おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

カテゴリ:片付け( 55 )




片付け途中報告・大失敗の巻

a0203003_9463993.jpg


・・・そう。
これは、掛け軸を貰ってもらおうとして送り出した荷物。全部返送されて来たもの。
荷物の中の一部、佐渡の焼き物は、これも上げちゃって良いはずの夫の持ち物だった。
詳しい話はしたくないので省いて、その佐渡の焼き物だけ返して貰いたい事情が生じた。
あなたがしたくない電話は私もしたくない。自分のことだから自分でして、と言いながら、どちらもどうしても電話できなくて手紙を書いた。

全部返して貰わなくても良かったのに、と言ったら、見ると思い出すから厭だという。ごもっとも。お詫びのしようもない。

焦って片付けをしているつもりは無いが、そういう気分があるのだ、ということ。
やはり、手紙より電話がいい、こういうときは、ということ。相手の言い方や声から解ることもあり、それに対応していけるのに、手紙はいわば言いっ放しだから、傷つけてしまうこともある。

レコード盤のときのように、相対でさらっと受け渡しできるので無ければ、捨てる。いくら安くても捨てるよりはいいとなれば売る。

片付けにつき、大失敗、大反省。決して無駄にしないから。



by buribushi | 2015-09-25 10:04 | 片付け | Comments(4)

片付け途中報告のうち

画像なし。
戦前のレコード盤ひと箱。貰ってくれる人があり、そっくり渡す。
愛馬行進曲、紀元二千六百年の歌、勇敢なる水兵など戦中もの。
美ち奴、小唄勝太郎、高田浩吉、など当時の人気者の歌。
宮城道雄の、春の海など箏曲。
なぜかジャズらしいものもあり。戦争ものの漫才もあった。
岐阜の養家で、子どもの頃よく聞き、ついて歌ったりしていたもの。
私では持ち上がらない重さだった。
チコンキ(蓄音機)もあったが、さすがに壊れて捨てた。

しかし、なかなか、こんなことではまだ片付かない。
日用のものが問題。しゃもじは1つでいい、杓子も1本あればいい、と言われるとあわてる。煮えたジャムを瓶に詰めやすい杓子と、実だくさんのお汁を盛るのにいい杓子は違うしねー。



by buribushi | 2015-09-24 22:43 | 片付け | Comments(6)

これも片付けのうち・ 棚を壊す

a0203003_19254823.jpg

a0203003_19261279.jpg

a0203003_19263413.jpg

片付けで出た、手製の棚を壊してもらった。
電動ドライバーでねじ釘を抜き、ばらして、しまいには切って薪置き場へ。いたましくもあるが、片付けはものを減らさないと始まらないので、思い切ったもの。



by buribushi | 2015-09-18 19:32 | 片付け | Comments(2)

片付け途中報告・人はただ情けあれ

a0203003_16321798.jpg

片付けものの中に、掛け軸や焼き物があった。子どもは関心がないし、掛け軸を掛けて眺める暮らしでもない。骨董屋に払うよりは、好きな人があったら貰ってもらうほうがいいと思っていた。

岐阜時代の同級生のマーちゃんと電話で話していたら、いとこ会で岐阜へ行ってくる。会場は彼女の生家だという。昔からの旅館なのだった。
それで気がついた。旅館なら、こういうものがあってもいいんじゃない、要るかどうか聞いてください。

と、言うことで行き先の決まった軸と焼き物、夫がしっかり荷造りしてくれた。
水野柳人の鮎の絵。古帆老に書いて貰った「人はただ情あれ あさがほの花の上なる露の世に」(閑吟集から)。
飛騨高山の渋草焼、佐渡の無明異焼など。これから発送。



by buribushi | 2015-08-12 16:44 | 片付け | Comments(2)

ここにもミニマリストあり 「必要十分生活」という本

a0203003_1685239.jpg

電子書籍が個人出版されたものという「必要十分生活」という本。
会社のデスクの上がもので一杯で、時になだれを起こしていたような普通の散らかし屋だった彼が、いまはリュック一つに必要な物を全部納めて持ち歩いている。彼の帰った後のデスクにはなんにも無い。彼が出勤したあとの家の机にも、なんにもない。

本屋さんへ行けば片付け本専用のコーナーまであるが、さまざまな方法を試してまだ部屋が汚いままの人が数多くいるということだろう。自分の片付け方は独特だと分かって来たので広く知らせたい、のが本を書くきっかけだという。

わたしは片っ端から、と言いたいほど片付け本を読んで来て、片付けとは捨てる事と見つけたり、と思うようになった。いかに減らすか、しかない。それがびしびしと出来ているわけではないから本を読むのだが、少しずつ、少しずつ考え方が沁みて来てはいると思う。

暑くなり、夏物の衣類を出していて、あら?リネンのワンピースが無い。縮みのチュニックも無い。ははあ、去年処分したな。まだ着られる、嫌いでは無い服だったが、無いとわかればそれはそれでやっていける。
冬までにセーター類も減らす。

この本の中で不要な物として挙げている一つのバスタオル。これは私も、普通のタオル一枚で全身拭き取れて何の不都合も無いので、随分前に使うのを止めた。
バスタオルそのものは畳んで枕に使ってざぶざぶ洗い、丸めて車の中で腰と背もたれの間に挟む(随分腰がラク)などのため捨ててはいないが。
それにしては有り余るほどあるので、新しいのをバザーに出し、あるのを使い果たすことにしよう。

ペンは万年筆1本、ボールペン1本あればいい、と。いまペン立てにじゃらじゃら入っている、大半は使わないものだなあ。万年筆は2本ある。吸い上げ式のは半世紀あまり前、夫に貰ったのだ。瓶のインクを1年に一度新しくすればいいのらしいから、あれに戻ろう。近年一度修理に出した、馴染み切った金のペン先だ。今まで、ひと瓶のインクを長くかかって使ったのもいけなかった。
今の万年筆は義兄の形見で、新品だったから私の手に馴染みはしたが、カートリッジ式だ。

今年は夏になっても自分の下着類を買っていない。夫のすててこ、縮み下着を3枚ずつ、だけ。ストックを使い果たそうと思えば、来年も買わなくていい。

矛盾するけど、お皿を何枚か新しくした。使う度にいいなあ、と思える好きな物を使いたいから。その数より多く処分はした。

ある程度の体力と気力がないと、もの捨ては出来ない。ぐずぐずしてはいられない。



by buribushi | 2015-07-30 19:30 | 片付け | Comments(6)

片付け途中経過から

*月*日
戸棚二つ(片付けで空いた。もう使わない) 欲しいという人にあげた。

瀬戸物火鉢・大、火箸、火均し(もう使わない)   欲しい人にあげた。

*月*日
卒業証書・賞状などたくさん(もう要らないことにした)筒と紙に分けて処分。

草木染め資料 羊毛、染め見本、説明書、たくさん(虫食い激し)処分。
写経たくさん 処分。

*月*日
1977年宮柊二歌碑建立時の資料
(奉加帳、受取書控え、祝電、祝儀袋、祝賀会名簿、挨拶原稿、その他。)

1965年全国大会時の講話テープ4巻。オープンリールのため、その後一度も聞かず。
 お前が持っておれと言った人らはみな他界。わたしも老いたし、私すべき物では無いので、記念館に納めるため館長に電話、来週中に持参の予定。そういう時期になったということ。

*月*日
ガラスコップ段ボールに一つ(もう使っていないもの)19日の資源ごみ回収に出す。

*月*日
掛け軸3本(飾った事が無い) 骨董店で見て貰うが不調で持ち帰り。インターネットで見つけた業者2社にメールで写真を送って査定を頼む。出所のハッキリした、名のある日本画家のものを含む。
(にそくさんもん)と言いたい値段。
またしまい込んでも仕方がない。養父が買えて、所持して嬉しかった、それでこの絵の使命は終わっているのだと思って諦める。

*月*日
佐渡の焼き物のとっくり、杯セット(使わない)佐渡の友人が貰ってくれないか頼んでみよう。
萩焼菓子鉢(使わない)要る人に上げた。

郵便切手 (しまいっぱなし)せっせと貼って使うこと。



by buribushi | 2015-07-19 07:19 | 片付け | Comments(6)

片付け途中報告・難所床下その2

a0203003_18564690.jpg

地震対策で固定してあった棚を外して運び出した。残す分の果実酒類。
額縁は、数十年開けなかった新聞紙包みの中の、養母の引っ越し荷物の一つ。中の絵や賞状などは燃すことにした。額縁は道具やさんに上げよう。

一升瓶に入ったへちま水、古くなりすぎて濁った薬草酒など、ごぼごぼと流して瓶を空けた。
私がしておかなければ、いつか誰かがこれをしなければならない。気力体力の残っているうちに終わらせてしまうことだ。


a0203003_185714100.jpg

朱塗りの会席膳は夫の親が使っていた物で、一度五枚二千円で売ってくれと言われて断ったことがある。何十年も前だけど。
ここへ引っ越して30年、一度も使っていない。
このほか黒塗りに絵付けのある会席膳十五枚は養母の荷物にあったもので、さらに以前から一度もつかっていない。どちらもとって置く意味はなくなっている。


a0203003_18573938.jpg

内朱の吸い物椀、焚き付けの場所へ。
このほか糸底に名前入りの黒い吸い物椀二十客も養母の。
岐阜時代に作ったのだから、塗師屋になった同級生のヨッさが作った筈だけれども、これも何十年も使っていないのだ。


a0203003_18581492.jpg

すし桶、一升枡、一応洗ってみよう。


a0203003_18583864.jpg

外して洗った棚。


a0203003_191191.jpg

一枚目の写真にあった額縁の中身のひとつ、印刷の絵。伯母の家には、冬はこの絵、夏は橋に腰を下ろして脚を水に浸す子どもの絵が、私が物心ついた頃から飾ってあって、養女になって自分のうちになるよりずっと前から見慣れていた。
この絵には、昭和8年3月1日という日付が、右から左へ向かって入っている。雑誌の付録か。わたしより古い。

今日も大ごみ袋二つ。とうてい30分で切り上げというわけには行かない状況で、小半日やっていた。



by buribushi | 2015-07-02 19:31 | 片付け | Comments(9)

片付け途中報告・難所床下ハジサラシ

a0203003_21511939.jpg

恥をさらすけれども最大の片付けのことを。
ネズミがはびこり、そのせいか、だに被害を疑われる事が起きるようになった。
吉野内先生に師事して「波動」を学び始めた娘に家の波動を見て貰ったら、ずらりと出たデータの中に「糞尿汚染」という項目あり。
すぐ思い当たる。高床式の床下を物置に使っているが、その一角にネズミの糞が目立つ箇所があるのだ。
後回し、後回しにしているうちにひどくなってしまった。
なおここは、水害の床下浸水一回、地震数回、そのたびに茶箱入りの衣類そっくり、とか、割れた酒類や漬け物のビン、カメなど捨てたことはある。

a0203003_21514944.jpg

もう整理整頓の段階では無いので、徹底して捨てなければならない。半日で特大のゴミ袋二つ半。まだ手始め。


a0203003_215213100.jpg

ゴミ袋に入れる訳にいかない手紙類は、風呂がまで焚くことにする。


a0203003_21524280.jpg

いつのものかわからない、クルミのストックがあって、ネズミの格好のえさ場になってしまったのだ。
これも風呂で焚く。


a0203003_2153752.jpg

棚を設置して貰うと、物を並べて安心する。そこで物は滞ってしまうのがよくわかった。
右の棚のものは全部出したので、棚を外へ出して洗い、元へは戻さず焚き物にするつもり。
左はまだビンが並んでいる。1980年代の梅酒があったりする。作るのが面白いだけで、それほど飲まないから溜まってしまう。ビンの後ろや間の隙間にネズミがものを持ちこんで、喰い滓や糞をのこす。
ここも全部出して、棚を処分。酒類はキレイなビンに詰め替え、それができないものは処分。


a0203003_21533513.jpg

物を出して棚板を外してしまった。板は外へ出して梅雨の雨に打たせて洗おう。そのあと燃す。
載っている物は残すという意味ではない。まだここから処分して、棚板は全部外す。
余りひどいので、写真を出すのをためらっていたが、話だけではわからない。それに、ひとのことはひどいほど面白い。
ここまで来てまだアップをためらう気持ちはあるけど、えいやっ、と出してしまおう。どや!というほどよく片付けてまた見て頂こう。

30年前に表通りからここへ移るとき、家が出来るまでの毎日にくたびれ果てたし、意識も低かったので、物を捨てる大きなチャンスを逃してしまった。それよりまた十数年も前、養母が岐阜から引っ越すとき包んだままのものまで出て来た。
いちいち見ていたらはかどらないので見ないようにしているが、私の小学生時代の日記まで出て来た。
ネズミ騒ぎは有難いチャンスだった。

この床下には、どこかに蛇も住んでいて、ネズミを捕ったところを見た事がある。



by buribushi | 2015-07-01 22:29 | 片付け | Comments(6)

片付け再開

沖縄行きでいったん休んだ片付け、再開。また、第一週からと思った方がよろしからん。

今日抜いたもの。

ポーチ、2つ(もらいもの)。
お皿(もらいもの)。
ショール(もらいもの)。
カーダー(この前あみちゃんにあげた紡ぎ車に追加。この方が大きくて新しい。この前見つからなかった)
はんこ2つ(娘の旧姓の実印など)。

あなたが好きそうだから、と貰ったものでほんとに好きなのはあまり無い。人にあげるものは花とか食べ物、それと包んだもの(おかね)がいいと実感。

片付けの影響と思われること。
沖縄で食品以外の買い物をほとんどしなかった。

草取りで、花を活かし草も取る、はムリなことが多いが、ある程度は思い切らないとキレイにならない。花を犠牲にすることもある、と思い切れたこと。

a0203003_23123629.jpg



今日も草取り。難所(スズランの生えているところ)にさしかかる。縁に植えたのは失敗だった。中にまとめて植えて置けば、こんなに草取りしにくいことにならなかった。

夜なべ。
アクだししておいた夏みかんマーマレード(3個分)を煮た。
きゃらぶきは一煮立ちさせて、あとは明日煮詰めることにする。



by buribushi | 2015-04-26 23:04 | 片付け | Comments(9)

木子(もっこ)ちゃんと紡ぎ車

沖縄ばなしをちょっと休んで日常のことを。

a0203003_1437214.jpg

沖縄へ行っていた4日間に、、梅は散ったしあれこれぐんと伸びた。
去年柏崎の道端から引っ越しさせたナルコユリが、柔らかく伸びて花を付けていた。
あ、ピースだ。

a0203003_1439382.jpg

ピースには、「三つねんねしたら帰るからね。じーちゃんとお留守番してね」とよく言い聞かせておいた。
プラスチックの棒の先に大きめのネコヤナギのような穂をつけたねこじゃらしのおもちゃが3本ある。ピースがごはんを食べる所の上に、籠に立てておく。

私の留守に、その中の一番お気に入り?ピースがうちの子になるとき持ってきた、もう穂がはげちょろになったピンクのが、私がいつも寝ている枕元の辺りに持って行って置いてあったそうだ。

穂をくわえて、階段をカッチンカッチン、小さい音を立てて引きずり、ずーずーと畳の上を引きずって、枕元にぽとっと落とす。この頃は久しくやっていなかった。
そのおもちゃは階段を引きずる音から、カッチン棒と呼ぶ。カッチン棒を私が不在の部屋に持って行ったと聞いて、なんだかピースが可愛かった。

a0203003_143924100.jpg

今回片付けることにした紡ぎ車一台と付属品、買い置きの洗った羊毛などを、もっこちゃんのおかあさん、あみちゃんが使ってくれることになった。
この車で紡いだ毛糸を太い竹の編み棒で編んだチョッキ、あみちゃんが着てみたらぴったりなので進呈した。
嬉しくて「なみだがでちゃった」そうだ。


a0203003_14394477.jpg

洗った羊毛を梳いてふわふわにし、紡げるようにする道具をカーダーという。学齢前のもっこちゃんが触りたがるので持たせて、ちょっと教えたら、すぐ使える程度に梳かすようになった。お母さんの手伝いが出来るだろう。



by buribushi | 2015-04-17 15:15 | 片付け | Comments(8)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ナツズイセン並んだ
at 2017-03-26 21:12
またしても片づけ本「それ、い..
at 2017-03-25 13:26
今年初めての畑
at 2017-03-24 23:23
布草履どっさり・幅広エプロン
at 2017-03-24 10:50
種子いろいろ
at 2017-03-23 18:04
今日の雲
at 2017-03-22 22:53
タネツケバナなど
at 2017-03-21 22:38
お中日のおはぎなど
at 2017-03-20 21:04
ナツズイセン復活?
at 2017-03-19 15:27
春の雲ほわほわ
at 2017-03-18 20:23
おから鮨とか「ど」とか
at 2017-03-17 20:14
ハシモト味噌、すばる塩辛など
at 2017-03-16 13:16
お雛様を見に
at 2017-03-15 14:38
玄米焼きおむすび・しぐれみそ
at 2017-03-13 20:04
坂西徹朗版画展in南魚沼
at 2017-03-12 21:05
梅に蕾・六本指のねこ?ほか
at 2017-03-11 17:25
烏賊の塩辛を作る
at 2017-03-10 20:33
ジンジャーリリーの新芽 ほか
at 2017-03-09 22:01
大宜味村のしあわせなご長寿
at 2017-03-08 20:17
別れ雪・珍客-清談尽きず
at 2017-03-07 16:10

最新のコメント

夏ズイセン、沢山芽を出し..
by sakko at 00:34
25日まで暖かだったので..
by mikeblog at 00:29
demi_zoさま イ..
by buribushi at 21:46
そばにいたら ハイタッ..
by demi_zo at 21:23
ミミの父さま >作業用..
by buribushi at 13:49
あい、ihciat~ ..
by buribushi at 13:46
あい、ihciat! ..
by buribushi at 09:53
使い切るのが物が増えなく..
by ミミの父 at 09:35
「使い切り」シンプルで..
by ihciat at 01:07
素敵な贈り物ですね エ..
by ihciat at 00:37
demi_zoさま 豌..
by buribushi at 14:30
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 14:27
daikatotiさま ..
by buribushi at 14:25
ほんとうに、、 規模し..
by demi_zo at 08:31
丁寧に耕されました。白加..
by kazuyoo60 at 08:10
ポピー、大きく育ってます..
by daikatoti at 07:24
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 13:03
草履もですが、エプロンも..
by kazuyoo60 at 12:15
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 11:11
sakkoさま 「かお..
by buribushi at 11:08

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ