おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

「人生はいつ終わっても正解」

a0203003_11105348.jpg

以下は知人のブログへのコメントの一部。

わたしも昨夜久しぶりで脚本・木皿泉のドラマを見ました。ほかのことをしながらで、熟視していたわけではないけど、「人はいつ死んでも中途半端、だから人生はいつ終わっても正解」という誰かのセリフを書き留めておきました。そうか。気が休まるな。

それと、登場人物のうち小泉今日子が幽霊で、他にもあの世とこの世を行ったり来たりしている人がいて。
あの世とこの世の境目がハッキリしないのは沖縄みたいだな、と思っていました。

私のブログのレポートで、何がよく見られているのかを知ります。・・・・・・・・の記事が随分長くトップで。このところ減って来てやれやれと思ったら今朝また随分ふえていました。
その人、冷蔵庫から洗濯機まで持って出て行き、・・・・は水道の水にレモンと砂糖を入れたらジュースになった、なんて言っている。食パンを間違ってレンジに掛けたらカチカチになったので、水で煮て、カレールウを溶かして一食にした、とか。
・・・は・・のマンションで楽しそうに暮らし、友人や編集者がよく来て一緒に美味しそうな食事をしている。どうしてこんなとになったかは、二人の書いたものからは全然わからないし。
以後、ぴたっと・・・の・の字もブログに書かないのに、検索で来てくれるらしい人が後を絶たないんですね。
「出ると買い」だったその人の本に対しての気持ちも覚めました。

まあ、恋は終わりますわね。
その一瞬のために思わず踏み込んでしまった人生の、その後の長さを、黙々と(ばかりではないだろうけど)過ごすのがおおかたの人ではないですか。あんなふうに処理するんだ。ふうん。改めて得た自由は楽しいでしょうが、いきなり貧者の暮らしに入った相手のことは気にならないんでしょうか。
自分とこで書くとまたわっと来てくださる人があるかと我慢していたことをこぼしたので長くなってすみません。




ランキング参加中



by buribushi | 2017-01-04 11:11 | | Comments(8)
Commented by kazuyoo60 at 2017-01-04 13:44 x
思い残すことは何もない、伝えることも残っていない、それは稀有な方の場合だと私も感じます。いつ終わっても、ほんとにそうですね。
とは言いながら、もう少し生きていたい気持ちです。
Commented by buribushi at 2017-01-04 18:13
kazuyoo60さま
でもこんな考え方を知ると気がラクになりますね。
去年かおととしから80歳を自称することが多かったのですが、今年は正真正銘の80になります。早くから言っていたのはショック・アブソーバーというものです。うふ。
Commented by mikeblog at 2017-01-05 00:09
人が書いたものを読むと人生の指針になるようなことがあって、ヨシ、覚えておこうと思うのにすぐに忘れる歳になっちゃったー。ある程度の歳までは何とか若く見せたいなどと思うのに70歳過ぎるあたりから「私は○○歳なんだから。」「えー、若いね。」なんて言われてみたりしてー。お世辞ですって。人生はいつ終わっても正解、これが正解です。
榧の木はまた暖かくなったら田舎に行くのでその時に確認してみますね。
Commented by buribushi at 2017-01-05 09:24
ミケさま
>覚えておこう
と、思ったらすぐ書いて置かないとすっぽ抜けますね。
手のひらくらいのノートに、そういう言葉、身内の誕生日、パスワード、作品、何でもかんでも書いて置きます。
えー、若い、と言われるためでもあるんですね、逆サバの80!は。
何時終わっても正解、は正解ですね、ほんとに。
榧の木は佐渡にはあるけど(榧の実を練り込んだあられというか、かりんとう-甘く無い-がお土産にあります)この辺りでは見た事がありません。
すごい大木になったのを見たことがあります、植えたら今度来たとき(この世へ)見る、ですね。
Commented by ohisama at 2017-01-08 20:55 x
どなたのことを言っているのかすぐわかりました。
たくさんの知人が来て楽しくやっているようですね。
私もあの方の日記をしばらく楽しんでいましたが
どうにもなじめなくて削除しました。
ここですばるさんの思いを知ってすぐコメントをと思いましたが・・・
Commented by yamamotoyk at 2017-01-08 21:51
すばるさんが、・・・・さんのどこに惹かれたのか、
こちらの記事でたびたびその話題が出てきても、
私にはちっともわかりませんでしたが、
以前の記事とこちらを併せ読んで
少しだけわかった気が(勝手に)しました。
きっと、・・・・・さんの何かが
その時のすばるさんには必要で
もう必要がなくなったのかもしれませんね。
私には端から必要が無い部分なので、
全く興味がわかったのかな。
ごめんなさい、勝手なことを考えてしまいました。
Commented by buribushi at 2017-01-08 22:11
ohisamaさま
言うことのほうが信じられる、いや、書くものが真実、いろいろいうけど、何をしたかという行動が一番ほんとうでしょう。
弊履のごとく という古いことばのようにさっさと立ち去ったことが納得できなくて。
もう知らん。という気持ちですね。
Commented by buribushi at 2017-01-08 22:31
うまこさま
あこがれのカップルであった佐野洋子が谷川俊太郎のもとを去るとき、話し合いなどなくてある日「いなくなった」そうです。
そうか、と思い、そうしなければならなかったんだろうと思っただけでした。
今回の話は濁りがありすぎます。もう考えないことにします、本は捨てます。

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

ウチのヤマボウシは何が気..
by mikeblog at 23:01
最初のトラ猫は五ーちゃん..
by mikeblog at 22:55
>なんとか中止にならない..
by mikeblog at 22:46
sakkoさま あなた..
by buribushi at 21:55
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:47
体調、まだ本調子に戻りま..
by sakko at 20:33
本調子でいらっしゃらない..
by kazuyoo60 at 19:03
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 12:36
トラネコちゃん良い顔して..
by kazuyoo60 at 08:49
うまこさま あまりにも..
by buribushi at 22:20
心の養いになった沖縄は ..
by yamamotoyk at 22:03
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 18:20
ミミの父さま 行ってき..
by buribushi at 18:16
赤いヒナゲシ、可愛い花で..
by kazuyoo60 at 09:36
お帰りなさい。 前に強..
by ミミの父 at 21:50
ミケさま続き。 月桃(..
by buribushi at 21:31
ミケさま 花たちがどう..
by buribushi at 21:24
お帰りなさい、待ってたよ..
by mikeblog at 21:08
うまこさま 一本立ちの..
by buribushi at 06:26
うまこさま 安切符専門..
by buribushi at 22:14

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ