おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

カテゴリ:ひと( 91 )




野山にまじりて竹を取りつつ

a0203003_20452367.jpg

 写真はchieのTwitterから拝借。
 「今は昔、竹取の翁といふものありけり。野山にまじりて竹を取りつつ よろずのことに使ひけり」(竹取物語)
 翁ならぬうら若いchieが、山へ竹を取りに行く。ご縁あって、県内の高名な女性の竹工芸作家(故人)の工房に入り、勉強を始めた。後継者募集のことを知り、出かけて、採用されたのだ。そこでは竹を取りに行くことから始まり、それを割って、編む。こういう細い竹。


a0203003_20560980.jpg

 工房へ入って初めての作品。先生と同じに編んだはずが、この中に先生の籠が入るほどサイズが違ってしまったそうだ。
 縁巻きと言い、竹を割らずに使ったしっかりした持ち手と言い、これぞ用の美。


a0203003_21030936.jpg

 土曜日に生家へ帰ってきたchie、竹割り鉈を求めて与板の「刃物工芸館」へ。竹鉈はあったけれども、もっと自分の手に合う物を作ってもらうことになった。
(いかやうな刃物にてあれ打ち呉るる鍛冶屋なほありわが住める町)すばる


a0203003_21062544.jpg

刃物の種類の多さ、驚くばかり。

 流れるように決まったchieの進路が、じつに嬉しい。彼女が2年学校で学んだのは、実用より美術工芸の方向だったと思う。私も竹で編んだものが大好きだけれども、長野・戸隠の竹工品のような実用一点張りが好みで、農家が実際に使うと同じ林檎もぎ籠を買って長年使っている。本をぎっしり入れて持ち運んでもびくともしない。
 必要、だけで出来ているものは美しい。だから刑務所の建物も、軍艦も美しい。と言ったのは坂口安吾だけど。
 戸隠の籠も地元の山の竹を取って来て編まれていて、こういうものは本来、それがいいのだと思っている。戸隠へ行って、いろいろな竹製品を見て歩きたいものだと思う。青森にも、岩手にも、その土地の竹工品があるのを見てみたい。思ったらやろうぜ。

chieの日記 http://yamakoshikansuke.blog.fc2.com/


ログ村




by buribushi | 2017-11-12 21:36 | ひと | Comments(12)

風間勇一さん「木の手づくりおもちゃ展」

与板コミュニティセンターで。
a0203003_13465088.jpg
a0203003_13430887.jpg
a0203003_13443814.jpg
a0203003_13452686.jpg
へびは脱皮中!この後、手前のは脱皮を終えて脱走。


a0203003_13491246.jpg
a0203003_13495770.jpg
むかし懐かしい、カタカタ(押し車)。這い這いしながらでも押せる。

a0203003_13512495.jpg
a0203003_13515630.jpg
おばあさんは独楽で、おじいさんは組み木で、遊ぶの図。

a0203003_13531688.jpg
 子どもはもちろん、あれもこれも面白い。この、坂を下るあひる、カタカタ歩いて、最後に片脚をちょっと縁に載せて止まる。
 まだまだ、輪ゴムを飛ばすゴム鉄砲(制作体験あり)、うごかすとチューチュー鳴く(木がきしんで鳴る)ねずみ、押して行くと口をパクパクする鰐、いろいろたくさん、子どもでなくても欲しい!展示、あす22日まで。
ランキング参加中
にほんブログ村



by buribushi | 2017-10-21 14:01 | ひと | Comments(12)

あねの雑巾


あねの縫った雑巾は厚く、かたく、びっしりと刺し縫いされている。洗って乾かすと、するめみたいにしゃんと立つ。
a0203003_12292220.jpg
私の雑巾は軟弱である。
a0203003_12300506.jpg
雑巾を挟んで止める道具に着けて、立ったまま力を入れて床を拭くのにはあねの雑巾にかぎる。これだと、手で拭いたところからもまた汚れが取れる。使った雑巾をあねが使ったと同じ綺麗さにして置くには、石鹸を使ってごしごしもみ洗いをする。彼女が身近にいないいま、雑巾を通してあねに教わっている気持ちだ。

a0203003_12303360.jpg
 結婚してここに来たばかりの頃、あねが、布団の洗濯をしなさいと言った。布団の洗濯ってどうすればいいんですかと聞いたら、「布団の洗濯ぐらい誰でもする」と言ったばかり、待っていても後の言葉は無かった。
 仕方無く、まずは押し入れに何年も置かれたどしりと重たい布団を何枚も出して解いた。解きながら、額縁仕立ての布の折りかたをよく見ておいた。
 買って来た布海苔を煮溶かし、洗った布を浸して張り板に貼った。庭続きの隣のおばあちゃんが、盥の中をひたひたと叩いて糊の濃さを見たり、貼った布に気泡があってぷつぷつふくれているのを撫でて追い出したり、教えてくれた。
 乾いたのを剥がして、縫う。額縁仕立てもなんとか出来た。打ち直しに出して置いた綿も出来た。綿入ればかりは独習というわけにいかない、綿やさんに頼み、傍でじーっと見ていた。何枚も、たちまち出来て積まれていく、そのめざましさ。
 炬燵布団が要るとき紺地の浴衣を解いて作ったり、子どものお昼寝布団を作ったり、するようになったのはあねのしごきのたまものです。

 ついさっき、あねの家の片付けをしている娘二人、「元気そうじ」コンビが寄っていった。おばちゃんがねー、漬け物のレシピを細かく書いた紙を畳んで、大事に仕舞ってあったよ。そのレシピ、かあさんの字だよ。と。
 風邪を引いたと聞き、手伝う積もりで行けば、洗った茶碗を洗い直されたり、干し上げた洗濯物を全部外して洗い直されたり、うちへ帰って泣くしかないようなこともいっぱいあったけど、雑巾を見ると、私のする事が歯がゆかっただろうこともわかる。
 初めてそんな気持ちになったとたんに、漬け物のレシピの事を聞いて、偶然ではないと思った。ねえさんありがとう。

シンクロニシティ(意味ある偶然の一致)

a0203003_12320420.jpg

にほんブログ村



by buribushi | 2017-09-15 14:21 | ひと | Comments(6)

幕末の祖父

 明治二十三年のポートレート」の、夫の祖父は、その時34歳だったと言うことは何時の生まれだろう。
 辞苑の巻末にある年表を見た。明治23年(1890年)34歳、満年齢なら33歳の人は、私の計算に間違いが無ければ安政四年(1857年)の生まれになる。

 安政は六年まで。万延は一年。文久三年。元治一年。慶応三年。そこからは明治。祖父は江戸時代末期というか、幕末の人ではないか。歴史がにわかに近くなる思いがする。
 
 かつて韓国の自然農業家、趙韓珪(ちょーはんぎゅ)先生のお話を聞いたとき、すぐれた話者の話からは二百年を遡る事が出来ると言われた。
 むかしのように、ラジオもテレビもなく、本もあまり読めない時代、人はよく語りよく聞いたのではないか。
 祖父母や父母がよく語りよく聞くひとであったとしたら、80じじばばの私たちは百年も百五十年ものことを聞き、語ることが出来たのではないか。私たちも子や孫に語る事がゆたかに持てたのではないか。
 いや、子どもや若者は忙しく、老人の話に聞き入る時間などないか。

 夫の従兄弟にあたる人が系図を作ってみると言って、しきりに戸籍や過去帳、その他のことを尋ねて来られるが、それというのも、お互い老いたのだ。



by buribushi | 2017-08-12 21:49 | ひと | Comments(4)

明治二十三年のポートレート

a0203003_15213113.jpg
 ガラス板に焼き付けられ、桐の枠に入った親子の写真には、枠の裏に明治二十三年六月十九日と書いてある。父親34歳、向かって右の子8歳、左の子6歳。数え年だから、1,2歳引けば満年齢になる。
 この右の子が、後に夫の父になる幼名トクジで、先日の種簞笥の主である。



a0203003_1522380.jpg
 大正十四年六月七日の日付がある。
 上の写真の父親、初代T蔵の35年後、69歳。妻T、66歳。
 満80歳になった今の自分から見ても年上の人としか思えない、昔の人の老成?熟成?を見る。
 これは紙に焼き付け、台紙と表紙のついた写真だけれども、日付と名前、年齢の他にも書き込みあり。妻Tは大正十四年七月九日、この写真の1か月と2日後に亡くなっている。

 坐っているのは、私が結婚してこの町に来た頃暮らした古い家の、裏に面した縁側で、ここで子どもが遊んだり犬が上がって来たりした。

 敷いているのは、黄色い麻に灰色で丸く模様が織り出された夏座布団で、なぜ私が知っているかと言えば、今もうちに残っているから。
 夏の客座布団を洗って置きなさいと義姉に言われた。解いて皮だけ洗い、また綿に被せて綴じておけばいいということだった。すでに小さい穴やそのほかのほつれもあり、しくじったら大変だと思って洗いを洗濯屋に頼んだような気がする。それも五十数年の昔になった。
先年オヤカタ(親の家片づけ)で娘達が来た時、この座布団も処分したけれども、記念に2枚だけ残してある。

自分の生など、たんたんと長く流れて行く時間のほんの一部でしかないという気がして来る。





にほんブログ村



by buribushi | 2017-08-12 08:12 | ひと | Comments(8)

イズミさんの刺し子ジャケット

a0203003_158869.jpg
草取りをしていたら、お墓参りに来たからと、イズミさんが寄って下さった。
憧れて止まない刺し子ジャケットは、私が初めて見てから20年か?30年か?いい具合に洗い晒されて、ますます素敵。もとは印半纏だという。厚手の木綿に太めの木綿糸で刺し込まれた模様は、じつに多彩。形見分けにはこれをくださいという申し込みがすでにあるそうだ。


a0203003_15125796.jpg
後ろも。



a0203003_1595532.jpg
長女のところの隣の神社から落ち葉を何十袋も貰ってきて堆肥に積む。
芽生えたのは、これは桜の木?



a0203003_15102068.jpg
これは明らかに欅の木。
場所を得て植えられれば、長い年月を生きて大木にもなるものを、抜いて捨てる気にもなれないが、さてどこに植えるべき?



a0203003_15104420.jpg
ハットリさんにもらったジューンベリー、去年の何倍も花が咲いた。この近くにはカマツカもあり、やはり紅く実る。あかい実は大好き、嬉しいなあ。





にほんブログ村



by buribushi | 2017-04-23 15:26 | ひと | Comments(6)

もっこちゃん木に登る

a0203003_2230344.jpg
一年生になったもっこちゃんが遊びに来た。畑へ連れて行ったら、シュガープルーンの木に難なく登る。


a0203003_22311454.jpg
弟のやまくんは急ぐと這い這いになる。


a0203003_22314311.jpg
もっこちゃんとワンコのタビちゃん。



a0203003_22324192.jpg
昨日芹摘みに行って見て来た木々の芽吹き。





にほんブログ村



by buribushi | 2017-04-22 22:40 | ひと | Comments(4)

ゆめのしらせ

a0203003_2239731.jpg

明け方、はっきりした夢を見た。目が覚めたら中味を忘れて、何かとてもこころよく長い話をした、というその気持ちだけが残っていた。
人が、亡くなったかもしれない。



by buribushi | 2017-03-28 22:39 | ひと | Comments(2)

布草履どっさり・幅広エプロン

a0203003_1043631.jpg

 このあいだ、古い知人のイズミさんに、布草履用に浴衣や端切れを差し上げた。
 今日届いた荷物にびっくり、11足の布草履!(写真は一足ずつ重ねてある)わたし一人で履いていたら履き尽くせないから、友だちにもお福分けしよう。



a0203003_10432990.jpg

 彼女のとお揃いだというエプロンも入っていた。彼女より太めだと思うわたしにも、ぐるりと一回り身体を覆う大きさで、こんなの、どこにも売っていない。ありがとうございます!







にほんブログ村



by buribushi | 2017-03-24 10:50 | ひと | Comments(4)

坂西徹朗版画展in南魚沼

a0203003_2054123.jpg

坂西徹朗版画展が南魚沼・浦佐の「池田記念美術館」でひらかれている。
魚沼・堀之内を通過中。弟の家に寄り、奥さんの美味しい山うどの煮物やわらびと豆腐の味噌汁をご馳走になって出かけた。

魚沼三山がよく見える。道路脇の雪の量はさすが魚沼だ。


a0203003_20545281.jpg

小出を通過中。山の斜面から道路へ雪が落ちないよう、雪崩止めの柵がいくつも取り付けてある。


a0203003_20553113.jpg

池田記念美術館の庭、浅くて広い池があってさざ波がたっている。水鳥も来ている。


a0203003_2056631.jpg

a0203003_20563576.jpg

坂西さんが指導した、堀之内・宇賀地小学校生徒の版画、「自画像」。



a0203003_2057713.jpg

「版画彫り土を耕す生を選りぬ坂西徹朗五十路なかばを」

は、むかし、定年前に退職した彼を詠った。それから20年にもなろうか。この歌が誌上に出た時彼に報告するのを忘れていて、彼は別の友人からそれを聞いた。
今回彼は最後の個展か、と、制作に没頭し、お風呂や食事も忘れることがあったりしてげっそりやつれた、と聞いていた。今日はそれほどでもなくなっていて?安心した。
小生活者、絵は買えないので、せめて絵はがきをたくさん買って来た。楽しい便りが書けるように。





にほんブログ村



by buribushi | 2017-03-12 21:05 | ひと | Comments(6)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

kazuyoo60さま ..
by buribushi at 13:48
勢揃いしました。立派な大..
by kazuyoo60 at 10:09
ミケさま >尻尾はない..
by すばる at 06:20
天気予報でもそちらは雪だ..
by mikeblog at 23:26
あ、鬼瓦ね、怖いかおでも..
by buribushi at 22:12
demi_zoさま 県..
by buribushi at 22:10
ikokaさま >ダウ..
by buribushi at 22:01
ハルリンさま 降っちゃ..
by buribushi at 21:57
驚きや、可愛さや、うまう..
by demi_zo at 21:45
ダウンは軽くて暖かくて、..
by ikoka at 15:53
すばるさん、とうとう雪に..
by ハルリン at 14:37
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:03
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 09:53
雪ですね~。綺麗な肌の大..
by kazuyoo60 at 09:47
瓢湖の混雑ぶり、凄い鳥た..
by kazuyoo60 at 09:39
daikatotiさま ..
by buribushi at 08:42
いよいよ雪が降り始めまし..
by daikatoti at 07:20
ミケさま よたよたと、..
by buribushi at 23:25
すばるさんお出かけできる..
by mikeblog at 22:08
あい、ihciat ダ..
by buribushi at 20:35

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ