おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

カテゴリ:猫・動物( 184 )




骨折ねこ・カップル燕・煙突すずめ

a0203003_2023237.jpg
 ピースは2005年の8月にうちの子になった。2か月か3か月過ぎたころ左後脚を骨折して入院。急速に成長していて、軟骨の部分をひねり骨折したらしい。切開して金属を入れて、治ったらまたそれを取り出す手術。普通に歩くことも走ることも出来るが、お座りをするとこうなってしまう。
 同じ年の1月にに腸のがんを切った私の入院費より、ピースの支払いの方が高かった。


a0203003_19544423.jpg
 お向かいのカーポートに巣を作った燕のカップル、夕方の休息。子育ても終わって、もうそんなにお喋りしなくても、ゆっくり夕方の風に吹かれて居ればいい。


a0203003_1955529.jpg
 うちの、換気扇の外部に雀が巣を作っている。春は雛たちの声がにぎやかだ。お隣の、換気扇を外した跡の壁の穴にもスズメの巣があるようで、出入りするのを見る。
 煙突に鳥が入った。がさがさあばれているので、二人がかりで煙突を取り外したら、煤でまっくろになった雀が窓から飛び出していった。目や鼻や口は大丈夫か。



a0203003_19552953.jpg
夕日。今生に一つしかない、今日さま(こんにちさま)の終わりの光。



にほんブログ村



by buribushi | 2017-07-22 07:22 | 猫・動物 | Comments(8)

今朝のねこ・がっこのセンセ


a0203003_175834100.jpg
a0203003_1758569.jpg
a0203003_17592853.jpg
ガラス戸に映って相似形、今朝のピース。


a0203003_17595137.jpg
中学校で短歌教室、この子たちとの年の差、66歳。それだけでもこの子たちのおばあさんの年?



にほんブログ村



by buribushi | 2017-06-27 18:04 | 猫・動物 | Comments(8)

今朝のねこ・豆科二種

a0203003_21461446.jpg
なにしてるかって?くさ、たべてるの。もぐもぐもぐ


a0203003_21464547.jpg
ちょっとあるいてくるわ。おるすばん、おねがいね。ちゃんとはじっこ、あるくからね。


a0203003_21471063.jpg
エビスグサに本葉が出た。


a0203003_21473069.jpg
落花生。同じ豆科で葉っぱが似ている。





にほんブログ村



by buribushi | 2017-06-23 21:53 | 猫・動物 | Comments(6)

Never Leave  ばあちゃんのねこ

a0203003_10234668.jpg
 左の、押し車を押しているばあちゃんのねこが、スーパーへ買い物に行くばあちゃんとお友だちのお供をしていた。
 ばあちゃんの服の背中に、ねこの足跡とNever Leaveの文字がプリントされている。
意訳で、「決してひとりにさせないよ」でいいのかな?
 去年、祭りの日に、リードを着けてこのねこを連れたばあちゃんに聞いたら、以前、ばあちゃんがしばらく入院してから、しきりにあとを追うようになったのだという。どこまでも着いてくるから危なくてしょうがない、と言っていたが、今日はリード無しで大丈夫か。
 ばあちゃんが自分で選んだとも思えないけど、こんなしゃれた服、誰があげたんだろうね。


a0203003_10242294.jpg
 余所の畑へ寄ったり、なにか見つけて匂いを嗅いだり、ぶらぶら歩くので、ほら、ばあちゃん行っちゃうよ、早く早く、と触ったらフゥッと怒られた。ごめんてば。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-06-16 10:37 | 猫・動物 | Comments(10)

「まやー小」から「あやはべる」へ

(「まやーぐゎー」はねこちゃんの意で、蛹の形から名付けた。「あやはべる」は美しい蝶々。うちなー口を真似て)
a0203003_10562385.jpg
 最初に見つけたさなぎは、まやーぐゎーと名付けて毎日見ていたがある日いなくなった。多分鳥の仕業。
 ほんの数日前、玄関でもう一つの蛹を見つけた。ほら、ねこに似ている。


a0203003_10565785.jpg
今朝、気が付いたらもう羽化を終えて、軟らかそうな小さな蝶々が。


a0203003_10573128.jpg
 ぜんまい状に巻いた吻を伸ばして探るようにするので、花に止まらせようと思う。おんも行こうねと声を掛けて両手で掬うようにしてそろそろ歩いた。足元を見なければならない。
 気が付いたら蝶々が手の中にいない。どこかに落としたかと何往復もして探していたら、夫がお前の胸に止まっている、という。あーよかった、ここにいたのー、と、ハマダイコンの花に止まらせた。


a0203003_10585489.jpg
後ろから撮ろうとするとわずかに羽根を開く。


a0203003_1103995.jpg
 何回か見に行くうちに、くにゃくにゃに軟らかそうだった羽根が広がって、しゃんとしてきた。
 胴体は、沖縄のエイサーを舞う人たちの脚絆のように白と黒の縦縞だ。
 何回行っても、羽根を開いて見せる。


a0203003_1113175.jpg
 もう一回見にいって、写真をとろうとすると、羽根をいっぱいに伸ばしてくれた。
おー立派になったねー、もういいよ、ありがとう。と言うと、ひらりと舞い上がって高く飛んで行く。いつのまにかもうひとつの蝶々も来て、もつれるようにしながら見えなくなった。
 
意志を持ってやっているとしか思えない、蝶々の行動だった。



にほんブログ村



by buribushi | 2017-05-05 11:26 | 猫・動物 | Comments(16)

みー猫来訪・よもぎのおかゆ・だまこ鍋

a0203003_21534544.jpg
ピースのばーちゃん、おはよー


a0203003_21544187.jpg
ごぶさたしてたから、ちょっとピースんとこ行こうかな


a0203003_21553860.jpg
あの、ピースやっぱりねこぎらい?
うん、人間もあんまりすきじゃないみたい。


a0203003_2204015.jpg
やっぱり今日はかえるわ



a0203003_21564146.jpg
ばーちゃん、ピースによろしくねー
はいはい。


a0203003_2157314.jpg
よもぎのおかゆ。
沖縄の読谷から根をもらって来て植えたたフーチバー(西ヨモギ)は香り高く、毛が少なくて刻みやすい。フーチバーは野菜のように束ねて市場で売っている。
毛が少ないということは、モグサには適さないだろう。
これは昨日の夕飯で、今夜はだまこ鍋をした。だまこはご飯をつき潰して丸めた団子で、鶏肉、牛蒡、マイタケ、葱、芹を入れて汁たっぷりに煮る。汁が美味しい、これだけで他になにも要らない。
写真は撮り忘れた。

夕方寒気がして、珍しく風邪か、と思ったけど、足湯と、その後だまこのお汁であたたまったら収まる。足湯は風呂の傍へ椅子を運んで、風呂桶に直に脚を浸けると具合がいい。




にほんブログ村




by buribushi | 2017-04-19 22:19 | 猫・動物 | Comments(8)

発芽・開花・ねこ顔洗い

a0203003_21352219.jpg

 名札が無くなっているが、多分、クレマチスのアフロディーテ・エレガフミナの芽。数年前、頂いた切り花からの挿し芽が育った。(翌日訂正・やはり挿し芽のグレイグタイ・ビューティでした、アフロディーテはもう少し大株になっていました)

 午後にわかに暗くなって、稲光、雷鳴、霰も少し、あと雨。デッキの下からクレマチスたちを出したのはいい日ではなかったけど、ごめんね。
 ほかに、籠口(ろうぐち)、HFヤング、雪起こし、ルリオコシ、マーモリー、カザグルマ、白万重、鉄線など、みな芽が見える。




a0203003_21355375.jpg

 梅、白加賀の開花。これは大粒の実になる。毎日ぽとぽと落ちるので無駄にする分もあったけど、50グラムでも100グラムでも、その分だけの塩と一緒に漬け足して行くことにしよう。



a0203003_2136213.jpg

姪の結婚式でもらって来て挿し木したトケイソウが活着。今年は咲くことだろう。



a0203003_21364923.jpg ピースの顔洗い。おててが顔に行っているということは、ベロはもう不要なんだけど、
ンベーと出ている。おマヌケ。
にほんブログ村



by buribushi | 2017-04-03 21:50 | 猫・動物 | Comments(8)

梅に蕾・六本指のねこ?ほか

a0203003_17526100.jpg

やっと晴れて畑へ行ってみれば、またすっかり雪に覆われている。
畑の奥の方から道路側を見たところ。


a0203003_175556.jpg家の脇の梅、白加賀の蕾。


a0203003_1762418.jpg







                     







この辺りで梅干し用
に一番ポピュラーな品種「藤五郎梅」の蕾。




a0203003_1765478.jpg



           


梅の向こう、堆肥置き場へ続くねこの足跡を見たら、あれ?この子五本指だ。肉球が五つ並んでいる。


a0203003_1772014.jpg



          



足の裏にあたる、図案の松のような形の処、その前にぽちぽちと並ぶ肉球は普通四つで、五本目の指にあたるのはかなり高い処に一つ離れてついている(ピースの爪が伸びすぎて肉球に刺さったのはここ)。
この子も高い処のもう一本があるとすれば、六本指ということになる。

たまにこういうねこもいるんだね。掴まえておててを見せてもらいたいものだが、ノラか、飼い猫か、このあたりに来るねこは警戒心が強くてすぐにげてしまう。
夫が子供のころ、魚の行商にくる通称「ろっぽさ」(ろっぽんさん)というおじさんがいて、指が六本ある人だったそうだ。








にほんブログ村



by buribushi | 2017-03-11 17:25 | 猫・動物 | Comments(12)

雪の粟が岳・白鳥飛ぶ

a0203003_1574762.jpg
粟が岳がよく見え、田んぼには白鳥がいっぱい下りていた。

粟が岳-標高1292メートル、加茂市と三条市の境。日本三百名山の一つ。




a0203003_1582311.jpg
まもなくシベリアへ帰って行くのだろう。今年は白鳥を見る機会が少なかった。




a0203003_1585017.jpg
向こうに、飛んでいる白鳥発見。



a0203003_1591098.jpg



にほんブログ村



by buribushi | 2017-02-28 15:10 | 猫・動物 | Comments(12)

ピースの嘆きーなかなかはるにならないね

a0203003_20291746.jpg

ちょっとおんもへいってみたけど、まださむいねー


a0203003_20294282.jpg

ねー、いつはるがくるのー?


a0203003_2030324.jpg

夕空も寒そうだ。
にほんブログ村



by buribushi | 2017-02-15 20:33 | 猫・動物 | Comments(6)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

iotohariさま ..
by buribushi at 16:45
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 16:42
おはようございます。 ..
by itotohari at 08:55
オキナワスズメウリの芽が..
by kazuyoo60 at 06:18
sakkoさま まだ降..
by buribushi at 23:13
傘をさして出て・・・・・..
by sakk0 at 22:28
t-harunoさま ..
by buribushi at 22:27
サツマイモの芽をしげしげ..
by t-haruno at 20:53
Commented b..
by buribushi at 18:34
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 18:34
サツマイモから芽が出てい..
by mikeblog at 18:17
買い置きのサツマイモにも..
by kazuyoo60 at 09:52
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 17:16
私も寒天を煮ましょう。粉..
by kazuyoo60 at 11:27
demi_zoさま 夏..
by buribushi at 10:16
ハルリンさま 雨が降っ..
by buribushi at 09:08
鍵コメさま 多分、鍵は..
by buribushi at 09:02
ウフ。私も一枚目が好きな..
by demi_zo at 08:23
すばるさんおはようござい..
by ハルリン at 08:19
ミケさま 花にも喋って..
by buribushi at 22:59

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ