おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

薪を運んで風呂を焚いて

保健師で、治療師でもある人から聞いたはなし。
93歳のおばあさんがいた。至って元気で機嫌良く暮らしていた。
その日も薪運びをした。その薪で風呂を焚いて、入って。すっと亡くなった。
なんの異常も認められなくて、医師は「心臓麻痺と書いて置きましょう」と診断書を下さった。

うわー、なんて幸せなこと、というと、そのおばあさんは高血圧だった、と言われる。200から、高い時は230も250もあっても、病院へも行かず薬も飲まなかったという。
本人が苦痛もなく、気に病むこともなければ、そんなこともあり得るのだなあ。薪運びから亡くなるまでは3時間だったという、大往生。

私は今年の春から高血圧で、190くらいある。身体がそうしたいんだから、身体の言うなりになるしかない、とは娘の言うことであり、私も今まで何にせよ薬はなるべく飲まないで来たので、今回もそうしたい。普段数値も計らない。
あまり好きではない玄米もつとめて食べるし、野菜・果実をスクリュー式に低速で絞る生ジュースは毎日飲む。思いついたとき足もみをしたり、手足の関節を振ったりする。

大往生のおばあさんが、ただの元気者ではなくて高血圧だということが印象的だった。その血圧があって、おばあさんは元気に動いていることが出来たのだ。



by buribushi | 2012-11-29 13:52 | ひと | Comments(8)
Commented by kazuyoo60 at 2012-11-29 15:43 x
私は降圧剤を飲んでいます。頭が痛くて我慢できなくて通院し始めました。病院へ行くも行かれないのもご自由ですが、血圧が高いと血管の壁が傷むそうです。
3時間の大往生、あこがれもありますよ。合掌
Commented by buribushi at 2012-11-29 16:35
kazuyoo60さん
私は別に、ほとんど症状はないのですよ。お医者にかからないのがエライとおもっているわけでもなくて、なるべくは、ということなので、方針はころっと変わるかも知れません。
今日はちょっと寒気がするので早く切り上げます。
Commented by sakko at 2012-11-30 00:05 x
私は若い時の手術の時の輸血が原因?で
C型肝炎なんですよ。
自称元気者ですから、献血に400ccとって貰って
9回目で封書が来ました。
「c型肝炎ですので、病院で調べてもらってください
今後献血は出来ません」と言うような・・・・

インターフェロンを6ヶ月注射しましたが
ウイルスはまだ10の10乗くらいいるそうです。

そんなことで、定期的に血液検査に行っています
一寸血圧が高いですと薬を飲ませれています
肝臓の薬、心臓も・・・不整脈があって
時々・・・と止まって又動きます。
それで心臓の薬も・・・

あの時(25歳)輸血しなかったら死んでいるのだから
C型も辛抱しょう
ここまで生きたのだから、何があっても。ま~いいか
で生きています

本音は1週間くらい入院して
皆にお礼といっておさらばしたいです
Commented by buribushi at 2012-11-30 08:34
sakkoさん
やっぱり手術で肝炎になられましたか。夫は20代で結核のため大きい手術を受けて、大量の輸血を受けましたが、その後肝炎を発症して眼のなかまで真っ黄色になったりしました。当然献血も出来ません。
おかげで75まで生き延びているのだから、あれはあれで有り難かったと言うことなのでしょうが、いろいろと、たいへんです。

同級会に行っても、どこもなんともない人はいないくらいです、
私は背中をのばしてさっさと歩くのがくせで、外へ出れば見栄もあるからなお軽そうに歩くでしょう、「お前は丈夫でいいなあ」と、がんを切ったことなど知らない人が言いますよ。
じっさい、言葉はわるいけど、よたよた、どたどた、して、ああやっぱりわれわれは老人だぁ、と思いながら帰って来るのです。

まーいいか。
Commented by ikoka at 2012-11-30 12:35 x
わたしの友人も出産のときの輸血でC型肝炎にインターフェロンの副作用に辛い思いをしたのにウィルスがなくならずにこれから新薬の治験だそうです。「検査しなあかんよ」と言われます。帝王切開3回なので。あかんか~
93歳の方、すごいですね。そうありたいと望んでもなかなか希望通りにはいかないのが寿命。母の友人が2日入院しただけで、亡くなり、母がうらやましいというので、私もうらやましい、あやかってや、と言うと不機嫌になりました。なんやねん!
Commented by buribushi at 2012-11-30 21:17
ikokaさん
ほんとうに、こういうこと(医療)ってどんどん変わるからあれですけど、夫のときなんか、他の選択肢なかったですもんね。予定時間をはるかに過ぎても手術室は開かないので、(きっと手術がうまくいかなかったんだ。短いご縁だった)なんて思っていました。(いまは既に50年余り経過)
人は病気で亡くなるんじゃなくて天の決めた寿命というものがある、と思っています。

「わたしもういつ死んでもいい。でも明日じゃなくてもいい」という90代のおばあさんが、佐野洋子の本に出ていました。
Commented by yamamotoyk at 2012-12-02 00:11
死ぬまで元気でいようと思えば、
やっぱり頑張って働き続けることが大切なのでしょうかねぇ~
大変だぁ~・・・
Commented by buribushi at 2012-12-02 07:55
うまこさん
身体がだんだん老朽化するのは仕方ないとして、気持ちは、と思っていたけど、アタマも身体の一部ですねえ。
まあ、済んだことは苦にしない、先のことは心配しない、ノーテンキでいたい(じゃあそのまんまだって?)ものですが。

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:35
お母様のなさってたのをで..
by kazuyoo60 at 09:04
sakkoさま 天気が..
by buribushi at 22:22
干し芋も薪ストーブの脇で..
by sakko at 21:58
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 16:32
ミケさま あの山が無け..
by buribushi at 16:29
sakkoさま 降った..
by buribushi at 16:22
鍵コメさま 恐縮!あり..
by buribushi at 16:18
牛すじ肉、私の手に負えま..
by kazuyoo60 at 09:49
みごとに雪だるまが並んで..
by mikeblog at 23:59
雪マークが並んでいますね..
by sakko at 23:58
いま、見ましたら、阿寺渓..
by buribushi at 22:30
daikatotiさま ..
by buribushi at 22:24
美濃はこの辺りでしたか。..
by daikatoti at 20:07
t-harunoさま ..
by buribushi at 19:34
あの細かい細かい刺し子を..
by t-haruno at 16:07
ikokaさま >講演..
by buribushi at 13:43
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 13:36
あい、ihciat! ..
by buribushi at 13:33
養老先生の講演会に先日い..
by ikoka at 12:27

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ