おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

カテゴリ:草・木・花( 514 )




引っ越したヒペリカム

a0203003_20452049.jpg
 妹に貰って植えたヒペリカムがあまりに大株になったので、去年大剪定したらあまり出て来ない。しくじったかなと思っていたら、別の場所へ自分で引っ越していた。


a0203003_20454432.jpg
 ここなんだけど。小さい川の縁の、コンクリートの隙間。種子がとんで自生したと思われる。


a0203003_20461857.jpg
オルレア。雑草なみに強いので、一度咲いたらあとは毎年自生する(はず)。


a0203003_20464498.jpg
品種不明、ナカジマさんから頂き物のクレマチス。


a0203003_20473117.jpg
モタイさんから頂き物が冬を越したひなげし。


a0203003_2048269.jpg
 仏壇用に植えたキンセンカ。

 ミチコが日曜に何でも手伝える、と言ってくれたので、畑!と思う。まだ夏野菜の御三家トマト、茄子、胡瓜も植えておらず、甘藷に至っては地拵えも苗の算段もついていない。こんな年はもう、畑あきらめるか、と思いかけていた。
 トマトや胡瓜のもげない夏の朝なんてあじけないし、甘藷は畑を初めてから一度も休んだことがない。5月になっても何の傷みも無く、美味しく食べられる、うちの大事な作物なのだ。
 では草を取って置いて、耕耘と畝立てを手伝って貰えば、畑を休まないで済む。ミニトマトアイコを3本と甘長唐辛子を2本買って来た。オクラを地蒔きにし、胡瓜種を水に浸けた。
 ナカジマさんが寄られたので、話しながら藷畑の草取り。草避けだと言って夫がたっぷり蒔いた大麦がはえていて、それは手で楽に抜ける。他の草はすくないか、まったく無い。という畑なので、草取りし易い。手伝っていただいたしお喋りは出来たし、そのうちに大粒の雨まで降り出して、畑的にはまことラッキーな午後だった。弟に藷苗(ベニハルカ)のことを問い合わすメールをしよう。

 昼はお粥を炊いて、葱を抜いて来て葱味噌をしておいしく食べた。夕飯は、ちりめんじゃこの酢浸し、干し椎茸の含め煮、その汁で甘めに煮た油揚げ、卵焼き。久しぶりにジューサーをセットして、人参、りんご、レモン、食べかけの夏蜜柑も入れてジュースを作って飲む。食気が付いてきたのと、同じく煮炊きする気が出てきたので有難し。
 また痩せたので、ジーパンがゆるくなり裾を踏んづける。ジジババ合わせて90キロを割る目方、ピースこいこい、おまえだって5キロくらいあるよね。うーん、3人がかりで100キロ未満か。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-05-26 21:22 | 草・木・花 | Comments(6)

風の中のひなげし

a0203003_20562782.jpg
雛げしの最初の一輪。風がある。このあと咲く蕾が沢山。

a0203003_20571464.jpg
ルピナス。

a0203003_20574619.jpg
テイカカズラ。余所のグランドカバーだったのを一枝貰って挿して、何年経つだろう。ずいぶん茂った。


a0203003_2058959.jpg
ヤマボウシが今年も沢山花を付けた。
今のうちが出来たばかりの頃、上州から来た商人に根負けして植えて貰ったのがエゴノ木3本、ヤマボウシ1本、ナツツバキ1本だった。ナツツバキは枯れ、エゴノ木はこぼれ種で子も孫も出来た。自生の木は年々大きくなるが、植えて貰ったのは以来30年、ほとんど大きさが変わらない。不思議。


a0203003_20583731.jpg
クレマチスHFヤング。居酒屋猫まみれさんに一鉢頂き、挿し木でどれだけふやしたことだろう。クレマチスを始めるならこの品種から、と言われる丈夫な花だとあとで知った。


a0203003_20585858.jpg
コンクリートの隙間から、根性・ヒルザキツキミソウ。

a0203003_20591828.jpg
頂き物の多肉植物寄せ植え、掌サイズ。初めて見る美。
挿し葉?置き葉?から芽の出た者も頂いたので、小さい籠にシュロを敷き、多肉植物用土(小さい袋を買って来た)を詰めて、そこに配置。見回して多肉っぽいもの、マンネングサ、ハナキリン、カランコエ、を挿してみる。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-05-23 21:11 | 草・木・花 | Comments(6)

ナニワイバラよエゴノキよ

a0203003_10433192.jpg沖縄写真はちょっと休んで、花たちを。
これは沖縄の月桃だけどね。帰る日、トクさんが取って来てくれた。

うちへ帰って早く花たちに会いたかった。





a0203003_1044272.jpg
でみさんに貰った紀伊上臈ホトトギスの今の姿。
葉っぱを日焼けさせないように!
こんなに本数が増えて、花時が思われる。鉢を殖やして根分け、だね。

a0203003_1045647.jpg
大好きなナニワイバラ。去年大剪定されたので、ほんのささやかな今年の花盛り。

a0203003_10455624.jpg

白あやめ。紫もある。
a0203003_10461793.jpg










黄色のモッコウバラ。今年は香りの優れたシロバナ種をかずよさんに頂いたので植えた。
a0203003_10464639.jpg
エゴノキの花は、子どもの時から大好き。いつも青空が透けて見える。

a0203003_10472090.jpg


芍薬。

a0203003_10474736.jpg
エラヒご夫妻が来られて、玄関で花ばなし。

帰ってから、旅の疲れと言うより、咳に苦しみ、食べられず眠り浅く三日ほど寝込む。
心当たりと言えば、沖縄で一度、水を飲み損ねてひどく咽せ、咳が止まらなかった。あれだと思う。軽度の、誤嚥性肺炎かもしれない。咳き詰めに咳くので、筋肉痛。
今回、ホテルで昼寝という事が多く、ヒコーキにのって昼寝しに来るとは贅沢なりと自嘲。沖縄、そろそろ年貢の納め時かなあ。沖縄に出合ったお陰でいい老後。
沖縄写真はまだ沢山あるので、そのうちに拾い残し編を載せよう。

Nコミセンご注文の掌編一つ書く。「朴葉寿司のこと」とした。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-05-22 12:42 | 草・木・花 | Comments(11)

鳥の土産のカマツカ・3年目のピタンガの木 ほか

a0203003_17323095.jpg
 いつのまにか生えていた小さい木を、これ、何の木だっけ、と残しておいたらカマツカだった。その頃白樫を生け垣にしていたので、鳥が止まって落としていく南天、山葡萄のエビヅル、アケビなど、植えていない木がよく生えた。



a0203003_1733840.jpg
 カマツカは15年くらい?経ったか、いまは高さが5メートルか6メートルある。初夏に白い花が咲き、秋には紅く実る。花も実もかわいい。
 なめるようにキレイに草取りする人がいたなら、見ることは出来なかった木たち。



a0203003_17332789.jpg
黄色のモッコウバラがよく咲くようになった。



a0203003_17335560.jpg
 西洋オダマキ、咲き進んで、ペチコートをつけたように重なった花弁のものも咲き始めた。
覆い被さっていたナニワイバラが去年強剪定されたので、元気。


a0203003_17341819.jpg
去年東風平(こちんだ)で買って来たハナキリン。


a0203003_18254416.jpg
 一昨年、東風平だったか玉城だったかの農産物直売所でピタンガという実を買って食べ、そのタネを埋めておいたら3本、芽が出た。その中で一番大きい木。家の中で冬越しさせたが、冬の終わる頃葉っぱがぱらぱら落ちてしまって、いままた新しく芽が出て来たところ。他の2本も同じ。
 ピタンガは5円玉くらい?の大きさで、日本カボチャのように縦に溝が入ってやや平たい実、紅く、甘酸っぱい。当地で花や実が見られるかどうか、わからない。
 14日から17日まで留守にします。今年はどんな花や実に会えるかな。

新潟空港を出発する時刻を指定して予約投稿に。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-05-14 11:20 | 草・木・花 | Comments(13)

白木香薔薇、半鐘蔓、沖縄雀瓜、ほか

a0203003_2183989.jpg
 ゆうこさんが「母の日」の花を贈ってくださった。はじめてのこと、ただびっくり。
彼女は東北の大地震のとき、一階を水が通り抜けたが、老いたお母さんのために避難所へ行かないで残った二階で暮らすことを選んだ。
 電気、ガス、水道も何もない家で暮らして、避難所に入っていないという理由で救援物資が貰えなかった。カセットコンロで、フライパンでお湯を沸かす生活と聞いていささかの見舞いをつづけるうち、夫の病気やいろいろあって数年で途切れてしまい、ずっと気がとがめていた。
 思いがけず花を贈られ、元気でおられることだけはわかって、何とも言えない気持ち。荷物により初めて電話番号を知ったが、留守電になっていた。手紙を書こう。


a0203003_2192244.jpg
 かずよさんが花の苗種々を送って下さった。
これは欲しかった白のモッコウバラ。鉢から根を出して地面に繋がっていたらしい。鉢を何カ所も剪定ばさみで切って苗を取り出す。蔓が育ったら垣根に沿えばいいと思って場所を決め、植え込んだ。


a0203003_2195284.jpg
 ハンショウヅル。四弁の花がうつむいて咲くのを半鐘になぞらえた名らしい。クレマチスと同属。
 絶滅危惧種と書いてあるところもあったが、かずよさんが長く栽培して来られた物だと思う。園芸店にも出ていることがあるとか。
 荷物の中で花はみな散っていたので、新しく咲くのを楽しみに待つ。


a0203003_2110149.jpg
 斑入り石菖。
いまの石菖と同じ処に植えて、どちらかが絶えてもいけないので、離れたところに植えた。
他に、白ヤマブキ、胡蝶侘助、枇杷などの苗あり。仮植えのものもあるが、「島帰り」の後のこととする。


a0203003_2111488.jpg
 頂き物の植え場所をさがすうちに発見。
 オキナワスズメウリを鉢に蒔いたのはなかなか芽が出なくて気がもめていたが、去年落ちた実からと思われる自生苗があった。やれ嬉しや。


a0203003_21113039.jpg
 オキナワスズメウリを見つける度に地面に棒を挿して踏まない用心をした。いい苗、もう踏まれたらしい苗などいろいろあるけど、これだけあればもう大丈夫だろう。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-05-13 05:13 | 草・木・花 | Comments(6)

ヒメウツギ・タニウツギ・日本サクラソウなど

a0203003_19435714.jpg
 去年ハットリさんに枝を貰って挿し木したヒメウツギに花が咲いた。
 随分大きくなるから、高いところから垂れ下がらせるのもきれいよ、ということだった。


a0203003_19443038.jpg
 「前の畑」の、溝川の縁に一人生えしたタニウツギの木があった。近くには家のシロバナタニウツギしかないので、その子だろう、白く咲くだろうと思っていたら、ピンクの普通のタニウツギが咲いた。?


a0203003_19452928.jpg
日本サクラソウ。


a0203003_1946210.jpg
日本サクラソウ白花。


a0203003_19463122.jpg
 去年植えて置いたキンセンカ。
ほかに、ナガミノヒナゲシがあちこちとに咲いている。黄色のモッコウバラが次々咲き始めた。クレマチスに蕾が目立ち始めた。楽しみ楽しみ。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-05-10 19:55 | 草・木・花 | Comments(6)

白花タニウツギ・ローズマリー ほか

a0203003_182558.jpg
白花タニウツギ咲き始める。


a0203003_17593346.jpg
 ローズマリー。
 ある大雪の年、沖縄の帰りに雪で飛行機が欠航になった。一日遅れで帰ったが、空港から駅までのバスが飛行時間より長くかかった。小さいローズマリー(100円で買った)に触って香りを立たせながら耐えた。
 そのときのローズマリー。


a0203003_17595759.jpg
ナガミノヒナゲシ。
罌粟がすき、小さい花が好き、朱赤の色が好き。


a0203003_1802460.jpg
 オダマキは知人の庭から種を貰った。ペチコートを重ねたような八重咲き(三重か4重だけど)。なぜか最初は一重が咲いて、だんだん重なったのが咲き出す。



a0203003_1804730.jpg
チョウジソウ。


a0203003_1811240.jpg
モッコウバラ咲き始め。白も欲しいな。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-05-09 18:11 | 草・木・花 | Comments(4)

カマシア咲き始める・紀伊上臈ホトトギスの芽 など

a0203003_2381776.jpg
ohisamaさんにいただいたカマシアが咲き始めた。


a0203003_2385618.jpg
demi_zoさんからいただいた紀伊上臈ホトトギスの芽が殖えながら育つ。去年の4本から一挙に11本!


a0203003_2393431.jpg
その時一緒に頂いた純白のホトトギス「白楽天」の突然変異かと思われる、キッパリした青紫の斑を持つホトトギス。「紫帽子」と名付けた。



a0203003_23102429.jpg
エビネ満開。



a0203003_2311273.jpg
ハットリさんにいただいて去年挿し木したヒメウツギの、初の花。咲く寸前。



a0203003_23123549.jpg
 初めての冬越しが済んだハナキリン。
 乾かないように毎日葉水をやっていたトゲナシハナキリンはやっと冬越し出来て、外に出した。冬ごもりのダメージ、外に出たことのダメージとあって葉が痛み、変色していて、回復待ち。でも、花の色は冬中見られなかった紅さを取り戻し、日光を喜んでいることはたしかなのだ。もう少し葉がきれいになったら出てもらう。





にほんブログ村



by buribushi | 2017-05-07 23:28 | 草・木・花 | Comments(6)

名残の紅イカリソウ・去っていく人 ほか

a0203003_2215475.jpg
 名残のイカリソウ。この赤と、ピンク、黄色、3種類のイカリソウをタケさんからいただいて植えて、最初の頃はみんな同じくらいに咲いていた。
 いつの間にか黄色が殖えて、今年など他の2色はかぞえるくらいしか咲かなかった。別々にしてやりたいが、花の盛りには掘りたくないし、花が終わると見分けが付きにくい。葉の様子で分かるだろうか。



a0203003_22161723.jpg
日本サクラソウの白が殖えて良く咲いた。今年は根分けが必要。



a0203003_22165564.jpg
垣根の下に植えた、クレマチスHFヤングに蕾がついた。そばにモッコウバラのつぼみも見える。



a0203003_22172068.jpg
今日の夕空。

 重く病んでいる人を見舞いに行った。痛み止めが効いてもうろうとしているのか、あまり話も出来ない。残酷なことのようだけど、痛みと一緒に辛い気持ちもわからなくなるのだろうか。
 老いるということは、周りの人が次々この世にいなくなるということで、だから自分のことも考えずにはいられない。
 最近見た投稿歌に、夜半にオールドブラックジョーの歌を思い出す、という作品があった。「懐かしき愛しき人はいずこに」というのだ。オールドブラックジョーの、私が知っている歌詞は「若き日はや夢と過ぎ わが友みな世を去りて」と始まる。それを歌っていた頃、自分にそういう日が来ることなど思ってもみなかった。



にほんブログ村



by buribushi | 2017-05-01 22:30 | 草・木・花 | Comments(4)

今年の普賢象

a0203003_22303588.jpg
晴れて暖かく、普賢象が咲き始めていた。


a0203003_22312332.jpg
まだ三分咲き?二分咲き?何回か見に来ることが出来そう。


a0203003_22315293.jpg
ことしのさくら、ことしのさくら。見たよ。


a0203003_22322614.jpg
向かいの山にぼうっと白いのは山桜か。






にほんブログ村



by buribushi | 2017-04-30 22:39 | 草・木・花 | Comments(6)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

kazuyoo60さま ..
by buribushi at 11:09
daikatotiさま ..
by buribushi at 11:05
ごめんなさい、昨日の..
by buribushi at 11:00
Commented b..
by buribushi at 10:56
ミケさま 随分いろいろ..
by buribushi at 11:27
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 11:19
寒さに弱い鉢植えはすばる..
by mikeblog at 11:08
上手にお育てです。葉が元..
by kazuyoo60 at 08:16
sakkoさま >小さ..
by buribushi at 06:50
シクラメンの赤ちゃんかわ..
by sakko at 00:53
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:35
お母様のなさってたのをで..
by kazuyoo60 at 09:04
sakkoさま 天気が..
by buribushi at 22:22
干し芋も薪ストーブの脇で..
by sakko at 21:58
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 16:32
ミケさま あの山が無け..
by buribushi at 16:29
sakkoさま 降った..
by buribushi at 16:22
鍵コメさま 恐縮!あり..
by buribushi at 16:18
牛すじ肉、私の手に負えま..
by kazuyoo60 at 09:49
みごとに雪だるまが並んで..
by mikeblog at 23:59

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ