おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

<   2013年 04月 ( 38 )   > この月の画像一覧




花の来た年覚え書き

この花が家へ来て何年だっけ、と思うことが多いので、遡って調べた「花の来た年」。

バラ咲きインパチェンス(ピンク)2007年。冬は家に入れて置く。枝を切ってコップに挿しておいたのに根が出て、それを植えて更新した年もあるが、7年目ということになる。

イカリソウ(白、黄色、紫)2008年。胎内市のタケさんから送っていただいた。

定家葛 2008年。長岡の博物館の周りにグランドカバーとして植えられ、道にはみ出していたのを切って来て挿した。

バラ・スノーシャワー(白)2009年。寺泊ぷろぽぜで花を切ってジョッキに挿してくださったのを、眺めて花が散ってから挿し木した。その年のうちに花が咲いた。
もとの木が無くなったとのことで、去年一鉢里帰りした。

バラ・ナニワイバラ(白)2009年。ご近所のコバヤシさんが枝をくださったのを挿した。スノーシャワーと同じ年に来たが、咲いたのが3年目の2011年になってからなのでもっと遅く来たような気がしていた。
去年は咲き始めて2年目で、たくさん咲いた。
とても茂って、下を通るたびに髪がひっかったりするので、去年木製のトレリスを2枚取り付けて枝を結びつけた。その時、長々と伸びた枝をたくさん切った。
先頃ナニワイバラ映像、というサイトを見ていたら、沢山の花の写真のなかに枝を積んだ写真が一枚。あれ?見たような、と思ったら、このブログが引用されていた。

ヤコウボク(白)2010年。奈良のkazuyoo60さんが送ってくださった。小柄な挿し木苗だったが、随分大きくなり、季節になると夜ごとに高い香りが漂う。挿し木で増やして人にも上げた。

クレマチス・都筑(白)2011年。蕾が一つついたのを買った。2年目の去年はたくさん花をつけたし、枝を取って挿し木したのが着いて、今年もう蕾を三つ持った。旧枝咲き。

クレマチス・レデイバードジョンソン(えんじ)2011年。ミコチャンからもらった。新枝咲きなので、冬に地上部を全部切ってしまう。

ジンジャーリリー(白)2011年。居酒屋猫まみれさんから。

コトネアスター(白花・紅い実)2011年。長岡市内の道路脇グランドカバーを。挿し木。

バラ・ホワイトクリスマス(白)2011年。とうふや・わむから枝を貰って挿し木。12年咲く。

クレマチス・籠口(ろうぐち。青紫)2012年。ムサシで買った。ベル型の小さい花がうつむいて咲く。新枝咲き、冬強剪定。

クレマチス・E・H・ヤング(青)2012年。居酒屋猫まみれさんに貰った。旧枝咲きだが、強剪定されて届いたので去年は花が着かず、今年はじめての蕾がたくさんついている。クレマチスを始めるならこの花から、と言われるくらい強健で美しい花だという。

ふーちばー(ニシヨモギ)2012年。読谷村の道端から。

バラ・コクテール(紅・内黄)2012年。マツヤさんから枝を貰って挿し木。年の内に咲く。

ナツハゼ 2012年。ハシモトさんから。

バラ・ニナウェイブル(紅)2013年。この間コメリで。まだ苗状態。

オキナワスズメウリ2012年種子。大阪コクテンフグさん、奈良sakkoさんから。

この他、シチダンカ(小型紫陽花・ヤマトさん。kazuyoo60さんからは2012)、山百合、サルナシなど、何年経ったかいま思い出せない。多分数年。



by buribushi | 2013-04-30 22:52 | 草・木・花 | Comments(4)

摘み草

a0203003_21242336.jpg

この山で摘み草は何年ぶりだろう。
若い頃は、この時期になると毎日でも山へ行っていた。30分歩いただけでも、三つ葉だのミズナ、山うどなど、夕飯の材料はたっぷり手に入った。あけびの芽やシオデなど、当時はこの町の人があまり食べなかったので取り放題だった。



a0203003_21244094.jpg

左から、すかんぽ(いたどり)、あざみ、蕗。ヨモギとあけびの芽、ぜんまい。
すかんぽを食べる習慣はなかったが、妹が高知の人と結婚して覚えたたべもの。いったん塩漬けして、漬かったら水を替えながら塩出しする。塩気と酸味が抜ける。それをさっと炒め煮する。くれぐれも煮すぎないように、とのことだった。

取って来た新鮮なうちに、ではなくて、少ししんなりさせると皮がよく剥ける。妹が外で皮むきをしていたおっちゃんに、どうしたらそういうふうによく剥けるの、と聞いたら「放っちょけ」と言われたそうだ。

なるほど山から帰ってすぐ剥くより、残りを夕飯のあとで剥いた方がよく剥けた。



a0203003_2125166.jpg

あざみはふつうの野アザミ。魚沼のサワアザミには及ばないが、あざみ独特の風味はある。茹でて水に晒してから、シーチキンと炒めてみりん少々と醤油で味付け。
ほかに、あけびの芽は、茹でて生卵を一つ落としてお浸しにした。

蕗はまだ柔らかくて、葉っぱも食べられる。茹でて置いて、明日煮よう。葉っぱは茹でて晒したのを絞り上げて刻み、ちりめんじゃこ、山椒の実を少し、そしてみりんと醤油で炒りつけるように煮あげる。



by buribushi | 2013-04-30 21:43 | くらし | Comments(8)

翁草など

a0203003_18535026.jpg

去年、おきなぐさを鉢植えと、地植えに分けて育てて見た。地植えの元気がなくて小さくなっているようなのだ。去年酷い日照りだったし、一概に何のせいだとは言えないだろうが、掘り上げて鉢に取り、木の下へでも置こうか。


a0203003_1854515.jpg

サルナシの新芽がぐんと大きくなり、どうやら花芽らしいものもぽつぽつ見え始めた。




a0203003_18541857.jpg

鳥の置きみやげの一つ、ニワウメ。ピンクの小さい花がぎっしり咲いた後実がなって、濃い紅に熟す。べつに美味しいものでもないけど、実がなるものは「藪」の賑わいになる。気持ちの賑わいにもなる。



by buribushi | 2013-04-29 18:55 | 草・木・花 | Comments(4)

一家総出で薪作りサポート

a0203003_2082845.jpg
娘の一家(いま県外にいる娘二人を除いて)4人で薪割り隊を組んでやって来た。

高専生の長男。




a0203003_2084629.jpg

中学生の次男。

じーちゃんがチェーンソーで玉切りしておいた木を次々割って行く。




a0203003_2091666.jpg









おとうさんは薪割り機を操る。

薪を割るのは機械だと言っても、載せたり下ろしたり、生木の薪は重い。




a0203003_2093776.jpg

こういう薪割り器もある。

ガチャンガチャンと部品を上げ下ろしして、その重みで割って行く。

おかあさんは総指南役。




a0203003_2095794.jpg


この薪の山!

10代の孫二人の仕事。






a0203003_2010245.jpg

この薪の山!
ウッドデッキの下に積んで、一夏枯らしてから床下へ仕舞う。

a0203003_202404.jpg

残るは木の皮とおがくずだけになった。
じーちゃん、ほとんど茫然。

ばーちゃんは何をしたか?ごはんを作った。梅干しと筋子のおむすび。身欠き鰊と昆布の煮物。ヨモギとジャコのかき揚げ、さつまいもの天ぷら。三つ葉と玉子のお汁。食後みかん。
お茶の時間。中国茶。黒羊羹。揚げ餅。
薪割りの仕事を眺めながら草むしり。



by buribushi | 2013-04-28 20:28 | くらし | Comments(8)

タンポポのお酒

a0203003_1433484.jpg

農業雑誌で見た、タンポポのお酒を造った。咳のとき薄めて飲むといいという。

タンポポの花 300グラム
氷砂糖    400グラム
35度リカー
      1500cc
晴れた日にタンポポを摘んで、洗って水気を切ったら、分量の砂糖と酒で漬け込む。
日陰に6か月置いて、タンポポは取り出すこと。



by buribushi | 2013-04-28 14:04 | 作る | Comments(6)

はっさくマーマレードを煮る

(予約投稿)
a0203003_226445.jpg

ぷーままさんから今年もはっさくを頂いた。商品用に栽培されたものではない、ふつうのお家の庭に実った自然児だから、ワックスなど着ていない。

a0203003_227529.jpg

マーマレードを作った。
毎年この時期になるとその話をしているが、アレンジがあったりするので、また今年の手順を書いて置く。

○はっさく(夏みかんでも同じ)は塩でみがくようにして洗った。
○皮を剥いて、実は乾かないようにビニール袋に入れて取って置く。
 皮は水が煮立つ寸前まで火に掛けて、下ろして水洗い(ワックスのない自然物は省いてもいい)
○皮を薄く刻んでたっぷりの水に放ち、掴むようにして洗う。水が濁らなくなるまで何回か洗う。こ れは苦み抜き。済んだらたっぷりの水に浸して一晩置く。
○実を袋ごと小さく刻む。タネは除く。水を捨てて絞り上げた皮と、この実を鍋に入れ、ひたひたの 水を加えて、好みの柔らかさになるまで煮る。砂糖を入れるともう柔らかくならないから、ここで 噛んで見るなどして。
○柔らかくなったら、砂糖を3回くらいに分けて、入れては煮て行く。量は好みだが、きょうは6  0% くらい入れた。
○とろみがつくまで煮たら、熱いうちに瓶に詰める。

ぷーままさんからはほかにも、ぱりっとした紺絣を一反頂いた。道後温泉土産の伊予絣。ご両親の思い出の品をわたしなどが頂いて恐縮である。好きだと言っている(着てもいる)と、集まってくるんだね。
マーマレードも美味しく煮えました。ありがとうございます。



by buribushi | 2013-04-28 04:28 | Comments(4)

いつの間にか新緑

a0203003_189535.jpg

旧西蒲原郡巻町の、原発建設反対運動を描いた映画「渡されたバトン」を見てきた。
住民の反対運動、住民投票請求の闘いと、住民投票で圧倒的に建設反対派が勝つまで。

しかし電力会社がいよいよ断念して計画を中止したのはその8年後だった。と言う、字幕だけで済ませたその8年が大変だったんだよね。

私たちの住民運動は苦しかったな、とか、町の人たちに出来たにちがいない亀裂はどうなったのか、とか、思うことがあるので、映画はそっと撫でて通り過ぎたような物足りなさはあったけど。

ハンカチにメッセージを書いて結びつけた旗は、勝手参加で巻までビラ撒きに行ったとき見たなあ。

a0203003_18102392.jpg
a0203003_18103856.jpg

いきなり桜が咲いたような気がしたと同じで、いつのまにか新緑になっていた街。



by buribushi | 2013-04-27 19:00 | お出かけ | Comments(2)

紅バラを植える

a0203003_13224455.jpg

昨日ホームセンターで、寄せ植えの真似事をしようと50円均一の中からわすれな草、釣鐘草などを買った。
帰りがけに、バラ苗のところで足が止まってしまった。添えられた写真の真っ赤な花。四季咲き、中輪とある。
去年ハシモトさんと、知らないお宅から真っ赤な四季咲きバラの枝を貰って挿したが、ナツハゼ採りの帰りの10月のことで、とうとう1本も着かなかった。今年再挑戦、と言っているんだけど。

こういうときお決まりの言い訳、「年だから」を使って、紅バラ、「ニナウェイブル」998円也、を連れ帰ってしまった。


a0203003_13203782.jpg

満開になったユキヤナギ。くださった人はもう故人だが、ユキヤナギは年々増える。

a0203003_13205475.jpg

わすれな草の青、白、ピンクも使い、一つの鉢にいろいろ植え込むという初めてのことをやってみた。まだおっかなびっくりで、ステキ、と言うわけには行かない。

前の畑でプルーンのバーバンクが咲き始めた。これ、バラと同じく、近所のコメ〇で689円だったかで買ったんだけど、健闘している。巨大な(掌に三つ載るくらい)実がなる、味もわるくない。ぎっしりと言いたいほどついた、白いふくよかな花。

種苗会社の通販で買った、すばらしい品種だと言われたプルーンの木は、今までの数年に実ったのが数個に過ぎない。今年の花は二つか三つ見えるだけ。そろそろ見切りをつけてもいいと思う。
実がなるまでに年月がかかるので、ダメな木と分かったころはもう、モンク言うタイミングもどこかへ行ってしまって。もう通販では買うまいぞ、と決めたきっかけの木。

ところでプルーンの授粉用という、ありふれた品種のシュガープルーン、今年の花がばかに遅い。いつも同じ頃咲くのに。今年の陽気はなんだかヘンだ。



by buribushi | 2013-04-26 13:46 | 草・木・花 | Comments(5)

今年の初耕耘機

a0203003_19244696.jpg

守門山には雪がしろじろと残っているが、今日は最高19度近く、暖かい日だった。あちこちで田んぼ仕事も始まっている。


a0203003_1925296.jpg

家の脇に耕耘機をかける。短い草は取らないで打ち込んでしまった。畝を作るとき拾うからいいことにした。



a0203003_19251882.jpg

ピースは草取り出来ないけど、むしゃむしゃと食べてやった。



by buribushi | 2013-04-25 19:30 | | Comments(6)

baby&me

a0203003_23451927.jpg
赤ちゃんがダンスを踊りまくる、飲料水のコマーシャルフィルム。

ガラスに自分ソックリの赤ちゃんが写る。







a0203003_23431311.jpg
服装まで同じ。

踊るにつれて赤ちゃんが同じ動きをするのだが、言葉で説明なんか出来ない。







a0203003_23433459.jpg
次々いろんな人と、ソックリの赤ちゃんとが踊りまくる。

最後はこの老婦人で、犬を連れているのだが、赤ちゃんも縫いぐるみの犬を紐で引いている。




a0203003_23434581.jpg

おもちゃの犬を連れた赤ちゃん。

この二人が抜群に好き。一見の価値あり。



by buribushi | 2013-04-24 23:53 | Comments(8)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

さとうまさこさま あー..
by buribushi at 22:11
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 11:56
sakkoさま >遠く..
by buribushi at 11:52
気ぃもみしょうの孫が3か..
by さとうまさこ at 11:33
素晴らしい景色です。田植..
by kazuyoo60 at 07:11
遠くに白銀の山並みが見え..
by sakko at 00:21
うまこさま うーむ。見..
by buribushi at 23:10
http://www6...
by yamamotoyk at 22:55
ミケさま >スーパーウ..
by buribushi at 22:50
demi_zoさま 遠..
by buribushi at 22:19
うまこさま 絞らず粕ご..
by buribushi at 22:15
ここにきて私用他用の用事..
by mikeblog at 21:38
山。大きくて大らかで車窓..
by demi_zo at 21:27
ジーマミー豆腐の季節です..
by yamamotoyk at 21:24
ハルリンさま 少し広い..
by buribushi at 20:25
ikokaさま 当地か..
by buribushi at 20:22
すばるさん今晩は、庭が広..
by ハルリン at 19:02
うりずんの沖縄、いいです..
by ikoka at 17:27
ミミの父さま このタン..
by buribushi at 13:42
sakkoさま ほんと..
by buribushi at 13:39

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ