おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

カテゴリ:草・木・花( 514 )




コスモスは白が好き

a0203003_21311270.jpg
コスモスは白が好き。次にえんじ色が好き、ピンクもきれいだけどね。
a0203003_21315608.jpg
野生の朝顔、さっぱりした色でこれもきれいだ。花は親指と人差し指で丸を作ったくらいの大きさ。
a0203003_21331786.jpg
ほうきぐさにいっぱい実がついた。来年はたくさん生えますように。

a0203003_21342459.jpg

石垣島の黒小豆、虫の付いた実を投げ捨てたところにたくさん芽が出て、花が咲き実ってきた。来年蒔く種は充分穫れるだろう。

にほんブログ村



by buribushi | 2017-09-25 21:45 | 草・木・花 | Comments(2)

エビヅル、アケビ、また彼岸花

a0203003_15561529.jpg
草も木も生え放題、植えた覚えのない鳥の置き土産も数々、の場所、よそでは庭、と仰る場所がうちでは名実ともに「薮」。その薮に実っている、山葡萄の一種「エビヅル」が次々熟す。はじめ垣根の下に雄木が生え、何年か後に薮のアンニンゴ(ウワミズザクラ)に絡んだ雌木を発見。すっぱいけれど、この様子、この色、楽しい。実が紅く熟す喬木、カマツカも鳥のみやげなのだ。
a0203003_15563641.jpg
あけびもうっすら色づき始めた。今年はあまり豊作ではないけど、味を見るには足りるほどの数。
a0203003_15565503.jpg
彼岸花、前の畑に咲いた分。土が軟らかいだけに、盛ん。
a0203003_15572037.jpg
ランキング参加中
にほんブログ村



by buribushi | 2017-09-22 16:16 | 草・木・花 | Comments(5)

崑崙朝顔・山法師の実・ほか

a0203003_8231316.jpg
 何年も前に引っ越して行かれたご近所の、庭に繁って咲いていたコンロン朝顔の末裔が、その後家を建てて住んだ人の屋敷にも、家の畑にも、咲いた。


a0203003_8234971.jpg
 タチアオイのシーズンは過ぎたが、刈り取ったあとのヒコバエにあたるものがまた生き生きと咲いている。何年か前、この咲き方をしたものが12月まで咲いていたことがあった。雪が降って倒れた。


a0203003_824213.jpg

a0203003_8245354.jpg
 「薮」の一角のヤマボウシ。今年、小さめの花がたくさん咲いたが、気が付いたら実が沢山、紅くなっている。木じたいはあまり元気がよくないので、枯れはすまいかと気になる。
 この家が出来た翌年に植えてもらったもので、30年余経っている。エゴノキも同じとき植えて貰ったものがあるが、ヤマボウシと同じで目立つほど大きくならない。こぼれた実から自生のエゴノキは見上げるような木になったのに、どうして業者に植えて貰った木はいくらも大きくならないのか、あらためてふしぎである。



a0203003_8252824.jpg
石垣島黒小豆の花。


a0203003_8255361.jpg
ほうきぐさ、今年は1本しか無いけれども、種子はじゅうぶん採れるだろう。





にほんブログ村



by buribushi | 2017-09-10 10:09 | 草・木・花 | Comments(4)

再び月桃・吾亦紅など

a0203003_1059146.jpg
 残っていたもう一つの月桃が咲いた。この前、自然に咲くに任せていたら、出て来たときすでに傷んでいる花があったので、今回はそっと鞘を剝いて手伝ったのがよかったみたい。今度の方が姿がととのっている。
 うちで月桃の花が見られるとは、「望外のよろこび」というものだろう。


a0203003_10592771.jpg
 けさ、鞘から出たとき、もう花が開いているのが二つあった。しかし、花もいいけど月桃はこの蕾が可憐だと思う。

a0203003_10595167.jpg
 ミョウガを採りに行ったら、根元に見たことの無いもの(キノコ?)を発見。いずれ菌類だろうが、長年ミョウガがあったけど初めて見るものだ。

a0203003_1103587.jpg
これは少し若い個体。


a0203003_1133287.jpg
 吾亦紅。30年以上前に美濃から移した。いつも洗濯ものをゆすぎにいった川縁にあったな、と思って行ってみたら、やっぱりあったので嬉しかった。


a0203003_1135382.jpg
ハッカの花。なんとかミント、ではなくて、野生の薄荷を山から持って来て植えた。



にほんブログ村



by buribushi | 2017-09-02 11:18 | 草・木・花 | Comments(8)

直系5ミリのミニミニばら

a0203003_1855726.jpg

小さすぎて私のカメラではよく判らないかも。
おおげさに言っちゃったかな、と物差しで測ったら、ほんとに5ミリでした。花弁がかさなって、ちゃんとばらの様子をしています。名前が分かりません。



by buribushi | 2017-08-31 18:08 | 草・木・花 | Comments(8)

挿し木・挿し芽・実生

a0203003_14352740.jpg
 頂いて来たミニバラを挿し木した。ピンクの、径5ミリあるかなしの超ミニの花は、形がちゃんとととのっている。気温が下がって来たが、バラは丈夫だから大丈夫。

a0203003_1436345.jpg             ご近所が下さった紅いあじさいが着いて、新しい芽が出てきた。

a0203003_14363050.jpg                   









これも頂き物のアブチロン、オレンジ色の小
型の花、が活着。




a0203003_1437358.jpga0203003_14373863.jpg





挿し芽したトゲナシハナキリンが3本とも活
着。














これは実生のホトトギス。
白花の「白楽天」に、濃い紫の斑が入った突然変異が咲いた。「紫帽子」と名付けて、種を蒔いたら発芽。
さてなに色が咲くか。
a0203003_1438627.jpg



同じく実生、ジュズサンゴ。
花は目立たないが、小粒の実が真っ赤に熟す。
沖縄で初めて見たが、これは近くの八百屋さんで買って、実生で3代目。


a0203003_14383471.jpg
 全くの野生、ヒルガオ。魚沼ではコウコウヅルと呼んでいたが、語源を知らない。雑草としては絶やしにくい草、花は可憐。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-08-31 14:54 | 草・木・花 | Comments(4)

垣根の仙人草

a0203003_2015741.jpg
 竹垣に咲いたセンニンソウ、テイカカズラの上にまた巻き付いたので、もさもさしている。


a0203003_20153583.jpg
 道路側から見たうちの「薮」のキツネノカミソリ。いちだんと薮感があってよろしい。


a0203003_20163955.jpg
 ヨウシュヤマゴボウ。嫌う人もあるけど、きれいだよねー。
 つぶつぶの小さい実が真っ赤に熟すジュズサンゴも親戚らしい。いま花が咲いているが、花は目立たない。


a0203003_201758.jpg
別の場所の髙砂百合も咲いた。これは花弁に刷いたような色がのっている。


a0203003_20173297.jpg
ナツメの実がふくらんで来た。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-08-26 20:26 | 草・木・花 | Comments(8)

純白の百合、カンアオイの葉など

a0203003_17281145.jpg
 これも髙砂百合だとは思うけど、前に咲いたのとはまた少し違って純白。というか、うっすら緑を帯びて見えるまでの白い花。


a0203003_17284174.jpg
花の咲いた月桃にアマガエルが来ていた。


a0203003_17291086.jpg
キツネノカミソリは雨の中次々開く。



a0203003_17293411.jpg
 頂き物のカンアオイは、あまり殖えもしないし減りもしない(少しずつは殖えている)。この家が出来たばかりの30年前に、たくさんの彼岸花の球根、野紺菊の苗と一緒に下さった方のお名前が思い出せなくなってしまった。関市だったか、美濃市だったか、あの辺りにおられた、年上の後輩、すっきりした女性だったとまでは覚えているのに。


a0203003_1730848.jpg
 石垣島の黒小豆に虫が付いたのを、一つかみぐらい畑に投げたら、元気に芽生えて育ち始めた。しまった、もっと粗くばらまけば良かった。


a0203003_17302894.jpg
 高菜の種をばらまいて、生えるにしたがって抜いては食べる。柔らかい若菜を塩もみにして、そのまま食べたり、みじんに刻んでゴハンに混ぜた菜飯、これだけを具にしたチャーハンも美味しい。
 沖縄南部、ひめゆりの塔前に「雪花菜」というご飯やさんがあった。チキナー(漬け菜)のご飯と言って人気があって、菜っ葉が品切れで断られたこともある。
雪花菜は移転されて、その後まだ行っていない(一度トクさんと尋ねてお休みだった)。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-08-23 17:51 | 草・木・花 | Comments(10)

月桃咲く・エビスグサ実になる ほか

a0203003_16293742.jpg
 浜比嘉島で摘んで来て蒔いた月桃が芽生えて13年、初めて花が咲いた。
 沖縄の「うりずん」(初夏 にあたる言葉)にみずみずしく咲く月桃とはくらべものにならないが、とにかく種から育ててこの雪国で花が咲いた、というだけでもう、すばらしいことにちがいない。


a0203003_16295681.jpg
 エビスグサが実になりはじめた。この細長くぶら下がったのが鞘で、この中に詰まっている小さいマメがハブ茶になるというわけだ。


a0203003_1630141.jpg
 エビスグサだけの畝は少し混みすぎで、ややひょろ長く育ち、150センチ近い高さ。


a0203003_16303939.jpg

キツネノカミソリが伸び上がり、次々と咲く。


a0203003_16305828.jpg
昨夜咲いていた夜香木。暗くならないと咲かない、香り高い花だ。


          
にほんブログ村



by buribushi | 2017-08-22 16:41 | 草・木・花 | Comments(10)

縞々の沖縄雀瓜の実 ほか

a0203003_17452756.jpg
 今日はやっと、オキナワスズメウリの縞々を撮ることが出来た。実が丸く膨らみ、紅く熟すと、この縞々の目立つこと、初めて見た人はみんな驚く。


a0203003_1745441.jpg
月桃の蕾がちょっと、のぞき始めた。


a0203003_1746753.jpg
kazuyooさんに頂いて何年経つことだろう。モミジアオイが今年も咲いた。


a0203003_17463551.jpg
沖縄から連れ帰ったもののひとつ、ハナキリン。
花の大きいトゲナシハナキリンは、今年挿し芽に成功、花芽はまだ。


a0203003_17465716.jpg
 ホウキグサ。去年あれほど種を振りまいたのだが、どうしてかこの一本だけ。
もしかして、小さい小さい芽の時に、耕耘機ですき込んでしまったのかもしれない。今年は蒔く場所に気をつけよう。



にほんブログ村



by buribushi | 2017-08-21 17:57 | 草・木・花 | Comments(8)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

kazuyoo60さま ..
by buribushi at 11:09
daikatotiさま ..
by buribushi at 11:05
ごめんなさい、昨日の..
by buribushi at 11:00
Commented b..
by buribushi at 10:56
ミケさま 随分いろいろ..
by buribushi at 11:27
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 11:19
寒さに弱い鉢植えはすばる..
by mikeblog at 11:08
上手にお育てです。葉が元..
by kazuyoo60 at 08:16
sakkoさま >小さ..
by buribushi at 06:50
シクラメンの赤ちゃんかわ..
by sakko at 00:53
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:35
お母様のなさってたのをで..
by kazuyoo60 at 09:04
sakkoさま 天気が..
by buribushi at 22:22
干し芋も薪ストーブの脇で..
by sakko at 21:58
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 16:32
ミケさま あの山が無け..
by buribushi at 16:29
sakkoさま 降った..
by buribushi at 16:22
鍵コメさま 恐縮!あり..
by buribushi at 16:18
牛すじ肉、私の手に負えま..
by kazuyoo60 at 09:49
みごとに雪だるまが並んで..
by mikeblog at 23:59

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ