんぽにいれて、もうねましょう。








にほんブログ村



by buribushi | 2016-01-27 22:04 | 季節 | Comments(4)

除雪助っ人きたる

a0203003_15365135.jpg

昨日わたしがカンジキで踏んづけて置いただけの通路を開けてくれるという。娘と高専生の孫が来た。


a0203003_15374330.jpg

スノーダンプでざくざく切り取っては運ぶ。車が通るのでしばしば立ち止まって。


a0203003_15381256.jpg

車庫の前を開けるのも一仕事。


a0203003_15383745.jpg

雪は道路を渡って

a0203003_15491548.jpg

向こう側の小さい川に入れるだけ。もう一杯になり、かすかに水が動くのが見えるだけで流れてなど行かないけど、ここしかやり場はない。

a0203003_153910100.jpg

道路から玄関までの通路、開通、すっきり。ありがとう!

にほんブログ村



by buribushi | 2016-01-26 15:51 | 季節 | Comments(6)

大雪・家の前で車の立ち往生続出

a0203003_8514082.jpg

吹雪避けのネットの下をかいくぐり、内玄関に達する雪。


a0203003_931035.jpg

昨日掘って開けた通路などなんにもならなかった。
このあとカンジキで踏みつけて一応の通路とした。カンジキを穿くのは何十年ぶりで、まごついた。魚沼の末裔の名折れ。


a0203003_945017.jpg

立ち往生した車あり。


a0203003_952513.jpg

やっと車が出て、後に残るスノーダンプや折れたスコップ。


a0203003_9491511.jpg

また立ち往生したワゴン車、それを引っ張る市の除雪車。


a0203003_101106.jpg

除雪車は小型のフライヤー(雪を掻き込んで飛ばす)。歩行者を見て止まったところ。
わたくしオバーが立ち尽くしているのは、ここが入り口と示していないと除雪車が雪を置いて行ってしまうことが多いから。
長女のところの孫から休校だから除雪に行ってやると電話あり。有難いけど、道路の状況を話して待って貰う。

a0203003_1154141.jpg

雀の食堂に屑米を届ける。
a0203003_116169.jpg

カンジキがほどけちゃったよ。



にほんブログ村



by buribushi | 2016-01-25 09:49 | 季節 | Comments(6)

夕方、またも雪かき

a0203003_17154675.jpg

夕方、物音がくぐもるのに気がついて出て見れば、朝以上に深く積もった雪。


a0203003_1716893.jpg

道を渡った向こうの、ほんの小さい川に雪を捨てるのだが、水面一杯に上流で捨てた雪が流れて来ている。下流では例によってもう詰まって来ているのだろう、水は道路すれすれまで上がって来て、動きがない。
それでも、そこ以外に雪のやり場はない。こんな川でも、あるのは有難い方なのだ。


a0203003_17163281.jpg

そうこうするうちに日は暮れかかる。
雪の断面で今日の積もり方が見える。


a0203003_1716585.jpg

消雪パイプが動いていない。こんな日に出さないで何時出すの。


a0203003_17171917.jpg

木々が朝よりいちだんと重そう。
明日は早く起きて雪をかかなければ。娘「元気そうじ屋」さぞ忙しいだろう。ご安全に!



にほんブログ村



by buribushi | 2016-01-24 17:18 | 季節 | Comments(6)

今期一番の寒気

a0203003_11514798.jpg

朝、玄関から道路までの間を今期初めての雪かき。1月24日というのは、記憶している中で一番遅い。
気温マイナス1.4度。


a0203003_11521361.jpg

この程度だけど。



a0203003_11525099.jpg

なかなか止まない。



a0203003_11544833.jpg

a0203003_11552950.jpg

時々はげしく降り、雀の餌やりに行くのに、長靴の上まで潜ってしまう雪の量。置いてやった餌も雪に埋まるので、除けてやらないと食べられない。
集まって来た雀たちを窓越しに見る。ムクドリかヒヨドリも来ている?


にほんブログ村



by buribushi | 2016-01-24 13:24 | 季節 | Comments(4)

甘夏・金柑・大和の国から

a0203003_2232766.jpg

sakkoさんにおねだりしたら、たっぷり送って下さった甘夏柑と金柑、おうちで穫れたものだ。細かい金柑でさえ、ちぎると蔕のところが傷んでしまうからと、一つ一つ鋏でもいで下さったという。
マーマレード、蜜煮をこしらえて、一年中大切に食べ、親しい人にも分けます。ほんとにありがとうございます。
外は毎日雪だけど、ストーブにはいちにち薪を焚きづめだ。コトコトとものを煮るのに一番いい場所。楽しい冬です。


にほんブログ村



by buribushi | 2016-01-24 13:01 | Comments(4)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

さとうまさこさま あー..
by buribushi at 22:11
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 11:56
sakkoさま >遠く..
by buribushi at 11:52
気ぃもみしょうの孫が3か..
by さとうまさこ at 11:33
素晴らしい景色です。田植..
by kazuyoo60 at 07:11
遠くに白銀の山並みが見え..
by sakko at 00:21
うまこさま うーむ。見..
by buribushi at 23:10
http://www6...
by yamamotoyk at 22:55
ミケさま >スーパーウ..
by buribushi at 22:50
demi_zoさま 遠..
by buribushi at 22:19
うまこさま 絞らず粕ご..
by buribushi at 22:15
ここにきて私用他用の用事..
by mikeblog at 21:38
山。大きくて大らかで車窓..
by demi_zo at 21:27
ジーマミー豆腐の季節です..
by yamamotoyk at 21:24
ハルリンさま 少し広い..
by buribushi at 20:25
ikokaさま 当地か..
by buribushi at 20:22
すばるさん今晩は、庭が広..
by ハルリン at 19:02
うりずんの沖縄、いいです..
by ikoka at 17:27
ミミの父さま このタン..
by buribushi at 13:42
sakkoさま ほんと..
by buribushi at 13:39

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ