おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

カテゴリ:草・木・花( 516 )




トゲナシハナキリンやや元気に ほか

a0203003_20535597.jpg
トゲナシハナキリン、花の数が増え、色も少し濃くなったようだ。






a0203003_21074984.jpg
 実生のガーデンシクラメン、2度目の冬。なぜか花の茎が短いまま咲いて仕舞う。肥料が要る?



a0203003_21081504.jpg
 夕飯に、鶏挽肉に味噌と生姜を少し混ぜてから開いた油揚げで巻き、白菜を敷いた鍋でゆっくり煮た。挽肉に何か野菜を少し入れたら切り口がキレイだったね。茹でた人参とか、青いものなど。一緒に煮えた白菜が美味しい。



にほんブログ村



by buribushi | 2018-01-18 21:17 | 草・木・花 | Comments(4)

冬越し中の花たち

a0203003_21334964.jpg
 夕方おそろしい音を立てて風が吹いていたが、その時は雨だけ。夜に入って大粒の霰が降った。この冬、まだ雪かきをするほどの雪は積もらない。作物にどう影響するかなど、雪が少ないほどいいとは言えないのだろうが、取りあえず、雪かきをしないで済んでいることがほんとうに有難い。
 今年は毎朝の雪かきに耐えられる自信がなくて、心配していた。



a0203003_21413518.jpg
 ストーブのある、居間の隅に置いたトゲナシハナキリン。寒さに弱いのでここに置くが、乾燥にも弱い。沖縄から買って来て、一年目は寒さで枯らし、次ぎの年は部屋に入れて乾燥で枯らした。三年目の去年、部屋に入れ、スプレーで葉水をやってやっと冬越し。今年も同じ事をしているが、いかんせん日光不足で花が青ざめている。なんとか冬を越せば、また真っ赤な花も咲く、がまんがまん。



a0203003_21492144.jpg
 元気なのはこぼれ種子から自生したガーデンシクラメン。去年に続いて花をつけた。二階の、寝室にしている板の間に置く。ストーブであたたまった空気が上がってくるので、寒くは無い・程度の室温。少しでも晴れ間があれば、日は当たる。


a0203003_21531362.jpg
 9月に種子を蒔いた原種シクラメン、上のシクラメンと同じ部屋に置く。芽の数がまだぼつぼつ増えているし、葉の色もいい。茎の様子はやや徒長気味かと思うが、春を待つしかない。


a0203003_21562734.jpg
 寝ていて眺められる位置の冬越しの花。去年より随分少ない。重いものは持って来なかったから。シクラメンはカーテンを閉めると見えなくなる、窓枠にある。
 ゼラニウムの挿し芽を幾つも持ってきた。せっせと水をやった人の鉢は枯れ、ひと冬放って置いた人のが着いたと、梨木香歩のエッセイにあったので、水はほんの少ししかやらない。いまのところ元気。




 

にほんブログ村



by buribushi | 2018-01-09 22:02 | 草・木・花 | Comments(6)

自生シクラメン2度目の冬 ほか

 去年こぼれ種で自生して紅い花が咲いたガーデンシクラメン、今年も咲き始めた。
a0203003_19102509.jpg

9月23日に種を蒔いた原種シクラメンの芽。何色が咲くかわからない。
a0203003_19123153.jpg

 力が足らなくなって、去年までのようにたくさん鉢を運べなかった。人を頼んで運び込めば、また人を頼んで運び出さなければならない。ピタンガなど、がんばってもらうようデッキ下に残す。ばかに背の高いシクラメンは貰い物、来年は挿し木で更新する。いまモミジバゼラニウムを挿し木してある。
 シクラメン、ゼラニウム、ハナキリン、夜香木、クワズイモ、ジンジャーリリー、ダンドク。月桃は一番重いので、二階へ上げず居間の隅に。
a0203003_19245139.jpg

トゲナシハナキリン。寒さが早く、急に来た朝、玄関までしか入れてなかったので傷んで、葉が枯れ落ちたがやっと少しずつ回復。ハナキリンも同じく。
a0203003_19251098.jpg


にほんブログ村



by buribushi | 2017-12-15 19:40 | 草・木・花 | Comments(6)

まだ熟さないオキナワスズメウリ・シクラメンの赤ちゃん

a0203003_21172498.jpg
 寒い雨が降って、ノコンギク(野紺菊)がいよいよ鮮やかに咲いている。彼岸花の球根と一緒に贈られて30年、家の周りにすっかり定着した。


a0203003_21202276.jpg
 
 オキナワスズメウリは、夏、この手描きのような縞々が赤く熟した実に残っているのが何ともかわいいのに、今年は葉も蔓も枯れかけた今も緑のままだ。
 こんなことは初めてで、サルナシが一つも実らなかったり、干し柿が何度干しても黴びたり、みな気候のせいなのか?

a0203003_21273461.jpg
  原種シクラメンの種子は9月3日に蒔いたもの、いま、葉の認められるものがこれを入れて4本。茎が出ているピンクの球は球根の赤ちゃんらしい。種から、まずこの球が出来る。


a0203003_21340253.jpg


山茶花は、数年前に百円で買った掌に載る大きさの苗から。
 

にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-31 21:39 | 草・木・花 | Comments(10)

紀伊上臈ホトトギス蕾・カマツカの実など

a0203003_17361056.jpg
 カマツカの実が熟した(大きさは実物の倍以上に写っている)。これも食べられるんだけど、摘まんで見るだけで加工したことはない。


a0203003_17395277.jpg
ノコンギク(野紺菊)。30年ほど前、沢山の彼岸花と一緒に頂いたのだ。一時家の周り中に殖えて、航空写真で周りが薄紫に写っていた。

a0203003_17422103.jpg
 ホトトギス。一番古くからあるものでやはり30年くらい経つ。妙高の、当時80代の男性が送って下さった。


a0203003_17441776.jpg
 画像不鮮明だけど、名花・紀伊上臈ホトトギス。demiさんに頂いて3年か、大株になって来た。やっと蕾がふくらんできた。光線のいいときまた撮ろう。


a0203003_17470444.jpg
オオケタデ、今年発芽が遅く大きくならなかった。
ランキング参加中
にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-19 17:47 | 草・木・花 | Comments(12)

うちのナツハゼ・シクラメンの発芽 ほか

a0203003_20422426.jpg
 ハシモトさんに貰ったナツハゼの苗を植えて何年になるのだろう。去年初めて数粒の実がつき、今年は二十数粒、実が着いた。


a0203003_20444348.jpg
 9月13日に蒔いたシクラメンが発芽。右下隅に見えるピンクの球体も発芽寸前、その左やや上にももう一つ、小型の球体。この二つと、その他にも見える同じようなものには土をかけておいた。
 去年のシクラメンの苗はこぼれ種からの自生だったが、今年のは農文協の雑誌「のらのら」(残念ながら先頃休刊)の「種あげます」欄に申し込んでの原種シクラメン種。冷蔵庫の扉内側に種袋を貼り付けて夏を過ごした。大事に育てたい。


a0203003_20531451.jpg
 椿「紺侘助」の種を蒔いて育てた椿の木は、葉の大きさが親の木より50%くらい大きく、明らかに性質が違う様子をしている。3年ほど待った蕾が、初めて一つだけ着いた。さて何色に咲くだろう。
 黒に近い深い紅に咲く花は、普通黒何々、と呼ばれるが、紺、と名付けた感覚が好きだ。詫助という名、そのものも好きだ。家には白の詫助もある。


a0203003_20594253.jpg
 オキナワスズメウリ、去年は8月に赤くなり始めたのに、10月も半ばを過ぎてまだこの色のまま。葉っぱは黄ばんできた。来年用の種が穫れるか心配、赤に縞々の沖縄雀瓜も見たい。。



a0203003_21024767.jpg
 畝を作らず、種をばらまいて、本人?に自生と思い込ませてある高菜がみんなとても元気だ。外側から葉を欠いて即席の塩漬けにしている。塩漬けをみじんに刻んで絞り、温かいご飯に混ぜた菜飯は美味しい。沖縄で、ご飯と炒めたのをチキナーご飯とメニューに載せているお店があった。それも真似する。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-17 21:09 | 草・木・花 | Comments(15)

赤い花が好き

モミジバゼラニウム
a0203003_10285808.jpg

a0203003_10141027.jpg
 原種カンナのダンドク、今年初めての花。丈夫な花なんだけど、根が混んで来ているのだろう、ゴメン。那覇の、いまは無い農連市場入り口付近でタネを採って来た。

a0203003_10174181.jpg
 魚沼市葎沢から球根を頂いたので、うちでの呼び名「葎沢紅」。ポンポンダリアのほうと間違えて人にどっさり球根をあげてしまい、かろうじて残ったので、大事に保存すること。


a0203003_10203228.jpg
ハナキリン。沖縄南部、東風平(こちんだ)の直売所で買った。



a0203003_10240223.jpg
 トゲナシハナキリンの挿し芽苗。もとはやはり南部の直売所から。鉢を足元に置いて大事に持ち帰った。
 下はakiさんからタネを頂いたルコウソウ、ますます元気でデッキまで到達。


a0203003_10261975.jpg


にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-11 10:46 | 草・木・花 | Comments(8)

花と遺伝子・炉開き、ホトトギスなど

a0203003_16405554.jpg
 椿、「炉開き」は、茶の花とユキツバキの自然交配による品種だという。長岡市の栃尾、民家の庭に日本でただ一本の原木がある(まだ拝見していない)。
 秋に咲く茶の花と、春咲くユキツバキ、あり得ない組み合わせのようだけど、雪の下になって咲き遅れた茶の蕾が雪解けに咲いたのだろうと言われている。炉開きの葉には、お茶と同じ成分、カフェインが含まれるとか。遺伝子、まぎれもなし。これは150円の小さい挿し木苗を買ったもの。

a0203003_16481267.jpg
 カマツカの実が熟してきた。これもエビヅルなどと同じく鳥の置き土産であろう、自生した。見上げるような木になっている。

a0203003_16505118.jpg
 白い花の「白楽天」から突然変異した紫の斑入りを「紫帽子」と勝手に名づけ、その種子を蒔いて生えた8本のうち、いま4本が白、1本が紫の斑入りに咲いている。残りもどうやら白が咲きそう。

a0203003_16544918.jpg
その紫帽子の中に、白楽天が1本咲き始めた。白楽天の中に紫帽子が咲いた時の様子に似ている。


a0203003_16571778.jpg
秋明菊。ある日「ここに花植えてやったよー」と言ったコンドウさんはもうずいぶん前に亡くなられた。


a0203003_16592331.jpg
ホウキグサ。紅葉ではなくて、茎が紅くなってくる。


にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-09 17:02 | 草・木・花 | Comments(6)

ホトトギス白楽天の子の紫帽子、そのまた子の白楽天と紫帽子

a0203003_19272322.jpg
 「白楽天」から突然変異したと思われる「紫帽子」(自分で名付けた)の種子を蒔いたのが去年の秋。この春小苗を鉢に取って育てていたら、白楽天そっくりの白花がまず咲き、続いて、紫帽子に似た斑入りが咲いた。


a0203003_19320752.jpg
親である「紫帽子」の今日の花。江戸紫に近い斑の色が、今までで一番実物に近く出ている。


a0203003_19342912.jpg
 ピンクのミニミニのバラを頂いて挿し木したのが活着して、鉢に植えておいたもの。根元から新芽が伸びてきた。


a0203003_19365768.jpg
「雲南百薬」の花。


a0203003_19381348.jpg
 白菜が大きくなってきた。ダイコンサルハムシが今年は割りに少なくて、あまり虫捕りもしないのにこの程度の穴の開きかた。


a0203003_19403150.jpg
大根はほとんど虫に食われていない。よほど健康なのだ。肥料は草と糠を積んだ完熟堆肥、ストーブの木灰、糠と骨粉を発酵させたボカシを少なめに。



ランキング参加中

にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-08 19:43 | 草・木・花 | Comments(6)

「紫帽子」の実生苗、初めて咲く

a0203003_15511706.jpg
 白い花のホトトギス、「白楽天」の鉢に突然咲き出した斑入りの花、「紫帽子」と名付けた。くっきりと写らないので何回も載せるが、ここへ来るとボケてしまうのは何故?



a0203003_15525191.jpg
 去年その紫帽子の種を蒔いたら芽生えて、今年もう蕾を持ち、おおいに楽しみにしていたら咲いたのがこれ。白楽天と見分けがつかないほど似ている。


a0203003_16232693.jpg
 こちら初代?の白楽天。
 紫の斑入りはあまり白楽天と様子が違うので、別の苗が紛れ込んだかと思ったりしたが、紫帽子の種から白が咲いたのを見れば、遺伝子は伝わっている。
 実生苗に、蕾がうっすらと色づいて見えるのもあるので、それが咲くのを待っている。

a0203003_16293771.jpg
ますます紅く熟して来ジュズサンゴ。毎年こぼれ種から自生する。


a0203003_16310262.jpg
カマツカの実が一つだけ赤くなっていた。これも鳥の置き土産、見上げるような木になった。

a0203003_16315217.jpg
次々熟す山葡萄の一種、エビヅル。鳥の置き土産で自生。

にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-05 16:32 | 草・木・花 | Comments(10)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

こんばんは 猫ちゃ..
by 咲 at 22:55
tsunojirushi..
by buribushi at 21:43
ikokaさま はい、..
by buribushi at 21:38
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:31
切ない…。猫同士の関係性..
by tsunojirushi at 20:35
オジとすばるさんの絆。ず..
by ikoka at 19:01
布団をめくられても、悪び..
by kazuyoo60 at 17:47
鍵コメさま ありゃ。名..
by buribushi at 15:30
tokohouseさま ..
by buribushi at 15:15
こんにちは 私猫飼った..
by tokohouse at 14:05
kazuyoo60さま ..
by すばる at 13:03
愛おしいとは、このことで..
by kazuyoo60 at 12:52
ミケさま 「猫ヲ読ム」..
by すばる at 11:37
「猫ヲ読ム」を私も読む。..
by mikeblog at 23:24
ikokaさま ねこ話..
by buribushi at 23:23
はじめて飼った猫のニャン..
by ikoka at 23:03
追伸 遅くなったけど紐..
by buribushi at 22:41
tsunojirushi..
by buribushi at 22:39
私も泣いたです、ここを読..
by tsunojirushi at 21:44
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:06

にゃんの針しごと

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ