おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

宮本常一「家郷の訓」(かきょうのおしえ)ほか

a0203003_15304171.jpg
 民俗学の宮本常一(1907-1982)は、広島湾と周防灘の間にある「面積十方里ほどの島」の、人家100戸ほどの山口県白木村に生まれた。田畑はあるが、いのちを養うにはやや足りない。出稼ぎに出る人も多かった。盆暮れに帰るだけの長期の出稼ぎや、秋仕事・米の取り入れから麦まきまで、一日米一升の賃で働き、米一俵を持ち帰る、という働き方もあった。
 宮本は17歳で大阪へ出て、小学校の教師などしたあと、30代から民俗学の研究に入った。日本中、彼の足跡の無い処はない、と言われるほどよく旅をし、聞き書きをした(山古志へも来て、村の将来のことなどいろいろ語り合っている)。

 彼は幼い頃から祖父が田畑へ行くのについてゆき、野山で遊んだ。たまに草引きなど手伝うと「お前が草一本でも引いてくれればそれだけわしが助かる」と喜ばれる。
 祖父は山葡萄や野いちごなどよく見つけて食べさせて呉れたし、野山で食べられるもの・たべられないもの、薬になる物ならないものなど教えて呉れた。夜は肩を揉ませながら尽きない昔語りをした。

 故郷の外から見る村の変遷はよく目についた。年に2,3度の帰郷のたびに村人の話を書き留めた。「けだし話し好きは私一人ではなくて村人一般の性向で、人びとは喜んで私に語ってくれた」とある。
食べ物のこと、着るもののこと、季節の行事、村人が自他を律する様々のきまりごと、などなど。
 他の土地のことをよく見聞きし、それを教えてくれる人を「世間師」という言葉があったそうで、宮本を「いい世間師だ」と感嘆する老人のこともどこかで読んだ。

 波や風の音について語ったところも印象深い。「静かな海に突然ドサリと波の音がする。やや間を置いてまた一つする。」そういうときはきっと暴風雨になる、とか、「ドサリドサリと規則正しく波の打ち始めるときは北風になる」春2月になると「ジャボジャボジャボジャボと小さくやわらかなな波音に変わってくる事がある。東風が吹きだしたのである」など。海に石を投げてあそぶと、遠くでジボン、と音がした、ともあった。


a0203003_15305917.jpg
 〇文協の営業の若者は、男も女も、このあたりでトッチャンバイクと言う50CCのバイクに乗ってくる。炎暑の夏も、雪交じりの風が吹く日も。私はそれを、東京からはるばる、三国峠(いまは三国トンネル)を越えて来るのかと思っていた。大きい車にバイクごと乗ってくるのだと知ったのは近年になってからだ。私のような単純な客はそう無いことだろう。
 全集物を揃える趣味はないのだが、いくらかの原稿料をもらっている弱み?の上にトッチャンバイクにほだされて、、全都道府県にアイヌをくわえた50冊近い「食生活全集」や、分不相応の「農書全書」まで買った。「食生活・・」は弟に貰ってもらったり(新潟県、岐阜県、沖縄県、アイヌ、だけはその後買い直した)他は古書に出したりして手許に無い。
 もう、図書館や〇マゾンなどに目もくれず、自分の本を読み返せ。



a0203003_15311972.jpg
 梅干し用の無農薬の梅を買うという娘に、私の分も頼んである。
キリヤさんにとてもいい県内産の梅が出ていたので、取りあえず2キロ、漬けた。この分の紫蘇はうちの一人生えで間に合うだろう。
朝から降ったり止んだりの雨、蒸し暑い。胡瓜の背丈がぐん!と伸びた。

今日も軽トラで2回、焚き物を運んで下さった。



にほんブログ村



by buribushi | 2017-06-30 16:29 | | Comments(6)
Commented by kazuyoo60 at 2017-06-30 17:25 x
「世間師」という言葉は初めてですが、文字のない時代なら、もっと貴重な存在でしょう。
梅の水が上がってきています。綺麗な梅干し、いつも上手につけられます。
Commented by buribushi at 2017-06-30 19:08
kazuyoo60さま
私もこの人の本で初めて見た言葉でしたが、
言い得て妙、というか。
今みたいにマスコミも通信も発達してはいない時代、諸国を実際に歩き回った人の話は貴重だったのでしょうね。
梅干しは沢山あってもいいから、娘に頼んだのが来る前だけど少し漬けました。いい梅ですね。打ちのは数えるほどしかなっていません(3本あるのに)。
Commented by demi_zo at 2017-07-01 10:14
本 どんだけーーー!!/笑
私が何回生まれ変わってもすばるさんほど読まないと確信できます/笑笑

梅、、無農薬でも綺麗ですねぇ〜!
楽しみですねぇ〜^^
Commented by buribushi at 2017-07-01 11:25
demi_zoさま
だからあ、農〇漁村〇〇協〇は営業さんを、夏は日に焼け汗まみれ、冬はこごえそうになってトッチャンバイクで訪問させる!私貰う原稿料(短歌の選)の手前、毎回手ぶらでは帰せないと思うと・・こうなっちゃう。
いや、いい本ですよ、ほんと。
Commented by mikeblog at 2017-07-01 14:10
Amazonで欲しかった本が中古で¥1で出ているのを見つけて買ったりしている私。中には途中までしか読まない本もあったり、忘れていた本があってゴメンナサイなんて反省しています。読んだ内容も忘れているので「ある本をしっかり読まなくちゃ。」と思っています。
梅は庭の梅が大不作で直売所で2kg買って塩漬け中です。そのうちに畑に生えてきている赤紫蘇を採って入れましょう。ほんとはカリカリ梅(固いのが好き)にしたいのですが柔らかくなっています。あれば何でもいいかな。
Commented by buribushi at 2017-07-01 18:22
ミケさま
そう、1円本はたまに買います。読みたいけど発行から年数が経って手に入りにくい本なんて、これしか方法がなかったりして。古本屋さん、やりにくいだろうな。
梅はうちもいくらも実が着いていません。まだ青いです。これ、2キロ買ってつけたけど、状態のいい梅で、キロ300円でした。紫蘇は一人生えで間に合いそうです。

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

あらあら、、くびわ。。 ..
by demi_zo at 07:47
うまこさま そう、電話..
by buribushi at 22:48
屋号のことを書き忘れまし..
by yamamotoyk at 21:49
うまこさま わたしも喜..
by buribushi at 21:28
あこさま わたしも。 ..
by buribushi at 21:12
今日のNHK「日本人のお..
by yamamotoyk at 20:34
はじめまして。おじゃまい..
by あこ at 18:48
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 11:52
demi_zoさま は..
by buribushi at 10:16
>マヤ暦ではまさに一年の..
by kazuyoo60 at 09:39
歯が痛いと、、たとえ綺麗..
by demi_zo at 08:35
ミケさま 食品の在庫が..
by buribushi at 23:35
ミケさま そうだそうだ..
by buribushi at 23:28
車麩ではないのですが棒麩..
by mikeblog at 23:00
ハにもいろいろありまして..
by mikeblog at 22:34
iotohariさま ..
by buribushi at 16:45
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 16:42
おはようございます。 ..
by itotohari at 08:55
オキナワスズメウリの芽が..
by kazuyoo60 at 06:18
sakkoさま まだ降..
by buribushi at 23:13

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ