おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

真珠・ポオルとヴィルジニィ  に、さよなら

十代から少しずつ溜まった文庫本。
小遣いを買い食いに使わず買ったものや、アイスキャンデー売りのアルバイトをして買ったものや、どれもこれも大切に思えて、今まで何回本の処分をしても文庫本の棚には手を付けなかった。

先日、学級文庫の記憶から辿り着いて久しぶりにその中から抜いて来た本を、読み返したら要らなくなっていたのでストーブにくべた。
60年も前に読んでいた本が、全部いまも心にかなう訳もないと気がついた。

その後、スタインベック「真珠」、サン・ピエール「ポオルとヴィルジニィ」を読んだ。薄い本だから抜いて来たに過ぎない。
「真珠」は、「漆黒の髪と褐色の顔」を持つ男と、やはり漆黒の髪を二つに分けて編んでいる妻、籠の中に寝ている幼子。毎朝とうもろこしを挽いて焼いたパンだけの食事。
幼子がサソリに刺される。肥え太った白人の医者は、男が支払えるのは色の悪い小さい真珠だけと知って居留守を使う。
男は夢中になって漁をして、信じられないような大粒の真珠を手に入れた。
手のひら返す医者、夜中に男の小屋をうかがうものの息づかい、刃物、血潮。真珠を狙う者たちは、彼の小屋を焼き、舟に穴を開ける。メキシコの荒涼とした野山を追い回される夫婦。又しても血潮、死体。
頭を打ち抜かれた幼子を抱いて戻って来た夫婦は、真珠を海に投げ捨てる。

頭にうかんだのは、あまりにもかけ離れたところから出て来た言葉だけれども、浄瑠璃だったかな?「かねがかたきの世の中」。
ありふれた真理を、こんな血みどろで説いてもらわなくていい。

「ポオルとヴィルジニィ」は、貴族の男にもてあそばれた女の息子ポオル、身分の低い男に恋したために属する社会から弾かれた女の娘ヴィルジニィ。彼らが生まれた、また生まれるころから、不便な島の小さい土地を拓き、野菜や果樹を植えてひっそりと自活する女達(それぞれに忠実な黒人の奴隷はいる)、そこで育って行く子どもたち。この辺りはロビンソン漂流記にあるような漂流談で楽しい。

子ども達は育ち、ヴィルジニィはポオルに恋の悩みを抱くようになる。
その頃、親に背いて身分の低い男と一緒になった(しかもすぐ死別した)姪に悪意しかもたなかったような金持ちの伯母が、ヴィルジニィを引き取って母親の出自にふさわしい教養を付けさせる、遺産も譲ると誘う。早すぎる恋のこともあって、母親はそれを受け、娘は都会へ去る。
帰って来る事になったとき、舟が嵐に遭って難破し、目前でヴィルジニィは命を落とす。嘆きの末ポオルも死に、母親達も次々と世を去って、かつての楽園は荒れ果ててしまった。

この本ももう要らない。



by buribushi | 2012-11-27 18:13 | 本・短歌など | Comments(4)
Commented by kazuyoo60 at 2012-11-27 20:14 x
ロシア貴族が革命時にフランスへ逃れて、真珠の首飾りのおかげで命永らえたとテレビだったかな?。片や大切な子どもの命まで犠牲とはです。物語としても現実にも起こってるかもしれませんね。
Commented by buribushi at 2012-11-27 21:20
kazuyoo60さん
あのスタインベックでしょう。映画になるように、というか、
映画の画面を見るように書いたのかなー。最後の3人で逃げ回るところなど、まさにそう思いました。
映画でも、本でも、辛いのや苦しいのは見なくていいです。動物番組でも当然として弱肉強食が出て来ると、スイッチを切ってしまいます。
Commented by yamamotoyk at 2012-11-28 19:30
本は読んだ時点で糧になって自分の一部になったと思って、
あまり取って置いたことがないです。
世間の掃き溜めを見聞きするような職場にいるので
不幸なだけの話や凄惨な話はニュースでも物語でも敬遠です。
もう心温まるものしか読みたくないですが、
もちろん表面だけの甘々は年齢に合いませんね。

ポールとヴィルジニー、ものすごく懐かしい響きですが、
中身は全く記憶にありません。
たぶん子供のころ喜んで読んだのでしょうね。
Commented by buribushi at 2012-11-28 21:35
うまこさん
そういうことですねー。
その時大切だと思った、その気持ちだけが残っていて、久しく読まない本も大切に思っていました。
その時喜んで読んだら、それでいいんですね。
今日読んだ、おんぼろ船が積み荷の石炭の自然発火で
火事になる話(コンラッド「青春」)は、内容が全然記憶になく、
そんな大事にパニックにもなっていないのが、なんだか面白かったです。
いい男が「絵に描いた餅」になる年齢、と言った人がいて面白かったけど、面白い本も絵に描いた餅になるんですね。

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

kazuyoo60さま ..
by buribushi at 19:53
アキレア・ノブレッサ、八..
by kazuyoo60 at 17:53
sakkoさま >黄色..
by buribushi at 11:15
黄色の百合、いいですね。..
by sakk0 at 06:13
五ーちゃんのおばちゃん ..
by buribushi at 23:35
ピースちゃん気をつけてい..
by mikeblog at 23:29
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 18:48
土とお手入れが良いのです..
by kazuyoo60 at 16:15
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 10:07
エビスグサ、落花生にそっ..
by kazuyoo60 at 09:25
sakkoさま お早う..
by buribushi at 09:12
すばるさん、ピースちゃん..
by sakk0 at 07:16
ハルリンさま ここでも..
by buribushi at 20:02
すばるさん、コメントでご..
by ハルリン at 18:49
ミミの父さま >「買っ..
by buribushi at 23:48
ミケさま 前に読んだと..
by buribushi at 23:42
私の二種類の人間は、「消..
by ミミの父 at 23:38
これは読んだことがあるぞ..
by mikeblog at 23:34
ミケさま 漫画でも泥棒..
by buribushi at 23:34
22日は梅雨入り以来久し..
by mikeblog at 23:29

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ