おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

カテゴリ:その他( 97 )




むかしのふきん

a0203003_19381575.jpg
 地蔵堂(現在燕市地蔵堂)の衣料品店。福々しい恵比寿さまとそろばんの図、そろばん四つ玉だね。


a0203003_19384284.jpg
直江津の呉服やさん、電話番号が3桁だ。


a0203003_1939274.jpg
 ニイダは新飯田(村上市)か。カモ、加茂市。
 随分手広い商いで、藁工品、綿打ち直しまである。電話は本店2桁、支店3桁。


a0203003_19393495.jpg
佐渡・両津の呉服、洋品、雑貨店、佐渡土産もあり。


a0203003_19395916.jpg
 地名不明、建設業と雑貨店。文字の大きさや間隔に変化が少なくて、わかりにくい。自分とこでデザインしたか。

 デザインのいいのとそうでないのと。地蔵堂の内山衣類店はだんぜんいいね。めでたい図柄と、地名と店名だけ、くっきり染めてある。大体、知ってる人に渡すのだから、これでいいわけだ。


a0203003_19402276.jpg
ご存知、唐草の風呂敷。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-06-20 20:56 | その他 | Comments(8)

大きすぎる六地蔵の頭巾・柿の葉鮨

a0203003_1948176.jpg
寺泊へ行く途中のお地蔵さまたちが、新しい頭巾と前掛けをしておられた。
六地蔵さまの頭巾が少し大きくて、お目の上にかぶさっていた。



a0203003_19482261.jpg
梅雨晴れ(と、いうより空梅雨)の日本海、佐渡。ややズーム。



a0203003_1949088.jpg
裏の柿の葉を採って来て柿の葉鮨。塩鯖が脂っこくて、思うような味に出来なかったけど。


a0203003_19495013.jpg
ふぐ汁のかわりに、寺泊で買って来たカワハギをぶつ切りの味噌汁にして、茗荷の葉の若いところを散らした。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-06-17 19:50 | その他 | Comments(6)

玄関のヒトたち

a0203003_204236.jpg

招き猫は、上の娘が木綿屋の店に置いたもので30年くらい経っている。今戸焼の火入れ。
寝ている猫はその娘から誕生日にもらった。ぶーちゃんという名前。



a0203003_2045074.jpg

琉球張り子の「ホートゥ」(鳩)。



a0203003_2051469.jpg

新潟県水原(すいばら)の郷土玩具「三角だるま」。手描きの顔がひょうきん。眉の位置にご注意。



a0203003_2054257.jpg

今日、義兄の七回忌に行って、親戚のしげこさんから手作りの猫をもらって来た。中に洗濯ばさみが縫い込んであるので、尻尾に掴まらせていくらでも繋いでいける。
月桃の実だの、ヤマクニブ(沖縄の伝統的ハーブ)だの、もうからびてしまったけど、吊してある。






にほんブログ村



by buribushi | 2017-04-01 20:19 | その他 | Comments(8)

願えば叶う

a0203003_20461330.jpg
昨日見つけた紙挟みの中にあった絵。
描いたことも忘れていたが、いやー、これ描いたわ、たしかに。
左上は牛小屋のつもりらしい。右上に牛。模様はホルスタインだ、と思えば、右中程に牛乳缶を積んだトラック。豚が走り回って、鶏が何か啄んでいる。
小さい家の周りには花、果樹、柵の外にも畑、果樹。胸当てズボンを着て子馬に水を飲ませているのはわたしで、来客にwellcameと言っているのはねこだ。鉛筆描きだから見づらいね。

畜産こそやっていないが、この中の多くのものを私は得たではないか。畑、果樹、花畑、ねこ、連れ合い、家。願ったから叶ったのだ。薮(雑木林)まであるぞ。


a0203003_1934152.jpg

同級生のヨウコさん。


a0203003_19344434.jpg

フユシラズの花が咲いている。
にほんブログ村



by buribushi | 2017-03-06 19:52 | その他 | Comments(12)

瓶が好き・イズミさんの布草履・

a0203003_222719100.jpg

マーマレード、枇杷の葉茶、青大豆、黒小豆、小豆、いんげん、いまちょっと持って来て並べただけ。まだまだ黒米、もち米、もち粉、地元の塩、波照間黒糖、榧の実、落花生、あめ玉、紅茶、などなどたくさんある。
密封出来て、中味が見えて、瓶はいい。


a0203003_22275460.jpg

イズミさんが貸して下さった布草履の作品集、七百何十足あって、上げた先もみんなわかるそうだ。取りあえずは千足が目標、とのこと。
私は不器用者で、草履をやっと一足編み上げると左右の大きさが違う。ありゃ、と言ってもう一つ編むと、三つ(一足半)みんな大きさが違う。これでは布の有効利用どころか無駄使いになるので、布は上手な人に差し上げて使って貰うことにした。






にほんブログ村



by buribushi | 2017-02-22 22:46 | その他 | Comments(6)

「女性用もっこふんどし」についてもう一度伝達~

Commented by 娘① at 2017-02-12 16:34 x );">

かーさん、それでは鍵コメさん見られないかも?
記事あげたばかりで検索エンジンにかからないし、「子育てぐるぐる」で検索して、新着記事「女性用もっこふんどし二重仕立て」から見に行けますのでよろしくどうぞ~。


はい、真犯人?のコメントがあったのでコピーを載せます。よろしく~





                                         
にほんブログ村



by buribushi | 2017-02-12 17:00 | その他 | Comments(2)

元気ネットの越中・もっこ・女性用・各種ふんどし作り方・付「ゴム紐の害について」


http://genki-net.info/index.php?%E5%A5%B3%E6%80%A7%E7%94%A8%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%93%E3%81%B5%E3%82%93%E3%81%A9%E3%81%97%E4%BA%8C%E9%87%8D%E4%BB%95%E7%AB%8B%E3%81%A6%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9
元気ネットの記事紹介。
写真沢山入りで各種ふんどしの作り方が詳細に出ています。
「女性用もっこふんどし二重仕立ての作り方」
で検索してください。




by buribushi | 2017-02-11 21:05 | その他 | Comments(2)

鍵コメさんへ ふんどし式の説明

 2月11日に、あらためて「元気ネットワーク」の、「女性用もっこふんどし二重仕立ての作り方」を紹介しました。 コメント欄で、言葉で説明していたけどじれったく、メールは不着、では実物写真でお分かりになるかな。
 着用する形に二つ折りにしてあります。
 いずれも出来上がり寸法で、後ろの広い方が23センチ。前が15センチ。全体の丈が50センチ。
紐は幅が2センチ、長さ135センチ。
 
 本体は晒木綿の二重です。縫って、ひっくり返して、押さえに端をまた縫いました。

 紐は薄地の木綿です。出来上がりに折って35センチばかり縫ったら、本体後ろを紐で挟むようにして縫い、残りはまた紐として縫います。
 前にその紐が通るだけの紐通しを作り(私は本体を長く縫って、前を内側へ折り返し、縫い付けた)、紐を通す。紐は身体の左側では輪になり、右側では前後2本あるのを、着用してから結び合わせます。
 
 私は身長約156センチ(年とって縮んでいるので正確にはわからない)、体重約48キロの体格です。一枚作ってみて、ご自分に合わせられたらいいと思います。
 ウェストには届かず、穿いているというより、付けているという感じです。

 脱・ゴム紐生活をしてみてまだ日が浅いけど、おなかがほっかりと温かい。寝るとき湯たんぽがいらなくなった。と、いうのが目立った効果です。寝るのに湯たんぽ、またはあんか無し、というのは子どもの時から今までに経験がありませんでした。
 ズボン下やパジャマのズボンは、今までのゴム(広い)を抜いて、4コールの一番細いゴム紐を、落ちないだけの緩さに入れました。ゴム紐がいけないので、帯や、ジーパンなど、おなかを圧して安定させているのはいいのだそうです。
 



にほんブログ村



by buribushi | 2017-02-10 16:49 | その他 | Comments(4)

ネコ、マーマレード、牛スジ、

a0203003_20473442.jpg

朝。アタシもしんぶんよむ。


a0203003_20481114.jpg

昼。甘夏蜜柑を三つ買ってきた。マーマレード作りのための下ごしらえ、皮を茹でて、苦み抜きのために水に浸けてある。


a0203003_20484183.jpg

夜。ストーブの上で柔らかく茹でた牛スジを、自家産の葱と一緒に煮た。



by buribushi | 2017-01-28 20:55 | その他 | Comments(6)

揚羽のサナギ・榧の木・ハナキリン

a0203003_21425863.jpg

玄関の階段脇に揚羽蝶がサナギになっている。
うちにまだ実をつけたことのない柚子の木があって、毎年キアゲハが来ている。幼虫が柚子の葉をもりもり食べて大きくなるけど、あまり大発生でない限り取り捨てはしないで置く。
緑色をして頭でっかちの幼虫が一匹、階段脇に来ていたのをそのままにして置いたら、だんだん様子が変わってほんとうのサナギになった。はじめは触るとにゅっと黄色い触角?を出していたが、今はすっかり様子も変わり、2本の糸でしっかりとその身を吊って動かない。
冬を越して羽化するときが来たら、こんなに身近で日に何回もみる処だから見逃さないだろう。
柚子の木からここまで、体長2センチ5ミリくらいの頭でっかちはどうやって移動して来たのか、虫にしたら随分な距離だろうに。雪のかからない場所だとどうして分かったのかも不思議だ。すぐ下をねこが歩く場所だと言うことはわからなかったか?




a0203003_21433336.jpg

イワムラさんが、榧の木がほしいという。
岐阜の山村にいる同級生のキミチャンに頼んだら、木から落ちて外皮がついたままの実を幾つか送って呉れた。青々として触ると痛い、葉つきの枝も入っていたので、挿し木してみようと思って、切り分けて「いい水」に活けておいた。
イワムラさんにも、水に浸しておいた枝と、種子用の実を届けた。

キミチャンは炒った榧の実も送ってくれた。岐阜にいた4歳頃の私はすでに榧の実が好きで、隣のホンノチのばあちゃんが私の行くのを待って炒った実を炬燵に吊しておいて呉れた。
榧の実はいまも好きだけれども、4歳児の好みとしては随分渋かったな。




a0203003_2144563.jpg

ハナキリン。二階の板の間に取り込んである。
黄色い葉が少し出来た他は元気で、花も赤いまま咲き続けている。



ランキング参加中



by buribushi | 2017-01-03 22:25 | その他 | Comments(14)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

kazuyoo60さま ..
by buribushi at 19:53
アキレア・ノブレッサ、八..
by kazuyoo60 at 17:53
sakkoさま >黄色..
by buribushi at 11:15
黄色の百合、いいですね。..
by sakk0 at 06:13
五ーちゃんのおばちゃん ..
by buribushi at 23:35
ピースちゃん気をつけてい..
by mikeblog at 23:29
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 18:48
土とお手入れが良いのです..
by kazuyoo60 at 16:15
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:07
エビスグサ、落花生にそっ..
by kazuyoo60 at 09:25
sakkoさま お早う..
by buribushi at 09:12
すばるさん、ピースちゃん..
by sakk0 at 07:16
ハルリンさま ここでも..
by buribushi at 20:02
すばるさん、コメントでご..
by ハルリン at 18:49
ミミの父さま >「買っ..
by buribushi at 23:48
ミケさま 前に読んだと..
by buribushi at 23:42
私の二種類の人間は、「消..
by ミミの父 at 23:38
これは読んだことがあるぞ..
by mikeblog at 23:34
ミケさま 漫画でも泥棒..
by buribushi at 23:34
22日は梅雨入り以来久し..
by mikeblog at 23:29

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ