おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

眉の清ら(ちゅら)さぞ神の国

a0203003_20254938.jpg

明治30年代に、沖縄のやんばる(北部)から移民の炭鉱労働者としてメキシコに渡り、ドイツ人女性と結婚して娘を一人持ったが、帰国することなく亡くなった山入端万栄(やまのは・まんえい)という人がいた。貧しさ故の移民であり、その妹は辻(遊郭のあった街)へ身売りされて行った。
上野英信はそれをテーマに、沖縄、メキシコ、そのほか日本各地へ綿密な取材をして「眉屋私記」を書き上げたが、沖縄の人々は埋もれた苦労を書きとどめて貰うことをを喜び、協力を惜しまなかった。完成したときは地元と、那覇との二箇所で盛大な出版記念会を開い貰っている。

書くためには、「時間を惜しむな、金を惜しむな、命を惜しむな」が上野の信条だった。著書がたくさん売れるというタイプの作家ではないし、彼の「筑豊文庫」は絶え間ない客に酒食を供し宿泊させ、英信言うところの「非国民宿舎」だった。時間はともかく、費用には苦労したことと思う。それなのにメキシコへ行くときは、スペイン語の通訳をわざわざうちなーんちゅの若者に頼んでいる。なかなか帰郷もかなわぬうちなーんちゅに、いまの沖縄の若者を見せたかったのだという。
上野がこのテーマで書くきっかけになった、万栄の手記を渡した琉球新報の記者、三木健は、貰って来たばかりの月給袋をそのまま餞別に渡した。

辻の娼妓に売られたのち、各地を経て東京で店をやっていた万栄の妹の「三味線放浪記」と、万栄の「わが移民記」を見たことが「眉屋私記」に実るわけだが、その妹が80代で健在、会って詳しく話を聞いている。沖縄へは5年通ったという。
書きたかった戦後篇に着手する前に、癌とその転移で亡くなった。
追悼文集「上野英信と沖縄」の副題「眉の清らさぞ神の国」は、上野が「眉屋私記」を沖縄の人に贈るとき扉に書いた言葉である。
a0203003_20262287.jpg

「眉屋私記」「キジバトの記」はどちらもいままでにここに紹介したことがある。
a0203003_20263694.jpg

英信・晴子夫妻の一人子、朱(あかし)さんの本。
表現者の子どもに生まれたら大変だと思う。いくつもの、ただ者ではいられなかった子の例を見る。
朱は、九州で古書店主だという。いい意味でのただ者の生を送っておられるようでほっとする。「蕨の家」は、英信の文学に「個を吸収され尽くした」と人に評された晴子夫人が、心の瘡蓋が乾いて書いたキジバトの記の、周りや隙間を書いて、ただ者どころではない深い作品だと思った。



by buribushi | 2012-12-06 20:42 | | Comments(6)
Commented by kazuyoo60 at 2012-12-07 11:24 x
名著を読めば感動が得られるのは分かっていても、人様の生き様の重さを思うとです。
私の親や祖母の時代の苦労だけでも、今の私には重く、そのことを思えば大抵のことは、そして私の今までの体験も今の私を支えてくれます。1つ1つが、あれよりもまし、あの時も何とかなったのだからと思えるのですよ。
Commented by buribushi at 2012-12-07 17:50
kazuyoo60さん
たった今、かなり強い地震がありました。揺れの大きさ長さ、ガタガタではなくゆらゆらゆら・・・と続く揺れは3/11を思い出させ、なんとも言えない気持ちです。冬、雪の日、夜と、避難には悪い条件がかさなり、被害のすくないようにと祈ります。
生きていると、ちょっと先でも、何があるかわかりませんね。
ごめんなさい、ご返事になっていません、まだ動転しています。
Commented by kazuyoo60 at 2012-12-07 18:11 x
先ほどテレビを付けたら津波警報でした。余震なのでしょうね。震源近くは震度5弱とか。震度4は揺れたのでしょうか。お見舞い申します。
津波は一目散に逃げるとしても、地震そのものは、あれよあれよで、逃げようがないですから。
Commented by buribushi at 2012-12-07 21:49
kazuyoo60さん
いま、お向かいのお通夜から帰って来ましたが、みんな地震怖かったねーと言っていました。
忘れた頃にやってくる、と言われる災害、この頃は忘れる暇もありませんね。
Commented by コロリ at 2012-12-08 11:06 x
上野英信という人は、名前だけきいたことがありました。
三木健は琉球新報の副社長になったんだよな。
かなりの著書があると思うけど、ぼくの本棚には「やいま文庫 八重山研究の歴史」という著書があります。
奇遇なことに、ぼくの先生は那覇にいたこともあり、その時の弟子だったそうです。ということは安室流保存会の先輩になります。
沖縄関係は狭いやね。
Commented by buribushi at 2012-12-08 16:53
コロリさん
副社長ですか。出世したんですね。月給袋丸ごと餞別に出した人だから、キモが太いんでしょうね。キモというよりうちなーぐちで言うところのチムか。
安室流つながりもありましたか。ほんとに、沖縄ではいろいろ繋がります。
上野英信は九州の炭坑夫の苦労を書こうとして、自身炭坑夫になったり、「筑豊文庫」を開いて何十年も住み着いていた人だから。多分、西表の炭坑の事を書こうとして沖縄へ行き、沖縄から炭坑夫として外へ出た人を知り、ということでメキシコまで行っちゃったんでしょう。沖縄とメキシコで知ったことは「眉屋私記」になったけど、書きたかった続編を書く時間がもう無かったんですね。

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

kazuyoo60さま ..
by buribushi at 11:09
daikatotiさま ..
by buribushi at 11:05
ごめんなさい、昨日の..
by buribushi at 11:00
Commented b..
by buribushi at 10:56
ミケさま 随分いろいろ..
by buribushi at 11:27
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 11:19
寒さに弱い鉢植えはすばる..
by mikeblog at 11:08
上手にお育てです。葉が元..
by kazuyoo60 at 08:16
sakkoさま >小さ..
by buribushi at 06:50
シクラメンの赤ちゃんかわ..
by sakko at 00:53
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:35
お母様のなさってたのをで..
by kazuyoo60 at 09:04
sakkoさま 天気が..
by buribushi at 22:22
干し芋も薪ストーブの脇で..
by sakko at 21:58
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 16:32
ミケさま あの山が無け..
by buribushi at 16:29
sakkoさま 降った..
by buribushi at 16:22
鍵コメさま 恐縮!あり..
by buribushi at 16:18
牛すじ肉、私の手に負えま..
by kazuyoo60 at 09:49
みごとに雪だるまが並んで..
by mikeblog at 23:59

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ