おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2015年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧




白いサンザシの花のように

a0203003_16451131.jpg

昨年の晩秋、脇の畑のウコンを穫り入れて、その葉を蒸留した。
ウコンを植えるのはこの葉が欲しいためで、出来た蒸留水には5%ほどのグリセリンを足して化粧水にする。
秋が温かかったのとなまけ心で遅れて、霰が一度降ってから慌てて刈り取ったウコンの葉は裂けていたが、蒸留水はいつにもまして香りが高く、きらきら浮く精油も目立った。
それからまた遅れて、グリセリンを手に入れてボトルに詰めたのは暮れ近くになった。
朝夕掌に取って、冷たいのを叩くようにつける。あと、ありふれたクリームを、両手をすり合わせてから顔につけて、手入れ終わり。

既製品の、安いけど急な日焼けのほてりなどこれが一番効く化粧水は、市外まで買いに行くのも通販で取り寄せるのも面倒なことでよく品切れになる。手製の化粧水を作って冷蔵しておくのはそのためで、ローズマリー、柚子、月桃などを蒸留してきた。
ウコンが一番好きだ。つかい心地もいいが、使っているとほんのり白くなるような気がする。作るのが何時も、日光の少なくなる季節だから、とは思うけど。
自分だけキレイになるように、誰にもあげない。いや、本当は、あまり量が出来なかった。

a0203003_16455951.jpg

自分で化粧水を作ると、必ず思い出す本の一節がある。
ジョルジュ・サンドの、原題「ラ・プチット・ファデット」を宮崎嶺雄が訳した岩波文庫「愛の妖精」に出てくる、みなしごのファデットは、年老いたおばあさんに育てられて身なりも行儀もあまりかまってもらっていなかった。
すきな人が出来て、男の子の出来損ないみたいだった彼女が一変する。
衣装はすっかり洗濯して、裁ち直して、縫い直してあった。「木っ端にきものを着せたような」ところがなくなってすんなりしなやかに。
「おまけに、一週間の間、どんな花や草をどう調合して使ったものか、顔はほの白く、手は可愛らしく、白い山査子の花みたいに、くっきりと優しく浮き上がっている」
というところ。

この牧歌的な愛の物語は、フランス革命の混乱に巻き込まれて絶望した作者が、こういう時代には穏和な物語によって人を慰めることこそ芸術家の使命、という友の言葉に動かされて書いたものだったという。

私が持っているのは昭和11年初版、昭和26年第12刷発行のもので、背綴じの糸も切れ、しみだらけになった一冊。何十回読み返したことか。



by buribushi | 2015-01-03 13:13 | 作る | Comments(8)

今朝の雪

a0203003_9544733.jpg
a0203003_955369.jpg

魚沼は大雪とのことで年始の挨拶に行かず。
玄関先の雪だけ掻いて置く。



by buribushi | 2015-01-03 09:57 | 季節 | Comments(2)

寄席文字額、貰った

a0203003_104033.jpg
a0203003_10402031.jpg

一通り見せて歩いたからばーちゃんにあげるわ。chieが気前よく、寄席文字を額縁に入れたのをくれた。わーい、いいお年玉だなあ。コピーなりと貰おうか、なんて思いはじめていた。



a0203003_10403959.jpg

わーい、ごはんだごはんだあ。雀たちは毎日来る。今日はひよどりもちらと見た。
雪は少ししか積もらず、穏やかなお天気。



by buribushi | 2015-01-02 10:52 | ひと | Comments(8)

おもちも焼けたし

あけましておめでとうございます。いい年でありますように。
今年もよろしくお願いいたします。


a0203003_17135118.jpg

まずはストーブの上でもちを焼く。


a0203003_1714834.jpg

仏壇にお供え。ミニのお膳に、雑煮、きなこもち、ナマス、黒豆、数の子など少しずつ盛って供えた。煮染めがばかに大きく見える。
このあと次女来て一緒にもちを食べる。仕事あり、すぐに去る。


a0203003_17142668.jpg

長男一家来る。


a0203003_17144584.jpg

このあと埼玉へ向かう、と忙しそうに去った。


a0203003_1717536.jpg

長女一家来る。
煮しめ、かりかり漬けなど、美味しがってどんどん食べてくれる。昨日漬けておいた千枚漬け風蕪の漬け物も出す。脇のストーブの上で焼いたサツマイモが意外に好評。
お持たせのかわさきのお菓子も食べて、みかん(は、あまり好評でなかったな)、野沢菜漬け。
冷酒、黒糖アンニンゴ酒。マタタビ酒。


a0203003_1718968.jpg

やきいもの残りなど持ち、一同ご機嫌で賑やかに去る。はいはい、いいお正月。



by buribushi | 2015-01-01 18:54 | くらし | Comments(10)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

白いコスモスが沢山、お気..
by kazuyoo60 at 06:28
ミミの父さま 彼が「一..
by buribushi at 22:55
「一人花見」の中学生。 ..
by ミミの父 at 22:43
ミケさま 白菜沢山植え..
by buribushi at 21:54
子供さんやお孫さんがリフ..
by mikeblog at 18:37
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:27
itotohariさま ..
by buribushi at 10:04
有難いですね。力強いお孫..
by kazuyoo60 at 09:55
demi_zoさま >..
by buribushi at 09:52
sakkoさま はい、..
by buribushi at 09:47
すばるさん、おはようござ..
by itotohari at 08:29
秋の1日。。家族全員で大..
by demi_zo at 07:57
大工事ですね。 皆プロ..
by sakko at 07:22
ミミの父さま「一人花見」..
by buribushi at 23:20
うまこさま ありがとう..
by buribushi at 23:19
ミミの父さま はい、私..
by buribushi at 23:16
土木大作戦、バンザーイ!
by yamamotoyk at 22:52
思い立ったが吉日、再利用..
by ミミの父 at 22:31
sakkoさま >泥上..
by すばる at 14:41
AKIさま わたし80..
by すばる at 14:30

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ