おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

母の三十三回忌・在家のお坊さま

魚沼で母の三十三回忌。
三十三年ともなればおめでたいのだそうで、おときの会場では、魚沼で祝宴の初めを告げる「天神囃子」が歌われ、皆さんからも次々歌が出る。

a0203003_20314248.jpg

姪のだんなさんと、脇僧の○○院さま。

○○院さまは、お坊さまとしてはちょっと変わった雰囲気の方だと思っていた。弟に聞いたら、在家の僧侶で、普段は板金屋を生業にしておられるという。

菩提寺の御前さま(ごぜんさま-ご住職)の父上で先代の御前さまが教師をしておられた時の最後の教え子で、当時いわゆるツッパリであった。息子と一緒に修行せよ、ということで、僧侶の修行をさせたのだという。
姪の友だちと結婚した○○院さまは、祖母の三十三回忌、父の葬儀と来て下さった。
もっと若い頃のお二人の読経は迫力があって、大きいおリンが共鳴を起こして響いたほどだとは弟の話である。

なんだかとても楽しい話を聞いた気がして、気持ちがほこほことする。
もし出来るものなら、私の時も、生業を別に持つ在家の僧侶○○院さまにお経を上げて頂きたいと思うほどだ。


a0203003_2032041.jpg

ご機嫌の体(てい)の、すぐ下と一番下の妹。もうひとりの妹と私と、4人を、見分けがつかないとマキ(親類)の人たちが言ったとか。


a0203003_20333184.jpg

「大変長らくお待たせ致しました」のご挨拶で、御前さままで歌を歌われた。

このあと弟の招待で温泉ホテルへ。
終戦の年に1歳で亡くなった妹の他は、一男四女、すくすく育ち?、還暦過ぎから喜寿まで一堂に会したのは大変おめでたい。温泉では、いろいろ珍談もあるが略す。

天神囃子 歌詞
 めでたいこれのお台所(おだいどこ)
 ヤ おだいどこ おだいどこ
 ヤ お釜が七つ八つ 後ろに蔵が九つ
 お釜が七つ八つ 後ろに蔵が九つ
 
(手締め )
シャン シャン シャンシャンシャン
もひとつシャン シャン シャンシャンシャン



by buribushi | 2013-05-20 20:58 | ひと | Comments(8)
Commented by ミミの父 at 2013-05-20 21:54 x
盛大ですね、喜ばれているでしょう。

>見分けがつかない

年代別に朝の連続ドラマに出演しても、違和感なく出来ますね。m(_)m
 
来年親の23回忌ですが、親は羨むでしょう。f^_^;
Commented by buribushi at 2013-05-20 22:23
ミミの父さま
みんなバーサンになり果てまして、私が喜寿、一番下の妹も還暦を過ぎました。
マキの衆はみんな代がかわり、私の記憶の中では子どもや少年だった人がみんないいおとっつぁんです。
こういう行事をわずらわしく思いがちだけど、いやいや、とても意義あることではないかと思いました。
もとツッパリ?暴走族?の職人さん、兼お坊さま、というのは、素敵です。朗々としたいいお経でした。なんだかモウケものをした気分です。
Commented by 居酒屋猫まみれ at 2013-05-20 23:23 x
↑じぇじぇっ!
ミミの父さまのコメントが的をズバッと得ていてすご〜イ!
朝の連ドラですか。ほんとほんと。
このご姉妹なら、あるときから無理矢理、夏○マリさんになったりしなくて済みますね。
四国からも出向かれたのですね。
お疲れさまでした。
でも何だかとても楽しそうなご法事ですね。
元ヤンのお坊さまだなんて、イカシています。
Commented by sakko at 2013-05-21 00:57 x
お疲れさまでした。では無いですね。
お楽しみでしたですね。
なんだか盛大で楽しい33回忌でしたね。

じぇ。じぇ~
すばるさんも5人兄弟ですか
私も5人兄弟です。女が4人です
姉、兄、私、妹、妹です。
すばるさんは一番お姉さんですね。
私の姉と一番下の妹の年齢差は16です。

四国の妹さんとも会われたのですね
東京にも妹さんが居られるのですね
いいな~。
我が兄弟は皆奈良盆地の中に住まっています。
四国や東京に妹がいたらいいな。遊びに行けるのになと思います
Commented by buribushi at 2013-05-21 08:42
居酒屋猫まみれさん
自分たちではみんな、一人一人コセイテキ?のつもりなのに、
マキの衆から見たら見わけがつかないのか、そうかそうか。
高知-羽田-新幹線で浦佐-家、と乗り継いで来た妹が一番遠くからの参加でした。
弟のお嫁さんのうちなんかすごいですよ。
ご兄弟とその連れ合い、北海道。青森。沖縄。ですからね。
近くに嫁いだ私が一番良い子、とは彼女の弁です。
元ヤンキーと聞き、想像の中で、○○院さまにピアスをさせ、皮ジャン着せてバイクに乗せたら、大変よく似合いました。
Commented by buribushi at 2013-05-21 08:47
sakkoさん
「天神囃子」は、結婚式、同級会、めでたいと言って始まる宴会のつきものなのです。
天神囃子を聞いて、ああほんとに三十三回忌はめでたいのだな、と思いました。
私、妹、妹、弟、妹。年齢差最高と最低で14歳。
ホントは弟の上にもう一人妹がいたのですが、終戦の年に亡くなりました。あのころはこのくらいの人数、アタリマエでしたね。
高知に一度行こうということになっていますが、昔ほどワッという勢いで旅の計画にならないところはお年の加減か。
Commented by kazuyoo60 at 2013-05-21 09:49 x
父の母は肺炎で40代の若さだったそうです。50回忌の時に、あの若さで今なら肺炎で死ぬ人は滅多にと話していたのを覚えています。赤飯と鯛を添えてちゃのこ(志)を持って帰ってもらいました。
院主さんと呼んでますが、御前様の方がと音い響きです。これも宗旨で違うから、変えたら変ですけれど。
無事にお勤めされました。それぞれ、懐かしく、意義深い日でしたね。
Commented by buribushi at 2013-05-21 10:00
kazuyoo60さん
ほんとうに、「昔は何々の病気で人が死んだものだ」と言われるような世で。60代で亡くなった母も、養父も、まだ亡くならないで良かった病気のように思います。
うちの菩提寺は「ご院主さま」義兄のところは「方丈さま」上越へ行ったときは「お上人さま」でした。みなそれぞれにいい響きですね。
お寺を持たない、だからご住職でもない○○院さまがとてもすがすがしく思われます。普段はトタン屋根を張っていたりするお坊さま。いいなー。

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:35
お母様のなさってたのをで..
by kazuyoo60 at 09:04
sakkoさま 天気が..
by buribushi at 22:22
干し芋も薪ストーブの脇で..
by sakko at 21:58
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 16:32
ミケさま あの山が無け..
by buribushi at 16:29
sakkoさま 降った..
by buribushi at 16:22
鍵コメさま 恐縮!あり..
by buribushi at 16:18
牛すじ肉、私の手に負えま..
by kazuyoo60 at 09:49
みごとに雪だるまが並んで..
by mikeblog at 23:59
雪マークが並んでいますね..
by sakko at 23:58
いま、見ましたら、阿寺渓..
by buribushi at 22:30
daikatotiさま ..
by buribushi at 22:24
美濃はこの辺りでしたか。..
by daikatoti at 20:07
t-harunoさま ..
by buribushi at 19:34
あの細かい細かい刺し子を..
by t-haruno at 16:07
ikokaさま >講演..
by buribushi at 13:43
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 13:36
あい、ihciat! ..
by buribushi at 13:33
養老先生の講演会に先日い..
by ikoka at 12:27

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ