おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

2017年 05月 31日 ( 1 )




茄子のおこうこ-「粘土のお面」に出てくる食べ物

a0203003_14421398.jpg
 ものが食べられない時、食べ物のことを読むのが慰めになることがある。
 何回も本の整理をしたのに捨てかねている、豊田正子「粘土のお面」は、書き込みによれば1958年、私が16歳の時買った文庫本(定価60円)。

 ブリキ職人の父ちゃんに仕事がなくて、正子は夏休みに「口減らし」のため母親の郷里、草加の伯父の家で過ごした。学校の日記帳を包んだ風呂敷を右手首に結び、左手には新聞紙にくるんだ十二、三銭を握って、東武電車に揺られ、昼近くに草加に着く。
 迎えに来てくれた従姉の「おすちゃん」に、「早く家へ行って飯食うべや、腹へったんべ」と言われて田の中の道を歩き、冷たい井戸水で顔を洗わせてもらってから、大きな味噌むすびを三つ貰う。

 その晩、畑から帰った伯父さん達、もう一人の従姉妹のおくまちゃん、と食べた夕飯は、「盥のような」おひつに入ったご飯と、茄子のおかうこ(お香々、漬け物)、鮒の焼いたの。鮒は庭先を流れる小川でご飯粒を餌に自分で獲るのだ。

 お盆が過ぎた頃(半月経過、)おくまちゃんが庭の梨の木に登って実をもぐ。ふところにいれ、入りきらないのは咥えて下りて来たおくまちゃんと分けて囓る梨。
「皮を襟にこすっては食べ始めた。小さくて青みがかっていたけれど、しゃきしゃきして水っぽかった」
 その梨の美味しそうなこと。

 米が無いので、十銭で十本買って来て蒸かしたほくほくしたいも。
 ザクザク切った菜っ葉と醤油だけのお汁にもちを入れた雑煮。
 父ちゃんと分けて来た弁当のおかずのイワシの味醂干しと茄子のつけもの。それをまた、醤油を掛けただけの弁当を食べる工員なかまのドンちゃんに半分分ける。茄子なんか食い切ってわけたのを、「すっぱくてうめぇな」とドンちゃんが喜ぶ。
 まずしい食べ物ばかりだとおもうのに、みんないきいきと美味しそうで、食欲不振者の目のご馳走になる。




にほんブログ村



by buribushi | 2017-05-31 15:51 | | Comments(8)

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

山田ネズミ大根、ああこれ..
by daikatoti at 15:05
おはようございます。 ..
by sakko at 06:04
ミケさま 以前からねず..
by buribushi at 22:45
うまこさま >日取り ..
by buribushi at 22:35
ねずみ大根、私も漬け大根..
by mikeblog at 22:22
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:42
大根の種まき、 悩み無..
by yamamotoyk at 20:49
キツネノカミソリ、蕾の時..
by kazuyoo60 at 19:32
ミケさま こちら今日は..
by buribushi at 16:43
一日のうちにいつか必ず雨..
by mikeblog at 14:05
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 22:19
ミケさま 雷つきで大き..
by buribushi at 22:15
demi_zoさま 断..
by buribushi at 22:04
daikatotiさま ..
by buribushi at 21:58
キツネノカミソリがツクツ..
by kazuyoo60 at 20:25
あい、ihciat! ..
by buribushi at 20:14
あら、さっきのと、ふたつ..
by buribushi at 19:46
sakkoさま センニ..
by buribushi at 19:45
sakkoさま >仙人..
by buribushi at 16:32
昨夜は大きい音を立てて雨..
by mikeblog at 14:57

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ