おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

え!スイセイは山の家へなおみは神戸へ?

高山なおみ-料理家、エッセイスト。著書多数。

a0203003_16274418.jpg

 昨日更新された高山なおみのブログ「ふくう食堂-日々ごはん」を読んだ。1月18日の分を先に読み、胸騒ぎしながら17日の分を読む。

 「今年、私とスイセイは生活の場を別々にし、関係を見つめ直そうとしています。吉祥寺の家を引き払い、スイセイは山の家へ、私は神戸へ。12月の始めに大阪でトークイベントがあったとき下見して置いた、古くて頑丈な、マンションというよりロシアのホテルみたいな建物」
 山の家というのは、山梨の山村にある、最後の住人が亡くなって放置されていた古民家を買い、二人で手入れしていた処を指す。

 18日の分に
 「何かが動く時というのは、流れ始めると、何十年も川底に溜まっていた何層もの泥のようなものが、剥がれるときはいっぺんにごっそりと流れて行くような」「だから私は、頭で考えずに身を任せていればいいのかも知れない。私のおなかの中にある気持ちだけを信じて、人をあてにするんじゃなく、自分の足で立ち、歩き、空気の匂いをかぎ、ご飯を作って食べ、お風呂に入り、眠ろう」
 「神戸へは、大きめの旅に出る感じ」
 「旅先で、遠くからスイセイのことを感じたい」

 そんな文章の後へ、鯖の味噌煮だとか、何の味噌汁だとか、夕飯のおかずが書いてある。


a0203003_16281083.jpg

 暮に出たなおみの一番新しい本「帰って来た日々ごはん」は、「スイセイが特別に本作りに参加した号」とうたっている。
 
 「日々ごはん」だけでも12冊あるので、どこで見たのか思い出せないが、買い物を重く提げて帰って二階の自宅へ運ぶとき、「問題はおれらが年取ったときどうするかじゃの」とスイセイに言われ、「おれらずっと一緒にいようの」と言われたようでときめくところがあった。スイセイと一緒に、スイセイの連れ子りう、その子そよを連れて畑へ歩いて行くときの楽しさ、ずっと年取っても思い出すだろう、と書いていた。


a0203003_16283241.jpg

 12月11日にスイセイが書いていたものに気付く。「高山なおみとはひょんなタイミングで知り合った。そのまま、その成り行きを過ごして来たので云々」「ただ、この歳になって、また別のものが-それは当人にもいかんともしがたい状況のようなもの」「あるいは知らぬ間に、二人の発酵が案外進んでいてそれを招いたのかもしれない」
 やっぱりわけがわからないけど、なおみが昨日、一昨日のこれを書くまでそぶりにも出さなかった何か、の匂いがスイセイからは立ち上っている。
 
 一枚目の写真にあるku:nel誌は、なおみがスイセイに出会ったときのことが出ている、と、探し探して手に入れたバックナンバー。
 三枚目の写真の「諸国空想料理店」には、インド・ムンバイの南、アラビア海に面したビーチで、小屋を借り切って二ヶ月暮らした、結果的には結婚生活をシミュレーションした、という日々が出て来る。燃えるような陽が海に沈んで行くのを見るのがただひとつの日課だった、と。
 
 わたしのなかで一つの神話だったふたりのことを、ただ見ているのみ。



にほんブログ村




 



by buribushi | 2016-01-19 17:56 | Comments(16)
Commented by あすこ at 2016-01-20 18:25 x
はじめまして。
私も高山さんとスイセイさんのファンで、ふくう日記を毎週楽しみにしています。
そして、17日18日の日記に衝撃をうけた一人です。
二人の名前を入れて検索したらこちらにたどり着きました。
二人の関係が神話みたいってすごくわかるなぁと思ってコメントしてしまいました。

遠くに旅に出る。私もそう思うことにしようと思います。
心がサワサワして風邪を引きそうです。

ところで、他の記事も面白くて引き込まれました。私の理想に近い生活をされてるように思いました。また遊びに来させてください。
Commented by ねこ at 2016-01-20 19:12 x
 寒中お見舞い申し上げます。暖冬の1月というのは何とも気持ち悪く落ち着かなかったのですが今日の荒天で一面真っ白に。やっぱりと少しホッとした面も。(雪が無い方が助かる方には申し訳ありません。)

 高山なおみさんのブログ気になりますね。「何かが動く時」というのは何を指すのか。お二人のこと詳しくはないですが意味深な内容。往々にしてブログでは一大事的なことはひっそりとしてて(当然か)。いつもの様に開けたら突然深刻な話が展開してて驚ろかされることありますよね。

 寒気は強力そう。蛇足ながら足元にご注意を(自分含め)。
 
Commented by buribushi at 2016-01-20 19:32
あすこさま
わたしも高山さんのファンで、彼女の本は大人買いしてたくさん読みました。したがって、スイセイさんのファンでもあります。
ku:nel誌の創刊2号に、二人が出会った時のことやいまの生活が出ているらしいと言うので、探し当ててバックナンバーを買ったほどです。
日々ごはんの中で、スイセイに褒められるのが一番うれしいと言っていましたね。
高山さんつながりで、アムプリンの加藤夫妻(カトとアム)、脚本家の木皿泉も知り、北海道からプリンを取り寄せたり、木皿泉の本も読む、ドラマは見る。
みな神話的カップルだけど、もし、誰か一人貰えるとしたら(何言ってんだか、)スイセイでなくカトを取る、とは思いましたが。
高山さんの話は青天の霹靂ですが、いま思えばスイセイがちょっとびみょうなことを言っています、「ふくう食堂のどこかで。
あーほんとにこころが風邪を引きそう。

こんなとこで良かったらどうぞどうぞ遊びにいらしてくださいね。

Commented by buribushi at 2016-01-20 19:42
ねこさま
寒中お見舞いもうしあげます。
ほんとに、冬らしくない冬で落ち着かないような、降ってしまえばほっとするような、処はあるのですが。やっぱり寒いです。
高山さんブログ気になって仕方がありません。彼女自身はワープロで原稿を書いているみたいな、それで「日々ごはん」も書いて置いてスイセイにアップしてもらう、とか言っていたような。
それが一人で、しかも神戸のマンション、だなんて。郷里も遠く、双子の兄みっちゃんも遠く。出版社や、いろんな繋がりの友だちも遠く。そうまでしなければならない事って何なの、言いはじめたんだからもっと話してくださいっ、と足摺りしています。

寒さ厳しく、足許には重々気をつけましょうね。
Commented by あすこ at 2016-01-20 20:05 x
もうコメレスが!!

誰か一人貰えるならに爆笑しました!
私もカトがいいです!即決!
アムプリンの大冒険も大好きです。

Commented by buribushi at 2016-01-20 20:28
あすこさま
今日はおじー(夫)が新年会で留守なので、夕飯は超簡単に、こっちで遊んでいますので。
ね!あすこさんもカトがいいの、じゃ四角カンケイだぁ!
アムプリンの空き容器、ストーブに載せて、ソーセージを焼いたりミニ鍋物をしたり。冒険も好きです、握手。
Commented by あすこ at 2016-01-20 21:18 x
四角カンケイ!カト、モテモテ(笑)

アムプリン容器でソーセージ焼いたり!!
素敵ーー!いいなー!おいしそうーー!

一人の自由時間うらやましいです。
果てしなく続くように思える育児を早く済ませて私も早くそちら側に行きたいです。

遊んでもらってありがとうございました★
これからちょくちょく立ち寄らせて頂きます。
Commented by buribushi at 2016-01-20 21:43
あすこさま
おじー帰って来ました^^カト貰わなくても一人居るんだった。
アムプリン容器は土鍋の一種だから、重宝しています。

>果てしなく続くように思える育児
私もそう思ったけど、過ぎて仕舞えば一瞬。
その時をもっと楽しんで置けば良かったと思います。
去年孫が一人結婚したので、もしかしてだけど、
ヒマゴが間に合ったりして!
私こそ来て頂いて嬉しいです、いつでもおいで下さい。
Commented by kouboudaidai at 2016-02-10 09:27
はじめまして。こんにちは。高山なおみさんが大好きで、わたしも、ここ最近の日々ごはんに衝撃をうけまくって、いろいろ検索してたどり着きました。
日々ごはんを読んで、なにかが起きているらしいけど、なんなのー! と一人パソコンの前で悶えておりました。
アムプリンの容器をお持ちなんですね! わたしは友人に贈ったことはありますが、まだ自分では食したことがないです。焼きソーセージ美味しそう!
仲良くしていただけたら嬉しいです! よろしくお願いいたします!!
Commented by buribushi at 2016-02-10 15:05
kouboudaidaiさま
はじめまして、いらっしゃいまし。
ほんとうに、われらの「みい」はどうなっちゃったんでしょう。
山の家も、買い取ってから時々泊まりがけで行って、ススキを抜いたり納屋を片付けたり。老後に住みたいと言ってませんでした?
腹具合のことやセイリのことまであっけらかんと書いているので、そんな大ごとが進行中だなんて、夢にも思いませんよねー。やきもきしている読者に、話してくれたっていいじゃない、と、むくれ加減です。
アムプリンの入れ物はしっかりした焼き物なので、鍋焼きうどんをしたり、ごく小さく鍋物をしたり。
まったくもう、なおみ・スイセイ組が何をしているのか、少しでもわかったら教えっこしましょうね。
Commented by kouboudaidai at 2016-02-11 13:44
わお、返信ありがとうございます。
もう、ほんとに日々ごはんから目が離せませんねー!
Commented by buribushi at 2016-02-11 22:08
kouboudaidaiさま
更新された日々ご飯を読みました。あんな重大なことを決めて、こんなに淡々としているのが理解出来ませんが、いまにわかるのでしょうか。
Commented by ikoka at 2017-01-12 15:15 x
いや~、きっとね、ちょっとしたことが深く静かに潜航していってたんですよ。自分に正直な人(みたい、すばるさんのブログでしかしらないので)は、ちがう!となったら、全部捨てちゃうんですね。堀ちえみもあんだけ本にハッピーなこと書いて、家庭内暴力で離婚したし。やっぱり営業だったんですかねえ。
Commented by buribushi at 2017-01-12 17:47
> ikokaさま
新しい、彼女のブログ記事を見ると、初めてすこし突っ込んだことを書いていますね。やっぱり強い個性同士は、そういうものかも。
生活力がある人は、その辺り、思い切ったことがやれるということでしょうか。
彼の方はずいぶんびんぼ暮らしみたいですよ。
Commented by レビン at 2017-01-23 12:57 x
結局17歳年下の男性に奔ったってことでしょうか。
そして絵本。子供向けですよね。
バックボーンを知ったら本は買わないかも。
Commented by buribushi at 2017-01-23 17:00
レビンさま
わたし彼女のことはぴたっと書かなくなったんだけど、古い記事を何時までも見に来られるひとがあります。最近また何か感じて、増えています。
絵本は本屋でちらと見たけど、買いませんでした。これからも本は買わないと思います。

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

sakkoさま >黄色..
by buribushi at 11:15
黄色の百合、いいですね。..
by sakk0 at 06:13
五ーちゃんのおばちゃん ..
by buribushi at 23:35
ピースちゃん気をつけてい..
by mikeblog at 23:29
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 18:48
土とお手入れが良いのです..
by kazuyoo60 at 16:15
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:07
エビスグサ、落花生にそっ..
by kazuyoo60 at 09:25
sakkoさま お早う..
by buribushi at 09:12
すばるさん、ピースちゃん..
by sakk0 at 07:16
ハルリンさま ここでも..
by buribushi at 20:02
すばるさん、コメントでご..
by ハルリン at 18:49
ミミの父さま >「買っ..
by buribushi at 23:48
ミケさま 前に読んだと..
by buribushi at 23:42
私の二種類の人間は、「消..
by ミミの父 at 23:38
これは読んだことがあるぞ..
by mikeblog at 23:34
ミケさま 漫画でも泥棒..
by buribushi at 23:34
22日は梅雨入り以来久し..
by mikeblog at 23:29
唐草模様の風呂敷と言えば..
by mikeblog at 23:19
ハルリンさま お宅のコ..
by buribushi at 21:54

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ