おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

カテゴリ:その他( 102 )




人生フルーツ伏原監督・西光寺さまご献灯・ほか

拾い残し写真から。
a0203003_10583461.jpg
 14日、市役所アオーレへ「人生フルーツ」を見に。再見だけれども、伏原監督のトークがあると言うことだし、もう一度見てもいいと思って。私は居眠りが多かったらしく、夫に何度もつつかれた。このところ少し「お疲れ」。しかし居眠りは気持ちがいい。
パンフレットにサインする監督。パンフレットの写真はめがねをしていなくて、もっとかわいい、と言って悪ければものやわらかなお顔だった。独身で外食ばかり、7割はセ〇ブンイ〇ブンのものをたべているというのはいけませんな。
 ひでこさんのように、お昼と2度のお茶の時間だけで3時間かかるなどという浮き世離れは望めないけど。ひでこさんの本で、食卓に何人分もの食器が出ているのは、そのたびにスタッフに振る舞ったのだ。



a0203003_1059458.jpg
 15日夜、今年も西光寺さまのご献灯を拝しに。一つ一つ蝋燭を点しお経を上げて、とっぷり暮れるまでまわられる。


a0203003_1101798.jpg
 これはあの中越地震(2004年10月23日)の当日、沖縄の浜比嘉島にいた私が、帰るに帰れず、混乱した気持ちで道端で採った月桃の実を蒔いて育てた。
冬、家へ入れるほかは出しっ放しで、元気。ただ、一度も花が咲いたことがない。気候風土が違うからとあきらめていた。このところ、茎の2本に、上部がふっくらして来た?と思えるものあり。もしかして花芽?と、ドキドキする。沖縄では初夏に咲いて、秋に実が紅く熟すので、時期が違うけれども、こんなふくらみ、いままでには見ていない。!


a0203003_1111023.jpg
昨日のねこ写真に追加。「みたー?」はこっちの方が良かったね。ウィンクまでしている。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-08-17 11:26 | その他 | Comments(10)

戊申戦争の砲弾


a0203003_2371771.jpg

 古い話ついでにもう一発。
 家にずっとあったこの鉄の塊は、拾って来た戊申戦争の時の砲弾だという。
 戊辰戦争は、明治維新のとき倒幕派と幕府派とが闘った一連の戦争で、慶応4年(戊申の年・明治元年と重なる)にちなみこう呼ばれる。江戸開城後も抵抗姿勢の会津藩、庄内藩は越後平野に出兵、薩摩藩長州藩を中核とする新政府軍は、旧幕府派の平定のため出兵、動向に疑惑を持たれた長岡藩に進撃。

 長岡藩(軍事総監は河井継之助)は大政奉還後も徳川家を支持、イギリス・アメリカの武器商人からアームストロング砲、ガトリング砲などを購入して戦った、と。
 そこで初めて、こんな物がゴロゴロしていて、拾った人があるのが解って来た。
 そのころも武器を売る商人がいて、戦争があれば何処までも行って大きな商いをしていたのだということも今更ながらよく分かった。

 戦局膠着のため与板藩の御用商人の援助を受け船で信濃川を渡り長岡を奇襲、・・・と、いいかげんに切り上げるが、この前の大戦以前に長岡は戦争でエライ目にあったのだと、この砲弾のことをしらべていて初めて知ること多し。

 河井継之助は戦で負傷、山道を会津へ逃れる途中で亡くなった。自分のなきがらを焼く火を焚かせて、見ながら息を引き取ったという。

 砲弾は、長岡の歴史博物館に引き取ってもらうことにした。

 うちでは砲弾と言い伝えられているけど、博物館に見て貰うまで真偽のほどはワカリマセン。





by buribushi | 2017-08-13 08:13 | その他 | Comments(8)

葉・葉・葉の歯-もう一度入れ歯のこと

a0203003_1748654.jpg
月桃の葉。

a0203003_17483081.jpg
          紫蘇の葉。

a0203003_17485271.jpg
         沖縄スズメウリの葉。

a0203003_1749148.jpg
黒小豆の葉。

a0203003_17494272.jpg
 オマケにまた来たよそのコッコちゃんと草の葉(大豆の葉も)。

 入れ歯のはなしなんだけど、歯の写真を出すわけにも行かないので周りにある、ハはハでも葉っぱの写真にした。

 4月24日、「入れ歯顛末」を書いたが、5月初旬に娘の行っているという歯科へ初めて行った。
入れ歯を作ってもらい、毎朝、顔を洗い口をゆすぐとすぐに歯を嵌める。食事の度に-朝は野菜ジュースだけのことが多いが-入れ歯を洗い歯を磨いてまた嵌める。うっかりすると外すのを忘れてそのまま風呂にはいってしまい、もう一度洗ったりする。
 そのくらい、安らか。嵌めるにも外すにも痛くないし、たいていのものは食べられる。大福もちはダメ。くっついて外れる。そのくらいだからラクに嵌めていられるのだ。あーほんとに良かった。

 前に行っていた歯科で、入れ歯は初めは誰でも痛いのだ、我慢して嵌めて居ないからいつまでも痛いのだと言われ、それでも痛いものは痛いからなかなか使わなかった。インプラントをと奨められても断り続け、ではと、やっと直して貰った入れ歯でひどい口内炎を起こした。その対応も不誠実で、とうとう行くのを止めた。その後しばらく体調が最低だった(沖縄旅行もさんざんの結果)。老人は何かきっかけがあるとがたがたと体力が落ちると実感。
 私のわるい癖だ。あんなに厭だったのだから早く前の処を止めて仕舞えばよかったのに、随分我慢を重ねてしまった。
 その目に遭ったから、いまのありがたさがよくわかるのだ、前の処にもここでありがとうと言って置こう。

a0203003_19170610.jpg
オマケのオマケ
雨が上がって、今日の夕焼け。






にほんブログ村



by buribushi | 2017-07-26 07:26 | その他 | Comments(8)

満一歳と三歳のときの写真


a0203003_15541458.jpg
昨日が80歳の誕生日だったので、昔写真を持ち出す。
一歳の写真は、動いて撮りにくいのでしゃもじを持たせたのだそうだ。よく撮れているというので写真屋さんのウィンドに長く飾ってあったという。焼き増して人にも上げたので、大人になってからも「あなたのゴハンツブの写真がうちにある」と言われた。

この赤ん坊の表しているものが好きだ。父母は若く、健康で機嫌良く、お乳もたっぷり貰っていただろう。
その頃、魚沼を離れて美濃東部の村に所帯をもっていたので、田舎の「家」の重たさを被らず、父の二番目の母だった祖母とも離れていて、母には幸せな時期だった。

三歳の写真。動くな、うごくなと言われながら何回もシャッターを切られて、右手の指を椅子の破れに入れてもぞもぞしていた。藁みたいな物が入っていた。
このあと、四歳で、父母と妹二人の五人で魚沼へ帰った。なぜか私だけ、五歳で美濃の伯父夫妻の家へ行き、小学校2年までいて、終戦の直前魚沼へ帰る。中学3年の途中で今度は正式に養女として伯父夫妻の家へ行った。上の学校へ入れてやると言われて行った。

祖父の二番目のつれあいだった祖母は自分の子を持たなかった。4人きょうだいの末っ子にして長男に、自分の姪を嫁にした。母は、伯母を姑に持った。
私も、伯母を養母に持った。なぜ、母は、祖母でさんざん苦労したのに、私を自分と同じような境遇に入れたのか、知らないままで、今になっては聞く人もいない。

  学びゆく親族法四章養子の節心静けく読み難しわれは

  砂のごと寂しき家をわれに与へ過ぎし人らを寝ねつつ思ふ     

                      歌集「北落師門」1975発行

追記。つくづく見るに、3歳のほうがむしろ個性が見えなくて・・顔がうちのねこに似ている。
いやなことをいやと言えず、布団かぶって泣いていた「いい子」になって行ったのだろう。







にほんブログ村



by buribushi | 2017-07-04 16:37 | その他 | Comments(12)

すもも、ダンドク、また焚き物

a0203003_2155016.jpg
大好きなすもも、大石早生がふっくらしてきた。


a0203003_21552365.jpg
 この間ダンドクの根分けをしたが、球根が塊りになっていて手では分けられなかったので包丁で切った。
 手荒なことをして気になっていたが、新芽が出てきている。


a0203003_2155486.jpg
 町うちの大工さんが焚き物を沢山持ってきてくれた。しっかりした材木は重くて、トラックから降ろすのを手伝おうにも、持てない。


a0203003_21561855.jpg
豊富な焚き物、ありがたしありがたし。





にほんブログ村



by buribushi | 2017-06-29 22:03 | その他 | Comments(8)

むかしのふきん

a0203003_19381575.jpg
 地蔵堂(現在燕市地蔵堂)の衣料品店。福々しい恵比寿さまとそろばんの図、そろばん四つ玉だね。


a0203003_19384284.jpg
直江津の呉服やさん、電話番号が3桁だ。


a0203003_1939274.jpg
 ニイダは新飯田(村上市)か。カモ、加茂市。
 随分手広い商いで、藁工品、綿打ち直しまである。電話は本店2桁、支店3桁。


a0203003_19393495.jpg
佐渡・両津の呉服、洋品、雑貨店、佐渡土産もあり。


a0203003_19395916.jpg
 地名不明、建設業と雑貨店。文字の大きさや間隔に変化が少なくて、わかりにくい。自分とこでデザインしたか。

 デザインのいいのとそうでないのと。地蔵堂の内山衣類店はだんぜんいいね。めでたい図柄と、地名と店名だけ、くっきり染めてある。大体、知ってる人に渡すのだから、これでいいわけだ。


a0203003_19402276.jpg
ご存知、唐草の風呂敷。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-06-20 20:56 | その他 | Comments(8)

大きすぎる六地蔵の頭巾・柿の葉鮨

a0203003_1948176.jpg
寺泊へ行く途中のお地蔵さまたちが、新しい頭巾と前掛けをしておられた。
六地蔵さまの頭巾が少し大きくて、お目の上にかぶさっていた。



a0203003_19482261.jpg
梅雨晴れ(と、いうより空梅雨)の日本海、佐渡。ややズーム。



a0203003_1949088.jpg
裏の柿の葉を採って来て柿の葉鮨。塩鯖が脂っこくて、思うような味に出来なかったけど。


a0203003_19495013.jpg
ふぐ汁のかわりに、寺泊で買って来たカワハギをぶつ切りの味噌汁にして、茗荷の葉の若いところを散らした。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-06-17 19:50 | その他 | Comments(6)

玄関のヒトたち

a0203003_204236.jpg

招き猫は、上の娘が木綿屋の店に置いたもので30年くらい経っている。今戸焼の火入れ。
寝ている猫はその娘から誕生日にもらった。ぶーちゃんという名前。



a0203003_2045074.jpg

琉球張り子の「ホートゥ」(鳩)。



a0203003_2051469.jpg

新潟県水原(すいばら)の郷土玩具「三角だるま」。手描きの顔がひょうきん。眉の位置にご注意。



a0203003_2054257.jpg

今日、義兄の七回忌に行って、親戚のしげこさんから手作りの猫をもらって来た。中に洗濯ばさみが縫い込んであるので、尻尾に掴まらせていくらでも繋いでいける。
月桃の実だの、ヤマクニブ(沖縄の伝統的ハーブ)だの、もうからびてしまったけど、吊してある。






にほんブログ村



by buribushi | 2017-04-01 20:19 | その他 | Comments(8)

願えば叶う

a0203003_20461330.jpg
昨日見つけた紙挟みの中にあった絵。
描いたことも忘れていたが、いやー、これ描いたわ、たしかに。
左上は牛小屋のつもりらしい。右上に牛。模様はホルスタインだ、と思えば、右中程に牛乳缶を積んだトラック。豚が走り回って、鶏が何か啄んでいる。
小さい家の周りには花、果樹、柵の外にも畑、果樹。胸当てズボンを着て子馬に水を飲ませているのはわたしで、来客にwellcameと言っているのはねこだ。鉛筆描きだから見づらいね。

畜産こそやっていないが、この中の多くのものを私は得たではないか。畑、果樹、花畑、ねこ、連れ合い、家。願ったから叶ったのだ。薮(雑木林)まであるぞ。


a0203003_1934152.jpg

同級生のヨウコさん。


a0203003_19344434.jpg

フユシラズの花が咲いている。
にほんブログ村



by buribushi | 2017-03-06 19:52 | その他 | Comments(12)

瓶が好き・イズミさんの布草履・

a0203003_222719100.jpg

マーマレード、枇杷の葉茶、青大豆、黒小豆、小豆、いんげん、いまちょっと持って来て並べただけ。まだまだ黒米、もち米、もち粉、地元の塩、波照間黒糖、榧の実、落花生、あめ玉、紅茶、などなどたくさんある。
密封出来て、中味が見えて、瓶はいい。


a0203003_22275460.jpg

イズミさんが貸して下さった布草履の作品集、七百何十足あって、上げた先もみんなわかるそうだ。取りあえずは千足が目標、とのこと。
私は不器用者で、草履をやっと一足編み上げると左右の大きさが違う。ありゃ、と言ってもう一つ編むと、三つ(一足半)みんな大きさが違う。これでは布の有効利用どころか無駄使いになるので、布は上手な人に差し上げて使って貰うことにした。






にほんブログ村



by buribushi | 2017-02-22 22:46 | その他 | Comments(6)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

山田ネズミ大根、ああこれ..
by daikatoti at 15:05
おはようございます。 ..
by sakko at 06:04
ミケさま 以前からねず..
by buribushi at 22:45
うまこさま >日取り ..
by buribushi at 22:35
ねずみ大根、私も漬け大根..
by mikeblog at 22:22
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:42
大根の種まき、 悩み無..
by yamamotoyk at 20:49
キツネノカミソリ、蕾の時..
by kazuyoo60 at 19:32
ミケさま こちら今日は..
by buribushi at 16:43
一日のうちにいつか必ず雨..
by mikeblog at 14:05
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 22:19
ミケさま 雷つきで大き..
by buribushi at 22:15
demi_zoさま 断..
by buribushi at 22:04
daikatotiさま ..
by buribushi at 21:58
キツネノカミソリがツクツ..
by kazuyoo60 at 20:25
あい、ihciat! ..
by buribushi at 20:14
あら、さっきのと、ふたつ..
by buribushi at 19:46
sakkoさま センニ..
by buribushi at 19:45
sakkoさま >仙人..
by buribushi at 16:32
昨夜は大きい音を立てて雨..
by mikeblog at 14:57

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ