おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

カテゴリ:草・木・花( 483 )




仙人草

a0203003_21185240.jpg

群馬から友人が来たので、海岸へ案内がてら、念願の、センニンソウ群生地へ行った。この完璧な花つき。
移植ごても水も用意して、もうそのつもりで行ったが、こんなによく茂ったのは何処が根っこかわからない。もっと小さい株を見つけて掘り、ビニール袋に水を入れたのに根本を浸して持ち帰った。

風が強く、海岸へ出ても足元の砂が絶えずさらさら飛ぶ。耳がびゅうびゅう鳴る。帰りに、いつも見上げて通っていた「雑穀料理」の看板の出た店へ、長い階段を上って行き、3人でコーヒーを頼んでしばらくおしゃべりした。
風があるのにわざわざベランダの席を選んだので、お店の人はおしぼりが飛ばされないように水のコップを載せた。
見慣れた海も、あれだけの高さから見るとまた違って見える。風に流されたカラスがやっと電線に止まり、しばらく風に吹かれてから飛び立って、流されるように飛んで行った。

このセンニンソウ、花弁のかたちは家のと同じ。去年見た細いのと今日は出会えなかった。



by buribushi | 2011-09-10 21:35 | 草・木・花 | Comments(6)

うちの蔓もの

a0203003_20312235.jpga0203003_20314749.jpg






























蔓もの二種、センニンソウと山葡萄のエビヅル。
センニンソウはひとりでに生えて咲くようになったのを、増やしたくて去年挿し芽した。いまのところあまり効果は見えない。
寺泊へ行く途中の道にセンニンソウの群落があって、しかも花弁の細い、これとは違う様子の花なのだ。行ってみたくて仕方がないが、車にも乗れない身は思うに任せない。あれを貰ってきて、植えて、挿し芽もして、身近でたくさん咲かせたい。

エビヅルはトリの土産だろう、いつのまにか生えて、実がつくようになった。雑木の間に雌木、少し離れて垣根の下に雄木がある。食べるところは少ないし、スッパイし、食糧としての意義はあまり無いけれども、ここで実がつく、というだけで嬉しい。山みたい。あけびも同じ。

早く植えた方の白菜がぱっと葉を開いて、葉の色も良く、頼もしい。
小豆が次々熟すので、笊を持って行って摘む。ほんとにこれ、自家産のぜんざいが食べられるわ。
15日前後はにんにくの植え付けだが、いまのところ空いている畑はない。さて何の後ににんにくの畝を作ろうか。タネは収穫した中からいいのを選んで吊してある。

クレマチス・レデイバードジョンソンと、夜香木の挿し木をした。夕方の外は涼しいが、蚊がものすごい。



by buribushi | 2011-09-09 20:54 | 草・木・花 | Comments(2)

イオニマス

また薄と、秋らしい空と。
a0203003_21163651.jpg


午前中、小千谷と魚沼へ出雲崎の浜焼きを持って行く。出雲崎では、薄めて畑に撒くように海水をポリタンクに汲んで来た(ミネラル資材)。
魚沼では妹にそば処◯つ穂のお昼をごちそうになった。弟のうちではご自慢の、マックス(飼い犬)マークのプリントされたTシャツを見せて貰った。

帰ってから、根切り虫にやられた白菜とブロッコリーの補植をして、大根の残り種子を蒔いた。思うさま拡がって咲いているガウラを抱えて根本を束ねた。
胡瓜を枯らしてしまったので、もう一回植えた。ハウスでないと、実がなるかどうかは微妙な処、と言われたが、微生物資材で足元の地温を上げてやるのはどうだろう。
ム◯シで苗を買い、花を全部見回って来た。「黒詫助」という椿苗があったが、同じ濃い紅の花なら「紺侘助」のほうがずっといい名前だと思う。

クリスマスホーリーという、冬、赤い実がきれいな鉢植えを買って3年になる。去年、実を少し鉢の隅に蒔いておいたら、この春2本芽生えたので小さい鉢に取った。
ひいらぎ型の葉が出ないのはまだ木が小さいからかと思ったが、伸びて来ても、小さい長楕円形の葉の縁は細かいのこぎり状で、葉は対生で、親に似ていない。
今日、スーパーで見た鉢植えに、それと同じ小灌木があって、イオニマス、と名札が着いていた。???

夕飯、焼き烏賊。南瓜のうま煮。糠漬け茄子と胡瓜。いちじく。



by buribushi | 2011-09-08 21:42 | 草・木・花 | Comments(6)

ポリゴナムその後

a0203003_19344769.jpga0203003_19352145.jpg





























ポリゴナムがここまで成長。花の咲くのを楽しみにしている。
昨日夕方から夜にかけて雨が降った。量はたいしたことがなかったけど、明け方の空気は肌寒いほど。日中も26度くらいまでしかあがらなかった。
屋敷畑の草を取っては堆肥に積み上げると、こんもり高くなった。
純白八弁のクレマチス「都筑」に、なんと蕾が一つ着いた。

共同で市の図書館からまとめて本を借りている、その交換日。5人で行く。
「シニアに優しい道具たち」という本が面白い。もう使っているものもある。ティキャンドル。ホットサンドイッチを作る道具。パスタマシーン。四角い竹の箸。など。
お、これあるといいかと思ったもの。ティポットの口に外から差し込んで使う茶漉し420円、細いハリガネを束ねたように見えるもので、初めて見た。うぐいすの粉(洗顔料、うぐいすの糞)1000円。木の洗濯ばさみ410円。など、感心に?安いものばかり。猫よろこびブラシ300円、もあったな。全部手帳に写しておこう。

本も紹介されている。「植物の神秘生活」「毎日がいきいき、すこやか」の2冊は既にある。この「毎日が・・・」の本を読んでいたので、先日従姉が亡くなったとき、余分な治療(むりに栄養を流し込むなど)をしなかったので眠るように静かに亡くなれたのだと、一人娘に話す事が出来たのだった。また読み返す必要がある。



by buribushi | 2011-09-06 21:41 | 草・木・花 | Comments(2)

キツネノカミソリ

a0203003_20474419.jpga0203003_2048242.jpg






























うちでキツネノカミソリが咲いた。寺泊の群生地から移したもので、殖えも減りもしない。日当たりがわるいからだろうか。ある季節になると突然のように出現する、というのもいいものだ。
葉っぱが細長い草なら他にいくらでもあるし、なんで狐の、と、ことわるのかもわからない。訳がわからんけど、この名前は好きだ。

昨夜はどこかでカネタタキが鳴いていた。チン・チン・チンと、響きのない音が連続するこの虫を、カネタタキと名付けた頃の鐘は、響きのとぼしいものだったのかしら。あ、鐘ではなくて鉦のほうか。

ナツズイセンの名が好きでないと言ったら、サイトを紹介してくださった人があって、そこでは「傾城(けいせい)花」という名が出ていた。私の見たものにも「おいらん花」というのがあった。どちらも、あまり日常的ではない、健康的ではない、という感じが含まれるところが、あの花の感じを表しているかもしれない。でもどちらも使おうと思わない。
それなら自分用に、自分だけの名をつけてしまおうか?と思っても、それも思い浮かばなかった。



by buribushi | 2011-08-28 21:11 | 草・木・花 | Comments(7)

リコリス・スクアミゲラ

a0203003_2051862.jpg















植えたことも忘れていた花が、すうっと伸び上がって咲いた。夏水仙だ。
この花を夏水仙とか、八代草を夏リンドウとか、そういう呼び方が好きではないので、本名を探したんだけど、やっぱりどこでも夏水仙で出ていた。リコリス・スクアミゲラはその正式名。
水仙の花、というものに印象が深いので、どこから見てもキツネノカミソリやヒガンバナの仲間、リコリス類だと思われるこの花に、別のふさわしい名はないものか。
(リコリスはヒガンバナ科ヒガンバナ属の総称だそうだ。)

キツネノカミソリはお盆頃、ヒガンバナはお彼岸頃、咲き出すのだが、去年の夏も雨不足だったせいか、キツネノカミソリが一ヶ月近く遅れた。これだけ雨がちの天候が続くと、ひょいと出ているかも知れないから明日よく見よう。

キツネノカミソリは面白い名で、何の不満もない。ヒガンバナはやや当たり前の名だが、曼珠沙華という素敵な名があるから、これもいい。
夏水仙だけ、不承知なの。スクアミゲラのほうで内心、呼んでおくから、どこかに素敵な地方名でもあるなら、知りたい。

追記
宇都宮貞子の「夏の草木」によれば、長野県戸隠ではナツズイセンをゴバヨロ、ゴバイロなどと呼ぶという。ヨロは百合の方言的発音、イロはその変化だと思うが、ゴバが何なのかはわからない。
意味が分からないこととともに、呼び方として採用したいとは思わない語感だった。
ただ、好感を持つのは百合と呼んでいるところで、見かけも、季節も、水仙より百合と言われるほうが抵抗がない。



by buribushi | 2011-08-25 20:06 | 草・木・花 | Comments(8)

クレマチス籠口(ろうぐち)

a0203003_22245987.jpg


下の記事に出て来るクレマチス籠口の写真。



by buribushi | 2011-08-22 22:25 | 草・木・花 | Comments(8)

クレマチス・レデイバードジョンソン

a0203003_1447672.jpg


友だちが株分けしてくれたクレマチスに新しい芽が伸びて、蕾が着き、昨日二輪開いた。じつに嬉しい。次の節にも、またその次の節にも蕾は着いているし、蔓はもう1本あるし。毎日数えているが、蕾は全部で22個か、23個はあるようだ。

これは新梢咲きで、新しく延びたところに花が着く品種。私が春、求めた、純白のクレマチス「都筑」は、前年に延びた蔓に花が咲く旧枝咲きとあるから、これも咲くか、と余計な期待をしないように。

トケイソウは7本挿し芽したうちの6本に根が出たので鉢に移した。
ウコギの挿し木は6本のうち3本に根が出た。残りもいきいきしているので続いて様子を見る。

畑のニンジン、日照りの激しいなか、さんざん水撒きしたのもむなしく一畝に数本しか育っていない。いい畝なので、ニンジンはそのまま、ここにたっぷり水を撒いて大根蒔きをしようと思う。いま何も植えて無いところに耕耘機をかけても土埃が立ちそうな乾き方だ。

ハッショウマメは、1本だけ芽生えたと思ったら、十日も遅れてもう2本生え、その3本を定植してある。去年に懲りて、がっちりと大きく背の高い柵をした。どうやら蕾らしいものが見えて来た。あの花の色は特別で、一口に言えば紫なのだが、いまではもう色が出せない昔の縮緬、と言ったおもむきがある。

昨夜沖縄のチエさんから、12日に小包届いたと電話。今年は太陰暦の沖縄のお盆と、一月遅れのこちらのお盆が重なる珍しい年だった。ソーミン(素麺)、煎餅、を買い、後はあり合わせのハンカチ、靴下、タオルなど、ぎゅうと詰めた。この前の台風の被害は大したことがなかったらしい。ただ、ゴーヤーが全滅したという。逆輸出するか。



by buribushi | 2011-08-16 16:12 | 草・木・花 | Comments(4)

サボン草

a0203003_21233757.jpg

サボン草(シャボン草)はヨーロッパ原産のナデシコ科サボンソウ属、サポニンが多いので洗剤として使われたという。英名ソープワート。明治時代に観賞用として移入されたのが逃げ出して野草になった。
うちの藪では種子がこぼれてよく自生し、一株植えたのがあちこちに殖えた。白っぽい花が、咲いて日にちが経つとピンクに変わる。

ヤコウボクの咲くのを見ようと部屋に入れて置いたら9時になっても咲かなかった。気がついて暗い廊下に出したら、すぐに咲き始め、よく匂う。

今日、出した郵便物。沖縄コロニー印刷へ、校正刷り(大幅遅れ)。新聞原稿(締め切り日)。農家日記短歌校正(締め切り日)。中学校同級会参加返事(締め切り25日前)。

昨夜ホリゼンさん電話。「修学旅行再び」に参加を勧めるもの。30分近い電話で90%くらい彼がおしゃべり。大丈夫か、社長。あ氏の行状を言いつけてある。事実を話すと悪口を言ったみたいになりますが、と、写真の礼状にナゴヤばなしも書いたのだ。
ホリゼンさんの熱意はわかるし、費用が出せないわけでもないが、高校そのものが楽しくなかったので、ときめかない。彼へのお義理、越後弁でいうジョンギだけで行くには大旅行過ぎる。長崎市内を30人乗りのバスでまわる計画、もう22人参加予定だそうだ。

中学校のには欣然参加。9月、伊香保。往復ハガキが来たので、幹事のホシクワンジに即、返信したところ。

下は今夜のヤコウボク。
a0203003_2244432.jpg




by buribushi | 2011-08-08 21:25 | 草・木・花 | Comments(7)

夜香木が咲いた

a0203003_22331945.jpg


庭から玄関に取り込んであったヤコウボク、夕飯のあともう一度見に行くと、電灯を点けるより早く香りがしてきた。とうとう咲いた鉢を部屋に持ち込む。
細かい蕾が房のようになって着き、緑の蕾はだんだん細長く、白っぽくなって来て、開花は近いと思っていた。

2センチはあるかと思う細長い筒の先に星形の花弁、緑がかった白の地味な花で、あまく上品な香りがする。まだ開いた花より蕾のほうが多いので、このまま部屋に置いて明日は開くところを見たい。香りも開く時が一番強いのではないかと思う。

去年小さい苗を頂いたばかりなのに、生長が早くておどろいた。



by buribushi | 2011-08-07 22:48 | 草・木・花 | Comments(6)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

kazuyoo60さま ..
by buribushi at 19:53
アキレア・ノブレッサ、八..
by kazuyoo60 at 17:53
sakkoさま >黄色..
by buribushi at 11:15
黄色の百合、いいですね。..
by sakk0 at 06:13
五ーちゃんのおばちゃん ..
by buribushi at 23:35
ピースちゃん気をつけてい..
by mikeblog at 23:29
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 18:48
土とお手入れが良いのです..
by kazuyoo60 at 16:15
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:07
エビスグサ、落花生にそっ..
by kazuyoo60 at 09:25
sakkoさま お早う..
by buribushi at 09:12
すばるさん、ピースちゃん..
by sakk0 at 07:16
ハルリンさま ここでも..
by buribushi at 20:02
すばるさん、コメントでご..
by ハルリン at 18:49
ミミの父さま >「買っ..
by buribushi at 23:48
ミケさま 前に読んだと..
by buribushi at 23:42
私の二種類の人間は、「消..
by ミミの父 at 23:38
これは読んだことがあるぞ..
by mikeblog at 23:34
ミケさま 漫画でも泥棒..
by buribushi at 23:34
22日は梅雨入り以来久し..
by mikeblog at 23:29

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ